【行橋市で小顔矯正と骨盤矯正が人気】腰痛、肩こり、頭痛、生理痛

小顔矯正で顔を小さくする

小顔矯正で顔を小さくしていくためには一番、重要になるものが二つあります。
小顔矯正をしていくときに一番重要なものであり関係するものというのは体に蓄積してしまった疲れやストレスなんです。
小顔矯正
疲れやストレスというのは毎日毎日の生活や仕事をすることや運動することや精神的な緊張することでも生み出されて多く蓄積していきますが蓄積していく多くのものは体の弱い部分に溜まっていきます。
体には弱い部分とそうでもない部分が存在していますのでそのでもない部分はあまり小顔矯正に関係がありませんが弱い部分というのは一番、関係があります。

小顔矯正とは

小顔矯正をしていくときには顔を小さくしていくわけですから顔を小さくしていくためには何をしたら小さくなるのかということを考えなければいけませんが考える前に顔には何があるのかということを考えてください。
顔というのは皮膚と皮下脂肪と筋肉と靭帯と顔面の骨しか存在していません。
確かに顔と言うと浮腫み、脂肪もあります。顔に多くなってしまったむくみや脂肪を減らすだけでも顔が小さくなりますけど、それだけでは少ししか小さくなりません。
後は筋肉を減らすことができませんし 皮膚の下にある皮下脂肪を減らすことでも少しは減ってくると思いますがあまり小さくなることはありません。

脂肪や浮腫みを減らす

もちろん皮下脂肪が大量にあれば大量にあるものを減らせば顔は小さくなると思います。
顔が小さくなるというよりも脂肪がなくなるということで小さくなるという意味になります。
しかし単純にそれだけでは少ししか顔が小さくなりません。
顔を小さくしていく小顔矯正ですから顔を小さくしていくためには毎日毎日の生活や仕事をすること屋運動することや精神的な緊張を加えられることで多くの疲れやストレスが生み出されて体に溜まっていきます。
小顔矯正とは

疲れやストレスと小顔矯正

体に溜まるということは顔にもたまるということなんですが顔に多くの疲れやストレスが溜まっていくと顔が、いつのまにか脂肪や浮腫みも多くなることはもちろんなんですが顔自体が大きくなっていきます。
人の顔というのは気がつかないで顔が大きくなっているということがありますので年齢に合わせた顔の大きさというのがありますのでまた個人差で体型や色々な物の関係で起きている顔の大きさというものはありますから正常に戻すことでも顔が小さくなっていきます。
しかし単純な作業ではありませんので一度で全て整うことはありません。
毎日毎日の生活で多くの疲れやストレスが体に溜まっていきますが体に溜まっていくということですから頭にも溜まっていきます、そして顔にも溜まっていきます。

顔にもたまる疲れやストレス

顔に多くの疲れやストレスが溜まっていくと顔がいつのまにか渋谷むくみが多くなってしまいそれ以上に顔の骨が炎症や腫れやただれ起こしている方が多くなっています。
顔に炎症で腫れ、タダレが多くなって行くと顔がいつのまにか大きくなっていきます。
顔に多くなってしまった炎症や腫れやただれと言うのは簡単には解消できるものではありませんが少しずつでも解消していくと顔が小さくなっていきますしとくに顎の部分というのは全員と言っていいほどか誰が起きていますのでただれを解消していくと脂肪やむくみが減りやすくなり骨の炎症で肥大したものが徐々に減っていくと骨が薄くなっていきますからまた大きくなったものが小さくなっていきますから顎全体が細く引き締まっていきます。
小顔矯正と睡眠負債

小顔矯正で関係するもの

そして小顔矯正をしていくときに一番、関係するものがもう一つあります。
もう一つというのは眠りです。
メモリというのは多くの方が不眠症と勘違いしている場合が多くありますので不眠症から説明すると不眠症というのは夜寝ようとすると1時間も2時間も3時間も眠れなかったり夜中に何回も目を覚ますことがあるのが不眠症です。
小顔矯正に関係する眠りというのは不眠症ではなくて睡眠負債障害です。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていないんです。

