肩こりの原因

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから解さなければいけませんので筋肉のコリをほぐすようにしていますが肩こりと言うのは筋肉のコリばかりに注目して筋肉のコリを柔らかくしたら終わりと言う感じが多いと思うんですが筋肉のコリだけで起きている肩こりと言うのはありませんので筋肉のコリをほぐしたらその先にあるものを見つけ出すことをしないと原因もいつまでも同じままではいられませんので肩こりを起こしている筋肉の中には神経と血管もありますので神経と血管も影響を受けていくと言う事が起きてしまいます。

肩こりとは

肩こりと言うのは筋肉のコリと言うイメージがどうしても付きまとってしまいますので筋肉のコリを揉んだりマッサージをしたり湿布をしたり電気をかけたりといろいろな方法があるんですがどれもこれも対症療法と言う治療法になっています。
対症療法と言う治療法は悪くは無いんですが、表情を感じているところに対して何かの治療をすると言うのが対症療法ですから検査することもなくコリを感じている何かに対して揉んだりマッサージをしたり電気をしたりと言う感じなんです。
対症療法と言う治療法が普通一般的に多くの治療院で行われている治療法なんですが湿布を貼ったりすることも対症療法ですし、病院に行って注射を売ったりすることも対症療法の1つですし、家族の方に揉んでもらっても専門家の先生にマッサージをしてもらっても針を売ったり補給をしたり指圧をしたり普通の整体院で骨をボキボキしたり低周波治療器や電気などをかけたりすることも対症療法の1つです。

対症療法とは

対症療法と言うのは多くの治療院で行われている方法ですが何かの症状を感じているときにその部分に対して何かをすると言う治療行為のことです。
その部分が原因であるかのように何かをする治療法の事ですから、検査することもなく原因を見つけ出すこともなく、ただ改善しようとしているだけですから病院の注射を打つことも、対症療法の1つになりますので、原因なんかは関係なく見つけ出すことがなく検査することもなく症状を感じているところに対して痛み止めの注射を打ったりすることです。

肩こりと筋肉のコリ

肩こりといっても筋肉のコリだけで起きている事はなくどうして筋肉のこりが連続して起きて生きるのかということを考えなければいけませんし、筋肉のコリが弱くなったり軽くなったり、ひどくなったりと言う差が出てくるのはどうしてなのかということを考えながら治療に当たらなければ本当の意味で、肩こりを解消していくと言う事にはなりませんし、一時的に筋肉のコリだけ柔らかくしても筋肉の中にある神経や血管の影響を受けていることも考えなければいけません。
肩こりを起こしている筋肉の部分と言うのは、2神経や血管を送る部分でもありますので筋肉のコリだけで起きている事はあまりなく筋肉が緊張したり筋肉疲労が起きたりするときにはリンパの働きや老廃物が影響するだけではなく神経や血管の影響もあり筋肉がしっかりしなくなったり握力低下が起きたり血行不良が起きたりということが起きてしまうこともあると言うことです。

肩こりの原因

肩こりの原因として1番に挙げられる事は筋肉の疲労や筋肉の緊張や筋肉の一時的な硬さと言うこともあるんですが1時的なと説明すると言う事は慢性状態を招いてしまうと徐々に筋肉も硬くなるということが起きてしまいますので筋肉が硬くなる現象と言うのは老化現象もありますので老化した筋肉を柔らかくする事は簡単な方法ではありませんが筋肉も老化すると言うことを考えなければいけません。
何回も肩こりを起こしたり慢性化して長期間、肩こりを患っていると筋肉も徐々に硬くなっていくと言う血行不良が起きたりすることもあります。

TOPへ