【行橋市で小顔矯正と骨盤矯正が人気】腰痛、肩こり、頭痛、生理痛

整体とは

整体というのは、腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘などは体に起きている歪みやズレから起きるということで歪みやズレを整えて矯正していくことで症状を楽にしていくことなんですが、何も歪みやズレを解消しなくても整えなくても楽にする方法があります。

体を整える整体

楽にする方法というのは、多くの治療院で見受けられる治療法なんですが、湿布を貼っても楽になるものもありますし、家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし、専門家の方にいマッサージをしてもらっても楽になることもあるでしょうし、針を打ってもらっても楽になることはあるでしょう。
整骨院や整体院やカイロプラクティック院で用いられている、低周波治療器は電気などを使っても楽にすることはできると思いますが、楽にすることばかり考えてやっていると原因もいつまでも同じままではいられません。
何かの症状を起こす時には、必ず原因が潜んでいますので、原因から改善することを考えないと楽をすることばかりしていると原因もいつまでも同じままではいてくれません

痛みやコリ、何かの症状が起きるのは

体に何かの症状が起きる時には、必ず何かが起きているから、ボディランゲージとして自分に知らせることをしているのが痛みやコリです。
どこかで火事が起こって警報が鳴っているのに、警報のスイッチだけ切ってしまって安心をしているという感じで楽にすることばかりしていると原因もいつの間にか大きく火元が広がってしまうということで、大火事が起きてしまうということなんです。
楽にすることは簡単にできることもありますが、体を治していくという事は、簡単な方法ではありません。
必ず火元が起きる時には何かが起きているから、火がついたわけです。
火元を見つけることもなく、探すこともなく、検査をする事も無く、警報スイッチだけ切ってしまって安心してしまっていると大変なことに進行していきます。
体には痛みやコリが起きる時や、何かの不調状態が起きる時にはどこかしらに何かの原因があるということなんですが、膝の痛みにしろ、水を抜いたり、ヒアルロン酸を刺したりするだけでは解決にはなることはありません。

膝の痛みが起きるのは

膝の痛みを楽にすることは炎症や腫れを抑えていくことから始めなければいけませんし、単純に水を抜いてしまって楽になったからといって安心することはできません。
膝の痛みがどこから起きたのか、どうして起きたのか、なぜ軟骨が損傷を起こしたのか靭帯や筋肉が何かの問題を思ったのかということを見つけ出さなければいけないのに、単純に水を抜いたりヒアルロン酸で油をさしたりという行為が多いようです。
また、腰の痛みが起きた時も単純にマッサージをしたり、針をしたり、元気をしたり、湿布を貼ったり、薬を飲んだり、サプリメントを飲んだりという行為が多く見受けられますが、どうして腰が痛くなったのかということを見つけ出さなければ楽にすることばかり考えていると原因もいつまでも同じままではいられませんし、骨盤の歪みや骨盤の開きがどうして起きたのかということまで見つけ出さなければ腰痛を楽にすることばかりで原因もいつまでも同じままではいられません。

生理痛が起きるのは

生理痛なども薬を使って痛み止めを使っていないでどうして生理痛が起きるのかどうして生理痛になるのかということを考えなければいつまでたっても同じことを繰り返し生理痛の原因も同じままではいられませんので、どんどん進行していくということが考えられると思いますが、それらを考えている方は多くはいません。
頭痛が起きている方も頭痛薬ばかり使って1時的に抑えることばかり使っていますが、どうして頭痛が起きるのかずっとして偏頭痛になるのかということを考えなければいけないと思いますが、痛み止めの薬さえ使ってしまえば飲んでしまえば楽になっていくために安心しきっている場合が多くありますが、これがゆくゆくは大変な結果を招いていくということは今現在、知ることはないと思います。

