肩こりを楽にする

肩こりを楽にする

つらい肩こりを楽にしたい、肩こりが楽にならない、どうしても肩こりがツライなどなど、色々な肩こりを感じる方がいます。

 

肩こりが起きる時には、多くの方が、どうして起きるのか??、とか、なぜ肩こりに悩まされるのか?とか、揉んでもらっても、その時だけ楽になるけど、しばらくすると肩がコリだす、湿布を貼っても効果がない、マッサージに行っても、楽だけど、また肩こりになる、整骨院で電器をしてもらっても、次の日には肩を感じると言うことが多い症状です。

 

肩こりと言うのは非常に厄介なものです

 

初めのうちは、湿布を貼っても楽になっていたのが、次第に効果が無くなつたりしていきます。

 

初めのうちは家族の方に肩を揉んでもらっても楽になっていたのが、次第に楽になることはなく逆に肩を揉まれると痛いことも。
マッサージをしてもらっても、しばらくは楽ですが、徐々に効果が薄れて、また肩がコリだします。

 

整骨院で電器をかけてもらっても、初めは良かったんですが、2回目の肩こりと3回目の肩こりのたびに効果がない。

 

その理由は原因にあります。

 

多くの方は考えもしないでしょうが、肩こりには原因があります。
肩こりとは

 

そして専門家の先生も知らない方が多くいます。

 

知れない理由は、原因がわからないからです。

 

肩こりと言うのはレントゲンで撮っても、エコーで見ても、MRIで撮影しても、わかりません。

 

なので人が見たり、手で触ってみても、わからないのが肩こりです。

 

肩こりを検査する器械もありませんし、目で見ても、手で触っても、肩こりは他人にはわかりません。

 

わからない肩こり

 

自分だけが感じるのが肩こりです。

 

もし擦り傷や怪我でもあって包帯でも巻いていれば、誰でも見てわかりますが、肩こりは擦り傷もケガもありませんので、他人にはわからないのが肩こりです。

 

わからないから、色々な施術法があります。

 

わからないから、治ったのか、施術している先生も分かりません。

 

わからないから筋肉だと思って筋肉を揉んだりマッサージすると楽になるため、筋肉だと思っています。筋肉だと思っているから体操したりストレッチしたり筋肉を伸ばしたりしています。

 

わからないから電器でもかけておけば良いだろうと思って、電器をしたり温めてしまえば循環も良くなるからと思ってしています。
わからないのは検査ができないからです。

 

肩こりを検査する

 

重要なのは今のコリの原因を見つける事

 

大切なのはコリの理由を検査すること

 

ただ、揉めば良いと言う専門家の先生がいたとしたら、患者さんの体のことを考えていない素人同然!

 

 

自分しかわからない肩こりを検査することができます

 

当院の院長は、肩こりの状態を検査することができます。
本当に筋肉のコリが起きているのか、起きていれば、どの程度なのか??

 

肩こりは

 

肩こりは筋肉のコリですから、筋肉のコリも程度があります。強くコリを起こしている人もいれば、軽くコリを起こしている方もいます。それを検査する必要もあります。

 

ただ揉めば良いと思う方もいますけど、そうではありません。

 

肩の筋肉を揉めば原因を隠す事ができます。
肩の筋肉をマッサージすれば原因を隠す事もできます。
肩の筋肉のコリを電気で散らせば原因を隠す事ができます。

 

しかし、隠しておけるのは期間があります

 

期間を過ぎると隠す事もできなくなり、また繰り返されます。

 

 

しかし、肩こりの本当の原因は簡単には変えられない物です。

 

しかも、当院の施術でもですが、体質改善の施術でのみ変えることができます。

 

 

 

 

 

 

当院では肩こりを楽にしていく時には、筋肉を揉んだりマッサージすることもしていますが、肩こりは筋肉だけでは起きていません。


 

肩こりがつらいんですが、肩こりは、どうして、どこから起きているんですか??


 

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージが定着しています。
テレビや雑誌の特集でもストレッチしたり、関節の可動域を広げたり、筋肉を伸ばしたり、ダンベル体操したり、運動したり筋トレしたりサプリメントを飲んだり、プールで泳いだりなどの方法が一般的に肩こりを解消する方法だと言われています。


 

はい、私も、そう思っています。
だから色々な方法でしてきました。
でも、あまり効果がないような感じです。


 

ですよね。
確かに動かすことでリンパの流れが良くなり老廃物が流れていきます。

 

でも、どうしてリンパの流れが悪くなるのか????
動かさないから??
関節を大きく動かすことが日常でないから???


