ブログ一覧

腰痛

腰痛

腰痛を楽にしていきます。

つらい腰痛を楽にしていくなら病院の治療や整骨院の施術も良いかも知れませんが、根本的には腰痛は歪みから起きていますから、歪みを矯正することができる専門家である当院は歪みを矯正することで解消していきます。

腰痛が起きた時には、湿布を貼ったりしても軽く感じることもあります。

腰痛が起きた時には、マッサージしても楽になることもあります。

腰痛が起きた時には、低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。

腰痛が起きた時には、針をしても楽になることもあります。

腰痛が起きた時には、お灸をしても楽になることもあります。

腰痛が起きた時には、サプリメントを飲んでも楽になることもあります。

腰痛には腰痛を楽にしていく色々な施術がありますが、腰痛と言うと歪みから起きているのに歪みを改善することなく、痛みをだけを改善する施術が多くあります。

原因は関係なく痛みを中心に施術していくのが対症療法といいます。

腰痛を楽にする対症療法は痛みが、どこから起きているのか、と言う事は関係なく施術しています。

腰痛を楽にする対症療法は痛みの原因は関係ありません。

腰痛を楽にする対症療法は、骨盤の歪みは残ったままになっています。

腰痛を楽にしていく施術と腰痛を直す施術は違いがあります。

腰痛を楽にしていく施術

腰痛を楽にしていく施術は色々あります。

腰痛を楽にしていく施術は、

病院に行って腰痛がある部分に注射を打ったりしても痛み止めの注射です。どうして腰痛が起きているのか、理由がありますから、ただ痛み止めを打つと言う行為は簡単で良いですが、腰痛がどうして起きるのか、どこから起きるのか、を見つけないと根本的には腰痛は治りません。

病院でするレントゲンは、主には骨折、骨のヒビ、肺の中の水、などを見つけることをしています。

病院という所は病気の検査や骨の骨折やヒビを検査する所です。腰痛は病名ですが病気ではありません。

多くの場合、ギックリ腰は急性状態を過ぎると痛みが緩和していきます。ギックリ腰は骨盤の歪みが最大になった時に起きています。

骨盤の歪みが最大になっても、普通は切っ掛けがないと痛みにはなりません。

骨盤の歪みが最大になった時に、何かをしたら腰が痛くなります。

骨盤の歪みが最大の時に、ゴルフのスィングをしただけで体を支えることができないと急激に腰に痛みが起きてギックリ腰になります。

骨盤の歪みが最大の時に、テニスをしてラケットを素振りしただけで体の保持ができないと腰が痛くなります。

骨盤の歪みが最大の時に、野球をしてもバットを振ったりすることでバランスが崩れて腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪みが最大の時に、掃除をしても前かがみの姿勢が保持できないと腰がいたくなり腰痛になります。

骨盤の歪みが最大の時に、洗濯ものを干そうとして何回も洗濯物を取る動作が腰に負担になって腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪みが最大の時に、長時間、車の運転で座っているだけで腰が痛くなって腰痛になります。