便秘になるのは

便秘の起きる方はどうして便秘になるのか、胸の力がないのかということを考えなければいけないと思いますし、いつまでたっても便秘薬ばかり使って便をだそうとしても、いつの間にか全然働かないぐらいに進行していくということがあります。
どうして便秘になるのか、腸が働かないのか便通が良くないのかということを考えることが一番大切だと思いますから、まずは腸をしっかり触って硬さなどを確認してみることが必要だと思います。
整体というのは普通は歪みやズレを改善していくのが目的なんですが、歪みがズレがどこから起きているのかどうして起きているのかということを見つけ出すことはしていませんので、歪みやズレの起きる原因が裏側に潜んでいます。
どうして歪みやズレが起きるのかという事は、姿勢が悪かったりすることで起きることはありません。
猫背だからといって歪んだりズレたりすることはありません。
猫背になるのも姿勢が悪くなるのもしっかりとした裏側に原因があります。
歪みやズレが起きる時には原因があります。
歪みやズレが何も原因がなくて起きることは一つもありません。

歪みやズレが起きる原因

歪みやズレが起きる原因は、毎日毎日の生活や仕事をすることや、運動をすることやテレビを見ることや買い物をして重たい物を持つことや、横すわりをすることや足を組んで座っている時でもジョギングをしている時でもストレッチをしている時でも多くなっていくものが原因なんですが、この多くなっていくものは体に蓄積していきます。
体に蓄積していくものというのは、疲れやストレスなんですが、疲れやストレスというのは限界なく溜め込んでしまうことが多くありますので、体に何かのトラブルを起こしているということは考えられないことではありません。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスというのは、例えばですけど、体重が百kgの方がいるとしたら、体をぎゅっと絞ってみたら水分が65キロにもなるそうです。
つまり、体重の半分以上は水で構成されているということなんですが、単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり、細胞の中の水だったりという感じで色々な部分に水があります。
この細胞の中にある水などが65キロにも及ぶということですから、後残った35キロ中に疲れ休めずがたまるところがあります。
疲れやすレスがたまる35キロの中には神経と血管とリンパと靭帯と筋肉と皮膚と脂肪と中枢神経系と内臓になります。
この中で疲れやすレスがたまると考えられやすいのは、中枢神経系も内臓-1部ですから、内臓と筋肉ということになると思います。
筋肉よりも何10倍も多くの疲れやストレスを溜めてしまうのが内臓ですから、内臓と言っても病気と言っている訳ではなく、内臓に疲れやストレスがたまるということがあるんです。

筋肉よりも体に中心部に近いのが内臓です。

毎日毎日の生活や運動をすることや、食事を作ることや掃除をすることや車の運転をすることや音声に入ったり、旅行することでも疲れやストレスは多くなるばかりですし、更にその上にアルコールを飲んだり食べたりすることで内臓はしっかりと働いてくれていることをしますので、内臓が働くと内臓自体にも疲れやストレスが多くなると考えるのも不思議ではないと思います。
疲れやストレスがたまることが原因で内臓は徐々に弱っていき、内蔵が炎症を起こしたりハレたりという感じで内臓の部分を触るとぶよぶよしていたり、異常に固く感じていることが多くあります。
特に日本人は肝心要という言葉があるように、肝臓と腎臓が特に弱い民族でもありますので、アルコールを飲んだりすることだけで、肝臓が言わることはありませんので、弱い肝臓の人がアルコールを飲む事で肝臓の病気に進行していくということです。

弱い部分とそうでもない部分

人の体には弱い部分とそうでもない部分というのがありますので、そうでもない部分は痛みや凝りなどの症状に関係することは少なく、弱い内臓というのは疲れやストレスを溜めやすく疲れやストレスを溜めてしまうと骨盤の歪みや骨盤の開き、そして背骨のズレになり、自分に気がつかせるために痛みや凝りを起こしていきます。
人には必ず弱い内臓とそうでもない、内臓が存在しています。
人には弱い関節とそうでもない関節というのも存在しています。
弱い内臓を強くしていく治療法というのがありますが、簡単な方法ではありませんが、体質改善という方法です。

 

page top