膝の痛みを解消

膝の痛み

膝の痛みを楽にする

 

膝の痛みには痛みになる原因があります。その痛みになる原因を減らしていく事をしないと一時的な解消しかなりません。

 

膝の痛みがある方を楽にする為の方法は色々ありますが、多くは対症療法と言う方法です。確かに対症療法も良い治療法ですが、根本的な原因は関係なく痛みがある部分に対して何かをする方法です。

 

対症療法と言うのは湿布を貼ったり、注射を打ったり、サプリメントでヒアルロン酸を飲んだり、ヒアルロン酸を注射を打ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたりが多くあると言う事です。

 

当院では病院の帰りに膝の痛みを楽にするために、来る方もいます。病院の帰りなのに膝を触ってみると炎症やハレがあることが多く見受けられます。

 

そこで当院では膝を触ってみて検査する事をして異常のある部分が、どこなのか見つけることをして、どうすれば改善できるのか、と言うことを考えていきます。

 

膝の痛みと言うと加齢による痛みだとか言われますが、それだけではありません。

 

加齢だけではない膝の痛み

 

たとえ、加齢による膝の痛みであろうと体質改善の治療で改善できることもあるからです。体質改善の治療は万全ではありませんので、保証はできませんが、高確率でやってみることをお勧めしています。

 

体質改善の治療で膝の痛みが楽になったと言う方が多くいるからです。しかし体質改善の治療は治療期間を開けるとできません。

 

体質改善の治療は患者さんの体調と体力を使う事で進めることができる治療だからです。

 

そのため、準備する必要があります。準備には回数が必要です。体が弱い方、体が弱っている方、寝不足の方、こじらせている方などの方は数回かかります。

 

この準備のことを体調を上げると言います。

 

まずは、どなたも体調です。

 

体調を上げる

 

体調を上げるとは体には多くの疲れやストレスがたまります。生活することで、仕事でたまる疲れやストレス、寝不足でたまる疲れやストレス、精神的なプレッシャーでたまる疲れやストレス、など色々な疲れやストレスがあります。

 

膝の痛みのある方が来院すると初回は体調が良い方はいません。体調が悪いと骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあります。

 

これは必ずあります。体調が悪くなると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレは起きています。しかし骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあるからといって、その部分が痛みやコリになっているとは言えません。

 

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

 

あとは内臓と脳です。

 

つまり内臓に疲れやストレスがたまります。

 

膝の痛みに関係する内臓は肝臓です。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

 

膝の痛みと言うと肝臓、と言うイメージがあるくらいの関係です。

 

肝臓が弱い方は、浮腫みも起こりやすくなります。

 

肝臓が弱い方が、膝の痛み、花粉症、アレルギー鼻炎、外反母趾を起こします。肝臓が強い方は膝の痛みにはなりません。

 

体調が悪い時には骨盤の歪み、骨盤の開きが起こります。歪みや開きが起きれば筋肉バランス、じん帯のバランスが崩れて膝に負担になります。

 

膝の痛みは

 

膝の痛みが起きる時には関係するものは肝臓が深く関係して炎症やハレをおこします。

 

しかし肝臓は検査しても悪くないと言う方もいますが、病院で検査して、陽性反応がでれば病気です。

 

病院の検査は病気の検査をしていますから、当院の言う肝臓とは違います。

 

肝臓と言っても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

 

肝臓のざる部分を自分で触ってみてください。

 

しかし自分で触ることは簡単ではありません。人が触っても簡単ではありません。院長が手を添えるとわかると言う事もあります。

 

肝臓のある部分を触って左右を比べるようにします。

 

肝臓のある位置はわき腹の少し上です。

 

前からと横からと後ろから触ると出っ張っていれば肝臓です。左右をくらべてですが

 

 

 

 

 

行橋で膝の痛みを楽にするなら人気があるし評判の良い専門家の先生がいる行橋市でも有名な徳力整体院。

page top