 

リンパと言うと、停滞しているから流れば良いと思っていました。
でも、考えてみると、そうですよね。
どうして、流れないのか、何か原因があるのか、そこまで考えていません。

 

なにか流れない原因があるからですね。


 

そうですよ、なにか流れない原因があるから、リンパ液が滞留している訳ですから、ただ流せば良い訳じゃありません。

 

そう言う問題は考えもせずに、ただ流してマッサージしているのがリンパ療法です。
確かに軽いマッサージがリンパが流れやすいと言われています。
リンパはムクミになります。
つまりブヨブヨしている部分はリンパが滞留している部分です。
コリとは違います。


 

じゃ肩こりって何ですか??


 

肩こりと言うのは、筋肉のコリです。

 

では、筋肉のコリとは、どう言うことを言うのでしょう。


 

筋肉のコリとは、何ですか??


 

 

 

筋肉のコリとは、筋肉疲労が起きて緊張が強くなり固くなることを言います。


 

筋肉が疲労してコリに発展していくんですか??


 

軽いうちでしたら、自力で回復させることができますが、完全に抜けないうちに積み重ねをすることで多くなっていきます。


 

筋肉の疲れの原因は何ですか、なにか特殊なことですか?


 

筋肉の疲れを感じて『疲れた~』と思っても、いつの間にか感じなくなります。
それが完全に無くなっている訳ではないと言うことです。
無くならないうちに肩や腕や指を使うと肩の筋肉も同時に働きますから、それが肩こりになっていきます。


 

 

良くスマートフォンを操作していると肩こりを感じますが、そんなことが原因なんですか??


 

そうですよ。
肩や腕や指を使うこと全部が肩こりになっていきます。

 

ショッピングで荷物を持ったり、車の運転、鞄を持つこと、手枕、腕枕、手で体を支える事なども筋肉疲労の原因になります。

 


 

じゃ、マッサージに良く行って肩こりを楽にしていますけど。

 

行くと、しばらくは楽ですよ。


 

そうですね。

 

筋肉を集中してもんでもらったりマッサージしていますので、しかし、いつかは効果がなくなります。

 

その理由は、肩こりの原因が筋肉だけじゃないからです。


 

 

悩む


 

 

案内


 

 

 

 

当院の肩こり解消法は、まずはコリを楽にする事から始めて楽になったら、コリの原因を見つけ出す方法もしています。
肩こりにはコリを起こす原因が、どこかにありますので、原因を見つけて変えていく事も大切なことです。

 

まずは

  1. 肩こりを楽にすること
  2. 楽になったら原因を見つけて変える事

 

原因は人それぞれで違うと思います。

  • どうして肩こりを起こすのか?
  • どこから肩コリを起こしているのか?
  • 肩こりを繰り返すのか?

肩こりを楽にする方法は多くありますが、楽にするばかりで原因まで見つけ出していません。
肩こりを、その時に湿布を貼ったりマッサージしたり低周波治療器や電器をして楽にしても、原因が残ったままになっている場合が多くあります。

 

  1. 原因を見つけ出す為にも、まずはコリを楽にすることからしていきます。
  2. 楽になったら、そこから原因を見つけ出す検査をして、変えていく矯正ができます。

肩こりのコリとは

肩こりと言いますが、肩に起きるコリの事ですが、コリとは、どう言う現象でしょう?
普通に考えれば肩に起きる筋肉の緊張や筋肉疲労などだと思われます。
肩は荷物を持ったり、腕を使ったり指を動かしたりすることで、筋肉を使っていますので、筋肉を使えば使うほど筋肉にも疲れが溜まっていきます。普通であれば筋肉疲労がたまっていくと、筋肉の疲労を解消する為に体の中からホルモンが出てくる訳です。
筋肉の疲労を解消するホルモンが出る事で筋肉の疲労が取れてコリを楽にすることが自然とできる訳です。
それが、何かの異常が起きているから働きの低下と機能しにくい状態と考えられます。
その働きの原因と低下した状態まで見つけて解消していかないと、施術を受けて楽にしても、また、しばらくすると同じことを繰り返します。
何かの施術やマッサージや低周波治療器や電器をしても、しばらくは楽になりますから、治ったと思うでしょうが、違います。

 

コリを感じていない時でも、原因は残ったままになっていますのから水面下で徐々に進行(こじらせていく)していきます

 

