腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みを楽にするカイロ

カイロプラクティック

カイロプラクティックの技術

 

カイロプラクティックと言うのはアメリカの背骨、骨盤矯正術です。

 

日本では整体と言う背骨、骨盤矯正術がありますが、整体は学問的に広まることはありませんでした、それは体系づけられることなく研究がなされませんでした。

 

研究が進まないうちにアメリカから入ってきたのがカイロプラクティックです。

 

カイロプラクティックと言うのは痛みやコリの原因になるものは歪みやズレにあると言うことを基本概念において改善していくのが目的です。

 

痛みやコリが起きる時には、必ず歪みやズレがあります。

 

歪みやズレには2通りのものがあります。

 

一つは体調の背骨のズレと体質の背骨のズレです。

 

体質的な背骨のズレ

 

人の体は背骨が真っすぐでズレがない方はいません。これは生まれつきの問題や家系的なもの、遺伝的なものが深く関係しています。

 

体質と言うのは、遺伝的なモノであり、家系的なモノであり、変える事が出来ないものです。

 

赤ちゃんは親と雰囲気と顔つきが似ています。これが遺伝です。目元が似ているとか、口元が似ているとか、色々にている所があります。

 

この似ている所は表面上だけではありません。

 

雰囲気だけではなく顔つきだけでなく内臓の弱さも似ています。内臓の弱さと言うのは親が病気の場合は明らかですが、病気になっていなくても痛みやコリとして起きています。

 

痛みやコリと言うのは先将来の病気と深く関係した所から起きています。

 

背骨の位置は特に腰椎から胸椎は内臓と関係しています。

 

カイロプラクティックとは
背骨のズレと内臓は深く関係しています。

 

体質的に弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

 

弱い内臓は体質的に弱い為に、弱さが進んでいくと老化して病気に近づいていきます。

 

弱さが進む度合いが違うだけで、なる方と病気にならない方に別れます。

 

どれくらい内臓が弱いのか、段階がありますし、程度があります。

 

弱い方ほど進行は早くなります。人は生まれてから老化していきます。成長とは体が大きくなるだけで老化です。良くなるわけではありません。

 

体が大きくなることは成長と言います。若返る訳ではありません。

 

成長とは脳が勉強することで良くなることは言いますが、体はそうではありません。

 

体は老化しながら大きくなるだけです。脳と体は違います。脳細胞で言うと脳細胞は成長すると急速に脳細胞が減っていきます。

 

脳細胞の数を急速に減らしながら老化して、脳のシワを増やしていきます。これが脳細胞の成長です。成長しながら細胞の減少が起こります。

 

病気になる時にも背骨のズレがあります。

 

 

 

 

page top