小顔矯正

小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正ですから評判で人気があります。
ボキボキすることもなく顔を無理やり押さえつけたりすることもなく小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正を受けに来た方の多くが初めから顔が小さくなっています。しかし小顔矯正も顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。
ですから小顔矯正と言っても1回で終わることなありません。
当院の院長が行う小顔矯正はマッサージする見たいにして顔を揉んだいると顔が徐々に小さくすることができる小顔矯正をしていますがマッサージではありません。
特殊な技術があるからマッサージをしているようにしか見えませんが、本当に顔が小さくなっていきます。
顔のマッサージをして顔が小さくなることはありませんし、院長と同じように他の方がしても小さくなることはありません。
院長は小顔矯正をして30年になります。30年の研究と経験があるから、できる小顔矯正をしています。

3通りの小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなりますが3通りの小顔矯正があります。
当院の小顔矯正を受ける方は顔の変化を比べることができるようにしています。
小顔矯正を受ける方に良く聞かれるのが、本当に顔が小さくなるのかと言う事と維持することや持続力があるのか、と言うことを聞かれます。
1、小顔矯正をして、顔が小さくなるのか  顔が小さくなります。
2、維持することができるのか、持続力はあるのか  ハッキリ言うとないと思います。

維持する・持続力

維持することや持続させることは自分の体の状態にあるからです。今まで多くの方の小顔矯正をして顔が小さくしてきましたが、全員が体調が悪く良い方は一人もいませんでした。
小顔矯正を受けに来た全員を検査する事をしてますが、全員が体調が良いとは言えません。
自分でも気が付いていないくらい体調を落としています。
体調が落ちると痛みやコリを感じる方と何かわからないけど不調を感じる方と、何も感じない方に別れます。
特に気が付いていないで睡眠負債がある方は大脳が弱っていますから痛みやコリに鈍感になりやすい傾向があります。
検査してみると骨盤の歪み・背骨のズレが無茶苦茶ある方もいますが、本人は感じていません。

睡眠負債

最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りが目が覚めなくても寝ているととは言えません。寝ている方は目が覚めないからと思っています。
夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。記憶に残りにくい睡眠があります。この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。
寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。寝ながら考え事をしている睡眠は、どれだけ大脳を弱らせてしまっているのか!!大脳を弱らせると骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなりますが普通は痛みやコリ、体の不調になります。しかし脳を弱らせると痛みやコリを感じにくくなります。マヒしたり鈍感になります。そのため痛みやコリなどの症状が出たら限界まで悪くしています。

① 1回だけ小顔矯正をしてみたい

小顔矯正を受けて見たいので試しに小顔矯正をする方、本当に顔が小さくなるのか不安な方、他で小顔矯正を受けたけど顔が小さくならなかった方の1回だけの小顔矯正です。
しかし小顔矯正と言うのは、顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。顔だけ小さくなっても体は??。顔と体は密接に関係があります。小顔矯正をしていく時には一番、顔を小さくするにに障害になるものがあります。
その障害になるものは疲れやストレスと睡眠負債です。疲れやストレスが多くあったり、睡眠負債があると持続することができません。

維持することができません。

疲れやストレス、睡眠負債があると体調はスゴク落ちています。
疲れやストレスがあるだけでも体には歪みやズレが多くなります。体調が落ちていることを気が付いていない方もいます。
体調が悪いのに気が付いていない方は睡眠負債のある方です。
睡眠負債とは夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。
眠りと言うのは脳が休養を取って寝ていることを言います。
誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。夢は目が覚める瞬間に見ています。
目が覚める前に見ているから記憶に残ります。
しかし寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠なんですが寝ながら考え事をしている睡眠は目がさめた瞬間に忘れてしまいます。その為、気が付いていません。寝ながら考え事をしている睡眠は脳を弱らせえていきます。
脳が弱るとイライラしたり、物忘れが多くなったり、うっかりが多くなります。それだけではありません。

