腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消

腰痛を解消するには

腰痛腰の痛み腰が痛いなどがある時には、痛みばかりに注目するでしょうが、どうして腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのか、考えるようにして下さい。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどが起きる時にも何かが体に起きているから痛みになってしまっています。
痛みが起きる時には警報と同じです。どんな痛みであろうと体に何かの異常が起きているから、ちょっとしたことで痛みになります。
慢性化した長期になる腰痛でも、最近、起きた腰痛でも警報が鳴っているのに無視することや一時抑えばかりしていると、こじらせたり悪化させたり脊柱管狭窄症に進行したりすることもあります。
腰痛をこじらせると椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になる可能性が誰でもあります。
腰痛は痛みがない時でも原因が徐々に進行していきます。

腰痛のメカニズム

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは、どうしてなのか、どこから腰痛になるのか、腰痛の原因は何なのか、見つけることが大切です。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどなどになる時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。しかし骨盤の歪み・背骨のズレを矯正すれば良いと言うものではありません。

腰痛と言うのは

①始めは毎日の生活で仕事で多くの疲れやストレスが弱い部分にたまっていきます。
②弱い部分ほど疲れやストレスをためやすくなります。
③疲れやストレスをためると筋肉バランスが崩れていきます。
④筋肉バランスの崩れが骨盤の歪み・背骨のズレになります。
⑤骨盤の歪み・背骨のズレが程度が軽ければ痛みにはなりません。
⑥疲れやストレスの蓄積が大きくなってしまうと骨盤の歪み・背骨のズレが広がり大きくなります。
⑦つまり骨盤が不安定になります。
⑧この時に切っ掛けである重いものを持ったり、中腰、前かがみ、クシャミ、同じ姿勢をすると腰痛になります。
つまり体を支えることができないことをすると腰痛になります。

切っ掛けとは

切っ掛けと言うのは重たいものを持ったりすることや、何かを取ろうとして体や手を伸ばした時に腰が痛くなったり、布団に寝て朝から腰が痛いとか、スポーツをして腰を痛めたとか、野球のバットのスィングで腰が痛くなったとか、サッカーをしていると腰が痛いとか、車の運転で座っていると腰が痛くなるとか、デスクワークで腰が痛くなるとか、靴下を履こうとして腰が痛くなったとか、合わない靴で長く歩いていたら腰が痛いとか、クシャミをしただけで腰が痛くなったとか、お風呂に入っていると腰が痛いとか、多くの方が思っているのは、これをしたら痛くなったと言いますが、これらは切っ掛けです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになるのは切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレの両方が必要です。
片方がないと腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどにはなりません。

生理痛、便秘でも

生理痛、便秘などの方も骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。生理痛になるのは骨盤の歪み・背骨のズレがあるから生理痛になるのではなく生理痛になる原因があるから生理痛になります。
つまり骨盤の歪み・背骨のズレがあるからではなく、違う原因があるから生理痛になります。
骨盤の歪み・背骨のズレと言うのは腰痛に限らず起きています。
腰痛を改善するなら腰痛の原因を見つける検査をしているから、原因から改善することができる事です。
腰痛の改善には院長である私が、腰痛の原因を見つけて治療していきます。
つらい腰痛を改善していくには、腰痛の原因になっているものから改善して悪さを減らすことが重要です。
腰痛には腰痛を起こしている原因がありますから、原因から解消することを考えるようにして下さい。腰痛の原因を残したまま腰の痛みを楽にすることもできますが、腰痛の原因が残したままでは繰り返しやすくなったり腰痛とは違って色々な症状が起きる場合もあります。
腰痛を起した時には切っ掛けと原因の両方が揃ったときに腰の痛みが起きています。必ず両方が揃わないと腰痛は起こりません。
多くの方が、腰痛を起こした時には、『これをしていたら腰が痛くなった』とか、何かをしていたら腰が痛くなったから、何かをしていたのが原因だと勘違いしている方が多くいます。
しかし同じことをしても腰痛や腰の痛みとして起こらないことがあります。
例えば、
腰痛と言うと思いものを急に持ち上げら腰に痛みが走って急に腰が痛くなった、とか言います。しかし同じことをしても起きない時には、起きません。この差が何かあります。
いつもと同じ重さを同じように持っても腰痛が起きないこともあります。

何かの理由で違う訳です。

普段から気を付けているから違うと言う事もありますが、運動で鍛えているからと言う方もいます。しかし、それだけでしょうか??。
腰の痛みがある方、腰痛を繰り返しやすい方も原因を考える必要があります。腰痛の原因もいつまでも同じままではありません。
ただ、腰が痛いとかだけ、思うのではなく、どうして腰痛、腰が痛くなるのか、と言うことも考える必要があると言う事です。
腰痛を起す時には

 

腰痛を起す時には、

何かをしている時が多くありますが、時には違う事もあります。

腰痛と言うと代表的には、

下に置いてある荷物を持ち上げようとして急に腰が痛くなったりすることがあります。これも体から話して荷物を持ったからだと決めつけていますが、もちろん、それも関係していますが、この荷物を持とうとしたときに持ち方がおかしかったとか、荷物を持つ位置が悪かったとか、色々言いますが、これらは全て切っ掛けです。切っ掛けのことをする前にある現象が体に起きています。
このある現象が起きている時に、荷物を持ったから腰が痛くなっています。

