肩こりを解消していく為には

肩こりを楽にしていく為には

肩こりを感じたら湿布を貼ったりしたり家族の方に肩を揉んでもらったり専門家の先生に肩を揉んでもらったり低周波治療器などの電気をかけたり色々な方法があると思いますしドラッグストアなどに売っているサプリメントでも肩こりを解消することができるかも分かりませんが肩こりには原因があります。
体に起きる色々な症状というのも原因があるからコリになるわけですから、その原因を見つけ出さない限りは本当の意味で肩こりを治しているということは言えません。
肩こり

肩こりになる原因は

原因を見つけ出すこともなく原因を検査することもできないで治療しているということも言えませんし肩こりを解消しているということもないと思います。
単純に何も考えもせずにマッサージをしたり湿布を貼ったりすることでも肩こりを楽にすることはできますが原因が残ったままになっていますので原因が残ったままになっていると進行していくということでこじらせていきます。
肩こりというのは原因があるからこれを起こしているわけですから本当に筋肉のコリだけなのかということを探らなければいけません。
今まで30年間肩こりを改善してきて検査することをしていますので検査をしてみると本当に筋肉の凝りがあるのかという検査をしてみると多くの方の場合、筋肉だけでこりが起きている人は一人もいません。

肩こりを検査することで原因を見つける

単純に肩こりを検査すると言っても検査できる方は多くはないと思いますのでどういう検査があるのかということを見つけ出さなければいけませんが筋肉が本当にこりを起こしているのかということは肩こりを感じている方でしたら当然ある現象なんですがそれだけではないということですし筋肉が凝りを起こしても単純な緊張や疲労から起きるものが多くあります。
肩というのはいつもいつも多くのことで使うことが多くありますからバッグを持ったりする事や物を書いたりキーボードを扱ったりスマホを操作することでも筋肉のコリは起きてしまいますから筋肉疲労は当然送りますが単純に筋肉の疲労や緊張やコリだけではありません。
肩こり

筋肉ばかりが肩こりではない

しかし筋肉の緊張や疲労したりコリをマッサージをしたり揉んだり湿布をしたり電気をかけたりすることでも肩こりは楽になったように感じてしまいます。
単純に湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器などをかけても肩こりを楽にすることができるために原因を見つけ出す必要もないと思う方も多くいますし、それで治ったと思うでしょうが実は違うんです。
肩こりの本当の原因を説明した時の患者さんの顔というのは驚く方も多くいますが肩の部分に関係するものがどういう状況で起きているのかという検査をしていますので正確に判断することができますから単純に肩こりと言っても筋肉を揉んだり湿布を貼ったり低周波治療器などをかければいいというわけではありません。
肩こりを説明する時に肩の部分に何があるのかということを説明しなければいけませんが肩の部分には皮膚と筋肉と脂肪と靭帯と骨と内臓しか存在していません。

筋肉のコリ以外で肩こりも

この中で肩こりを起こすのは筋肉と、あと何が関係して肩こりを起こしているのかということを研究してみると該当するものが見つかります。
脂肪が緊張したり凝るということはありません。
つまり脂肪は肩こりには関係しないということです。
靭帯というのもあまり関係することはありませんが、じん帯が筋肉を伴いながら硬くなっているということは起きている人もいます。
背骨や肋骨や首の骨というのは歪みやズレが関係することがありますので歪みやズレを検査しなければいけませんが筋肉というのは骨から骨にくっついているものですから骨がズレた歪んだりすることで筋肉が引っ張られたり緩んだりしますから緩んだり緊張したりするものはリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していきます。

リンパの流れが悪くなるのは

何も原因がなくてリンパの働き悪くなったり老廃物が溜まることはありませんからリンパの働きがどうして悪くなったりするのか老廃物が多く蓄積しているのかということを見つけ出さなければいけませんからそのためにも検査することが重要なことになります。
肩こりがどうして起きているのか。
肩こりがどこから起きているのか。
検査をすることで見つけ出すことができますが単純に簡単に検査しているわけではありませんので全部が全て分かることはありませんし治療を進んでいくと色々なものが富士をするということもあります。
肩こりを解消しようと思うならまずは筋肉のこりから当然解消していかなければいけませんので筋肉の緊張や筋肉疲労やこりを解消していくことをまず第一にしていきます。

マッサージしたり低周波治療器や電器をしたり

普通は筋肉を揉んだりマッサージをしたり電気などをかけたりすることが普通だと思いますが整体やカイロプラクティックの施術ではその先にあるものを見つけ出さなければいけませんので筋肉だけで済むことはありません。
しかし肩こりを解消していくためにもマッサージだけしたり筋肉を揉んだりしているだけでは当然、肩こりを楽にすることはできる可能性もありますが最近はこじらせている方が多くいますのでこじらせてしまうと筋肉のコリだけでは済まない場合が多くあります。
肩こりを感じてしまっている方は当然として総合的な体調がすごく悪くなって落ち込んでいますので体調から出ていかなければいけませんが体調だけあげてしまっても肩こりを楽にする可能性もありますが肩こりが楽にならないという場合もありますので症状を感じているところを中心的に解消していかなければいけませんのでまずは筋肉の緊張やコリをほぐすようにして肩こりを楽にしていきます。

