骨盤矯正で小尻になることが人気です

骨盤矯正

骨盤矯正をしています

 

当院では人気がある評判の良い骨盤矯正をしています。

 

当院では今まで多くの方が骨盤矯正にきていますが、多くの方が骨盤矯正というのをわからなくきています。

 

骨盤矯正とは、骨盤を小さくしていく矯正です。骨盤とは骨盤自体の事ですから骨を小さくすることが骨盤矯正です。

 

骨盤矯正
上の写真の骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正です。寛骨は腸骨、恥骨、坐骨の3つから形成されています。両方の寛骨と中央の仙骨の3つが骨盤と言います。

 

骨盤の下には足の股関節があります。

 

この骨盤を小さくしていくわけですが、骨が小さくなることはありません。

 

中央の仙骨と寛骨とのあいだも仙腸関節があるから歩いたり、走ったり、座ったりできますから関節を歪めたり痛めたりすることはできません。

 

そんなことをしていると大変なことになりますから。腰痛が起きたり、股関節が痛くなったり、膝の痛みが起きたり、生理痛がひどくなったりしていきます。

 

では、どうすれば骨盤が小さくなることができるのか??

 

どうすれば小尻になることができるのか。

 

何をすれば小尻になれるのか。

 

骨盤矯正をしていく時には

 

検査していくことから始めて行きます。

 

骨盤矯正をしていく時に、検査してみると、たまたま見つけたことですが、多くの方が骨盤の歪みや骨盤の開きがありました。

 

骨盤矯正をしていくうえで、最低限のことが骨盤の検査です。骨盤を検査してみると骨盤矯正を希望される方、全員が骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

 

骨盤に歪みや開きがあると骨盤周辺にも脂肪や浮腫みが起きやすくなります。股関節の出っ張りも骨盤が歪んだり開いたりすると起こります。

 

最近の方は、それだけでは済まなくなっています。

 

と言うのは普通では起きないことが起きています。

 

普通では起きないこととは、骨盤の骨が炎症やハレを起していると言う事です。

 

骨の炎症やハレ

 

普通では骨盤の骨が炎症やハレを起すと言うことは起こりません。

 

骨が炎症やハレを起すと骨が変形していきます。骨の変形があると骨盤が大きくなり脂肪が増えたり、浮腫みやすくなります。

 

骨が変形していくと骨が大きくなります。膨張していきます。これを自分でも確認する方法があります。

 

全員が分かるわけではありませんし、教えないとわからない方もいます。骨の変形を自分で見つける方法は、上向きで真っすぐに寝て骨盤のベルトの前側を触ります。

 

下の写真の赤い矢印の部分を触って左右を感じます。左右差があれば骨の炎症やハレがある可能性があります。

 

骨は多少は同じではありませんが、骨盤の歪みでも違いますが、骨の炎症やハレがあると違いが分かりやすくなります。

 

骨盤矯正とは
骨盤矯正をしていく時には

 

当院では骨盤矯正をしていく時には検査して骨盤の状態を見つけることができます。

 

当院の骨盤矯正は骨盤の歪みを矯正することでも小尻になることができます。

 

 

 

 

page top