庭仕事で座って

庭を手入れしている時に、急に動作を変えたり、立ち上ろうとした時に急に立ち上がることができないくらい腰が痛くなったり、ズキッとする強い痛みが腰に走ったりすることが起こりますが、普段は同じことをしても何もなく庭仕事を終えることもできる時もあります。ここでも普段と違ったことをしている訳でもないのに腰が痛くなるのは、不自然です。何かが体に起きているから腰が痛くなったと言う事の差を見つけていくことが腰痛の原因をみつけることになります。

車の運転をしていたら

しばらくすると徐々に腰が痛くなることもあります。長距離を運転しても腰痛が起きないこともあります。座り方やクションが悪い時もありますが、いくら悪くても腰痛にならない時には腰痛になりません。ここでも、どうして腰痛が起きるのか、理由がありますから、理由を見つける必要があります。あることが起きているから腰が痛くなったわけですから原因を見つける必要があります。

布団やベットに

寝ていると腰が痛くなる方もいます。朝から腰痛で動きにくいという方もいます。布団が悪いと思う方もいればベットのバネが悪いこともあります。もし長年、使用していれば交換する必要があるかも知れません。寝ている時の姿勢が悪いとか、寝返りをする時の腰痛もあります。しかし、経年していれば新しいものに交換する必要がありますが、全部、布団やベットの性にはできません。何かの問題が起きているから腰痛になると思うようにして下さい。

靴下を履こうとして

腰が痛くなったと言う方もいます。靴下を履こうとして立ったまま体を曲げて前屈したら急に腰に痛みが走ったと言う方です。立ったまま靴下を履く姿勢と言うのは大変、負担が大きく腰にかかる重圧は大きくあります。しかし同じことをしても痛くない時もありますから、何かが関係していると考えて下さい。

掃除をしていると

腰が痛くなる、体が伸びなくなると言う方もいます。前かがみで掃除をするということは、腰に負担が大きくのしかかります。一番は前かがみの姿勢が悪い訳です。ですから、あまり体を曲げないで掃除した方が腰の負担は少なくなります。しかし同じことをしても腰が痛くないこともありますから、何かが関係していると考えた方が良いと思います。

洗濯ものを干すときも

何回も曲げたり伸ばしたり腰にかかる負担はかなり大きなものです。何回も曲げたり伸ばしたりすることは腰を痛めやすくなります。腰にかかる重圧は大きくなりますから。しかし同じことをしても痛くない、痛くならない時もあります。何が関係しているのか、と言う事です。

足を組んだり横すわりでも

腰痛が起きることもあります。しかし何気にしている姿勢が、どうして腰痛につながるのか、原因があります。同じ姿勢をしても腰痛にならない場合もありますし、同じことをしても腰痛にならない方もいます。

くしゃみをしただけで

腰が痛くなる方もいます。我慢してくしゃみをすると腰が痛くなる方もいれば、大きなくしゃみをしたら腰に来る方もいます。どうしてくしゃみで腰が痛くなるのか、原因があります。

運動したりストレッチをしていると

腰が痛めて運動ができなくなった、ストレッチができない方もいます。腰をスイングする動作や前にかがむ姿勢は腰に負担になりますから、腰痛が起きてしまいます。
腰痛を起す時には色々な原因があります。
しかし、これらは切っ掛けです。そこには原因があります。

腰痛の原因は

腰痛を起す時の原因は体にあるものが蓄積したものが原因です。あるものが蓄積して多くなっていくと体の変化が出てきます。
このあるものとは、疲れやストレスです。疲れやストレスも日常で多く蓄積していき生活することでもたまっていきます。さらに仕事や動くことでも疲れやストレスは多くなります。
この疲れやストレスも限界なく蓄積していきますから蓄積する時も、ここまでと言う事はありません。
疲れやストレスが体にたまって多くなると、誰でも体のバランスが悪くなって崩れていきます。この崩れが歪みやズレになります。
骨盤の歪みや背骨のズレが起きるから腰痛になります。
特に骨盤は体の上肢を支えていますから姿勢で支えることができないと腰痛、ギックリ腰になります。
悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になりますから、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も特別なモノではありません。
誰でも起きやすく、いつもで疲れやストレスが多くなると椎間板ヘルニアは起きています。椎間板ヘルニアが起きても椎間板の中心核の髄核と言う所がちぎれない限りは回復が可能です。手術をしなくても回復ができます。
腰痛の原因は体に蓄積した疲れやストレスです。疲れやストレスが多くなると簡単には減りませんが疲れやストレスを少しずつでも減らしていくと骨盤の歪みや背骨のズレが解消して腰痛が楽になっていきます。
しかし総合的な体調の低下と悪さから最近は普通では起きないことが起きています。

普通では起きない腰痛

普通では起きないことと言うのは、骨の炎症やハレがある方がいます。骨に炎症やハレあると歪みやズレから起きる腰痛というよりも変な腰痛になっていきます。

 

回復できないと長期間、腰痛に悩まされることにあります。
当院では腰痛の治療をしていく時に検査する事をしていますから検査することで普通では起きない骨の炎症やハレを見つけることができます。
骨の炎症やハレがあると痛みやハリ、パリパリする症状になったり、腰が重くなったりしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

行橋市、苅田町、みやこ町で腰痛を楽にしていくには原因から見つけることから矯正していきます。

 

当院では「行橋市 腰痛」や「腰痛 行橋市」などの検索でも人気があります。

page top