骨盤矯正

骨盤矯正

当院では人気のある治療法のひとつとして、骨盤矯正を上げることができますが、今まで多くの方の骨盤を小さくすることに成功をしていますが、骨盤矯正と言っても美容的な要素ではなく、体から整えていく骨盤矯正ですから、本当に骨盤が小さくなると評判です。
骨盤矯正というのは、骨盤を小さくすることなんですが、骨盤というのは骨自体のことを言いますので、骨自体が小さくなるのかというと骨は小さくなることはありませんし、もし小さくしてしまったら中に入っている内臓が影響を受けてしまいます。
骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正をして一番影響が受けるのは膀胱や子宮や卵巣や大腸や小腸になります。
骨盤矯正をして小さくなった分だけ影響がないということはないと思います。
骨盤矯正をしていく時にはどうやったら骨盤を小さくすることができるのかということを検査することで見つけていきます。
今まで三十年間、骨盤矯正をしてきて全員の方が骨盤が小さくなってきていますので、安心してください。
当院では骨盤矯正をする前に自分の手のひらで骨盤に触ってもらって骨盤の幅を触って覚えてもらうことをしています。
当院のスタッフが骨盤を図ったりすることはありませんので、自分で継続するようにして触ってもらいます。

骨盤を小さくするとは

しかし、骨盤矯正をする時に院長がしっかりとここを触ってという風に院長の骨盤の触る部分をお見せするんですが、なおかつ違う一応触ってしまう方がいますので、骨盤というのは骨盤の股関節の上の部分を触る事をいいますから骨盤矯正で骨盤を小さくするという意味は骨盤の幅を小さくすることですから、前から見たり、後から見たりする時に小さくなっているということです。
多くの方が骨盤矯正で骨盤を小さくしたいと思うだけであり、骨盤がどこなのかということも分からずに来ている方がいますので、骨盤というのは気をつけをした状態で触っている部分が骨盤ですから気をつけをして手をしっかりとしたにおろして手のひらの少し上に触れるところが骨盤になりますから、その骨盤を小さくしていくことをするのが骨盤矯正です。
気を付けをした状態で手をまっすぐ下に降ろして手のひらのある部分の少し上の部分に股関節があると思いますので、股関節というのは足の付け根になりますから、骨盤と足の間になります。

自分の骨盤を幅を触る

しかし、前や後ろではなく骨盤を触ってもらうことをしていますので、真横を触ってしっかりと幅を覚えるということなんですが、覚えないと小さくなったのが分かりません。
骨盤の真横を触ることをしないと、真横を変えることができませんし、骨盤の幅を小さくすることはできませんので、骨盤の幅を触って覚えてもらうことをして、骨盤矯正に入りますが、ただ単に手を当てただけでは分かりませんし、手を置いているだけでは分かりません。
骨盤矯正をしていく時に、自分で骨盤の幅を覚えるというのは大変、簡単なようで簡単ではないんです。
今まで多くの方の骨盤矯正をしてきましたが、骨盤矯正に入る前に二度程練習をしてもらいます。

しっかり骨盤を幅を感じる

実際に本当に骨盤が小さくなるから分かってもらいたいために二度ほど練習をしているのが当院の特徴です。
本当に小さくならないんだったらいい加減でいいんですが、本当に小さくなるからしっかりと骨盤の幅を触って覚えてもらうことをして骨盤矯正に入っていきます。
1度目は自分で触って骨盤の幅を触って覚えてもらいますが二度目は骨盤矯正に入る前に直前に院長がフォローしながら触ってもらえます。

骨盤矯正に入る前に

多くの方が1度目でわからなくても二度目で分かったという方もいますので二度目に触った状態を覚えて記憶しておいてください。
長くすれば骨盤が変わるかというと、そうではありませんので一番効率的に骨盤が小さくなる時間というのは約20分ぐらいです。
逆に長くすればするほど効果は徐々に落ちていきます。
これは当院のデーターでしっかりと出ていますので20分ぐらいの骨盤矯正が一番、時間的にもいい時間なんです。
骨盤矯正をしていく時には、骨盤矯正に入る前に小さくなったのが分かるように比べてもらうことをしていますので、必ず全員の方に骨盤の幅を触って覚えてもらうことをして、骨盤矯正に入っていきます。

本当に骨盤が変わるから

20分ぐらいの骨盤矯正ですから20分の間に覚えて記憶しておいて欲しいんですが、多くの方はしっかりと感じようとして触らないとわかりませんので感じようとするためにも左右差を確認してみてください
誰でもそうなんですが、骨盤は左右が同じではありませんから左右差を感じようとして触るとしっかりとわかりますので、右側の骨盤が大きいとか左側の骨盤が1部分が出っ歯合っているとか言う感じがありますが、小顔矯正をする時でも同じ触り方をしていますので、まずは鏡で見て顔のラインをしっかり覚えてもらうようにしています。
小顔矯正ではありませんが、骨盤でも同じことが言えます。
まずは鏡の前で目で見て、骨盤の中心のあたりから右側の出っ張り度合いや左側の出っ張り度合いを感じるようにして目で見てください。
スカートなどを履いている方で、ゆるい方は分かりにくいと思いますが、体のラインに沿った洋服を着ている時にはしっかりと目で見ても左右差がわかる方もいます。