脳細胞の急激な減少になります。

脳が弱るとハイテンションになります。眠れていないのに朝から元気に動けます。疲れ知らずで動いたり働いたりできます。それで体調が良いと思っている方もいます。今まで多くの方の小顔矯正をして顔を小さくすることをしてきましが、全員が院長から「体調はどうですか」と聞かれると「体調は良いです」と答えています。
検査してみると骨盤の歪みが大きくあったり、骨盤が大きく開いていたりしています。背骨もズレが大きくてガタガタしています。つまりボロボロです。これらは体調の悪さを示しています。体調が良ければ骨盤の歪み・背骨のズレはありません。
体調の悪い方を小顔矯正すると維持することは自分の体に原因があります。できたら気に入ってもらえたら②の小顔矯正をして見ませんか

②しばらく小顔矯正を受けて見る方

当院の小顔矯正は小顔矯正と言うよりも顔の治療と言う意味があります。顔の治療と言うのも変ですが事実です。①で書いたように疲れやストレスは多くの方にたまっています。
疲れやストレスは体にたまりますが、体のどこにたまるのか、それは内臓にたまります。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の多くは水分です。あと35キロは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパがあります。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です

病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。
体の表面上ではなく体の奥にたまることが原因で歪みやズレになります。顔にも疲れやストレスはたまります、
そして睡眠負債による疲れやストレスが大脳にもたまっていきます。顔や大脳にも疲れやストレスがたまると顔の歪みになったり、顔の脂肪、浮腫みが多くなります。
疲れやストレス、睡眠負債があると顔の皮膚、筋肉、脂肪、顔の骨が炎症やハレを起こしていきます。
これを正常に戻していく小顔矯正をすると顔が小さくなります。

③体質改善による小顔矯正

当院では体質改善による小顔矯正をしています。
体質改善と言うのはアンチエイジングの施術であり若返りの施術になります。
体質改善と言うのは体を若返りさせることで顔を小さくしていく事もできるし顔だけではなく全身を変える事ができる方法です。
詳しい詳細はそれぞれで違いますから、ここでは書けませんが。
そして体の中から変えていくこともできます。そうすると顔を触らなくても顔は小さくなります。
体を直していく事でも顔が小さくなることができるからです。
小顔矯正でも顔だけではないと言う事です。

 

小顔矯正とは

当院の小顔矯正は小顔矯正と言うよりも顔の治療と言った方が正確かも知れません。小顔矯正をする時に検査する事をしているからです。検査してみると痛みやコリなどは感じなくても小顔矯正を希望される全員が問題があるからです。
小顔矯正の問題とは顔の作りとは違います。
今まで多くの方の顔を小さくすることをしてきましたが、全員が顔に問題がありました。顔の問題がない方はいませんでした。
顔の問題と言うのは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それは体に蓄積して体を蝕むものです。それは誰でもあります。
ない方はいませんが感じていない方、わかっていない方はいると思います。

疲れやストレスの蓄積

顔の問題を起したり体を蝕むものは疲れやストレスです。
疲れやストレスは体にたまっていきますが、体のどこにたまるのか、と言うことを考える方は少ないようです。
疲れやストレスは例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。
大脳も内臓の一部です。つまり疲れやストレスは内臓にたまります。
疲れやストレスと言うと簡単に考えがちですが、実は疲れやストレスは蓄積していくと老化を起こすものなんです。細胞の老化ですから細胞の最終形態が病気です。
疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。これが痛みやコリになります。痛みやコリと病気は無関係ではありません。
例えば健康な細胞から1年、2年くらいで病気の細胞になることはありません。
例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。
我々が生活したり運動したりできるのは内臓が多くの栄養やエネルギーを作ってくれるからです。内臓も働くことで疲れやストレスをためて多くしてしまいます。