肩こりを感じて、⇒ 湿布を貼って ⇒ コリが楽になった ⇒ しばらくすると肩こりが起きる ⇒ 同じ湿布を貼る ⇒ 楽になった ⇒ また肩こりを感じる ⇒ 同じ湿布を貼っても楽にならない?(これの繰り返しが肩こりをこじらせていきます))

 

また湿布を貼る事に関わらずマッサージでも、低周波治療器や電器でも同じことが言えます。
その理由はコリの原因がわかっていないからです。

 

家族の方に揉んでもらうマッサージや専門家の先生に揉んでもらうマッサージも同じことですが筋肉のコリだと決めてつけています。
肩こりにはあらゆる事が関係しています。筋肉だけがコリの理由と決めつけるのは不自然だと思います。
しかし湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽になる事は事実です。

 

肩こりの原因は

30年以上の経験がある院長である私が痛くない方法で解消していきますが、検査する事をしています。
何の検査かと言うと筋肉のコリの検査です。

  1. コリの検査は本当に筋肉のコリが起きているのか?
  2. コリが起きていれば、どれくらいのコリなのか?

から始めていきます。
当然ですがコリを解消する為に、筋肉を揉んだり押したりマッサージしたりすることで解消をしていきますが、目的が筋肉ではありませんので、筋肉のコリがほぐれてきたら、人によっては筋肉のコリを伴いながら、筋肉が炎症を起こしている方までいましたので、筋肉の炎症があれば筋肉の炎症を減らす事も必要になります。

筋肉の問題

筋肉のコリを減らす事(方法は:筋肉を揉んだりマッサージしたり)
筋肉のコリだけではなく筋肉が炎症を起こしている方もいます。(この場合は筋肉の炎症を解消する矯正をしていきます)
筋肉を検査する時も、ありとあらゆる方面から検査しなければ、どうなっているのかわかりませんので検査する事で状況判断していかなければいけません。
このレベルまで検査ができない先生が、筋肉だと決めつけたりしてマッサージ、低周波治療器や電器を行っています。
筋肉は触ってわかるモノではありませんし、見ただけではわかるモノではありません。

 

触るのではなく、見るだけでもなく検査して確認することが大切です。

 

これができるから肩こりの原因を見つけ出す事ができます。

 

原因が複雑に絡んでいる事がありますので、まずは筋肉のコリから確認出来たらコリを解消していく事が優先されます。

 

肩こりの原因は

肩こりの原因は先ほども解消する事が出来ない筋肉疲労が原因だと説明しました。
普通は筋肉疲労が起きると体の中から筋肉回復ホルモンが分泌されて筋肉疲労を取ってくれます。それが何かの原因で働かないと言う事です。
肩こりと言うとリンパと言う言葉を言われることもありますからリンパマッサージをした方が良いとか。
しかし、

  1. どうしてリンパが停滞するのか。

もちろん筋肉の疲労が起きていると筋肉は緊張していますから流れが悪くなりリンパの流れが悪くなることで老廃物が蓄積していきます。リンパの流れが悪いのは筋肉疲労が原因ですから、筋肉疲労を解消すればリンパは必然に流れが良くなります。

 

しかもリンパの流れが悪いだけで起きる事はありませんんので、もし仮に何も原因がなくてリンパの流れが悪くなっていれば大変な事が起きています。
だからリンパを流せば良いと言う訳ではありません。
リンパの流れが停滞して起きる時には、浮腫みです。浮腫みを検索すると『 フシュ 』と言う単語が出てきます。
浮腫みと聞くと意味不明ですから、わかりずらいんですが、フシュと聞くと違ったように聞こえます。

 

浮腫みやフシュを解消する為にも、肩のコリだけではなく体を整える事も必要だと思います。

 

 

肩こりとストレスの蓄積

主に肩こりを起こす時には弱い部分に疲れがたまって起きていきます。
人の体には弱い部分とそうでもない部分はに別れています。
そうでもない部分は肩こりに関係することはありませんので、疲れても色々な痛みやコリを感じる部分が違います。人によっては疲れてくると腰痛になる方もいます。
弱い部分には毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで多くの疲れが溜まっていきます。
疲れは生きている限り、付きまとうものですから疲れが溜まっていない方はいません。

 

毎日の生活する事であらゆる疲れが体にたまっていきます。この蓄積した疲れが肩こりを起こしていきます。
体に蓄積する疲れが多くなるとストレスと言います。
ストレスには2つのモノがあり、精神的なストレスと肉体的なストレスに別れますが、両方とも体にたまっていき体を崩していきます。