骨盤の歪みが最大の時に、靴下を履こうとして前かがみになると腰が痛くなります。

骨盤の歪みが最大の時に、ストッキングを履こうとしても前かがみの姿勢が体に負担をかけますから、腰痛になります。

骨盤の歪みが最大の時に、重い荷物をもっていると腰がダンダンと痛くなります。

骨盤の歪みが最大の時に、荷物を持とうとして腰が痛くなります。

これが腰が痛くなる切っ掛けです。

切っ掛けは切っ掛けであって原因ではありません。

ギックリ腰は強い痛みで起こりますが関節が大きい為ですが、ギックリ腰は腰のネンザです。

捻挫は急性状態を抜けると痛みは治まりますが、どうしてギックリ腰を起こしたのか、と理由があります。

体の状態が良くないからギックリ腰を起こして休養をしろと言う事を体は言っています。

これを簡単に考えていると大変なことになります。痛みと言うのは体が病気以外で起こしている警報です。

腰痛を起こす原因は骨盤の歪みです。

腰痛を起こしている原因は骨盤の歪みですが、骨盤の歪みも原因があって歪みを起こしています。

骨盤に歪みをもたらすのは体に蓄積していくものが原因です。この原因は多く蓄積していきますが、簡単に減ることはありません。

この体にたまるものとは疲れやストレスです。

毎日の生活で疲れやストレスは多くなります。

毎日の仕事で疲れやストレスは多くなります。

精神的なプレッシャーで疲れやストレスは多くなります。

そのたまった疲れやストレスを唯一減らすことができるのが眠りです。

この眠りが出来ていない方が増えています。自分はダイジョブと思った方ほど眠れていません。

眠り

最近は現代病のような感じで眠りが出来ていません。

寝ていても眠りが浅く、昔のような感じではなくなってきました。

昔の不眠症は寝つきが悪い、寝ようとしても眠れない、夜中に目が覚める、夢ばかり見るなどでしたが、最近は不眠症が違います。

今の不眠症は夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っていることです。

夢も見ない眠りが浅い睡眠があります、睡眠と言うからには寝ています。寝ていますが眠れていません。

寝ているということと、眠る、また、眠りとは違います。

脳から寝ることができるのは眠りです。

体が寝ていても脳が緊張したり興奮状態では寝ているとは言えません。

脳が緊張が強くなると寝る時に寝ながら考え事をしている睡眠になります。これは妄想の睡眠です。

つまり妄想しながら寝ていると言う事ですが寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れるので夢ほど記憶に残りません。

夢は記憶にありますが寝ながら考え事をしている睡眠は忘れます。そのため寝ていると思っています。

これが一番ダメな浅い睡眠です。

この睡眠をしている方は骨盤の歪みが大きくなりやすくなります。

腰に痛みがない時でも骨盤の歪みは大きいようです。

骨盤の歪みがあると骨盤の骨だけの問題では済みません。

中にある内臓にも影響します。病気ではありませんが。

 

行橋市腰痛を楽にしていくなら徳力整体院。

当院では「行橋市 腰痛」、「行橋 腰痛」、「腰痛 行橋」、「腰痛 行橋市」などの検索でも人気があります。

2018年01月20日

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正で小尻になる矯正

当院の骨盤矯正は初めから骨盤が小さくなることで人気がありますが、骨盤が小さくなったからと言って安心はしていられません。

それには理由がありますが、どんなに良い骨盤矯正をしても体の状態が良くないとダメなんです。

しかし骨盤矯正で骨盤が小さくなると言うことをしないと骨盤矯正とは言えませんから初回から骨盤を小さくしていく事をしています。

骨盤矯正をする時の骨盤は土台ですから、土台が歪んだりしていると体が歪みを起こしています。

しかしいくら土台を整えて行っても、土台だけで歪みが起きることはありません。本当は別の原因があります。この別の原因の為、土台である骨盤が歪みを起こしています。

何も原因がなくて骨盤が歪んだりすることはありません。

姿勢で骨盤が歪んだりすることはありません。

骨盤が歪みを起こすものがあるから骨盤が歪みを起こしています。

骨盤矯正をする時に一番、関係するのは骨盤の歪みです。骨盤が歪みを起こしていると骨盤が大きくなります。

骨盤が大きくなると骨盤周辺に脂肪や浮腫みが多くなります。

骨盤の歪みが起きていれば代謝も悪くなります。

骨盤の歪みがあればリンパの流れも悪く老廃物が多く蓄積していきます。代謝も悪くなるし循環も悪くなり足に浮腫みが起きやすくなります。

骨盤の歪みが起きている方が多くいますから、色々な痛みやコリがなくても生理痛や生理不順で起きている方もいますし便秘、軟便でも起きることもありますし膀胱炎、尿漏れでも起こります。

骨盤矯正で行う矯正は多くの症状の改善にもなる可能性があります。

骨盤矯正とは

多くの方が骨盤矯正を希望してきますが、ほとんどの方が骨盤矯正の意味も分かっていなくて骨盤矯正にきています。

骨盤矯正と言うのは骨盤周辺の脂肪や浮腫みを減らすことでも骨盤が小さくなりますが、骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくしていく事ですから、骨盤と言うのは骨です。骨を小さくすることが骨盤矯正です。

骨盤矯正で骨が小さくなるのか、疑問があります。無理な骨盤矯正をしていると、余計に歪みが起きたり生理痛がひどくなったり、生理不順になったりします。骨盤を矯正する時には中にある内臓も深く関係してしまします。