筋肉がほぐれたら先にあるものも

筋肉のコリが少しはほぐれてきたらその先にあるものは背骨のズレですから背骨のズレを解消していかなければいけませんが時々びっくりするぐらいの方が椎間板ヘルニアまで起きているか違いますので椎間板ヘルニアというのは体調が悪いことを指していますので体調の悪さから椎間板が飛び出てしまって膨らんでしまうということで椎間板ヘルニアになってしまっている方もいます。
椎間板ヘルニアというのも特別なものではなく誰でも体調が悪かったり疲れやストレスが多く蓄積してしまっている方は椎間板ヘルニアまで進行してしまっているか違いますので単純なこりという意味ではなく痛みに近いものが起きているか違います。

肩こりでも椎間板ヘルニアがある

椎間板ヘルニアまで起きてしまっていると骨と骨の間にある軟骨が膨らんでいきますので膨らんだ状態のことを椎間板ヘルニアと言い神経を圧迫した状態まで起きてしまった方は手のしびれや手首の痛みが肘の痛みや肩の痛みなどが起きている場合もありますし痺れてしまっている方もいます。
しかしどうして背骨のズレが まおのかということも原因があるから背骨がずれているわけですから背骨のズレを見つけ出さなければその該当するものが、見つかりませんので背骨のズレの部分である程度の判断ができます。
背骨のズレというのは例えばですけど首と肩の境目の胸椎の1番目の骨というのは心臓に関係する骨ですから心臓が弱ってるときや心臓の何らかの病気の方は胸椎の1番目の骨がずれています。

肩こりでも背骨のズレが起きる

胸椎1番目が心臓と言っても病気という関係ではない場合も多くありますので病院で検査をしてみても異常はないという方もいますが時々息苦しさや胸苦しさを感じてしまったり胸の辺りで一瞬ですけどチクッとする痛みがあることがあるという方は可能性として心臓に何らかの問題が生じています。
しかし病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも内臓と言うと病気というのを関係づけることなく疲れやストレスというのは内臓に蓄積していくことが多くあります。
体が疲れたということは 筋肉にも疲れやストレスが溜まりながら内臓にも蓄積していきます。その証拠として体重が100キロの方がいるとしたら体をぎゅっと絞ってみると水分が60 kg か65 kg もの水分が出てきますので体重の半分以上つまり6割は水分で構成されているということですから体重の半分以上は水ということになります。

体の多くは水で構成

水と言っても単純な水ではなく血液だったりリンパ液だったり体液だったり色々な水分の総称ですから水分が65 kg もの多さになります。
ではあと残った100 kg 中65 kg が水分だとしたら残ったものは35 kg になりますので35 km の中に疲れやストレスが多く蓄積していくところがあります。
疲れやストレスというのは筋肉にもたまりながら後どこに溜まっていくのかという問題なんですが神経と血管とリンパと皮膚と筋肉と靭帯と脂肪と骨と内臓しかありません。
この中で疲れやストレスが溜まると考えられるのは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していくわけです。

疲れやストレスの蓄積

何回も言いますが内臓と言っても病気と言ってるわけではありませんので勘違いしないようにしてください。
病気というのは完成してしまってまたは完成する前に数値的な異常が出たり心電図などの異常が出てしまって見つかることがありますが完成してしまわない限りはまた完成する前では病気ではありませんのでいくら病院で検査をしても見つかりにくいと言うことです。
病気というのは内臓がかなり悪くなってしまってやっとこさ数値的な異常が出て検査をしてみると以上の数値を示し病気だということで診断が下る理由ですけど0から一気に100になることはありません。
疲れやストレスと肩こり

進行する肩こり

進行していく過程があるということですからなっていく過程では全然わかりません。
肩こりというのは 肩の部分ですから肩に関係する背骨は胸椎の1番目と2番目が心臓に関係する部分です市三番目の骨は肺に関係する部分でもありますから心臓と肺というのは横隔膜の上にある部分ですから横隔膜の上にある部分が何らかのトラブル思った時には胸椎の1番目の骨と2番目の骨と3番目の骨はズレを起こしています。
背骨の骨がずれたりすると筋肉は骨から骨にひっついていますので骨が動くことで緊張したり緩んだりして肩こりを起こしていきます。
つまり背骨の骨がずれたりする原因は内臓に蓄積してしまった疲れやストレスが原因です。
内臓というのは弱い内臓とそうでもない内臓がありますので弱い内臓には多くの疲れやストレスが溜まり疲れやストレスが溜まることが原因で歪みを起こしていきます。

病院ではなく原因がある

しかし病気と言ってるわけではありませんから慌てて病院で検査することもないようにお願いします。
肩こりというのは筋肉が緊張したり疲労したりしてこりを起こすことが原因ですから筋肉疲労がどうして起きるのかということを見つけ出さなければいけませんので普通一般的には腕や肩や指を使うことで力が入ってしまい筋肉疲労を起こしていきますので筋肉疲労はその時だけの場合が多くあります。
当院の肩こり解消法というのはまずは筋肉からほぐすようにしています。
筋肉がある程度ほぐれてきたら背骨のズレを見つけたり椎間板ヘルニアを見つけたりして海上することをしていきます。
そして背骨のズレが解消できて筋肉もほぐれてきたらその先にあるものを見つけ出さなければいけませんので内臓疲労を検査することで見つけていきます。
肩こりと言っても三つの原因が存在しているということですから筋肉をほぐして背骨のズレを見つけて内臓疲労を解消していくことをして肩こりを楽にしていきます。
そしてある程度肩こりが楽になった方の場合、体質改善という改善方法がありますので体質改善で弱い内臓を強くしていくことができます。
しかし体質改善の施術は初回や体が整わない限りはできませんので期間を空けた方や風邪っぽい形や眠りが浅い方は、すぐにできることはありません。
睡眠負債と肩こり

 

page top