腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛や腰の痛みを楽にしていくためにはどうして腰が痛くなったのかということを考えなければ単純に表面上だけの痛みだけを楽にしても治ったと言うことにはなりません。
腰痛を起こす場合は原因がありますので原因から改善していかなければ表面上の痛みだけを楽にすることも多くの治療法がありますが表面上の痛みだけを楽にして治ったまたは直したと言ってるだけです。

 

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになる時には

腰痛になる時にはどうして腰痛になっているのかなぜ腰痛になるのかということを考えなければいけませんが多くの治療法というのは原因なんかは関係なく表面上の痛みだけを楽にしているだけです。
腰痛というのはどういう状態があって起きているかということ普通一般的にはわかっていません。
しかし整体やカイロプラクティックの分野では腰痛を起こしている原因が分かっています。
多くの腰痛を楽にする治療法がありますが湿布を貼ったりしても楽になることもあるでしょうしマッサージをしても針を打ってもお灸をしても楽になることもあるでしょうし低周波治療器や電気などをかけても楽になることもあるでしょう。
しかし楽にすることと直していくということは違います。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

普通の腰痛は

普通一般的に起きている腰痛でしたら楽にすることは数回でできます。
しかし腰痛を治していこうと思うなら数回で治ることはありません。
腰痛を治すためには原因を見つけ出さなければいけませんが腰痛の原因を見つけ出すことは大変、難しく簡単なことではありませんので多くの治療法というのは単純に原因を見つけ出すこともなく楽にすることが多くあります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどは

腰痛が姿勢が悪かったり猫背だからといって起きることはありません。
腰痛を起こした時には重たいものを持ったりすると腰が痛くなったとよく言われますがどうして重たい物を持ったら痛くなったのかという問題がありますが持ち方が悪かったとかいう感じだと思います。
車の運転をしている時に座っているだけで腰がズキズキする痛みがあるということもありますがどうして座って居るだけで腰がズキズキするような感じになるのかという問題もあります。
布団やベッドに寝て朝、起きたらいつも腰が痛いという感じもあります。
くしゃみをしただけで腰が痛くなったという方もいます。
合わない靴を履いて長く歩いていたら腰が痛くなったという方もいます。
靴下を履こうとして前かがみになっていたら急に腰が痛くなったという方もいます。
仕事で前かがみの姿勢が多いために腰が痛くなりやすいという方もいます。
デスクワークで座っているだけで腰が痛くなるという方もいます。
運動不足で腰が痛くなるという方もいるでしょう。
色々な腰痛があると思いますがこれらは全てきっかけにしか過ぎません。

切っ掛けというのは原因ではありません

きっかけと原因が両方揃った時に腰が痛くなります。
片方が欠けても腰痛が起きることはないと思います。
切っ掛けというのは今、説明しましたので原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレになります。
腰痛の原因が骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレにあるということなので普通一般的に整体院やカイロプラクティック院では骨盤矯正や背骨の矯正を行います。
しかしどうして骨盤が歪みを起こしたのかという問題を考えてもいませんし治療することをしていません。
どうして背骨のズレが起きたのかという問題も本当にあるのに原因を見つけ出すことをしていなくて矯正しています。
骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きるのも原因があるからズレや開きや歪みが起こります。
どこから骨盤の歪みや開きが起きるのか、どうして歪みや開きが起きてしまうのか。

背骨のズレがどこから起きるのか。

歪みやズレや開きが起きる原因は体の状態にあります。
ゆがみなどが起きる原因は毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることに原因があります。
毎日毎日の生活に原因があるということですから毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや体を動かしたりすることで多くの生み出されていくものがあります。
多く生み出されていくものというのは疲れやストレスです。
普通一般的に疲れやストレスというと簡単に考えている方が多くいますが疲れやストレスというのは体にとってすごいダメージになっています。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

最大限のダメージと言ってもいいかも分かりません

また精神的なものもダメージとして残ってしまいますので精神的なダメージでも体はすごく悪くなっていきます。
人の体というのは弱い部分とそうでもない部分が存在しますのでそうでもない部分は症状につながることもなく腰痛や腰の痛みに繋がっていくことはありませんが弱い部分というのは疲れやストレスを溜めやすくなっていますので疲れやストレスを溜めてしまうと歪みになっていきます
疲れやストレスが感じていないという方はいるか分かりませんが感じていないというよりもわかっていない状態の方は多くいます。
というのも検査をしてみると体調が良いです調子は悪くありませんという方は骨盤の歪みや背骨のずれがないはずなんです。
しかし体調が良いという方や調子は悪くありませんという方を検査してみると骨盤の歪みや骨盤の開きがあったり背骨がずれてガタガタ状態になっているという方が多くいます。