両方の疲れやストレスが内臓にたまっていきます

生活による疲れやストレスと食べることや呼吸で働くことです。
つまり小顔矯正と言っても大脳にも疲れやストレスがたまります。大脳に疲れやストレスがたまると顔の歪み、顔の脂肪、顔の浮腫みが多くなったり、顔色が悪くなったり、肌のツヤが無くなったり、頭痛、頭の痛み、イライラしやすく、目の疲れなども起こります。
大脳に疲れやストレスがたまると睡眠負債になります。眠りというのは脳が休養を取って寝ていることを言います。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。
こんな状態では脳の力はドンドン落ちてきます。奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。脳の力や体調が落ちていくと顔も大きくなり肥大していきます。
こんな状態では小顔矯正をして顔が小さくなっても維持する力はありません。持続力はありません。
体や脳にたまった疲れやストレスを減らすことをすると顔が小さくなります。頭も小さくなります。顔だけ小さくなっても頭が大きいと顔の小ささが目立つでしょうが、まるで宇宙人みたいです。頭でっかちで顔が小さいと言うのは。
小顔矯正をする時には顔も頭も小さくなることです。それができるのが当院の小顔矯正です。無理やりな小顔矯正でもなく危険な小顔矯正でもありません。

正常に戻していく小顔矯正です。

小顔矯正をする時には変わる部分は顔には皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨(顔面骨)しかありません。もちろん顔の浮腫み、脂肪を減らす事でも顔は小さくなると思いますが、それだけではダメなんです。
顔の骨、。つまり頭がい骨の一部の顔面骨と頭がい骨を小さくすることができれば顔が小さくなります。しかし頭蓋骨には大脳が中に入っています。頭がい骨を小さくするということは大脳に影響が出てしまいます。
しかし安心して下さい。検査することで安全で顔を小さくしていく事ができるからです。正常にしていくと顔が小さくなります。頭の骨や顔の骨も疲れやストレスがたまると炎症やハレを起こして大きく変形を起こして肥大しています。これを正常にしていく小顔矯正です。
小顔矯正をしていくなら、初めから顔が小さくなることで人気がある小顔矯正を院長の私がしてい行きます。院長の私が小顔矯正をしていくので本当に初回から顔が小さくなること請け合いです。
当院の小顔矯正は特徴がありますから初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。
始めから顔が小さくなるので人気があり痛くないので評判の良い小顔矯正です。
しかも当院の小顔矯正は自分で顔が小さくなるのがわかるようにしています。その為、少し難しいですが小顔矯正をする前に顔を触っておぼえてもらうようにしています。
小顔矯正に入る前に自分の手で顔を触って顔の大きさをおぼえてもらって小顔矯正をした後に、もう一度、触ってもらいます。そうすると顔が小さくなったのが、その場でわかります。
●小顔矯正をしていく時には顔も浮腫みも減らして解消するようにしています。
●小顔矯正をする時には、顔の皮膚の垂れ下がりも改善していきます。
●そして顔が小さくなることをしていきます。
小顔矯正は1度で終わることはありません。いくら1回目から顔が小さくなっても初回だけで終わってしまっては効果が長く続きません。それには理由があります。
小顔矯正と言っても顔だけではなく色々なものが関係しているからです。一番、深く関係するのが体の歪みを起こしているものです。歪みを起こしているものも減らして改善しないと顔が小さくなっても顔色が悪かったり、肌のツヤがなかったり、肌荒れが起きていたり、目の下にクマがあったり、口内炎が起きやすい状態だったり、口唇ヘルペスが起きたり、生理痛があったり、便秘があったりしていると顔にも影響が出てしまいます。
しかし始めから色々できませんから、はじめは顔だけ触って顔を小さくしていく事をしていきます。
できるだけ初回から顔が小さくなりますが、体調が悪い方、体力がない方、体力が落ちている方は小顔矯正したあと、『ダルク』なるかも知れません。

