小顔矯正とは

行橋市、京都郡苅田町からも多くの方が小顔矯正にきています。
初回から顔を小さくなる小顔矯正をしていますが顔を小さくしていくためには何をしたら顔が小さくすることができるのかということを考えるようにしています 。
何も考えていないで顔を小さくすることはできませんので 顔を小さくするためには 考えるべきことが色々あります 。
小顔矯正とは

小顔矯正とは

今まで多くの方々顔が小さくなりたいとか顔を小さくしたいというだけで、こられていますが顔を小さくするということは頭蓋骨を小さくすることになります。
説明出来がつく方も多くいますが頭蓋骨というのは 全体の頭のことを言いますので顔の部分でも頭蓋骨の前側部分が顔面骨というだけであって、顔という呼び名になっていますが正式名称には頭蓋骨の一部です。
しかし頭蓋骨の前側の部分の顔を小さくすることをしていくわけですけど頭蓋骨矯正という意味ではありません。
頭蓋骨矯正というのはまた別の部分でありますので頭蓋骨矯正という意味ではないということです。
美容的にはまたエステ的には 顔を小さくするというよりも色々なむくみや脂肪を取っているだけですし肌に対して何かを塗ったりしているだけですから小顔矯正という部分ではなくむくみを解消する部分だということです。
小顔矯正と疲れやストレス

エステや美容院では

エステや美容院でできる小顔矯正というのは顔の表面上に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすことをして顔を小さくしていくという強制ですから小顔矯正というレベルではないと思いますが美容整形外科的、美容形成外科的には骨を削ったりして顔を小さくすることをしたり脂肪を減らすことをしたりして顔を小さくすることをしています。
しかし顔の骨を削るというのは顎の部分であってもホホ骨の部分であっても頭蓋骨の一部を矯正するというよりも削っていくだけで 顔を小さくしていくということです。
エステ的にはむくみや脂肪を減らすことをしていきます。
形成外科的では骨を削ったり脂肪を減らすことをしています。
当院の小顔矯正は、 骨を削ることなく顔を小さくしてむくみや脂肪を減らすことをしています。
顔というのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや精神的な緊張や眠りが浅い睡眠負債や眠れない不眠症なのである現象が起きているということが分かっています。

ある現象というのは疲れやストレスの蓄積なんです

毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや眠りの問題が起きて行くと誰でも多くなるのが疲れやストレスですが最大に多くなっていくのは 眠りの問題です。
メモリの問題と言うと誰でも 寝ていると思うかも分かりませんが、不眠症であれば誰でも気がつきますが不眠症というのは1時間も2時間も3時間も寝ようとしても眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるので不眠症ですから不眠症が起きていると体調が非常に悪く簡単には上がらないという状況まで落ちている方もいますがどうが麻痺していくと痛みやコリまたは自分の体調の悪さを感じない方もいます。
不眠症というのはわかりやすいので、寝つきが悪かったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症ですしトイレに行く回数が多いのも不眠症の一つですかと睡眠負債というのは多くの方が分かっていない状態の方がいますので、睡眠負債というのは大変やっかいな問題になっています。
睡眠負債とは 睡眠負債というのは、多くの方に起きている現象なんですが夜、寝ようとする時に朝まで目が覚めないのが特徴ですけど一番眠りが浅く寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっている方です。
顔を小さくすると睡眠負債

睡眠負債と不眠症と熟睡

眠りが浅いということは、浮腫み、脂肪が多く朝からむくんでいるという方は眠れているわけはありませんので、朝というのは本当に眠れていれば顔が引き締まっていなければいけません。
朝から顔が大きくなってむくんでいるということは普通では考えられない現象ですから朝から顔がむくんでパンパンだという感じは眠れていないし、疲れやストレスが取れていないから起きているものです。
朝というのは、眠れていれば 顔が引き締まっていてむくんでいるわけはありません。
東員の小顔矯正は特に顎のむくみや脂肪を減少させることと顎の骨を削るのではなく小さくすることができるのが特徴です。
毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や精神的な緊張や 睡眠の問題などで多くなってしまった疲れやストレスを 多く溜め込んでいるのは顎の部分が多く溜め込んでいますので 特に顎の部分は細く引き締まっていくということが多くあります。
顔を小さくする

 

 

 

TOPへ