  1. 精神的なストレスには、緊張、抑圧、不安、悩み、嫌気、なども入ります。
  2. 肉体的なストレスは生活、仕事、運動、体を動かす事、全般が入ります。

これらのストレスが体の弱い部分にたまっていくと筋肉疲労が長引いていき、背骨のズレに発展していきます。
しかし背骨のズレはズレだけで起きる事はありませんから、背骨のズレを起こす原因が中に存在しています

 

疲れの蓄積(ストレスの蓄積)から徐々に回復するチカラが無くなっていき筋肉疲労が改善できなくなって筋肉疲労が長引いてしまう事でリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まっていきます。
そして同時に背骨のズレが起きていきます。
そうしたら肩こりになります。

 

肩こりと眠りの関係

寝ているとは脳が寝ていることを言います。
脳から寝る事が出来ていなければ、寝ているとは言えません。

  1. 夜中に目が覚める方・・・眠れていません。
  2. 夜中に目が覚めなくても、寒りが浅いと眠れていません。

 

眠りの問題と肩こり

最近は、多くの方が眠りの問題を抱えていますが気が付いていない方が多くいます。
眠りとは、脳が寝ている状態の事を言います。
睡眠とは脳が寝ている時間だけを言います。
脳が寝る熟睡
眠りとは脳が寝ている熟睡だけです。

 

不眠症と肩こり

不眠症というのは夜寝ようとする時に寝つきが悪く1時間も2時間も3時間も眠れなかったりするのが不眠症なんですが不眠症だと思っていない方が多くいますので夜に何回も目を覚ます方も不眠症になります。
夜に何回も目を覚ますけどすぐ眠れるから不眠症とも思わない方が多くいるんですが不眠症の方は体調が非常に悪くなっていることに気がついていないぐらいの方が目一杯悪くしてやっと肩こりとして感じている方もいますのでかなりこじらせている肩こりになっています。
肩こり、肩の痛みと不眠症

 

睡眠負債と肩こり

睡眠負債の方は不眠症の方とは違って夜寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めないために寝ていると思っている方なんですが寝ている割には体がガタガタで背骨がズレて痛みになっているような状況があっても感じていない場合が多くあります。
肩こり、肩の痛みと睡眠負債
眠りの浅瀬から起きる体調の悪さというのは程度が別次元ぐらい違いますのでひどい状態になっているんですが寝込んでいなければいけないような状況でも本人が分かっていないため大脳が麻痺していると考えられるぐらい痛みやコリに鈍感になっています。
当然眠りが浅いわけですからね無理は大脳が寝ていることつまり熟睡状態のことを言いますので大脳が寝ていなくて熟睡ができていなければ脳が弱っていくのは当然起きてしまう結果ですから痛みや厨風邪も引かないということが起こります。

 

眠りのトラブルから起きてしまった肩こりというのは、肩の部分だけを矯正すれば良いというわけではなく脳の部分から改善を図っていかなければ、肩こりの状態が安定しにくく筋肉だけを揉んだり背骨のズレだけを強制したり内臓疲労を解消すれば良いというわけではありません。

 

 

 

肩こりと体質改善

当院では体質改善という矯正があるんですが、体質改善は、初回からできる矯正ではありませんのでまずは疲れや疲労の蓄積をある程度改善した状態でできる矯正法になります。
疲れが蓄積疲労というのは弱い部分にたまる傾向がありますので筋肉が、弱い方は筋肉に多くの疲れが溜まり筋肉が硬くなっていくという現象が起きてしまったり内臓疲労から起きるものは弱い部分に疲労が、たまることで背骨のズレになりやすく先将来の問題につながりやすくなっていきますのでならないうちに解消していくことを目指します。
肩こりと言うと問題低周波治療器は電気などをかけても、しばらくはいいかも分かりませんが、肩こりを感じていない時でも進行してしまっているという怖さがあるんです。

 

一過性を解消しても

肩を揉んでもマッサージをしても湿布を貼っても低周波治療器や電気などをしても鍼灸をしても指圧をしても、またすぐに筋肉が緊張を起こしていくことが生活で運動することで仕事をする事で怒りますので肩こりを感じていない時でも、進行していくということが本当にあります。
一過性を作るよりも体の部分から改善していくことをしなければ、どんなことをしてもすぐまた元に戻ってしまいますのでも取りにくくするためにも原因たるものを強くすることが一番だと思いますので強くするためには、体質改善の矯正のみが可能なんです。
肩こりになる根本的な原因は簡単には変える事ができませんが。少しずつでも改善できる方法が体質改善です。