歪みやズレから腰が痛くなる

今まで当院に訪れた方の検査をしてみると全員が何らかの歪みやズレを起こしているということです。
疲れやストレスというのは誰でも溜まっているものですけど程度と言うか段階があります。
軽い疲れやストレスが溜まっている方もいるでしょうしひどい疲れやストレスが溜まって抜けない方も多くいると思います。
疲れやストレスを唯一減らすことができるのは寝ている間だけなんですが最近多くの方が不眠症状態というよりも睡眠負債状態になっています。
不眠症というのは夜、寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ましたりすることが多くあるのが不眠症です。
不眠症の場合はわかりやすいので眠れないという状態が不眠症ですから不眠症の方は自覚的に分かっていると思います。
しかし睡眠負債状態の方は多くの方がわかっていません。

睡眠負債と腰痛、腰の痛み、腰が痛いなど

まさか自分が睡眠負債状態に陥っていることに気がついていませんので睡眠負債状態になっていますよと言われると驚く方もいます。
それほど睡眠負債状態というのは厄介な状態なんですが夜、寝ようとするとすぐ眠れて朝まで目が覚めなければ寝ているかと言うとそういう状態ではありません。
眠りというのは大脳が休養とって寝ていることを言いますので大脳が休養とって寝ていることを熟睡と言います。
1日のうちに寝ている間に熟睡状態がどれくらいの時間があるかです。
眠りというのは熟睡状態ですから大脳が寝ている時間がどれぐらいあるのかということが問題なんですが単純に浅い眠りばかりしている方が多くいますので浅い眠りをしていれば深い眠りができていない証拠になりますので深い眠りができていなければ体調がすごく落ちているんです。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

眠れていないのに体調が良い理由はありません

熟睡状態ができていないのに調子がいいことはありません。
眠れていない方ほど風邪をひくかと言うと風邪をひきにくくなります。
どうしてかと言うと風邪の細菌が体内に入ってきたら大脳が元気だから熱を上げて最近を減らそうとして高熱を上げていきます。
しかし大脳が弱ってしまった方は熱を上げる元気がありません。
そのため風邪をひかないと思っています。
風邪をひかないんではなくて引けないんです。
生活で風邪を引くようなことをしていても風邪をひくことはありません。

風邪の諸症状が出ることもありません

大脳は弱った方は風邪をひかなくなりますのでインフルエンザにかかってもウイルスが増殖しても隠れインフルエンザになってしまい高熱が上がることもなくインフルエンザの症状が出ることもありませんのでこもる状態になっていきます。
以前は風邪をひきやすかったのに最近は風邪をひかなくなったと思う方は大脳が弱っている方が多くいます。
大脳が弱ったこと体調がむちゃくちゃ悪くなっていますので単純な骨盤の歪みや骨盤の開きだけではすみません。
マッサージをしているわけではありませんのでマッサージというのは筋肉に対してほぐすことだけを目的として施術していきますが骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレはマッサージをしても取れることはありません。
疲れやストレスというのは貯まるところがあるから溜まっていくわけですけど例えば体重が100 kg の方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると60 Kグラム の水分が出てくるそうです。
つまり体重の半分以上は水分で構成されているということですが単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水です。
水に疲れやすレスがたまるということはないと思いますのでどこにたまるのかということが一番の問題なんですが後残った40 kg の中に存在しています。
40 kg の中には神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しか存在していません。
多くの重さはこの中の全てです。

疲れやストレスの蓄積

この中で疲れやストレスがたまりやすいところというのは筋肉にたまるということは一般的に知られていることです。
筋肉疲労という言葉がありますので筋肉にも疲れやストレスがたまるということです。
しかし、筋肉よりも多くの疲れやストレスがたまるところが存在します。
筋肉よりも疲れやストレスが多く貯まるところというのは内臓です。
しかし内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので内臓に疲れやストレスが溜まることで体は歪みやズレや背骨がずれていくわけです。
内臓と言うと多くの方が病院で検査しても異常が出ていないということも言われますがそれは病気になった状態を検査しているわけでありますので当院では病気の検査をしているわけでもありませんし病気の治療をしてるわけではありませんので病院に行って検査を受けてもらえば陽性反応がでたら病気ということです。
しかし内臓に溜まっていく疲れやストレスということですから病気というわけではありません。
体が疲れたという時には内臓疲労が起きている場合があります。
もちろん筋肉も疲労しています。筋肉よりもより多くの疲れやストレスを食べてしまって働きが低下した状態が起きているのが腰痛になっている場合があります。
腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどとは

page top