小顔矯正で顔を小さくする

行橋市、京都郡苅田町からも人気があるあります。
当院では初回から顔が小さくなることで人気のある小顔矯正をしているんですが小顔矯正といっても、いろいろな方法があると思いますがエステなどのような小顔矯正はクリームを塗ったりパックをしたり、ラップを巻いたり発汗を促したりマッサージをしたり温かい蒸気をかけたり、冷たい冷気を当てたりと言ういろいろな方法があります。
小顔矯正と顔を小さくすることは
また美容形成外科でも脂肪吸引したり皮膚を引っ張ったり骨を削ったりと言う小顔矯正をしていることもあります。
整体やカイロプラクティック院でも小顔矯正をしていることもありますが当院の小顔矯正とは全然違います。

小顔矯正の方法

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで評判がいいんですが驚く方もいる位ですから変化が大きくありますけど変化が大きい分だけ顔が小さくなっていきますが小顔矯正をした後だるくなる方も多いようです。
小顔矯正といってもただ顔を小さくすればいいと言うわけではありませんのでその方の体力や体調を使いながら小顔矯正をして顔を小さくすることをしていますので体調や体力を顔が変化するのでとられてしまうとだるくなるということが起きてしまいます。
当院の小顔矯正は自分で確認することができる小顔矯正です。
小顔矯正と疲れやストレスと顔が大きくなる

小顔矯正をする前に

小顔矯正をして行く前に自分で鏡で見て顔の大きさや左右差を覚えてもらうようにしています。
小顔矯正をした後と小顔矯正をする前と比べることができるのが当院の特徴ですから当院のスタッフがメジャーで測ったりすることをしていません。顔を計測する機械で測ったりすることもしていませんので自分で感じてもらうことをしています。

小顔矯正をしていくときには

小顔矯正をしていくときには院内に鏡を置いていますので鏡で自分の顔を映してみて目で確認してもらいます。
何を確認するのかと言うと顔の輪郭です。
顔と言うのは左右が、対象の方はいませんので必ず全員の方が何らかの顔の違いが存在していますので顔の違いと言うのは、鼻を中心として右側と左側の形が違うと言うことです。
小顔矯正をする前に自分の顔の大きさや形を覚えておかなければいけないんですが大きさを覚えると言う事は難しいことですから左右差を見比べてもらうようにしています。
顔の右側の方が全体的に大きいので左側のほうは頬骨の部分だけが出っ張っていると言う感じがあると思いますので逆になっていることもありますが、これを比べてみて貰います。
小顔になれる

鏡で見て覚えたら

鏡で見て覚えることができたら今度は両方の手のひらを顔に当ててもらいますので当て方はまずは手首のところで両方合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を密着させるだけなんです。
顔の触り方は簡単なんですが簡単だと思って触った方ほど、わからなかったと言う方もいる位ですから難しい技術です。
顔を触ると言う事は大変難しいのでサイズを比べてみると言うことも大変難しい事ですからただ手を置いただけではわからなくなってしまいますので左右差を感じとるようにしてください。
小顔になれる小顔矯正の顔の触り方
顔の左右差だけではなくむくみ度は今左右で違うと思いますので右側の浮腫度合いと左側の浮腫度合いを比べてみるのも一つの方法です。
顔の大きさの左右差とむくみ度合いを比べてみるとしっかりと自分の顔の形がわかると思いますので大きさの判断するためにむくみ度合いも確認する必要がありますので右側と左側のぶよぶよみたいな感じを感じ取るようにして触ってみてください。
左右が全く同じ人はいませんのでこれがわからなければ脳に問題を抱えていますので脳疲労が強い方はわかりにくいようですから顔を小さくする時もわからないと言う方がいますので脳疲労が強い方は感覚神経の減退が起きています。ので大変なことになっています。
小顔矯正で顔を小さくするなら

 

顔を小さくする小顔矯正なら行橋市、京都郡苅田町からも当院が一番です。

TOPへ