 

詳しくは別サイトの体質改善のページでも説明しています。
トップページから体質改善のぺーじへ進んで下さい。

 

 

ここまでが最新の説明になります。

 

 

 

肩がコリを起こす原因は運動不足、筋肉の弱り、肩を動かさないからではありません。
もちろんリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなることからだけでは起こりません。
人は日常の生活で肩を上に上げる事はしていません。その為、肩甲骨や肩関節を動かした方が良いと言いますが、それだけではありません。
もちろん、動かした方が血行は良くなりリンパの流れが解消されて老廃物が流れていきます。
しかし、運動してもストレッチしても体操をしても流れは良くなります。しかし代償としてあるモノが体にたまっていきますが、このあるモノを減らす努力はしていません。
肩こり、肩の痛みを解消する
運動してもストレッチしても体操をしても多くなって積み重なっていくモノの方がダメージが大きくあります。
そして、体にダメージを与えるモノは弱い部分にたまって体を崩していきます。
体に与えるダメージは特別なモノではなく誰でもあるモノです。
それは疲れです。

疲れの蓄積と肩こり、肩の痛み

疲れの蓄積は誰でもありますしたまっていますが、疲れは弱い部分にたまる傾向があります。
つまり肩こりに関係する部分に疲れが溜まっていき、蓄積が多くなると疲労になり、疲労がたまりすぎると蓄積疲労になります。
肩こり、肩の痛みと蓄積疲労
普通、一般的にストレスと言う言葉を言いますが、多くの方はストレスと言う意味を理解していないで使っています。
ストレスとは、蓄積疲労のことです。
精神的なストレスもあれば、肉体的なストレスもあります。ストレスと使うと良くわからずに使う方がいる為、当院では蓄積疲労と言っています。
蓄積疲労はどこでもたまります。体で、たまらない部分を見つけ出すことも方が大変なほどです。
蓄積疲労は体全体にたまっていきます。体には筋肉もあれば神経、血管、リンパ管、脂肪、内臓、中枢神経などが主にありますが、疲れは、どこに たまるのか??
疲れの多くは筋肉にもたまりながら多くは毎日、毎日、働いてくれている内臓にもたまっていきますが、病気ではありません。多くの方が内臓と聞くと病気と思うでしょうが、違います。
内臓に蓄積する疲れが多くなり内臓の働きを低下させて骨盤の歪み・背骨のズレを起こしていきます。
肩こり、肩の痛みと内臓疲労

内臓疲労が肩こりになる

まさか内臓疲労が肩こりの原因になっていると思わなかったでしょうが、安心して下さい、専門家の先生も思っていませんから。
しかし、事実です。
毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものが体にたまっていきますから筋肉にもたまりながら内臓にも疲れがたまり徐々に多くなっていくと背骨のズレを起こしていきます。
筋肉と言うのは骨から骨へ引っ付いていますから骨が動くと筋肉は引っ張られていきます。
筋肉が引っ張られるとリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。
さらに内臓疲労が多くなると背骨のズレが大きくなっていき椎間板ヘルニアになっている方もいます。
椎間板ヘルニアとは背骨の間にある軟骨(椎間板)が背骨のズレが大きくなると、ねじられたりします。ねじられると外に膨らんでいく為、外にある神経を圧迫していきます。
椎間板がねじられても張り、ツリ、痛みになります。
神経が圧迫されると手の神経に問題を起こしますから手のシビレ、握力低下、手のこわばり、腱鞘炎などが起こります。

 

また眠りの問題からも肩こり、肩の痛みになります。

 

 

 

 

  1. 筋肉のコリの検査
  2. 今まで多くの方の肩こりを解消してきましたが、当院では全員の方が背骨のズレを伴って筋肉疲労や緊張を起こして肩こりになっていました。
    今まで30年間以上、肩こりを解消してきましたが当院では検査する事をしています。なんの検査をするかと言うと、本当に筋肉のコリがあるのか、あれば、どれくらいのコリなのか、と言うことですが、筋肉のコリがある場合は、まずは筋肉のコリから楽にしていきます。
    筋肉のコリがあり、コリがほぐれてきたら、次は背骨のズレの検査をしていきます。

