【行橋市で小顔矯正と骨盤矯正が人気】腰痛、肩こり、頭痛、生理痛

骨盤矯正

骨盤矯正をする時にはいたくないボキボキもしないし、怖くない骨盤矯正をしていますので、初回から骨盤が小さくなることで人気があります。
骨盤矯正をしていく時には必ず骨盤矯正を希望されて訪れた方、本人に変化を確認してもらうようにして、骨盤矯正をしていきます。
骨盤矯正

骨盤矯正をする時には

骨盤が本当に小さくなるのか、また小さくなったら小さくなったで維持することができるのかということを質問される場合が多くありますので、その質問にも答えていきたいと思いますので、しばらくお付き合いください。
骨盤矯正をしていく時には、骨盤を小さくするということですから、骨盤がどうやったら小さくなるのかという問題があります。
骨盤矯正をしていく時には本当に骨盤が小さくなるのかということを質問される場合がありますが、その質問に対しては本当に骨盤が小さくなっていきます。

無理な骨盤矯正ではない

当院では骨盤矯正をしていく時には無理やり押さえつけたりすることもしていませんので、単純に骨盤矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで言骨盤を小さくすることができます。
しかし、マッサージをしているわけではありませんし、マッサージをして骨盤を問題にして小さくなることはありませんので、マッサージではありませんが一番近い表現をすればマッサージをするような感じで骨盤を揉んでいるだけで骨盤が小さくなっていきますので、マッサージ感覚で骨盤を小さくするとしか言えません。
骨盤矯正をしていく時にはどうやったら骨盤矯正ができるのかということをよく言われますが、マッサージをするような感じで骨盤を小さくすることができると答えるようにしていますが、そのあとに付け加えることはマッサージをしているわけではありませんよと付け加えています。

どうやって骨盤矯正をする

では、どうやって骨盤を小さくしているのかという問題なんですが、実際にいマッサージをするような感覚で骨盤矯正をしていますが、骨盤矯正をして行く時に検査することをしています。
検査するというのは、何を検査をしているのかというと、体調や疲れやストレスの蓄積度合と骨盤の歪みや骨盤の開きと睡眠不在状態など色々なものが骨盤矯正に関係していますので、それらを一つずつチェックするようにしていますが、全てを1度にチェックすることはありません。
今まで多くの方が骨盤矯正に訪れていますが、院長が骨盤矯正に訪れた方に体調はどうですかとか調子は悪くないですかとか聞くと全員の方が同じ答えを返してきます。
同じ答えというのは、調子は悪くありませんとか体調は良いと思いますとか言いますが、検査をしてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくありますし、背骨がずれてガタガタ状態になっているという方が多くいます

骨盤の歪み・骨盤の開き

骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレが起きているということは、体調や調子が悪いということを示していますが、本人は分かっていないのか言わないだけなのかということが関係しているということです。
疲れやストレスが多く貯まれば必然的に骨盤は歪んだり開いたりしていきますので、歪みや開きから骨盤が大きくなったりします。
骨盤が大きくなると、骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなり、ぶよぶよ状態になっていきます。
体調や調子が悪いと必ず骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきますので、そして背骨のズレにもなっていきますから、体は正直で反応していますが、それが本人が分かっていないのか言わないだけだということです。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると大きくなる

必然的に骨盤矯正ですから、骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすると骨盤が大きくなっていると思います。
しかし、骨盤矯正をしていく時には体調が落ちているということが多く見受けられることを調整するだけで、骨盤が小さくなると説明しましたが、体調というのは体調が落ちるとか調子が悪くなると言われるように体調や調子が悪くなるのは疲れやストレスが多く蓄積しているのが原因なんですが、疲れやストレスがどこに溜まるのか溜まるところがあるから溜まっていくわけです。
疲れやストレスが溜まる所というのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみると65キロもの水分が出てきますので、水分と言っても血液だった人リンパ液だったり、体液だったり色々な水が存在するということなんですが、水に疲れやストレスということは考えられませんので、あと残った35キロの中に疲れ、ストレスがたまるところがあるということです。

