骨盤矯正で骨盤を小さくすることをしています

骨盤矯正で小尻になる

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなることで人気がありますが、当院の骨盤矯正は3とおりの骨盤矯正があります。
骨盤矯正をする時にはボキボキすることもなく痛いこともなく骨盤を小さくすることができます。
低周波治療器や電器を使う事もしていません。
手の技術だけで骨盤を小さくすることができます。
骨盤矯正をする時には、骨盤矯正を始める前には『本当に骨盤が小さくなるのか』、骨盤矯正をした後に小さくなったら『維持すること』ができるのか持続力はあるのか、質問が良くありますからお答えします。
当院の骨盤矯正は今まで30年間、骨盤矯正をしてきて骨盤が小さくならなかったと言う方は一人もいません。
しかし骨盤矯正をする時には自分で触っておぼえてもらう事をしています。その時に小さくなっても分からないと言う方はいます。当院では骨盤矯正をしていく時にはスタッフが計測したりすることはしていません。
そのため自分で小さくなったのがわかるようにしています。
before(ビフォー) と after(アフター)を比べることができます。つまり骨盤矯正をする前と骨盤矯正をしたあとを比べてもらう事をしています。

① 1回だけの骨盤矯正

本当に骨盤矯正で骨盤が小さくなるのかお試しで骨盤矯正を受けて見たい方、他で骨盤矯正をして見たけど小さくならなかったと不安な方、骨盤矯正で骨盤を小さくしても持続することができるのか疑問の方などは1回だけでも骨盤矯正を受けて見ませんか。もちろん気に入れば②のコースに進むこともできます。
骨盤矯正をするには一番、関係するものがあります。関係するものとは一番の天敵になるものであり邪魔なものです。
しかし、これを減らすことで骨盤が小さくなります。

しかし1度で減らす事はできません。

と言うのは、それだけ多くの邪魔なものが溜まっているからです
骨盤矯正をする時には天敵になるものと邪魔なものは疲れやストレスと睡眠負債です。
最近は骨盤矯正を希望されてきた方に院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。
これにはあることが関係しています。

それは睡眠負債です。

睡眠負債とは脳から寝ることができていないと言う事です。眠りとは脳が休養を取って寝ていることを言います。
夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。
誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

寝ている本人も寝ているからわかりません。

単純に、目が覚めないから寝ているとは言えません。睡眠負債の方は睡眠負債だけでは済みません。睡眠障害になると痛みやコリが感じなくなります。
睡眠負債は脳を弱らせていきます。脳が弱るとハイテンションになり朝から元気?に動けます。眠れていないのに運動しても筋トレしてもジョキングしても疲れ知らずです。眠りが浅いと心臓は弱っていきます。
その弱った心臓のことも分からなくなります。
最近は、この疲れやストレスと睡眠負債の方が増えています。
その方が骨盤矯正をすると持続力はありません。
※骨盤矯正を受けたあとダルクなるのは変化に体調がついていかない為です。
揉み返しのような感じでダルクなります。しばらくするとなくなります。うたた寝をして風邪っぽくなることでだるくなるのは違います。

② 続けて骨盤矯正を受けてみようと思う方

しばらく骨盤矯正を続けて受けて見ようと思う方は受ければ受けるほど変化していきます。
骨盤だけではなくウエストも細くなっていきます。
当院の骨盤矯正は骨盤矯正と言うよりも骨盤と体の治療と言う意味あいがあります。
骨盤矯正で骨盤の歪み・骨盤の開きを整えれば良い訳ではありません。
骨盤周辺の浮腫み、脂肪を減らしていく事も大切です。しかしそれだけではありません。骨盤の中には内臓があります。
骨盤の中の内臓は大腸、小腸、膀胱、子宮、卵巣などです。骨盤を小さくしたら、内臓の影響はどうでしょう。骨盤が小さくなった分だけ影響はあります。

骨盤を小さくする為には内臓の状態が基本なんです

骨盤の歪み・骨盤の開きには、生理痛があったり生理不順になることが多かったり、便秘、下痢、膀胱炎なども深く関係しています。
まずは骨盤にも疲れやストレスが多くたまっていますから疲れやストレスを減らすことで骨盤が小さくなります。浮腫みも取れていきます。脂肪も減っていきます。
※骨盤矯正を受けたあとダルクなるのは変化に体調がついていかない為です。揉み返しのような感じでダルクなります。

③ 体質改善による骨盤矯正

当院の骨盤矯正は体の中から直していく骨盤矯正をしています。
体質改善と言うのはアンチエイジングの方法であり若返りの方法です。
体の中から変えていくことができる施術になります。
当院の体質改善の施術は持続する力が上がります。骨盤だけではなく浮腫み、脂肪の減少、体全身が細く引き締まっていきます。
しかしマジックではありませんから徐々にです。

 

 

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして小尻にしていくならカイロプラクティック徳力整体院の院長である私が骨盤矯正をして骨盤を小さくしていく事をしています。
院長の私が言うのも、なんですが、初めから骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。
当院では初めから骨盤が小さくなる小尻になる骨盤矯正をしています。
骨盤矯正をしていく時には、骨盤を無理におさえたり痛くない方法で骨盤矯正をしています。
一番、理想的に骨盤が小さくなって小尻になることができますが、骨盤矯正と言っても1回で終わることはありません。1回目で骨盤が

小さくなっても1回で終わることがないと言う意味があります。


多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、ただ「骨盤を小さくしたい」、「小尻になりたい」と言う方ばかりですが、小尻になる為には、どうしたら骨盤を小さくすることができるのか、何をしたら骨盤が小さくなるのか、と言う事まで考えていません。
骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。骨盤と言うのは骨です。骨を小さくしていくのが骨盤矯正ですが、骨が小さくなるのか!!!!
と言う事があります。では、どうして骨盤を小さくしたりできるのか??
骨盤矯正と言うのは、骨を小さくしていくのが骨盤矯正です。
骨を小さくすると言うことができるのか?????????? と言う事です。

では、何をして骨盤矯正と言うのか!!!!

