小顔矯正をするなら

顔を小さくしていく小顔矯正をしていますが当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正なんですがどうやったら顔を小さくすることができるのかということを考えるようにしていますので初回から変わる小顔矯正で人気があります。
小顔矯正とは

小顔矯正とは

顔を小さくしていく小顔矯正をして行く時にはマッサージをするような感覚だと思ってもらえば一番、近いので分かりやすいと思いますが実際にマッサージをしているわけではありませんしマッサージをして顔が小さくなることはないと院長も思っています。
しかし他の方が小顔矯正をしている院長を見てもマッサージをしているようにしか見えないためにマッサージをしているような感じで顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなっていくという特殊な小顔矯正をしています。

ボキボキしない矯正

ボキボキもしないし痛くもないし電気や機械を使うこともなくての技術力だけで顔を小さくしていくことができます。
実際に小顔矯正をして行く時には顔を揉むようにしてしていますので本当にそういう風な矯正法で顔を小さくすることができています。
当院では小顔矯正をしている時には顔を触って覚えてもらうことをしていますので比べてもらうことができるため実際に本当に顔が小さくなったのかということが分かるようにしていますので院内のスタッフが顔を測ったり機械で計測したりすることはありませんのでご自分の両方の手のひらで顔にあててわかるようにしています。
つまり自分の手で顔が小さくなったのが分かるように変えているということなんですが実際に顔を触るということは大変難しく簡単なことではありませんのでただ手を当てただけでは顔が小さくなったのがわからないということもありますので触り方を練習してもらいます。
小顔矯正とはわかるように

顔が小さくなるのは

小顔矯正をして行く時には顔が1 CM も2 CM も3 CM も変わっていきますが大きく変わることはありませんので1 CM 変わってもわかるように触っておいて欲しいんですが、触り方は簡単なんですが感じようとしないと分かりません。
10人に一人か二人ぐらいは分からないという方がいますが触り方が甘く手を置いているだけにしかすぎない方は分かりませんので大きさを感じようとして触るということが、一番、大切になりますが、鏡で見たり自分の手で触る練習をしてもらうようにしていますのでできるだけわかるように変えていきたいと思っています。
小顔矯正の触り方は両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるだけです。
単純に触り方は手のひらや指を浮かないようにして触って位置を決めて触るだけなんですがただ格好だけして顔をに手を当てても分かりませんので感じようとしないと分かりませんので左右差を感じ取るようにしてもらっています。

顔の左右差

誰でも同じなんですが顔というのは左右が同じではありませんので左右に違いが存在していますので左右の違いを分かってもらうようにして集中力を高めてもらうことをしています。
集中力を高めることが左右さを感じ取ることになりますので左右さを感じ取って分かってもらうことをして小顔矯正をした後に、もう一度、触ってもらって変化を確認してもらっています。
小顔矯正の触り方
当院の院長も顔が小さくなったのが分かるようにしていますが簡単な方法であるために簡単だと思って触ったかたほど触れていない場合があります。
初回は顔だけ触って小さくすることに専念していきますので必ず全員のことが今までは顔が小さくなっていますが維持できるか持続性があるかと言われると体も整えていかないと維持する力や持続性はないと思っています。
小顔矯正をして行く時に一番関係するのは体調や体力です。
体調や体力というのはどれだけ疲れやストレスが溜まっているのかということが問題になるわけですけど疲れやストレスが溜まれば溜まるほど調子を落としていき体調や体力を落としていきますので体調や体力が落ちたかたほど骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタ状態になってるかと思いますのでガタガタ状態になっていたり歪みやズレがあると維持する力がないのは当然だと思っています。

小顔矯正と体調

小顔矯正をしていく時に体調が落ちていたり体力を落としていたりすると立った瞬間に崩れていくかと思いますのでむくみや脂肪が多くなっていくということが起きてしまいますのでむくみや脂肪が多くなる原因は疲れやストレスの蓄積であるということなんですが疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や運動することや仕事をすることや不眠症や眠りが浅い睡眠負債状態でも多くなっていきますので体調がどんどん落ちていっても眠りが浅いことが原因で脳が弱ってしまうと体調が落ちていることさえ分かっていないという方もいます。
体調を落とせば落とすほど疲れやストレスを溜めてしまえば溜めてしまうほど体は歪みや開きが大きたり背骨がずれたりしていきますのでそれらを本当は感じなければいけませんが、大脳が弱ってしまっていると痛みやコリに鈍感になりました状態になっていきますので今まで小顔矯正を訪れてきた方に全員に「体調はどうですか」とか「調子は悪くないですか」とか聞くと全員の方が「調子は悪くありません」とか「体調はいいです」と簡単に答えてしまっていますが検査をしてみると逆のことがわかります。

調子の良さと小顔矯正

調子の悪さと小顔矯正

逆のことというのは骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあるわけです。そしてさらに背骨のズレが起きてただ方状態になっているということですからガタガタ状態になっていれば内臓疲労が多くあるから背骨がずれてガタガタ状態になっていて、さらに、ゆがんだだけではなく椎間板ヘルニアも起きているという方まで多くいます。
疲れやストレスというのは弱い部分に溜まっていく傾向がありますので弱い部分で背骨のズレが起きて行きますので内臓に全て関係しているということなんですが内蔵と言っても病気と言ってるわけではありませんので何でもかんでも 内臓と聞くと病気というのを関係付けるのはやめてください。
人の体が生活したり動いたり運動したり歩いたりショッピングをしたりすることで生み出されていく疲れやストレスというのは弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分がホルモン系であればむくみやすく脂肪が多くなったりすることもありますし身体全体のリンパの働きを悪くなり老廃物が多く蓄積していくということでむくみも脂肪も多くなっていきます。
体調が落ちているから体にもむくみが脂肪が多くなりますし、顔にもむくみや脂肪が多くなっていきます。
小顔矯正の触り方

体調の状態

体調がいいのにむくみや脂肪が多くなることはありませんので顔にも体にもむくみがあるということはそれだけ体調としているということの証拠になります。
また体調を落として行くと骨盤の歪みや骨盤の開きが起きていきますし、背骨がズレてしまいますが痛みやコリになってしまうのかと言うとそういうわけではありませんので体調落とせば、必ず骨盤の歪みや開きが起きていますし背骨がズレてガタガタになっています。
しかし大脳が弱っていると痛みやコリとして感じ取ることもできませんし疲れているとかだるいとかいうのも感じ取れない場合もあります。
最近は多くの方が不眠症というよりも睡眠負債状態になっている場合が多くありますので睡眠負債というのは夜寝ようとすると目が覚めることがなく朝を迎えてしまうために寝ながら考え事をしている時間が圧倒的に長くなっていることさえ気がついていない場合が多くあるかな体調が異常と思えるほど落ちてしまっています。

 

 

TOPへ