腰痛がおきるのは

腰痛の痛みとは

腰痛、腰の痛みになる時は、何かをしている時に起きていることもありますが、なにもしていないのに腰が痛くなることもありますし、朝から腰が痛むことが多い方もいます。
腰痛、腰の痛みと言うと、重たいものを持とうとした時に腰が痛くなったとか、前かがみで料理を作っている時に腰が痛いとか、靴下を履こうとして腰が痛くなったとか、車の運転をしていると腰が痛いとか、座っているだけで腰が痛いとか、真っすぐに立っているだけで腰が痛いとか、この他にも多くの腰痛、腰の痛みがあります。
腰痛
最近、急に腰が痛くなったと言う方もいれば、かなり前から腰が痛くて色々な施術をしてきたと言う方もいますし、数年前から腰痛で苦しんでしたり悩んでいる方もいます。
腰痛、腰の痛みが起きてしまうと、自分でも湿布を貼ったり、腰痛、腰の痛みに効果があると言うサプリメントを飲んだり、腰の筋肉を揉んだりマッサージしたり、整骨院で低周波治療器や電器をしたり、鍼灸院で腰痛、腰の痛みに効果があるツボに鍼やお灸をしたり、指圧でツボに押圧したり、病院で注射を打ったりする方法が多いようです。
しかし、どの施術をとっても、腰痛、腰の痛みを起こしている、本当の原因まで解消できていないように思えてなりません。

腰痛、腰の痛みになる時は

腰痛、腰の痛みになる時は、原因があるから痛みになっていますが、普通、一般的に腰の痛みが楽になれば、治ったと言いますし思います。
しかし、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても痛み止めです。
当院では痛み止めも否定はしませんが、いくら痛み止めをしても、痛めてしまった原因が残ったままになっていることもあるのではないのかと言うことを考えます。
痛みが起きるのは、切っ掛けで起こります。
切っ掛けとは原因ではありません。
切っ掛けとは、重たいものを持とうとした時に腰が痛くなったとか、前かがみで料理を作っている時に腰が痛いとか、靴下を履こうとして腰が痛くなったとか、車の運転をしていると腰が痛いとか、座っているだけで腰が痛いとか、真っすぐに立っているだけで腰が痛いなどです。
どうして腰が痛くなるのか??、原因があるはずなんです。
腰痛、腰の痛みが起きた方は、原因がどこにあるのか? 考えることはしていません。
そのため強い痛みがない状態を作るだけになります。つまり慢性化です。
強い腰の痛みがないため、施術をしない方や あきらめている方が多くいます。

慢性化した腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みを慢性化してしまうと、強い痛みは時々、起きるくらいになりますが、日に3~5回くらいは腰の痛みを感じます。痛みの度合いも人それぞれで違いますから、他人に自分の痛みがわかる事はありません。
ケガや擦り傷のように目で見てわかる事はないからです。
表面上から目で見ても普通にしか見えません。
レントゲンを撮っても骨に異常がなければわかりません。レントゲンは骨が折れているとか、骨にヒビが入っているとかがわかるのがレントゲンです。骨密度の判定でも使われますから骨の密度が減少していることから起きる腰痛、腰の痛みであればですが。
それ以外はレントゲンを撮っても異常は見つかる事はなく、異常なしだから痛み止めの注射を打ったり低周波治療器や電器をしています。
整骨院ではレントゲンは撮影できませんので目で見て判断する事しかできませんので、検査らしいものはしていません。(個人的見解です) 目で見てわからないから低周波治療器や電器が中心です。あとはマッサージみたいにしています。低周波治療器や電器は痛み止めにはなります。だから楽になる事はあります。でも原因は残したままです。
マッサージ院は筋肉を中心で揉んだり押したりマッサージしたりして筋肉の張りを解消することが中心です。しかし原因がなくて筋肉の張りが起きることはありません。どうして筋肉の張りが起きたのか、原因があるはずなんですが筋肉を揉んでも楽になることはあります。しかし原因が残ったままです。痛みが起きるのは理由がないと起こりません。どうして腰の痛みが起きたのか??  (個人的見解です)
ツボを使う鍼灸、指圧なども良い施術法だと思いますが、ツボを使うよりも検査ができれば、どうして痛みが起きているのか、確認ができます。腰痛とは
しかし検査したり確認する方法は簡単ではありません。
レントゲンのように体の中を見ることはできません。
では、どうすれば腰の部分の表面から見ても分からない問題を検査したり確認することができるのか???
当院では、その部分を研究して解明することができていますが、悪化させたりこじらせたりしている方もいますし、色々な悪い状況が考えられます。特に眠れていない方は非常に腰の痛みが治りにくい方もいます。
そして最終的には腰痛、腰の痛みの本当の原因は体質にあります。なので体質改善で変えることができないと、楽にしても一時的にしかなりません。
例え、腰痛、腰の痛みを楽にする施術を受けて、数か月や数年は楽になっていたとしても、原因は待ってくれません。つまり腰痛、腰の痛みの原因は徐々に進行していきます。腰の痛みがない時も原因は水面下で進行していきます。
完成形態として現れるのは、腰痛、腰の痛みではないかも知れません。

 

腰痛、腰の痛みの施術を受けた方の感想

北九州市小倉南区の60代の女性
30代からゴルフをして腰を痛めてしまいました。その日のゴルフはスコアも良く快調だったんですが、15番ホールを回っていた時に、変なところに打ち込んでしまって、いつもとスィングが違う形になって、その時に腰がズキッとしましたが、あまり痛みが無くて、大丈夫だと思っていました。
でも家に帰ってから急に動けないくらい腰が痛くなってしまいました。トイレに行くにも大変でしたが、家でゆっくりして、その日は過ごしました。朝になったら良くなっているだろうと思いましたが、寝てしばらくするとズキズキして腰が痛んで眠れません。
少し眠れましたが朝からも腰が痛くて主人の運転で病院に行きました。病院の先生はレントゲンを撮ってみましょうと言われたので、痛くて動けないから人生、初めての車いすで運ばれました。レントゲンではヘルニアになっているから手術しましょうと言われましたが、手術は怖かったので、しばらく家で安静にしていました。その時に主人から、ここを聞いて2階でしたが、なんとか行って整体の先生の施術を受けて見ることに。
整体の先生からも、すごく悪いですよ、と言われましたが、何とかしてほしいと言うと、やってみない、良くなるかわかりませんよと言われましたが、1度目は変わりませんでしたが、3回目で少し痛みが取れてきました。
手術しなくてよかったです。
北九州市小倉北区の50代の男性
腰痛、腰の痛みで、他の整体を受けていましたが、一向に良くならず、この整体を受けて見ることにしました。今までの整体院では電気をしたり、矯正をしたりですが、ここでは電気もしません。
電気はしませんが、なんか良いです。