小顔矯正したあとダルクなる

小顔矯正をする時も、顔が小さくなるのも体力や体調を消費します。体力や体調が低下していることに気が付かないと顔が小さくなった分だけ、体力や体調が取られてしまいます。その取られた分だけダルクなります。
体調が良い方や体力がある方は起きませんが、自分でも気が付かないで体調や体力を落としている方がいます。当院でも、できるだけダルクならないようにしていますが、どうしても初回から体調や体力を測ることができません。
小顔矯正の方の希望は顔を小さくしたいと言う事ですから、できるだけ顔を小さくすることをしていきますが、小顔矯正をする前で聞いても「ダルクなりますよ」と説明しても「良いです」と言う方ばかりですが、小顔矯正後に「ダルク」なったら、説明していることも、考えてくれません。
そうすると中には「こんなダルクなるとは聞いていない」とか言われますので、次に来院して下されば体調や体力を回復させていくこともできます。
本当は小顔矯正でも、体の状態から検査して体調や体力を回復させて顔が小さくする小顔矯正をしたほうが良いのですが、小顔矯正を希望されているからは、どんなに体調や体力を落としていても強い痛みやコリを感じていなければ、体調は良いと思っていますから、ややこしいんです。
小顔矯正を希望される方は、どうしても顔が小さくなることばかり気にしています。

本当に顔が小さくなるのか??

痛くないのか??
もし顔が小さくなっても維持できるのか??
顔の浮腫みもとれるのか??
1回で顔がどれくらい変わるのか??
顔ばかり気にして体の方は、置き去りの方が多くいます。
当院では、本当に初回から顔を触って顔を小さくしていく事ができます。顔だけ小さくなれば良いと思う方は、顔が小さくなったら終了です。
しかし、体の方も調整しないと、
小顔の持続する時間が少ない。
顔が浮腫みやすくなります。
顔が小さくなっても顔のハリがありません。
顔が小さくなっても顔のツヤがありません。
顔が小さくなっても肌の色が良くありません。
顔が小さくなっても疲れた顔では小顔効果がありません。
顔が小さくなっても老け顔では意味ありません。
顔は顔だけではありません。顔が小さくなっても人は見た目で判断していますから、顔の表情にすべて出てきています。
体に蓄積している疲れやストレスが貌の表情に出ています。
歪みやズレがあると顔が歪んでいることもあります。
小顔矯正をしていく時に顔だけではなく体の状態も大切なことになります。
小顔矯正をする時に効果があって長続きする小顔矯正をしていますから、顔だけ小顔矯正をしていくと効果的には、本当にイマイチになります。

小顔矯正をする時には

当院では小顔矯正をする時には、痛くない怖くない無理やり顔を押さえつけたりしない小顔矯正をしています。
当院の小顔矯正は小顔矯正に入る前に、全員に対してしてもらう事があります。
そのしてもらう事とは、顔を触っておぼえてもらう事です。小顔矯正に入る前に顔の大きさをおぼえていると変化が良くわかりますから、小さくなったのを比べることができます。
しかも自分の手で顔が小さくなったのが、わかるようにしています。
しかし、この触るり方は簡単であって、大変、難しい触り方です。
何も考えずに手を顔に当てても分かるようになりません。
なので触り方があります。
小顔矯正をする時の顔の触り方は、両方の首をアゴの所に当てて手のヒラ全体を顔に密着させます。

小顔矯正のさわりかた

①から順番に触るようにして下さい。
①アゴの部分に手を当てる
②手のヒラを浮かさないように密着させる
③指も浮かないように顔にくっける
④顔の左右差を感じる
この4つの項目でも一番、重要なのが4番目です。④番目の左右差を感じるようにすると顔が小さくなったのがわかります。
しかし時々、違うように言う方もいます。
この4つの項目が触ることができて顔の大きさをおぼえたら小顔矯正に入ります。
小顔矯正をする時に触り方をおぼえたら、施術台に上向きで寝てもらいますが、もう一度、院長が「顔を触って下さい、先ほどと同じように」と言いますから、寝たままで顔を触って下さい。この時に院長がご自分の手の上から触ります。
お手本のような触り方です。こう言う風に触ると言うことを体験してみます。院長の触り方でやっと、わかったと言う方もいます。