骨盤矯正をするつもりでも、やり方においては骨盤が歪んだりすることもあります。

ただ押さえつけたりすることでは骨盤は正常になりません。

当院では骨盤矯正をして行くときには、検査する事をしています。

多くの方の骨盤を検査する事をしてきましたが、ほとんどの方に骨盤の異常があります。骨盤の異常と言うのは歪み、開きです。

骨盤の歪みや開きがあると骨盤が大きくなります。

これを整えると骨盤が小さくなって小尻になることができます。

しかし最近の方の骨盤矯正は本人がきがついてない状態で体調がすごく悪い方が多くいます。

体調が悪いと当然、骨盤の歪みや開きが起こります。

体調が悪いとリンパの流れの悪く老廃物が多くなります。

しかし最近はそれ以上に変なことが多くなっています。

この変なこととは脂肪や筋肉、骨盤の骨が炎症やハレが起きている方が多くなっています。

骨盤矯正をしていく時に骨盤矯正する前に骨盤を触ってもらいます。

骨盤矯正をしていく時に骨盤の横を触ってというと触れない方が多くいます。

骨盤の横がわからない方がいますから、骨盤矯正をしていく時の骨盤の幅を触っておぼえておかないとわかりませんよね。

下の写真にあるように骨盤矯正をするときに触る場所は骨盤の横です。

骨盤の横とは、股関節の上の部分です。

院長が骨盤矯正に入る前に骨盤の横を触っておぼえて起きて下さい。

骨盤矯正したあとと比べることができますから。

骨盤矯正とは

 

 

当院では行橋市で骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

当院では「行橋市 骨盤矯正」と「行橋 骨盤矯正」や「骨盤矯正 行橋市」と「骨盤矯正 行橋」などの検索でも人気があります。

2018年01月19日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市で小顔矯正をするなら近隣の徳力整体院をお勧めします。当院の顔が小さくなる矯正はボキボキしない痛くない矯正で人気があります。
小顔矯正

小顔矯正で顔が小さくなる

当院では初めから顔が小さくなる小顔矯正をしています。初回から顔が小さくなるので人気があります。しかも、ボキボキしない痛くない小顔矯正ですから安心です。

小顔矯正というのは、ただ顔を小さくしていけば良いと言う訳ではありません。

顔を小さくすれば良いという訳ではなく体も整えて行かないと一番は持続時間があり栓。

最近は多くの方が小顔矯正に訪れていますが、自分でも感じないくらい、わかっていないくらい体調や調子を落としています。

体調や調子が悪くなると浮腫みやすく、脂肪が多くなりますし、猫背にもなります。

しかし体調や調子と言うのは、自分で感じるものですが、あることが起きていると感じません。

このあることとは、脳疲労です。最近は多くの方が小顔矯正に訪れますが全員に脳疲労があります。

脳疲労も段階がありますから、段階と言うか、程度があります。

体に起きるあることと言うのは、疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスと言うのはたまれば多くため込むことができますが、疲れやストレスが多くなればなるほど体も防衛的に歪みやズレを起こして、自分に痛みやコリとして諸症状を感じさせようとします。

これが感じにくくなっている方が多くいます。せっかく、体が補正的に歪みやズレをおこしてくれます。

この歪みやズレが信号として痛みやコリになります。なのに信号が届かない、感じない方が増えています。

本当は体調から上げたりすることの方が優先するべき人がいますので、ここせ説明させてもらいました。

小顔矯正をする時には

小顔矯正の説明に戻します。当院では小顔矯正をする時には小顔矯正をする前に顔を触っておぼえてもらいます。

これは小顔矯正をしたあとを比べられるようにです。

当院の小顔矯正は自分で顔の変化を比べることができます。

小顔矯正をしていく時には、初めから顔が小さくなります。初回から顔が小さくなりますので小顔矯正に入り前に何となくではなく、しっかりを顔を触っておぼえて下さい。

その顔を触る時に、一番、おぼえやすい触り方があります。

その触り方も指導して教えますから、その通りに触っておぼえるようにして下さい。

しっかり触っておぼえていると顔が小さくなったのが、わかります。

いい加減に触るとわかりません。

小顔矯正する時の顔の触り方は

小顔矯正をしていく時の顔の触り方はアゴの下で両方の手のヒラを合わせます。合わせたら手のヒラを意識して顔に密着させます。次に指を顔に密着させて顔の左右差を感じます。