女無理というのは大脳が休養とって寝ていることだけをいいますので熟睡状態のことを言いますから例えば寝ながら考え事をしている時間が圧倒的ななくなっているんです。
えながら考え事をしてる時間というのは記憶に残ることがあまりありません。
目が覚める前に夢を見ている時間があったりすると夢の方が眠れているので寝ながら考え事をしている時間が5時間も6時間もあっても目が覚める瞬間に夢を見ていたら寝ていると勘違いするんです。
体調がどん底ので体調になってる場合が多くありますので、どん底の体調があると骨盤の歪みや骨盤の開きがめちゃくちゃ大きくあります。

体調と矯正

体調が悪いということは疲れやストレスが溜まっていますので疲れやストレスが多く貯まれば痛みになるというよりも骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが起きます。
検査をしてみると骨盤の歪みは骨盤の開き背骨がずれすぎてガタガタ状態になっていることが多くいます。
そういう状態の方ほど維持することはできませんので顔を小さくしても持続性はありませんし戻りやすく浮腫みやすく、また、すぐに戻ってしまう場合が多くありますので小顔矯正と言っても顔だけすればいいというわけではありません。
小顔矯正をしていくときには体や顔に溜まった疲れやストレスを減らすことをしなければいけませんが初回では、いろいろやりすぎるとだるくなる恐れがありますのでだるくなるわけことはできるだけ避けたいので顔だけ調整して顔を小さくすることに専念していきます。
小顔矯正と睡眠負債は

疲れやストレスの蓄積

小顔矯正をしていくときには体に溜まってしまった疲れやストレスを軽くしていくことで身体全体が引き締まっていくという効果がありますが体調を上げたり疲れやストレスを減らすということは単純に起こしたりもんだりしてもマッサージをしても減ることはありません。
それなりの技術力が必要です。
技術力がない方はいくらをしたりもんだりしてもむくみが脂肪が減ることはありませんし顔が小さくなることはないと思います。
小顔矯正をして行く時には何をしたら顔を小さくすることができるのかどうやったら維持することができるのかということを考えなければいけませんので体の状況を把握しながら体調を考えながら矯正していく必要があります。
当院では小顔矯正をして行く時には鏡で見て顔の大きさを確認してもらい、さらに手で触って顔の大きさや輪郭などを覚えてもらうことをします。

顔を触っておぼえる

二段階で顔の大きさや輪郭などを覚えてもらうようにしていますが1度目は鏡で見て目で見て確認してもらいます。
顔の何を見るのかと言うと顔の左右差を見てください。
顔というのは左右の形が違います。形というよりも左右が違うということですから例えば右側の方が全体的に輪郭が大きいのに左側はホホ骨の部分だけが出っ張っているという感じで目で見ると分かると思います。
目で見てわかったら右側が例えばですけど輪郭が全体的に大きいと思ったら手で触ってみてください。
同じように右側が大きく感じる感覚ですが、手というのは感覚神経がいい加減であれば間違った状態で判断してしまいます。
それほど手で触るということは難しいのでまずは簡単な鏡で目で見て自分の顔の大きさや形を覚えてもらうということをします。

小さくなるのがわかる

鏡で見て確認できたら顔を手に当ててもらいますが手を当てる前に手を置いただけでは分かりませんので何をすればいいのかということなんですが。
両方の手首を合わせるようにして顎の部分に当てて手のひらと指を顔に密着させるようにして触ります。
顔に密着して触った状態で手のひらや指が浮いていないかということを確認してください。
密着させるようにして触ったら左右差を感じ取るようにしてください。
先ほど鏡で見たような顔の大きさを感じます。
顔を小さくしても手の感覚神経だけで顔の大きさを測る用紙で触るということは大変難しいのでできない方ほど小さくなってもくれーしょんマークが浮いたりわからないという方もいます。
鏡で見てわかるというよりも手の感覚神経で集中して触った方が分かりやすいと思いますので自分の手のひらで触って小さくなったのがわかれば笑顔が違います。
当院では手の感覚を大切にしていますのでメジャーで測ったりすることもなくスタッフが継続することはありませんのでご自分の手の感覚だけで顔が小さくなったとかわかるようにして触ってください。
しかし簡単なことではありませ 一生懸命触って欲しいところなんですが、あまり厳しく言ってしまうのはできませんからご自分の努力に任せるようにしています。

page top