人気がある骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になる矯正

 

当院の骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなることで人気がありますが、骨盤が小さくなったからと言って安心はしていられません。

 

それには理由がありますが、どんなに良い骨盤矯正をしても体の状態が良くないとダメなんです。

 

しかし骨盤矯正で骨盤が小さくなると言うことをしないと骨盤矯正とは言えませんから初回から骨盤を小さくしていく事をしています。

 

骨盤矯正をする時の骨盤は土台ですから、土台が歪んだりしていると体が歪みを起こしています。

 

しかしいくら土台を整えて行っても、土台だけで歪みが起きることはありません。本当は別の原因があります。この別の原因の為、土台である骨盤が歪みを起こしています。

 

何も原因がなくて骨盤が歪んだりすることはありません。

 

姿勢で骨盤が歪んだりすることはありません。

 

骨盤が歪みを起こすものがあるから骨盤が歪みを起こしています。

 

骨盤矯正をする時に一番、関係するのは骨盤の歪みです。骨盤が歪みを起こしていると骨盤が大きくなります。

 

骨盤が大きくなると骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。

 

骨盤の歪みが起きていれば代謝も悪くなります。

 

骨盤の歪みがあればリンパの流れも悪く老廃物が多く蓄積していきます。代謝も悪くなるし循環も悪くなり足に浮腫みが起きやすくなります。

 

骨盤の歪みが起きている方が多くいますから、色々な痛みやコリがなくても生理痛や生理不順で起きている方もいますし便秘、軟便でも起きることもありますし膀胱炎、尿漏れでも起こります。

 

骨盤矯正で行う矯正は多くの症状の改善にもなる可能性があります。

 

骨盤矯正とは

 

多くの方が骨盤矯正を希望してきますが、ほとんどの方が骨盤矯正の意味も分かっていなくて骨盤矯正にきています。

 

骨盤矯正と言うのは骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らすことでも骨盤が小さくなりますが、骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく事ですから、骨盤と言うのは骨です。骨を小さくすることが骨盤矯正です。

 

骨盤矯正で骨が小さくなるのか、疑問があります。無理な骨盤矯正をしていると、余計に歪みが起きたり生理痛がひどくなったり、生理不順になったりします。骨盤を矯正する時には中にある内臓も深く関係してしまします。

 

骨盤矯正をするつもりでも、やり方においては骨盤が歪んだりすることもあります。

 

ただ押さえつけたりすることでは骨盤は正常になりません。

 

当院では骨盤矯正をして行くときには、検査する事をしています。

 

多くの方の骨盤を検査する事をしてきましたが、ほとんどの方に骨盤の異常があります。骨盤の異常と言うのは歪み、開きです。

 

骨盤の歪みや開きがあると骨盤が大きくなります。

 

これを整えると骨盤が小さくなって小尻になることができます。

 

しかし最近の方の骨盤矯正は本人がきがついてない状態で体調がすごく悪い方が多くいます。

 

体調が悪いと当然、骨盤の歪みや開きが起こります。

 

体調が悪いとリンパの流れの悪く老廃物が多くなります。

 

しかし最近はそれ以上に変なことが多くなっています。

 

この変なこととは脂肪や筋肉、骨盤の骨が炎症やハレが起きている方が多くなっています。

 

骨盤矯正をしていく時に骨盤矯正する前に骨盤を触ってもらいます。

 

骨盤矯正をしていく時に骨盤の横を触ってというと触れない方が多くいます。

 

骨盤の横がわからない方がいますから、骨盤矯正をしていく時の骨盤の幅を触っておぼえておかないとわかりませんよね。

 

下の写真にあるように骨盤矯正をするときに触る場所は骨盤の横です。

 

骨盤の横とは、股関節の上の部分です。

 

院長が骨盤矯正に入る前に骨盤の横を触っておぼえて起きて下さい。

 

骨盤矯正したあとと比べることができますから。

 

骨盤矯正とは

 

 

 

 

当院では行橋市で骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

 

当院では行橋市、苅田町、みやこ町などの「行橋市 骨盤矯正」と「行橋 骨盤矯正」や「骨盤矯正 行橋市」と「骨盤矯正 行橋」などの検索でも人気があります。

page top