左右差を感じるとわかる

左右差が分かったら、今度は同じ位置で同じ姿勢で股関節の少し上の部分を触ってみてください。
同じように感じるかどうか形が同じかどうかを確認してみてください。
時々鏡で見たラインと目を閉じて骨盤を触った時のラインが違う方がいますので、そういう状態では大脳が弱っている場合のトリックが関係していますが、どうぞトリックを突破しないとわかりませんので大脳が弱ってしまっている方や睡眠負債状態の方が陥る状態になります。
骨盤矯正をしていく時には、骨盤の歪みや骨盤の開きなどを矯正して、もう少し幅が小さくなりますが、骨盤周辺にあるむくみや脂肪を減らすことでも骨盤は小さくなっていくと思いますが、単純にそれだけではすみません、最近は。
最近は多くの方が異常と思えるほど体調が悪く落ちていますので、体調が悪いことが原因で骨盤の歪みや骨盤の開きがむちゃくちゃあります。
骨盤の歪みや骨盤の開きがあると、骨盤周辺の脂肪やむくみが多くなるのは当然だと思います。
しかし、それだけではないという意味は最近多くの方が体調が異常に思えるほど落ちていますので、骨自体が炎症を起こしたりする方が多くなっています。

骨の炎症やハレ

骨が炎症を起こしていくと、特に中央の仙骨という骨または尾てい骨という骨がありますが、この骨が炎症や腫れを起こすと変形していきますので、横に広がっていきますから、横に広がることが原因で骨盤が大きくなります。
生きている間は骨も生きているし、骨盤も生きているものですから、変形状態が起きるというのは当然起きてしまいますが1度、変形を起こした骨盤は病院に行っても戻りません。
しかし、当院では骨盤の変形状態を改善することができますので1度には無理かも分かりませんが、原因が色々な部分に分かれてしまっているという方にいますので、骨盤の骨の炎症や腫れや変形状態だけで済むということは、最近は少ないようです。

骨が変形を起こしている

当然、骨が変形している訳ですから、骨盤が肥大したり大きくなるということは起きてしまいますから、ズボンは履いたりスラックスを履いたりスカートは履いたりする時でもパンツを履いたりする時でも足が通りにくくなり、ウエストの部分がきつくなるということはありますが、当院の骨盤矯正はウエストまで細くなって引き締まっていく骨盤矯正をしています。
最近は多くの方が体に疲れやストレスをためてしまっていますので、疲れやストレスを溜めてしまうということは疲れやストレスがたまるところがあるから溜まっていきます。

疲れやストレスの蓄積

例えばですけど、体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみたら65キロもの水分が出てきますので、体重の半分以上は血液だったりリンパ液、だったり色々な水が存在するということです。
あと残った35キロの中に疲れやストレスがたまるところがありますので35キロの中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と脂肪と骨と内臓と中枢神経系しかありません。
この中で疲れやストレスが溜まりやすい所というのは、内臓なんです。

骨盤の中の内臓は

では、骨盤矯正をしていく時に内蔵というのは大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣に関係しているということです。
大腸や小腸や膀胱や子宮や卵巣に溜まるということは、生理痛や生理不順や便秘などが起きていると骨盤が自然と歪みや開きを起こしているということが考えられます。
何も原因がないのに骨盤が開いた理由がんだりすることはありませんので、体に溜まった疲れやストレスが内臓に溜まっていることが原因で病気というわけではなく、中から崩れを起こす時に骨盤の歪みや骨盤の開きが起こるということですから、骨盤矯正に深く関係をしています。
特に生理痛や生理不順や便秘などがあったりすると、骨盤がゆがみやすく開きやすく、歪んだり開いたりすることが原因で骨盤周辺にむくみや脂肪が多くなるということはありますから、徐々に膀胱炎だと起こりやすいということもあります。

内臓に疲れやストレス

骨盤矯正で深く関係するものは中に入っている内臓に疲れやストレスがたまることが原因で働きが落ちてしまい、正常に働けない状態になってしまった時に骨盤が歪んだり骨盤が開いたり骨盤が大きくなっていきます。
ですから、骨盤を単純に小さくすればいいというわけではないということです。
骨盤を小さくした状態を安定させるためにも、便秘の改善や生理痛や生理不順の解消をしていかなければいけませんので、しばらくの治療が必要になるということですね。
骨盤矯正

 

page top