生理痛の原因

生理痛と言うのは起きる原因があるから起きているわけですからどうして成立が起きるのかということを原因を変えるが限りは薬を飲んでも薬と言うのは一時的に抑えているだけですからその時は良いかも分かりませんがまたしばらくすると次の生理のときにはまた同じことを繰り返してしまっています。
生理痛とは

生理痛とは

生理痛の方が来院すると検査をしていますが検査をして下腹部のあたりを少し触らしてもらうことをしていますが感触が全然違いますので自分でも触ってみることを触り方を教えてみると先ほど院長が触ったのと同じ感触の感じがわかると思いますので生理痛の起きている方は恥骨の上の下腹部の部分を触ってみるとぶよぶよしている感じがあると思います。
下腹部のあたりがぶよぶよしていると言う事は何かが起きていると言うことを指していますので何かの異常が感じられると言うことでぶよぶよして節を起こしていると言うことがあると思いますので自分でも触ってみるとわかると思います。
はじめに触ってもらってこういう感触だということを自分の体で感じとることをしてもらって院長が治療した後にもう一度触ってみると先ほどと違った状態の感触が感じ取れると思いますのでその分だけしっかりしていると言うことになりますはじめに触ってもらってこういう感触だと言うことを自分の体で感じ取ることをしてもらって院長が治療した後にもう一度触ってみると先ほどと違った状態の感触が感じ取れると思いますのでその分だけしっかりしていると言うことになりますから。
下腹部がぶよぶよしていると言うと下腹部には何が入っているのかと説明すると下腹部には骨盤の恥骨の骨の部分と生理痛に関係する子宮や卵巣や腹膜などが存在していますし膀胱もありますので膀胱炎を繰り返したりすることもあるでしょう。
生理痛の原因

生理痛の方は

生理痛の方は下腹部がぶよぶよしていれば骨盤が安定するわけはありませんので骨盤が歪んだり骨盤が開いたり特に下腹部の横の部分の骨盤つまり骨盤の下の頬のあたりが開きやすくなっていたり歪んだりしている事は中に入っている内臓の状態から起きていますので骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正すれば良いと言うわけではなく内臓から起きている現象が多くあります。
下腹部を抑えてみて治療していて感触が変わってくれば何かが変わっていると言うことになりますのでまずは状態を確認しながら検査をして見つけ出すことをしています。

生理痛と言うのは

生理痛は体調と体質が深く関係していますので先ほど説明した下腹部のぶよぶよ状態も体調と体質が深く関係している起きている現象です。
生理が来ても生理痛がひどくなる時もあれば軽くなる時もありますので、この差というのは体調が深く関係しています。
いつもいつも生理が来ると生理痛に悩まされていると言う方もいますが多くの場合差が生じていると思いますので、この左の表示形の違いと言うのはその時の疲れやストレスの蓄積度合いで体調を落としているかそうではないかと言う違いになります。

体調を落とすと

体調が落ちて疲れやストレスが溜まってくると余計に下腹部の部分がぶよぶよしたりすることもありますし、骨盤の歪みや骨盤の開きが起きたりすることもあるでしょうし腰椎の骨盤の一つ上の骨や3番目の骨が不安定になってしまいますので、腰が痛いと言うことも起きるでしょうし体調が悪ければ吐き気やイライラしたり体が重くなったりするのは、当たり前の現象です。

体質と言うのは

親からもらった遺伝が関係していますので遺伝的に膀胱や子宮、卵巣やホルモン系が弱い方が生理を迎えると、体質的な進行状況に応じて弱さを表していきます。
生理痛が起きてしまうのは体調と体質に関係がありますので体調上げて整えていろいろな問題を解消することができたら、体質的な弱さのアルバムを変える矯正をすることができますので体質的な弱さを変える治療のことを体質改善と言っています。
体質的なものが悪くなっていくと、不妊症になったり生理不順や生理痛が起きていくということが起きるのは当然ですから体質から帰ることが1番だと思いますので薬と言うのは、あくまでも一時的に抑えているだけですし痛み止めにしかなっていません。
生理痛の薬