ここで一番、大事なのは、手のヒラを顔に見っけているか、どうかと左右差を感じると言う事です。

上の写真のように顔を触ります。

ただ、触るとわからない方がいますから、手のヒラや指が浮いていないか鏡で見て下さい。そして顔の左右差を感じます。

この左右差を感じようと集中すると手だけではなく脳の感覚神経を動員できます。これが一番、大事です。

手だけで簡単に触った方は大きく顔が小さくなっても、何となくしかわかりません。

小顔矯正をしていく時に、何となくでは笑顔が違います。

しっかりと顔の変化がわかることが一番だと思います。その時の顔が違うからです。

小顔矯正の方法は

小顔矯正の方法は、本当に痛くもない怖くもない小顔矯正です。

と言うのも顔を無理やり押さえつけたりしないで顔を小さくしていく事をしています。

当院では小顔矯正をして行くときには、顔をマッサージするようにもんで顔を小さくしていくから安全です。

しかし顔のマッサージではありません。

マッサージして顔が小さくなることはありません。

本当にマッサージをするように顔を揉むような感覚で顔が小さくなります。

小顔矯正をして行くときには入る前に顔の大きさをおぼえてもらうようにしていますから、変わらなければ、自分でわかると思いますから。

当院では顔の脂肪や浮腫みも同時に減らしていく事をしています。

ですから当院ではマッサージ感覚で小顔矯正をしています、しかしマッサージではありません。

マッサージではない証拠に、顔の変化を自分で確認することができます。

小顔矯正をして行くときに

小顔矯正をして行くときに検査する事をしているのが当院の特徴です。検査してみると色々なことが見えてきます。

最近は多くの方が炎症やハレがあります。普通では起こりませんが、顔に炎症やハレがあります。

この顔の炎症やハレがあると浮腫みやすく、脂肪が多くなったり、顔が大きくなります。

この炎症やハレも起きる原因があるから起きています。何も原因がないのに炎症やハレが起きることはありません。

何かの原因があるから顔に炎症やハレがある方が多くいます。

 

行橋市で顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院では「行橋市 小顔矯正」や「行橋 小顔矯正」と「小顔矯正 行橋市」と「小顔矯正 行橋」でも人気があります。

2018年01月19日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市で肩こりを改善と解消をするなら行橋からも多くの方が訪れているカイロプラクティック徳力整体院は原因から改善しています。
肩こりには

肩こりを楽にしていく為

肩こりと言うのは筋肉のコリの事ですが、コリと言うのは抽象的な言葉です。

コリと言うのをイメージする時や考える時には、意味不明な言葉です。

肩こりを説明する時に、コリと言うのを、どう表現すればいいのか、迷います。

肩こりを起こす筋肉のコリと言うのは、筋肉の緊張の事です。筋肉の緊張というのは筋肉が硬くなると言う事です。

筋肉が固くなると循環が悪くなります。

筋肉が固くなるとリンパの流れが悪くなって停滞して老廃物が多くたまります。

筋肉が固くなると血行も悪くなります。

筋肉が固くなると神経の流れも阻害されます。

肩こりで筋肉のコリが起きると、多くの症状が同時に起きています。

肩こりを起こすときの筋肉のコリは筋肉が緊張して固くなることですが、この硬さも程度があります。

硬さも軽いものから、中程度の筋肉のコリから、重程度の筋肉のコリ、重症の筋肉のコリなど色々あります。

そして筋肉のコリも

一時的に起きている筋肉の硬さの場合もあれば、永久的に筋肉が硬いまま固定されたものまであります。

肩こりを起こす筋肉のコリが長いと普通の状態の筋肉を保つことができなくなります。つまり筋肉が変質して筋肉の質が変わってきます。

筋肉の質が変わると低周波治療器や電器をしても、その時だけほぐれますが、持続しません。つまり楽な状態が続かないと言う事です。

この筋肉の質が変わってくると、普通の治療をしても何をしても変わりません。この筋肉の質の変化があると体質改善の施術で変えていかないと変わりません。

この筋肉の質の変化のことを筋肉の老化と言いますが、筋肉が老化を始めると色々だけではなく周辺も問題も起きていきます。

筋肉の周辺の問題と言うのは筋肉だけではなく、周辺や中にある神経、血管、リンパ管などもやられていき筋肉が細くなるか、筋肉がしっかりしなくなります。

進行すると手に力が入らなくなります。握力の低下で物を持つことが大変になります。

肩こりと言っても筋肉の緊張から起きて進行していくと大変なことになります。

この時にわかることがある触り方があります。手を使う運動をしていると良く使う方の手は太くなりますが、普通は利き腕に関係なく手がしっかりしなくなりますから手を触るとブヨブヨしたり、手が細くなっています。また、固くなっていることもあります。