  3. 背骨のズレの検査
  4. 当院で肩こりを検査する時には、全員の方が背骨のズレがあります。背骨のズレがある方も安心して欲しいのですがボキボキもしない痛くもない方法で矯正する事ができます。当院ほど怖くない痛くない背骨矯正をしている整体院、カイロプラクティック院はありません。

  5. 歪みやズレが解消できたら
  6. 背骨のズレが改善できたらズレが、どうして起きたのか、見つけ出していきます。多くの場合、毎日、毎日の生活や仕事、運動、精神的なプレッシャー、緊張と睡眠負債で多くの疲れやストレスが弱い部分にたまったのが原因でズレが起こります。体の奥の弱い部分に疲れやストレスがたまったのが原因です。

  7. 弱い部分を強くする体質改善
  8. 他の3つとは違い根本から改善していく事ができる治療法です。疲れやストレスは弱い部分にたまりますから、弱さを改善していかないと、繰り返しやすくなります。弱さがあるからコリを感じていない肩こりが楽な時も弱い体質は水面下で進行していきます。年齢以上に弱くなった部分が疲れやストレスをためやすくなり、ためてしまうと肩こりになるからです。これを少しずつでも変えていくのが体質改善です。

 

肩こりを起こす筋肉のコリも一時的なものと永久的(慢性化)なものがあります。
一時的な筋肉のコリは湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしてもボキボキしても、肩や腕を回したり動かすことでも楽になるコリです。これは筋肉疲労、緊張から起きているコリに分類されます。
肩と言うのは、多くの物事で筋肉を多く使っていますから筋肉疲労や緊張が起こりやすくなりますが、同じことをしても肩こりにならない方もいますから個人差があると言う事です。肩こりになる方と、ならない方がいますから。

 

 

肩こりがどうして起きるのか、どこから肩こりになるのか、どうして筋肉のコリが起きるのか、肩こりになる原因があります。
原因を見つけ出す為にも、まずは肩こりを楽にしていく事から始めていきます。
肩こり
肩こりを楽にすると言うことは筋肉をもめば良いと言う訳ではありません。しかし肩こりは筋肉さえ柔らかくしたり揉んだりすることで楽に感じてしまいます。筋肉を揉んだりすることでコリになっている圧力が低下してしまう為です。
特に湿布を貼ったりマッサージしたりサプリメント、医薬部外品を飲んだり、低周波治療器や電器をすることが多くありますが、これらは対症療法と言う治療法です。対症療法は原因なんか関係ありません。
肩こりには、もっと奥に重大な原因が隠れています。肩こりと言うのは体が起こしてくれているボディランゲージです。つまり体の異常を知らせてくれている警報です。
警報は筋肉のコリだけで起きることはありません。
筋肉よりも重大なものが悲鳴を上げているから肩こりとして感じさせてくれています。
肩こりの筋肉
[ココをクリック]093-962-9133 予約する時には携帯の番号が必要ですから携帯の番号を用意して お電話でホームページを見たと言って予約すると30周年記念で初回5000円が期間限定ですが3000円になります。 2回目も3000円です 。
1年間有効の回数券があります。10回券:25000円、5回券:14000円です。回数券は詰めて利用した方が体を変える治療ができます。アンチエイジングの治療に進みやすくなります。2回目からは3000円です。 予約時間には遅れることなく来院して下さい。
予約した時間を変更したり予定が変わった時にはキャンセルは早めにお願いします。他の方が空いた時間に入れることもあります。
予約のキャンセルもなく無責任な無断キャンセルは お辞め下さい。無断キャンセルは悪質な行為として次回の予約は受け付けていません。
当日は交通事故や渋滞、工事などがあります。時間に遅れることがなく5分前に来院して下さい。お電話、お待ちしております。

 

肩こりの検査

当院では30年の経験から検査する事ができます。
肩こりの検査は
① 本当に筋肉のコリがあるのか。
② 筋肉以外は何も異常がないのか。
③ 内臓が肩こりに関係していないのか。
④ 睡眠負債になっていないのか。
主には肩こりに関係するものはこの4項目です。
何も検査することなく湿布を貼ったりマッサージしたり低周波治療器や電器をすることは簡単です。
一応は肩こりが楽になります。
肩こりを感じなくさせることはできます。
しかし湿布を貼ったりマッサージしたり低周波治療器や電器ばかりしていると、こじらせることもありますし形が違って出てくることもあります。
肩こりの本当の原因を知ってしまったら形が違うと言う意味が分かると思います。

