小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正

小顔矯正をしていくなら初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正をしているボキボキもしないし痛くもない小顔矯正で人気です。
小顔矯正をしていくときには希望されて訪れた方、全員の方にしてもらうことがあります。
小顔矯正をするためには自分で顔が小さくなったということが分からなければ意味はありませんので顔と言っても小顔矯正をしている時には10 CM 20 CM は30 CM も顔が小さくなることはありませんので一センチだったり2センチだったり3 CM だったりという感じで顔が小さくなっていきますので叩い一cm 小さくなっても分かるように触っておいて欲しいんですが大変、難しいことですから簡単な方法ではありません。
小顔矯正とは

顔を小さくする為には

しかし手で触って顔が小さくなったのがわかれば笑顔が違いますので手の感覚だけで顔の変化が分かるようにしています。
そのためにはまずは鏡で見て顔の輪郭を覚えてもらいますので顔の右側と左側を比べてみてください。
鏡で見て比べた時に顔というのは左右が同じではありませんので全体的に右側と左側を比べてみれば違いがわかると思います。
どういう違いがあるのかと言うと右側が全体的に大きいのに左側は一部分だけが大きいという感じでて待っています。
右側が大きいということを覚えてください。 この場合はですが。
鏡で見た大きさを覚えてもらうとよりしっかりとわかってもらいますので、まずは鏡で見て顔の大きさを比べてみてください。
鏡で見て顔の大きさを覚えたら今度は目を閉じて両方の手のひらを顔に当てて同じように感じるか確認してください。

顔を触ってわかる為には

顔を触る時の手の当て方というのは両方の手首を合わせるようにして固定しますので手首を合わせるようにしたら顎の部分に手を当ててください。
顎の部分に手を当てたら今度は手のひらと指を顔に密着させるようにして手を動かさないようにして顔を触ります。
手のひらが浮いたり指が浮いたりすると浮いたところは感じ取ることができません。
鏡で見て手が浮いていないかということを確認してみてください僕の方は密着させることが大変難しくなっています。
それほど顔を触るということは簡単なことではありませんので手を当てただけでは分かりませんし、手をおいただけでも分かりません。

小顔矯正の触り方


小顔矯正の触り方がわかったら今度は左右さを比べてみてください。
鏡で見た通りに感じるかどうかということを確認してください。
この時にも例えですが右側が全体的に大きく感じるのに左側はホホ骨の部分だけが出っ張っているという感じで比べることができます。
あとは、むくみの度合いと脂肪の多さを触って覚えてもらうことです。
小顔矯正をして行く時には顔の脂肪を減らしたりむくみは減らさなければ顔が小さくなったということがなりませんので顔のむくみも脂肪も対象にしています。

顔の浮腫み、脂肪

顔のむくみや顔の脂肪というのはひふを触ることでも分かりますし摘むようにしてもわかると思いますが摘み方は人差し指を曲げないで触ってみてください。
つまむという時には親指と人差し指の先端で触ることをつまむと言います。
指先には感覚神経が集中していますので指先で触ったほうがいいと思いますので人差し指を曲げて触るのはやめてください。
触り方がわかったら今の顔の大きさを覚えてもらいます。
必ず左右差を比べるようにして触ってください。
顔にも左右が違いがあるということがわかったら小顔矯正に入っていきますが痛くもない小顔矯正ですから顔をマッサージするような感じで小さくすることをしていますがマッサージをしている感覚でと言いましたがマッサージをしているわけではありませんしマッサージをして顔が小さくなるということはありません。
小顔矯正とは

小顔矯正に関係するもの

小顔矯正をして行く時には関係するものがあります。
小顔矯正をして行く時には一番関係するものは体に溜まってしまった疲れやストレスと睡眠負債状態の度合いです。
単純に顔を小さくすればいいというわけではありませんので小顔矯正と言っても体を変化させることになりますので変化するのは顔だけではありません。
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張などで多く生み出されていくものなんですが多く生み出されたものは体に全て蓄積していきます。

体に蓄積していくものですから顔にも頭にも溜まっていきます。

体に疲れやストレスが溜まっていくとどういうことが起きるのかという問題なんですが体に蓄積していく疲れやストレスというのは骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレが起きていきます。
体に溜まった疲れやストレスが顔に影響を与える場合もありますから体に溜まった疲れやストレスが直結して顔のむくみが脂肪を多くする場合もあります。
またさらに睡眠負債状態で眠りが浅い形は顔の近くにある大脳にも影響を与えていますので頭が大きく張っていたりすることがありますのでイライラしやすくなったり記憶障害が起きたり物忘れが多くなったりうっかりが多くなったりすることもありますので大脳が弱った方は自律神経の支配も弱っていますので内臓が暴走状態の方がいます。
睡眠負債状態と不眠症というのは違います。
不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れないのが不眠症で寿司夜中に何回も目を覚ましたりすることが不眠症になります。

また夢を見たような感じが強くあるのも不眠症です。

しかし睡眠負債というのは不眠症とは違いますので目が覚めることがありませんけど眠りが浅い状態になっています。
眠りの定義を言えば熟睡状態のことを言いますのでどれだけ熟睡ができているのかという事が問題になりますが多くの方が熟睡ができていません。

目が覚める瞬間に夢を見ていることが熟睡だと思っています

寝ながら考え事をしている時間というのは一番浅い睡眠になりますので寝ながら考え事をしてる睡眠が5時間も6時間もあるということなんです。
そして目が覚める瞬間に寝ながら考え事をしている睡眠から脱却して夢になります。
寝ながら考え事をしてる睡眠というのは一番浅い睡眠だと説明しましたので夢を見ている時間の方が寝ている感じになってしまいますので寝たと思っています。
人というのは目をつぶってスースー寝息を立てていれば寝ていると思いますが夢を見ているかもわからないのに、また寝ながら考え事をしている時間になっている場合があるということです。
人というのは目をつぶってスースー寝息を立てていたり寝言を言っているのを見ていると思っていますが寝言は全然眠れていませんし、ねながら考え事をしている時間というのがあるということなんです。
人がスースー寝息を立てているような眠りをしていても寝ているとは限りません。
眠りというのは大脳が休養とっている時だけですから。
小顔矯正とは

page top