体には何がある

35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と中枢神経系と内臓になりますので、この中でも疲れやストレスが多く、たまりやすいところというのは中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉にたまるということです。
疲れやストレスというのは、筋肉にもたまにながら内臓に蓄積していきますが、内臓と言っても病気と言ってる訳ではなく、内臓に疲れやストレスが溜まるという段階の説明です。
なんでもかんでも内臓というと病気というのを関係づけることなく、内臓にも疲れやストレスが溜まるということが本当に起きるんです。
というか、病院に行って検査をしてみて数値的な異常や何かの異常が出ていない限りは疲れやストレスの蓄積で起きているものが多くあります。

骨盤矯正で検査する

病院に行って検査をしても異常を訴えているのに何も異常がないということを聞くと思いますが、これは疲れやストレスが内臓に蓄積した段階で起きている問題なんです。
しかし、疲れやストレスが長期間に及んだり、多くなったりすると、細胞の変化が起きていきますので、細胞の変化が起きる最終形態が病気です。
特に骨盤矯正をしていく時には、骨盤の中に入っている内臓が関係しますので、骨盤の中に入っている内臓というのは暴行や子宮や大腸や小腸が深く骨盤矯正に関係するということです。
例えばですけど、骨盤矯正をしていく時に便秘が酷いとかでしたら骨盤が小さくなるわけはありません。
大腸の中に便が多くあったりすることで、骨盤は開いたり、歪んだりということが起きています。
骨盤矯正をして骨盤が小さくなった分だけ、大腸や小腸を圧迫してしまうことが考えられます。

骨盤矯正と中の状態

骨盤矯正をして骨盤が小さくなった分だけ、膀胱や子宮や卵巣が圧迫されてしまうということはないとは言えません
先程説明したように内臓に疲れやストレスが溜まると説明しましたが、本当は骨盤が歪んだり骨盤が開いたりすることが最初に起きているものではなく、内臓に蓄積していく疲れやストレスが原因ですから、膀胱や子宮や卵巣や大腸や小腸などに疲れやストレスがたまることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきます。
しかし、疲れやストレスというのは弱い内臓にたまっていきますので、人の体には弱い部分とそうでもない部分があります。

弱い内臓

そうでもない部分は何も起こすことはありませんが、弱い部分というのはしょっちゅう何かの痛みやコリを起こしていますので、痛みは個人になっていないからといって安心することはできません
骨盤矯正をしていく時には、骨盤を小さくすればいいというわけではなく、中に入っている大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣なども関係するという風に説明しましたが、大腸や小腸が疲れやストレスを溜めてしまうと便秘が起きるのが代表例ですが、膀胱に疲れ、ストレスが溜まってしまうと膀胱炎になったりします。
子宮や卵巣などに疲れやストレスが溜まると、生理痛や生理不順になっていきますので、もちろん当然として骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

背骨のズレ

そして、背骨のズレも同時に起きていますが4番目の骨は大腸に関係する部分ですから、大腸がトラブっていたり働きが悪くなっていたり、便秘になっていたり、下痢になっていたりすると腰椎の4番目の骨はズレています。
生理痛になりやすい方は当然ですが、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていますので、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると逆に子宮や卵巣にも影響を出していくということで、余計に生理痛になっていきます。
弱い内臓に疲れやすですが、溜まりやすいと説明しましたが、弱い内臓に疲れ休めずがたまることが原因で1時的に生理痛になったり、便秘を起こしたりということが起こりますが、そういう状態を長期間続けていると細胞が徐々に変化していくということで大変なことに進行していくこともあります。

弱い部分に疲れやストレスが

何かの症状が起きる時には弱い部分に疲れ、ストレスが溜まっていることが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きは必ず起きていきます。
骨盤矯正をしていく時には、単純に骨盤だけを小さくすればいいという問題ではありません。
しっかりと考えてみてください。骨盤矯正をしていく時には影響があるものは言葉の中に入っている内臓です。
骨盤矯正をして一番に影響を受けるのは内臓ですから、内臓から元気にしていくことをしなければ骨盤矯正をしても維持することができないし、持続性はありません。
骨盤矯正とは
北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は骨盤矯正をしています。

page top