 

筋肉のコリから肩こりに

肩こりと言うと筋肉のコリの事ですから筋肉のコリが起きている場所がわかったらコリを解消していきます。
肩こりが起きる時には筋肉のコリが起きていますがコリと言うのは想像しても良くわからないものです。
筋肉のコリが肩こりですが、コリとはどうなっているものなのか。
肩こりを感じる時には筋肉のコリが起きていますが筋肉のコリを説明すると筋肉の緊張の事をコリと言います。
しかし、どうして筋肉の緊張のコリが起きるのか、どうしてコリが起きるのか?
肩こりを起こしている筋肉のコリは日常動作で起きています。日常動作と言うのは生活上で誰でもありうるものです。
最近は多くの方が携帯を使っていますから、携帯と言うのはガラ軽、スマートフォンにあるように操作することをしますから、操作することで肩や腕に力が入ります。この力が入るということは筋肉を使っていると言う事です。
筋肉を使う事をすると筋肉にも疲れやストレスがたまっていきます。このたまったものが軽いうちに解消することができれば問題ありません。

 

しかし軽いうちに、どうやって解消すれば良いのか??
例えば、ストレッチ、運動、アイシング、温める、マッサージ、お風呂でもむ、お風呂でストレッチ、低周波治療器や電器、サプリメントなどなどです。

 

低周波治療器や電器

 

コリが解消する

しかし、本当にコリが改善できているのか??と言う事があります。
自覚的に楽になることをすれば解消、改善できているのか??
本当にそれで解消できているのか??改善できているのか??もしできていたら野球のピッチャーが違和感を訴えると言う事はないと思います。
野球のピッチャーは終わったあと、アイシングしていますし球団専属のトレーナーさんがいますから筋肉を揉むことをしています。

コリのメンテナンス

一般の方は、そこまでメンテナンスしなくても良いと思いますが。
普通には肩こりとして感じ出してからしか、何もしようとしていません。
使いすぎていないからと思っていますし、激しい運動をしていないからと思っていることと思います。
しかし筋肉を使う事で起きる筋肉疲労はあるホルモンが筋肉のコリを解消してくれると言われています。
自律神経のバランスの狂いから筋肉のコリが起きることもあります。自律神経の交感神経の働きが悪くなると興奮状態になることがあり、この興奮状態が血管を収縮させて血行不良を起こして筋肉へ十分な血流を送ることができないと言う事もあります。

 

コリを解消するホルモン

この場合、肩だけではなく背中のハリも起きることが多く見受けられます。
また、女性に多い為に女性のホルモンのバランスが悪くなっていくと血行不良を起こしてコリを起こすこともあります。
また、リンパの流れが停滞して老廃物が多く蓄積することで血行が悪くなって肩こりになることもあります。

そして肩甲骨の動きが悪くなって肩こりになることもあります。

生理になる時や、生理になっている時に生理に関係する黄体ホルモンから筋肉のコリが起きて血行不足になって循環が悪くなると言うことも起こります。

 

肩こりと言うと

当院で思う肩こりの原因は全然、違うと思っています。
それには意味があります。何も理由がないのに、根拠がないのに、こんなことは言いません。
当院では検査する事ができますから検査すると色々なことがわかってきます。

肩こりの時に検査するのは

筋肉のコリがあるのか。筋肉のコリが起きれば、必然的にリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積しています。循環が悪くなります。何も原因がなくてリンパの流れが悪くなることはありません。ですから何か違う原因があるので検査することで原因を見つけていきます。

ホルモンの問題は

ホルモンの問題も生理まじかになるとバランスが悪くなる方もいますので、本当にホルモンバランスが悪くなっているのか、確認しながら見つけることをしていきます。

自律神経は

自律神経のバランスが悪くて筋肉の血行不足を起こしているのか、確認することができます。普通は、ここまでできる先生はいません。

④体調はどのあたりなのか。

体調が良いのか、悪いのか、と言う検査もしています。一番、説明するのが難しいのが体調です。自分で体調が良いと思っている方もいますが、調べてみたら大変な状況だとわかることもあります。最近は自分で体調がわからない方が増えています。これにも理由があります。

歪みやズレがないのか??