小顔矯正に入ります

小顔矯正にはいりますから、施術する台に上向きで寝てもらいます。院長が顔を触っていきますから来院時は、お化粧が崩れますから薄化粧で来院して下さい。
院長が小顔矯正をする時に、顔を無理やり押さえつけたりしませんから安心な小顔矯正です。
小顔矯正をしていく時に院長はマッサージするようにしているだけで顔が小さくなります。しかしマッサージをしているわけではありません
マッサージをして顔が小さくなることはありません。マッサージするように顔を揉んでいるだけで顔を小さくなります。
本当に他の方が横にいても院長はマッサージをしているようにしか見えませんが、それだけで顔が小さくなります。
どうして顔をマッサージしているようにしているだけで顔が小さくなることができるのか。
それは院長は検査することができるからです。検査と言うのは顔の検査ですが、顔の美しさや可愛さではなく、顔の状態の検査をしています。
顔の検査ができるのも当院の特徴なので他ではできないと思います。(全部知っている訳ではないので)

顔の検査と言うのは、超特殊だからです

顔の何を検査するのかと言うと体にも疲れやストレスがたまるように顔にも疲れやストレスがたまっていきます。

顔に疲れやストレスが蓄積して多くなると

①顔の皮膚が炎症を起こしたりしています。
②顔の筋肉も炎症やハレが起きている方が多くいます。
③顔の脂肪が増えたり炎症やハレが脂肪にも起きている方が多くいます。
④顔の顔面骨である骨も炎症やハレが見受けられる方が多くいます。
今まで多くの方が小顔矯正に訪れましたが、顔が小さくならなかったと言う方はいません。
ということは当院に来院した小顔矯正を希望される方はほとんどの方が顔にトラブルを抱えていると言うことになります。
この顔にあるトラブルを検査することも容易ではありませんし、炎症やハレ解消することも簡単ではありませんが、当院では簡単ではない小顔矯正を簡単にしているようにしか見えないことをしています。
この皮膚や筋肉、脂肪、骨の炎症やハレがあるということは普通では起こりません。
当院の院長も見つけたのは、たまたまです。いつもマッサージをするように小顔矯正をしていましたが、どうして顔が小さくなるのか、わかりませんでしたから説明もできませんでした。
たまたま検査してみると顔がどうなっているのか、わかりました。
普通では起きないことが起きていますから正常に戻すことをして顔を小さくすることができます。
院長が顔をマッサージするようにしていくと、特にアゴのラインがスッキリして細くなります。アゴの周辺の浮腫み、脂肪も減っていることは、

当然ですが、アゴの骨が細くなります。

細くなると言うよりも骨が炎症やハレを起しているからです。
顔の骨が炎症やハレが起きていると骨が膨れていきます。この骨の膨れが顔を大きくしていき日増しに顔が大きくなります。そして顔の浮腫みが大きくなったり顔に脂肪が多くなったり、顔の皮膚が垂れ下がったりしていきます。
顔を小さくするときも、顔が炎症やハレを起こしていると、その検査や改善ができない先生が小顔矯正をしても小さくなりません。
今まで小顔矯正を希望してきた方、全員、顔に炎症やハレがありました。
当院では小顔矯正をする時に顔の炎症やハレを解消することをしています。30年間、小顔矯正をしてきて顔が小さくならない方はいませんでした、全員が顔が小さくなっています。
何をして顔を小さくする小顔矯正をするのか、という説明になると思います。
当院では、どう言う風にして顔を小さくしていくのか、と言う事を説明できることと、検査して見つけることをしていきますから、初回から
顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をする時も検査する事をしているので、異常があれば、その異常から解消していくと顔が小さくなります。
今までは小顔矯正を希望されて訪れた方は異常がない方がいませんでした。
つまり異常を整えていくと顔が小さくなります。
顔が小さくなることを自分でわかってもらえるようにしているのが特徴です。
当院では小顔矯正をする時に炎症やハレを改善する小顔矯正をしていますが、体質改善と言うレベルの高い小顔矯正があります。
一番、効果があって顔が小さくなっていくには体質改善、アンチエイジング、若返りの施術が一番ですが初めから体質改善の施術はできません。
体質改善の小顔矯正は持続力も高く、一番です。

 

当院では行橋市、苅田町、みやこ町で「行橋市 小顔矯正」、「小顔矯正 行橋市」、「苅田町 小顔矯正」やみやこ町 小顔矯正」などの検索でも人気があります。

page top