生理痛を楽にする

生理痛

生理痛を解消

 

生理痛になる方は原因があります。この原因があるから毎月の生理の時に生理痛になります。

 

誰でも生理痛がある時には薬ばかり服用していますが、これが大変なことに進行していきます。

 

生理痛を薬ばかり服用していると原因が進行していきます。生理の時だけではなく痛み止めの薬やホルモン系の薬も同じですが、ホルモン系の薬を使用して改善を目指しても原因はかわりません。

 

ホルモン系の薬を飲めば良い訳ではありません。

 

どうしてホルモン系の薬を飲まなければいけないのか、生理だからなのか、と言うことを考えて下さい。

 

生理になっても他の人は軽い人もいますし、生理痛がないと言う方もいます。

 

生理だから生理痛になる、と思わないで下さい。

 

生理になっても生理痛が起きなくすることはできる可能性があります。

 

その為には検査することで一つ、一つクリアしていく事です。

 

原因は一つではなく、いくつかあります。

 

生理痛の原因

 

生理痛の原因は一つではなく、まずは体調ですね。体調と言うのは自分で感じるものですが体調が感じなくなるくらい悪い方もいますし、マヒした方も言います。

 

体調が感じる部分がマヒすると何も感じません。

 

生理痛が起きる方は毎月、同じ症状が起きる方はいません。メモを取っていると感じることも多くありますが、生理痛が起きている時に、症状を書き留めているとわかります。

 

体調が良い時には、生理痛は軽く感じます。

 

生理痛がひどくなる時には、体調は少し良い時です。

 

体調において変化することをしていきます。

 

体調が悪い時にはホルモンのバランスも悪くなります。

 

また、眠りが浅い時に生理が来ると生理痛がひどくなります。

 

疲れがたまって多くなると生理痛は起こります。

 

ストレスが多く蓄積すると生理痛になります。

 

生理痛になると

 

誰だって体調を落としている時にはホルモンバランスが悪くなります。

 

疲れやストレスは

 

日常生活、仕事などの疲れやストレスはどこにたまるのか。

 

日常に多くなる疲れやストレスは、内臓に蓄積していきます。

 

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

 

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

 

あとは内臓と中枢神経しかありません。

 

内臓に蓄積する疲れやストレスは弱い部分に蓄積していきます。体には弱い部分と、そうでもない部分があります(強い内臓はありません)

 

そうでもない内臓に多くの疲れやストレスはたまりません。

 

弱い内臓に多くの疲れやストレスがたまりながら内臓の悪さを早めていきます。この内臓の悪さを速めながら進行途中で生理痛になります。

 

生理痛とは弱い内臓が子宮や卵巣、ホルモン系の方が生理痛になります。

 

そして体調が落ちた時に生理がくると生理痛になります。

 

生理痛tぽは体質が根底にあります。体質的な弱さが生理痛を起しています。

 

生理痛になる時は、親が生理痛の場合が多くあります。これが遺伝的なモノであり、遺伝子が関係して起きています。

 

多くは親や祖父母が弱いのが原因ですが、男性にも睾丸の精巣、などの弱さがあれば、それが子供に遺伝します。

 

睾丸の弱さがあると男性側の原因で起きる不妊症になります。

 

生理痛になりやすい方は、断言ではありませんが確率的に不妊症、子宮の病気、卵巣の病気になる確率が高くなります。

 

だから生理痛、生理不順になります。

 

病気になると言っている訳ではありません。あくまでも確率が高いと言う事だけです。

 

体調が悪いと

 

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。骨盤の中にある内臓が卵巣、子宮です。

 

骨盤が歪んだりすると恥骨の骨も狂いが生じます。

 

恥骨の骨が歪んだりするだけでも中は大変なことが起きています。

 

生理痛
生理痛になる時には骨盤矯正も必要になります。

 

体調を上げることと、骨盤矯正をしていきます。体調を上げることでもホルモン系は整う事もあります。

 

体調を上げていくと恥骨の部分が正常になると、生理のある方も楽になることもあります。

 

 

 

行橋市で生理痛を楽にして、楽になったら生理痛がどうして起きるのか、原因を見つけて治療することをしていきます。

 

行橋地区で生理痛を改善するならカイロプラクティック徳力整体院

 

 

page top