ここまで変化が起きていると急がなければ改善困難になります。

肩こりと言っても

肩こりといっても単純なことばかりではありません。肩こりを簡単に考えないで下さい。

最近は体調の低下から筋肉が炎症やハレを起こしている方も増えています。

肩こりを直すことなくサプリメントを飲んでいると肩こりが感じなくなっても肩こりを楽に思ってもサプリメントの栄養でわからなくしているだけです。

サプリメントを飲むことで肩こりを感じなくても肩こりの筋肉のコリはあります。肩こりを感じないだけです。筋肉のコリは栄養やサプリメントでよくなることはありませんが、感じなくすることはできます。そうすると進行して筋肉が徐々に固くなっていきます。

固くなるとコリを感じなくなる方もいますが、これは神経のマヒです。筋肉だけではなく痛みやコリを感じる神経が痛みやコリを感じなくしているだけです。

神経のマヒが起きると痛みやコリに鈍感になるか、感じなくなりますから。

痛みやコリが感じなければ肩こりを感じることができません。そうすると手の筋肉がなくなってなえていきます。握力も低下してものをつかむこともできなくなったり、手で持っているものがポロリと落ちることもあります。

いつまでも肩こりのまま筋肉が同じではありません。

肩こりといっても筋肉だけではありません。背骨の歪みからも肩こりは起こります。

背骨が歪みを起こすと筋肉は骨から骨へ、くっ付いていますから歪みを起こすことで筋肉はひっぱられていきます。

筋肉が引っ張られていくと筋肉は緊張していきますから、この筋肉の緊張が循環が悪くなることも起こり、リンパの流れも悪くなって老廃物が多く蓄積して肩こりになります。

悪化すると椎間板ヘルニアにもなります。

歪みが起きて椎間板ヘルニアになって神経圧迫が起きると手のシビレが起こります。

椎間板ヘルニアや手にシビレが起きないまでも背骨が歪みを起こしただけで肩こりになるのは確実です。

そして歪みが起きた原因があります。

この歪みが起きた原因は、体の中にあります。体の中であることが進行していくと背骨の歪みになります。何も原因がないのに、また姿勢で背骨が歪みを起こすことはありません。

何かの原因があるから背骨の歪みになります。

背骨の歪みを起こす原因は疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスというのは限界なく多くなります。疲れやストレスがたまると体は防衛的に歪みを起こしていきます。

この歪みを起こすことで体に異常を知らせています。

ですから痛みやコリ、肩こりは危険警報メールと同じです。

これを簡単に考えて対症療法ばかりしていると大変なことになります。

対症療法というのは低周波治療器や電器、マッサージ、注射を打ったり、湿布を貼ったりすることです。

肩こりには

 

行橋市で肩こりを楽にしていく為には肩こりの原因になっているものを見つけて改善することからカイロプラクティック徳力整体院。

当院では検索の「行橋市 肩こり」や「行橋 肩こり」と「肩こり 行橋市」と「肩こり 行橋」の検索キーワードでも人気があります。

2018年01月19日

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは

 

 

