腰痛を解消するなら

行橋市、京都郡苅田町からも骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレを解消する為に。
腰痛を楽にしていこうと思うなら表面上の痛みを楽にしたら原因を見つけ出すことをしないと表面上の痛みを楽にしただけでは芸が残ったままになっていますので原因もいつまでも同じままではいられませんので癒着したり固着したり筋肉や靭帯が固まってしまったり循環が悪くなるだけではすみません。
腰痛とは歪みやズレ

腰痛とは

腰痛と言うのは原因があるから起きているわけですから原因を見つけ出すこともなく表面上の痛みだけを楽にしてしまうと歪んだままになってしまいますので歪んだままになっていると循環が悪くなることは当然なんですが筋肉や靭帯が固まって固定化するということが起きてしまいますので変形状態を起こしていくと言うこともあります。最悪の結果として脊椎間狭窄症と言う症状が起きてしまうこともありますので注意しなければいけませんので腰部と言うのは神経を収めていたり出ていく部分ですからしっかりとさせておかないと大変なことになっていきます。
骨盤の中には何があるのかと言うと馬尾神経と言う神経が通って足に行っている部分ですから足の問題やトラブルを起こしやすく筋肉が萎えてきたり神経麻痺が起きたり足の感覚がなくなったりと言うことが起きてしまいますが足のしびれや足の痛みが起きることもありますので感覚的な麻痺が起きたりすると大変なことになってしまいます。
腰痛とは歪みやズレと疲れやストレス

腰痛の原因

腰痛の原因と言うのは毎日毎日の仕事をすることや運動することや生活をすることで多く積み重なっていくものが原因なんですが積み重なっていくものは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がどこなのかで起きる反応が違うと言うことです。
腰痛を起こす原因として1番、挙げられるものというのは疲れやストレスと眠りの問題です。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスと言うのは誰でもあるものですから疲れやストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分が方であれば肩こりなり腰であれば腰痛を起こすと言うことで1年に1回でも繰り返しやすくなっていくと痛みがない時でも徐々に進行していってます。
疲れやストレスというのは多く溜まっているものなんですが疲れやストレスと骨盤の歪みや骨盤の開きというの深く関係がありますので、疲れやストレスが体に溜まっていくと徐々に骨盤の歪みや骨盤の開きが、起きたり背骨がズレたりすると起きて重たいものを持ったりすると体を支えることができない状態になってしまいますので急激に強い痛みが起きてしまうということがあります。
疲れやストレスと腰痛
同じ姿勢を続けていても徐々に疲れが溜まっていきますので疲れを食べてしまうと骨盤が歪みが大きくなって広がっていきますので、歪みが大きくなって広がっていくことが原因で体を支えることができない状態になり、椎間板ヘルニアが起きてしまうとズキズキ、疼いたりすることがあります。

骨盤の歪みや骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開きがないときには、何をしても腰の痛みが起きる事はありませんけど疲れやストレスが、弱い部分に溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきますのでこの時に重たいものを持ったり前かがみになったりくしゃみをしただけでも腰が痛くなります。
疲れやストレスが多く溜まっていけばいくほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きく拡大されていきますので背骨も不安定状態になっていくということが起きてしまいますので骨盤と言うのは土台ですから土台が歪んだり開いたりすることで背骨が安定できるわけはありませんので腰椎の4番目と腰椎の5番目のズレが大きくなっていき場合によっては椎間板ヘルニアが起きていくということが腰の痛みになります。
疲れやストレスと腰痛と筋肉

眠りの問題と腰の痛み

最近は多くの方が寝ているようで眠れていないと言うことが多くなっていますので眠りと言うのは熟睡状態のことだけを言いますので人が目を閉じてスースー寝息を立てていれば寝ているかというとそういうわけではありません。
人は見た目だけで騙されてしまいますのでれているとは大脳が寝ていることを言いますので夢を見ることやれながら考え事をしている時間が長くなっている方が寝ているわけはありませんので不眠症とは違います。
腰痛の原因
行橋市、京都郡苅田町からも多くの方が腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどを解消する為に。

TOPへ