小顔矯正の顔の触り方

ようこそ、行橋市・京都郡苅田町からも多く方が来院している30年の経験があるカイロプラクティック徳力整体院。
小顔矯正をして行くときには、顔が小さくなっていくのが自分でわからなければいけません。
その為、当院では一番、簡単で難しい触り方を教えています。
触り方はシンプルですが、簡単だと思って触るとわからない方もいます。
一番、大事なのは、わかろうとする事であり、感じようとすることです。

小顔矯正の触り方

下の写真の女性のように触るだけです。
小顔矯正
しかし、ただ顔に手を当てただけでは、わかる方と、わからない方がいます。そこで当院では院内に鏡を設置していますから、まずは鏡で見て下さい。
見るポイントは顔の大きさです。
小顔矯正と鏡
鏡に自分の顔を写して顔の大きさをおぼえる事ですが、ただ鏡に映った顔を見てもダメです。ですから顔の左右差を比べて下さい。顔には左右に違いがあります。
例えば顔の右側が全体的に大きいとか、左側の一部が出っ張っているとか。

顔を鏡で見ることが出来たら

鏡で自分の顔の左右差をおぼえる事が出来たら、次は、目を閉じても良いですが、手で顔を触ります。触り方は上の写真の女性を参考にして下さい。
触り方は、
①手首の部分に両方の手首を合わせます。
②手のヒラと指を顔に密着させます。
③顔の左右差を感じようとします。
小顔矯正の触り方

小顔矯正したあと、もう一度、触って比べます

当院の小顔矯正は比べる事ができます。しかも院内のスタッフではなく自分で比べる事ができます。院内のスタッフがメジャーで計測しても位置が違ったり、ゆるく計測したり、きつく計測したりする事もありますから、自分で判断するのが一番です。
自分で判断できるように顔を触っておかないと、わかりません。

 

以前の方にいましたが、小顔矯正したあと、手では顔を小さくなったのが、わからないのに、鏡では小さくなったのが目でわかると言う方がいました。
目で見た鏡でも、自分の手でも顔が小さくなったのが、わかるようにしていますので、しっかりと説明を聞いて下さい。
一番は、自分の顔の左右差を感じようとすることと、わかろうとすることです。
小顔矯正と言っても10 CM も20 CM も顔が小さくなることはありませんので顔を小さくしていくのは、1 CM だったり2 CM だったり3 CM だったりという感じで小さくなっていきます。
小顔矯正

 

 

 

 

TOPへ