 

肩こりの多くの方は歪みやズレがあります。肩こりの方で歪みやズレがないと言う方は、今まで、いませんでした。しかし歪みやズレも、どうして歪みやズレが起きたのか、原因があります。

免疫は

肩こりになる肩の筋肉は免疫に関係する筋肉(僧帽筋)です。風邪を引いていたり感染していると言う方もいます。風邪の細菌が体内に入ってきた時に脳の力で熱やセキ、鼻水、くしゃみをします。体内に侵入してきた細菌やウィルスも脳が元気だから拒絶反応で熱を自分で上げていきます。脳の力がないと熱も出せません。細菌やウィルスは熱に弱い為に熱をあげて撃退しますが多くの方が熱を出すことができないくらいの方がいます。
体内に細菌やウィルスが入って増殖しても何も起こりません。細菌・ウィルスが体内に侵入してくると脳が元気な方は熱が出てきて風邪を発症します。
しかし脳が元気じゃないと風邪も引くことができません。脳が元気じゃない方の原因もあります。
しかしホルモンであろうと自律神経であろうと、そうは体調が悪いと言う事になります。生理だからと言って普通はホルモンが極端に悪くなることはありません。体調が良ければ黄体ホルモンのバランスも悪くないハズです。もし悪ければ何かの原因があるからわるくなっています。この原因を見つけることも重要です。

 

体調と言うのは

肩こりが起きている時や肩こりを起こしやすい方、肩こりを繰り返す方は、体調が低下しています。自分で感じていなくても体調は落ちています。
体調が良くて肩こりが起きることはありません。
肩こりが起きている時には、筋肉のコリが起きてリンパの流れが停滞して老廃物が多く蓄積して循環が悪くなって血行不足が起きて背骨の歪みやが起きています。

筋肉だけで起きる肩こりは、多くありません。

当院でも肩こりで来院した方で検査してみると筋肉だけで肩こりが起きている方は、いまだにゼロです
肩こりが起こりやすい方、肩こりを繰り返しやすい方、肩こりになりやすい方、肩こりを感じやすい方は総合的にみて体調の低下ですべて起きています。
体調の低下と言うのは疲れやストレスの蓄積が原因です。疲れやストレスも日常的に多くなり解消しないことが多くなっています。
疲れやストレスは日常の生活でたまっていきます。何もしていないけどと言う方もいますが、そんなことはありません。特別なことはしていないと言うだけです。

毎日の生活や仕事や運動やストレッチで疲れやストレスをためていきます。

さらに毎日の眠りでも疲れやストレスはたまることも多くなっています。
体を動かすことが疲れやストレスの一因になります。特別なことをしなくても疲れやストレスはたまっていきますが、疲れやストレスも限界なくたまっていきます。
しかも疲れやストレスは体のある部分に多く蓄積していきます。これが肩こりの原因になることが多くあります。
疲れやストレスは体にたまりますが、たまる場所があります。このたまる場所を考えたことがある方は少ないと思います。専門家の先生も良くわかっていません。

肩こりと言うと

肩こりと言うと筋肉のコリと思って治療している先生が多くいます。その先にあるものを見つけることなく治療している先生が多くいます。
それでも肩こりは一時的に楽になります。肩こりの原因を見つけることなくする治療を対症療法といいます。
対症療法と言うのは何も検査する事もなく治療行為ができます。
対症療法は湿布を貼ったり、病院で注射を打ったり、マッサージをしたり、針をしたり、指圧をしたり、低周波治療器や電器をしたりです。

 

当院の整体・カイロプラクティック療法では検査する事をしながら一つずつ改善することをしていきます。

 

まずは肩こりですから、①筋肉のコリから改善するようにしていきます。この時に同時にリンパの流れを解消して老廃物を減らしていきます。循環を良くしていきます。血行不足を解消していきます。

 

そして、②筋肉のコリが解消してきたら背骨の歪み、ズレの検査をして改善していきます。歪みやズレが起きると筋肉は骨から骨へ付着していますから、骨が位置を動くと筋肉は引っ張られていきます。骨が引っ張られたりすると筋肉は緊張が強くなりますから、これが肩こりの原因になることもあります。

 

③背骨の骨が歪みやズレを起こしたのは原因がありますから、原因を見つけていきます。多くの歪みやズレの原因になるのは、体にたまった疲れやストレスが、どこにたまったのかで起きていますから、疲れやストレスの蓄積してたまっている所を見つけることをしていきます。

 

疲れやストレスも簡単に考えて良いものではありません。疲れやストレスが多くなると大変なことになっていきます。疲れやストレスの蓄積が多ければ多いほど減らすのも回数がかかります。

 

さらに免疫力も低下していくと体内に細菌、ウィルスが増えてしまします。