小顔矯正で顔が小さくなる

初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが、顔を小さくするためには買おうというのは何なのかということを考えなければいけませんので買おうというのは、頭蓋骨の前側部分のことを顔と言います。
小顔矯正とは顔が

小顔矯正とは

多くの方が気がついていないこともありますので 顔というのは頭蓋骨の前側の部分です。
頭蓋骨矯正という治療法がありますが頭蓋骨矯正というわけではありませんので 頭蓋骨の前側の部分を小さくすることを小顔矯正というわけですけど顔だけ小さくすることができるのかと言うと 顔だけは小さくすることはできませんので頭全体が小さくなっていくという小顔矯正をしていますが特に小さくなるのは顎の部分です。
当院では小顔矯正を30年前からしていますが今まで一人も顔が小さくならなかったという方はいませんので全員の方が顔を小さくすることをできていますが特に顎の部分は変化する方が多いようです。
小顔矯正と疲れやストレス

アゴの部分が細くスッキリ

顎の部分というのは全員の方が細く引き締まってすっきりしていくということで全体的に顔のイメージが変わってきますので顔を変えるためにも顎の部分を細く引き締めることが先決だと思います。
小顔矯正をしている時には小顔矯正に入る前に鏡で見て顔を覚えてもらうことをしながら小顔矯正に入っていきますが鏡で見るのは何を見るのかと言うと顔の大きさや輪郭やむくみ度合いや 左右差などです。
小顔矯正に入る前に自分の顔の大きさや形や浮腫度合いや左右差などを覚えておかないと顔が小さくなってもわからないということがありますし当院の院内のスタッフがメジャーや計測する機械で測ったりすることはしていませんのでご自分で顔を確認してもらいます。

自分で顔を触ること

自分で顔が小さくなったのを確認してもらうことをしていますので確認するためには矯正に入る前の顔を触って覚えておかないといけませんし、鏡で見たりすることをしなければ小さくなったのが分かりません。
ということで、当院では院内のスタッフが計測したり機械を使ったりすることはありませんので自分で、まずは鏡で見て顔の大きさや形や輪郭やむくみ度合いを覚えるようにしてください。
小顔矯正と疲れやストレスと鏡で見る
鏡で見て自分の顔の形や浮腫度合い、左右差などを覚えたら次には自分の両方の手のひらを顔に当てて大きさを手だけで判断してもらいますが、気だけで触るということは、大変、簡単なようで簡単ではありませんので簡単に触ってしまうと分からないということがありますので、小顔矯正をして行く時には10 CM 20 CM の30 CM も顔が小さくなることはありませんので小顔矯正で、顔が小さくなるのは1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで変わってきますが、1 CM 変わってもわかるようにして触らないと小さくなってもクエスチョンマークがつくような状況になってしまいますのでしっかりと触ることをお願いしています。
小顔矯正と疲れやストレスと顔を触る

顔が小さくなるのは

小顔矯正で顔を小さくしていくときに、 顔を触ってもらいますが、ただ顔に手を当てただけではわかりませんして、おいただけではわかりませんので左右さを感じ取るようにしてもらっていますが、顔には左右が対称ではなく非対称ですから違いがあるということなんです。
顔が非対称と言うと同じではないということですから中心部を境にしても右側と左側の形が違うということなんで形が違うのを意識しながら触ってもらうことをしています。
小顔矯正と言っても顔を小さくすればいいというわけではなく 体の方も整えていかないと持続力や維持する力は全然ないと思っていますし体を治していくことを優先して整えないと効果が上がりにくいという方までいます。

持続性と維持する力

小顔矯正をしていく時にはあるものが深く関係していますのであるものというのは疲れやストレスと眠りに関係する問題です。
今まで多くの方はお顔を小さくすることをしてきましたが全員と言っていいほど疲れやストレスが多く止まっていてむくみや脂肪になっている場合がありまた自分でも気が付いていないで眠りが浅い形が多くなっていますので眠りが浅いと顔が小さくなった状態が維持できるわけはありません。
小顔矯正をすると