骨盤矯正が口コミで人気

腰痛

腰痛を楽にしていきます。

 

つらい腰痛を楽にしていくなら病院の治療や整骨院の施術も良いかも知れませんが、根本的には腰痛は歪みから起きていますから、歪みを矯正することができる専門家である当院は歪みを矯正することで解消していきます。

 

腰痛が起きた時には、湿布を貼ったりしても軽く感じることもあります。

 

腰痛が起きた時には、マッサージしても楽になることもあります。

 

腰痛が起きた時には、低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。

 

腰痛が起きた時には、針をしても楽になることもあります。

 

腰痛が起きた時には、お灸をしても楽になることもあります。

 

腰痛が起きた時には、サプリメントを飲んでも楽になることもあります。

 

腰痛には腰痛を楽にしていく色々な施術がありますが、腰痛と言うと歪みから起きているのに歪みを改善することなく、痛みをだけを改善する施術が多くあります。

 

原因は関係なく痛みを中心に施術していくのが対症療法といいます。

 

腰痛を楽にする対症療法は痛みが、どこから起きているのか、と言う事は関係なく施術しています。

 

腰痛を楽にする対症療法は痛みの原因は関係ありません。

 

腰痛を楽にする対症療法は、骨盤の歪みは残ったままになっています。

 

腰痛を楽にしていく施術と腰痛を直す施術は違いがあります。

 

腰痛を楽にしていく施術

 

腰痛を楽にしていく施術は色々あります。

 

腰痛を楽にしていく施術は、

 

病院に行って腰痛がある部分に注射を打ったりしても痛み止めの注射です。どうして腰痛が起きているのか、理由がありますから、ただ痛み止めを打つと言う行為は簡単で良いですが、腰痛がどうして起きるのか、どこから起きるのか、を見つけないと根本的には腰痛は治りません。

 

病院でするレントゲンは、主には骨折、骨のヒビ、肺の中の水、などを見つけることをしています。

 

病院という所は病気の検査や骨の骨折やヒビを検査する所です。腰痛は病名ですが病気ではありません。

 

多くの場合、ギックリ腰は急性状態を過ぎると痛みが緩和していきます。ギックリ腰は骨盤の歪みが最大になった時に起きています。

 

骨盤の歪みが最大になっても、普通は切っ掛けがないと痛みにはなりません。

 

骨盤の歪みが最大になった時に、何かをしたら腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、ゴルフのスィングをしただけで体を支えることができないと急激に腰に痛みが起きてギックリ腰になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、テニスをしてラケットを素振りしただけで体の保持ができないと腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、野球をしてもバットを振ったりすることでバランスが崩れて腰が痛くなって腰痛になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、掃除をしても前かがみの姿勢が保持できないと腰がいたくなり腰痛になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、洗濯ものを干そうとして何回も洗濯物を取る動作が腰に負担になって腰が痛くなって腰痛になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、長時間、車の運転で座っているだけで腰が痛くなって腰痛になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、靴下を履こうとして前かがみになると腰が痛くなります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、ストッキングを履こうとしても前かがみの姿勢が体に負担をかけますから、腰痛になります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、重い荷物をもっていると腰がダンダンと痛くなります。

 

骨盤の歪みが最大の時に、荷物を持とうとして腰が痛くなります。

 

これが腰が痛くなる切っ掛けです。

 

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありません。

 

ギックリ腰は強い痛みで起こりますが関節が大きい為ですが、ギックリ腰は腰のネンザです。

 

捻挫は急性状態を抜けると痛みは治まりますが、どうしてギックリ腰を起こしたのか、と理由があります。

 

体の状態が良くないからギックリ腰を起こして休養をしろと言う事を体は言っています。

 

これを簡単に考えていると大変なことになります。痛みと言うのは体が病気以外で起こしている警報です。

 

腰痛を起こす原因は骨盤の歪みです。

 

腰痛を起こしている原因は骨盤の歪みですが、骨盤の歪みも原因があって歪みを起こしています。

 

骨盤に歪みをもたらすのは体に蓄積していくものが原因です。この原因は多く蓄積していきますが、簡単に減ることはありません。

 

この体にたまるものとは疲れやストレスです。

 

毎日の生活で疲れやストレスは多くなります。

 

毎日の仕事で疲れやストレスは多くなります。

 

精神的なプレッシャーで疲れやストレスは多くなります。

 

そのたまった疲れやストレスを唯一減らすことができるのが眠りです。

 

この眠りが出来ていない方が増えています。自分はダイジョブと思った方ほど眠れていません。

 

眠り

 

最近は現代病のような感じで眠りが出来ていません。

 

寝ていても眠りが浅く、昔のような感じではなくなってきました。

 

昔の不眠症は寝つきが悪い、寝ようとしても眠れない、夜中に目が覚める、夢ばかり見るなどでしたが、最近は不眠症が違います。

 

今の不眠症は夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っていることです。

 

夢も見ない眠りが浅い睡眠があります、睡眠と言うからには寝ています。寝ていますが眠れていません。

 

寝ているということと、眠る、また、眠りとは違います。

 

脳から寝ることができるのは眠りです。

 

体が寝ていても脳が緊張したり興奮状態では寝ているとは言えません。

 

脳が緊張が強くなると寝る時に寝ながら考え事をしている睡眠になります。これは妄想の睡眠です。

 

つまり妄想しながら寝ていると言う事ですが寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

 

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れるので夢ほど記憶に残りません。

 

夢は記憶にありますが寝ながら考え事をしている睡眠は忘れます。そのため寝ていると思っています。

 

これが一番ダメな浅い睡眠です。

 

この睡眠をしている方は骨盤の歪みが大きくなりやすくなります。

 

腰に痛みがない時でも骨盤の歪みは大きいようです。

 

骨盤の歪みがあると骨盤の骨だけの問題では済みません。

 

中にある内臓にも影響します。病気ではありませんが。

 

 

 

行橋市で腰痛を楽にしていくなら徳力整体院。

 

当院では行橋市、苅田町、みやこ町などの「行橋市 腰痛」、「行橋 腰痛」、「腰痛 行橋」、「腰痛 行橋市」などの検索でも人気があります。

page top