肩こりを解消するには

肩こり

肩こりを楽にしていく為

 

肩こりと言うのは筋肉のコリの事ですが、コリと言うのは抽象的な言葉です。

 

コリと言うのをイメージする時や考える時には、意味不明な言葉です。

 

肩こりを説明する時に、コリと言うのを、どう表現すればいいのか、迷います。

 

肩こりを起こす筋肉のコリと言うのは、筋肉の緊張の事です。筋肉の緊張というのは筋肉が硬くなると言う事です。

 

筋肉が固くなると循環が悪くなります。

 

筋肉が固くなるとリンパの流れが悪くなって停滞して老廃物が多くたまります。

 

筋肉が固くなると血行も悪くなります。

 

筋肉が固くなると神経の流れも阻害されます。

 

肩こりで筋肉のコリが起きると、多くの症状が同時に起きています。

 

肩こりを起こすときの筋肉のコリは筋肉が緊張して固くなることですが、この硬さも程度があります。

 

硬さも軽いものから、中程度の筋肉のコリから、重程度の筋肉のコリ、重症の筋肉のコリなど色々あります。

 

そして筋肉のコリも

 

一時的に起きている筋肉の硬さの場合もあれば、永久的に筋肉が硬いまま固定されたものまであります。

 

肩こりを起こす筋肉のコリが長いと普通の状態の筋肉を保つことができなくなります。つまり筋肉が変質して筋肉の質が変わってきます。

 

筋肉の質が変わると低周波治療器や電器をしても、その時だけほぐれますが、持続しません。つまり楽な状態が続かないと言う事です。

 

この筋肉の質が変わってくると、普通の治療をしても何をしても変わりません。この筋肉の質の変化があると体質改善の施術で変えていかないと変わりません。

 

この筋肉の質の変化のことを筋肉の老化と言いますが、筋肉が老化を始めると色々だけではなく周辺も問題も起きていきます。

 

筋肉の周辺の問題と言うのは筋肉だけではなく、周辺や中にある神経、血管、リンパ管などもやられていき筋肉が細くなるか、筋肉がしっかりしなくなります。

 

進行すると手に力が入らなくなります。握力の低下で物を持つことが大変になります。

 

肩こりと言っても筋肉の緊張から起きて進行していくと大変なことになります。

 

この時にわかることがある触り方があります。手を使う運動をしていると良く使う方の手は太くなりますが、普通は利き腕に関係なく手がしっかりしなくなりますから手を触るとブヨブヨしたり、手が細くなっています。また、固くなっていることもあります。

 

ここまで変化が起きていると急がなければ改善困難になります。

 

肩こりと言っても

 

肩こりといっても単純なことばかりではありません。肩こりを簡単に考えないで下さい。

 

最近は体調の低下から筋肉が炎症やハレを起こしている方も増えています。

 

●肩こりを直すことなくサプリメントを飲んでいると肩こりが感じなくなっても肩こりを楽に思ってもサプリメントの栄養でわからなくしているだけです。

 

サプリメントを飲むことで肩こりを感じなくても肩こりの筋肉のコリはあります。肩こりを感じないだけです。筋肉のコリは栄養やサプリメントでよくなることはありませんが、感じなくすることはできます。そうすると進行して筋肉が徐々に固くなっていきます。

 

固くなるとコリを感じなくなる方もいますが、これは神経のマヒです。筋肉だけではなく痛みやコリを感じる神経が痛みやコリを感じなくしているだけです。

 

神経のマヒが起きると痛みやコリに鈍感になるか、感じなくなりますから。

 

痛みやコリが感じなければ肩こりを感じることができません。そうすると手の筋肉がなくなってなえていきます。握力も低下してものをつかむこともできなくなったり、手で持っているものがポロリと落ちることもあります。

 

いつまでも肩こりのまま筋肉が同じではありません。

 

肩こりといっても筋肉だけではありません。背骨の歪みからも肩こりは起こります。

 

背骨が歪みを起こすと筋肉は骨から骨へ、くっ付いていますから歪みを起こすことで筋肉はひっぱられていきます。

 

筋肉が引っ張られていくと筋肉は緊張していきますから、この筋肉の緊張が循環が悪くなることも起こり、リンパの流れも悪くなって老廃物が多く蓄積して肩こりになります。

 

悪化すると椎間板ヘルニアにもなります。

 

歪みが起きて椎間板ヘルニアになって神経圧迫が起きると手のシビレが起こります。

 

椎間板ヘルニアや手にシビレが起きないまでも背骨が歪みを起こしただけで肩こりになるのは確実です。

 

そして歪みが起きた原因があります。

 

この歪みが起きた原因は、体の中にあります。体の中であることが進行していくと背骨の歪みになります。何も原因がないのに、また姿勢で背骨が歪みを起こすことはありません。

 

何かの原因があるから背骨の歪みになります。

 

背骨の歪みを起こす原因は疲れやストレスの蓄積です。

 

疲れやストレスというのは限界なく多くなります。疲れやストレスがたまると体は防衛的に歪みを起こしていきます。

 

この歪みを起こすことで体に異常を知らせています。

 

ですから痛みやコリ、肩こりは危険警報メールと同じです。

 

これを簡単に考えて対症療法ばかりしていると大変なことになります。

 

対症療法というのは低周波治療器や電器、マッサージ、注射を打ったり、湿布を貼ったりすることです。

 

肩こりには

 

 

行橋市で肩こりを楽にしていく為には肩こりの原因になっているものを見つけて改善することからカイロプラクティック徳力整体院。

 

当院では検索の行橋市、苅田町、みやこ町などの「行橋市 肩こり」や「行橋 肩こり」と「肩こり 行橋市」と「肩こり 行橋」の検索キーワードでも人気があります。

page top