小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正ならボキボキもしないし痛くもないと評判の良い小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることでも評判のいい小顔矯正です。
小顔矯正をして顔を小さくしていく時には関係するものから減らさないと効果がなかったり維持することができなかったりということがありますので小顔矯正をする時には効果が出やすいように初回から顔が小さくなるようにしていますが一回で終わる小顔矯正はないと思っています。
小顔矯正とは

小顔矯正とは

というのも小顔矯正をして行く時には顔だけが関係するものではありませんので体の調整もしていかないといけないし整えていかないといけないので顔を小さくしても体がぶよぶよしていたり太っていたりむくみが多くなっていると顔を小さくしたぶんだけ目立ってしまいます。
当院の小顔矯正は顔が小さくなったのが自分でわかるようにしているのが特徴です。
顔が小さくなったのがわかるためにも3回ほど練習をしますのでなんとなくでもわかってもらえればいいと思いますが意識をして触らないとどんなに小さくなっても分かりませんので小顔矯正と言っても10 CM 20 CM 30 cm も顔が小さくなることはありませんので顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていくという小顔矯正です。
小顔矯正とは頭がい骨を

顔と言うのは

しかし顔というのは表面上に皮膚があって皮下脂肪があって筋肉靭帯があってむくみがあってあとは骨しかありません。
骨というのは顔面の骨であり頭蓋骨の一部です。
小顔矯正をして行く時には頭蓋骨矯正という意味ではありませんが頭蓋骨を小さくしていくということになりますので頭蓋骨の顔の部分が顔面骨ともいいますので要は頭蓋骨の一部です。
酷いことには何が入ってるとかと言うと、目、耳、鼻、口だけではなく大脳も入っていますので大脳を深く小顔矯正をして行く時に関係するというものがあります。

頭がい骨の一部が顔

頭蓋骨矯正というのも当院ではしていますが小顔矯正をしていく時にはそういう状況ではないテクニックを使いますので初回から顔が小さくなることで評判なんですが単純に先ほども説明したように顔には脂肪と皮膚と筋肉とむくみと骨しかありませんのでこの五つの中でどれを減らすことをすれば顔が小さくなるのかという問題があります。
もちろん顔に多くなってしまったむくみが脂肪を減らしていくことでも若干顔は小さくなってすっきりするでしょうが、それだけではないんです。
小顔矯正と言うと S ても小顔矯正をしていると思いますがエステの小顔矯正はクリームを塗ってマッサージをしたり配送パックをしたり他のパックをしたりラップを スチームで温めたり冷やしたりという感じだと思いますので表面上のものを改善しているだけにしか過ぎませんので特にむくみは脂肪は減ってくる可能性もありますが、それだけです。
疲れやストレスと顔

浮腫み、脂肪を減らす

小顔矯正をして行く時には表面上の皮膚や皮下脂肪やむくみの部分だけでもなく体の中から改善する必要があるんです。
先ほども何回も説明していますが顔には皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯とむくみと骨しかありませんのでむくみは脂肪だけを減らしても顔が少しだけ小さくなってくれますがさらにもっと変えるためにはあることを減らさなければ顔が小さくなることはないと思っていますのであることというのは頭蓋骨の一部である骨です。
例えて言うなら美容形成外科というのがありますが美容形成外科では手術をして脂肪吸引したり骨を削ったりして顔を小さくすることをしています。
顔が変わる小顔矯正
しかし当院ではそういう手術的なことはしていませんしできませんのでどうすれば、顔を小さくすることができるのかということをテクニックで、考えなければいけませんので手の技術を向上させて美容形成外科さん以上のものができないと行けませんのでテクニックの向上を続けています。

マッサージ感覚で小顔矯正


当院では小顔矯正をしている時にはマッサージをするような感じだと思ってもらえば一番、近いのでマッサージ感覚で顔を小さくすることができますが実際にマッサージをして顔が小さくなることはありませんのでマッサージをしているわけではありません。
顔を揉んだりマッサージをしているような感じで顔を小さくすることができますが、手の技術が向上していけばいくほどマッサージをしている感じで、脂肪も燃焼したりむくみも減ったりまたさらに顔の骨も削らなくても、顔の骨が小さくなっていくという子顔矯正なんですが特に顎の部分を細く引き締まっていくことで好評があります。
当院ではマッサージするような感じで顔をの骨まで特に顎の骨まで細く引き締めていくことができますしむくみは脂肪も解消することができますので顎の部分は細く引き締まっていきますので特に顎の部分を触って覚えるようにしてもらいます。
小顔矯正に入る前に鏡で見て自分の顔の大きさやむくみ度合いや左右さを覚えてもらうことをしていますがこれをしっかりやって、おかないと小さくなっても、わからなくなりますので鏡で見て顔の大きさを覚えて、次に手で触って顔の大きさや幅などむくみの度合いや左右差などを覚えてもらうことをして自分でしっかりと顔が小さくなるのが分かるようにしています。
顔が変わる

TOPへ