当院では骨盤矯正をしていく時に、骨盤矯正に入る前に必ずすることがあります。この骨盤矯正の前にすることとは検査です。
骨盤矯正を希望して訪れる方の多くが何も感じていなくても痛みやコリがなくても何があります。この何かがあると言う事は人それぞれで違います。
しかし検査ができる為に、検査してみると体調が良い方は今まで30年、骨盤矯正をしてきていませんでした。自分で体調が良いと言う誤解している方はいましたが。
体調が良いと言う時には、骨盤の歪みがありません。
背骨のズレがありません。
内臓の働きが良い状態です。
リンパの流れが停滞していることはありません。
循環も良く流れも良い状態です。

眠りも深く脳から寝ています。

顔の歪みが起きたりすることはありません。
顔の浮腫み、体の浮腫み、脚の浮腫みがおきたりすることはありません。
生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、腰痛、肩こり、膀胱炎などが起きることもありません。
体調と言うのは抽象的な言葉です。意味不明な言葉が体調ですが、体調と言うのは骨盤矯正をしていくときに、かなり重要なことになります。
体調が落ちる、体調が悪くなると言うのは疲れやストレスの蓄積が多くなっている時です。
疲れやストレスの蓄積は体にたまります。体に疲れやストレスがたまっていくと必ず骨盤の歪みが起きるからです。
骨盤の歪みが起きると骨盤が開いたりしていく事も起こります。
骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりしていくと骨盤周辺に脂肪が多くなったり、浮腫みもおこりやすくなります。
骨盤が歪んだり、骨盤が開いたりするろ骨盤が大きくなります。
股関節の出っ張りも大きくなって張り出します。

疲れやストレス

疲れやストレスを減らしたり、骨盤の歪みや開きを改善したり、骨盤周辺にできた脂肪や浮腫みを減らしたりする事でも骨盤が小さくなります。
そして骨盤の中にある骨盤臓器も検査して異常を見つけないと骨盤に与える影響が大きくなります。
普通の骨盤矯正をしている他院では、ここまでの骨盤矯正をしていません。
単純に骨盤矯正と言っても影響を出すものや影響するものが多くあります。
骨盤矯正をしていく時には、関係するものが多数、ある為、関係するものを解消する必要があります。
しかし初めから色々できませんので初回は骨盤だけを小さくしていく事をしていきます。
骨盤矯正をしていく時にも体調や体力が必要になります。体力がない方ほど「ダルク」なります。
変化についていけないのと変わる方に体力が取られてしまうからです。
ですから体調や体力も上げていくと骨盤矯正の効果が発揮しやすくなります。

骨盤矯正を希望の方は

骨盤矯正を希望される方を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きがあることがわかります。
しかし、最近の方は現実に起きることがない状態が起きている方がいます。
普通では起きないことですが、骨盤の骨自体に炎症やハレが起きている方が多くなっています。
炎症やハレなら、まだしも炎症やハレ以上のことが起きている方もいます。
骨盤に炎症やハレがあると骨が膨らみます。骨が膨らんで大きくなっていきます。こんなことは普通では起こりません。
しかし、最近は骨盤矯正を希望される方もですが異常と思えるほど体調が落ちています。自分でも気が付かないうちに体調がドン底の方もいます。
この体調の悪さは眠りに関係しています。
つまり寝ているようで寝ていないと言う事です。
眠りと言うのは昔でしたら、寝つきが悪かったり、夜中に何回も目を覚ましたり、夢ばかり見たり、と言う事でした。
最近の不眠障害(不眠症ではない)の方は、夜に寝たら朝まで目が覚めないと思っています。

眠りとは、眠るとは、そんなことではありません。

脳から寝ていないと眠りとは言えません。
体は横になっている状態でも脳が活性化して興奮状態になっている状態では寝ていません。
脳は寝ながら考え事をしている睡眠の睡眠をしている方が多くいます。
睡眠が脳から寝ることができていないと寝ているとは言えません。体は寝ていても他の方が誰が見ても寝ているような状態では寝ていません。
寝ていないと脳は弱っていきますから脳が弱ると骨が炎症やハレになります。
つまり脳は興奮状態でも眠りが出来ますが、寝ている訳ではありません。
脳から寝ることができて脳が休養をとることが眠りです。
骨盤矯正と言うのは
骨盤の骨を小さくしていく事ですから骨盤が小さくなります。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして変えられるのは、この骨盤の幅を小さくしていく事です。
まずは骨盤矯正をしていく時には、一番は、骨盤の歪みがあるのか、骨盤の開きがあるのかを検査する事です。
骨盤矯正を希望する方の、ほとんどは骨盤に歪みや骨盤の開きがありますから、検査することで程度と言うか段階を確認します。
骨盤の歪み、骨盤の開きが確認することが出来たら矯正に入ります。
そして骨盤周辺にできた脂肪や浮腫みも解消しながら骨盤矯正をしていきます。

 

 

 

行橋市で骨盤が小さくなる、骨盤を小さくする矯正をしている徳力整体院は骨盤矯正が人気があります。

 

行橋市、苅田町、みやこ町で「行橋市 骨盤矯正」や「骨盤矯正 行橋市」と「行橋 骨盤矯正」と「骨盤矯正 行橋」と「苅田町 骨盤矯正」と「骨盤矯正 苅田町」「みやこ町 骨盤矯正」などでにんきがあります。

page top