人気がある骨盤矯正

骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

 

当院では初回から骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。骨盤矯正で小尻にしていく為には検査することで変化を確認しながら骨盤矯正をしています。

 

骨盤矯正をする時には、痛くもなく怖くもない骨盤矯正をしています。ボキボキすることもしていませんし低周波治療器や電器を使う事もなく院長の「手のみ」で骨盤を小さくしていく技術を持っています。

 

当院では30年間の骨盤矯正を研究しているので、初めから骨盤が小さくなることをしていますが、当院の骨盤矯正は他とは違い特殊な骨盤矯正をしています。

 

骨盤矯正をする時には、履いてきたGパンやスカートが緩くなったとか、言われますが鏡で見ることも構いませんが、自分の手でわかるようにしています。

 

骨盤が小さくなったのがわかる

 

骨盤が小さくなったのがわかるようにしていますが、それには自分で感じてもらうことが大切になります。

 

他人が計測したりメジャーで測ることよりも自分で確認した方が一番です。この為にも変化がわかるようにしています。

 

骨盤矯正をしていくわけですから骨盤を小さくしていく事をしていますが、多くの方が骨盤矯正を受けに来ましたが骨盤矯正の意味を分かっていません。

 

どうして骨盤を小さくすることができるのか。

 

どうやって骨盤を小さくできるのか。

 

骨盤を小さくすると言うのは、どうやれば骨盤を小さくすることができのか。

 

骨盤矯正を小さくしていく為には、もちろん骨盤の歪み・背骨のズレを整える必要があります。

 

今ままで骨盤矯正に多くの方が訪れて骨盤矯正をしてきましたが、全員が骨盤に異常がありました。

 

検査することを重要視していますから、検査すると色々なことがわかってきます。

 

まずは

 

骨盤の歪み・骨盤の開きです。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると骨盤が大きく開いたり、歪んだりしていきます。骨盤が開いたり、歪んだりすることで骨盤周辺に脂肪が多くなったり、浮腫んだりします。

 

骨盤周辺の影響は大きくなります。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると生理痛、生理不順にもなる可能性がありますし、便秘にも影響を起こすこともあります。

 

普通は骨盤の歪み・骨盤の開きがあると腰痛になることも少なくありません。

 

骨盤の歪み・骨盤の開きの原因

 

骨盤の歪み・骨盤の開きの原因は体調に関係しています。体調と言うのは意味不明な言葉です。

 

自分で体調が良いと思えば体調良い訳ですから、体調を測る機械もありません。検査する道具もありません。

 

血液検査や尿検査をしても体調はわかりません。レントゲンでも体調はわかりません。というかこれらの検査は病気の検査です。

 

尿検査、血液検査、レントゲン、MRI検査をしても病気の検査ですから、もし異常が出れば病気です。

 

しかし病気も健康な細胞から1年や2年で病気の細胞になることはありません。

 

5年や10年、かけながら進行していきます。進行して完成していまわないと検査しても異常は見つまりません。

 

異常なしですから健康と言います。しかし何かの痛みやコリ、腰痛であろうと肩こりであろうと痛みやコリが起きる時には何かが起きています。

 

何かが起きていても病気ではない状態であれば健康なのか、と言う事です。

 

生理痛も生理不順も便秘も病気ではありませんが病名です。何かが起きる前兆です。

 

骨盤矯正とは

 

骨盤矯正に入る前に自分の両方の手のヒラを骨盤の横に当てて幅をおぼえてもらいます。

 

骨盤矯正をする前にと骨盤矯正をしたあとを比べることができます。

 

しかしそんなに10センチも20センチも変わりませんから、1センチでも2センチでも変われば小さくなっていますから骨盤をさわっておぼえて下さい。

 

しかし自分の両方の手のヒラで小さくなったのがわからないと意味ありません。

 

骨盤が3センチ小さくなっても分からない方もいます。

 

骨盤が1センチ小さくなったのがわかる方もいます。

 

わからないと言うことがないように触っておぼえて下さい。

 

 

 

 

 

行橋市で骨盤が小さくなる骨盤矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

 

行橋からも多くの方が訪れています。

page top