カイロプラクティックと言うのはボキボキしたりするイメージが強いですが、当院のカイロプラクティックは、ボキボキしていません。

当院のカイロプラクティックは低周波治療器や電器を使うことなくカイロプラクティックの技術だけで矯正していきます。

カイロプラクティックの意味は手技なので「手」の「技術」を向上させていくことで磨いて体を整えて行くことをしていきます。

カイロプラクティックと言うのは手の技術力で体を整えていくことがカイロプラクティックです。

体に何かの不調状態が起きるのは、歪みが起きている時です。

歪みがないのに痛みやコリが起きることはありません。

必ず、歪みがあるから歪みで痛みやコリになります。

しかし歪みがあるからと言って、必ず痛みやコリになるとは限りません。

歪みにも段階があります。歪みの段階が軽いのから中程度のから、歪みがひどいのから、さらに歪みがひどすぎるのか。

歪みのも段階がありますから、歪みが軽ければ痛みやコリは、感じていません。

この歪みも特別なものではなく、逆に歪みがない方はいません。程度が軽いと感じませんから。

歪みと言うのは体に付きまといます。

それは歪みが起きる原因になります。

歪みが起きる原因は、体に蓄積していくものです。

いつもいつも体に蓄積していきながら、歪みを大きくしたり、小さくしたりししています。

この体に蓄積するものとは疲れやストレスです。

体にたまる疲れやストレスは、いつも変化していますが多くなったり少なくなったりしています。

この変化で歪みの段階が違います。しかし、いざ、疲れやストレスの蓄積が大きくなると戻りにくくなります。限界を超えた痛みやコリだけが症状として感じます。

限界を超えた痛みやコリも程度があります。体の回復する力があれば3日くらいで回復しますが、回復能力のある所が力がないと長期間の痛みやコリになります。

回復する力、自然治癒能力は脳にあります。脳が元気だから回復していきます。しかし最近は脳の力が落ちている方が多くいます。

脳の力が落ちているのも原因があります。

脳の力が落ちている原因は眠りにあります。最近は多くの方が眠れていないことも分からない方が増えています。

最近の方は寝ているようで寝ていません。スースー寝息をたてていても眠りが浅いのに普段の生活しているから負担になっていますが、負担になっていることさえ気が付いていない方が多くいます。

一番、負担になる所は心臓です。心臓と言っても病気ではありませんから病院で検査を受けていても健康で異常なしだと言われていると思います。

病気になる時もゼロから100に一気になることはありません。

ある程度完成してしまわないと病院の検査は異常が出てきません。

心臓が弱っていると、時々、息苦しさ、重苦しさ、急に胸の所で一瞬、チクッと痛みがあるけど一瞬ですから忘れています。これが心臓に疲れやストレスがたまった方の症状として出てきます。

カイロプラクティックと言うのはボキボキしたりすることなく体を整えたりする技術もありますから痛くもなく怖くもなく痛みやコリの原因である歪みを矯正することができます。

カイロプラクティックで歪みを

カイロプラクティックで歪みを矯正して体を整えて行きますが、当院のカイロプラクティックの技術による歪み矯正は、マッサージみたいにして体を揉んでいるだけ?で体を整えて行くことができます。

しかしマッサージでありませんし、体を揉んでいるだけではありません。

マッサージしたってマッサージと言うのは筋肉に対してほぐすことをしているので歪みは関係ありませんから。

カイロプラクティックで扱うのは痛みやコリの原因になる歪みです。

この歪みを矯正で整えていく事をしていくのがカイロプラクティックです。

当院の院長は特殊な技術がありますから他のカイロプラクティックとは違います。

しかし院長でも難しい痛みやコリもあります。そのため、努力して技術力を向上させて磨いています。

何も歪みが起きた骨盤や背骨をボキボキしなくても整える事ができます。

しかも歪みは体に蓄積してしまったあるものが原因ですから、このあるものから減らして回復させないと戻りやすく、痛みやコリがない時でも原因は進行していきます。

体には例えば体重が100キロの方がいたとしたら70キロが水です。つまり70パーセントが水分です。ぎゅ~と体を絞れば水分が70キロ出てきます。あとに残ったのが骨と神経と血管とリンパ管と内臓しかありません。

もうお分かりですよね。

疲れやストレスがたまるのは内臓です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

体が疲れたということは内臓が疲れたと言う事を言っています。

しかし疲れがたまる内臓に違いがあります。体の内臓でも弱さが違います。弱い内臓ほど多くの疲れやストレスがたまりやすくなっています。

体の疲れやストレスは弱い内臓にたまって、弱い内臓に関係した骨盤や背骨が歪みやズレを起こしていきます。

これが痛みやコリの原因です。

 

 

カイロプラクティックは

 

行橋市からも多くの方が訪れるカイロプラクティックでボキボキしない痛くないカイロプラクティックをしています。

当院では「行橋市 カイロプラクティック」や「行橋 カイロプラクティック」、「行橋 カイロプラクティック」、「カイロプラクティック 行橋市」などのキーワードで人気があります。

2018年01月18日

小顔矯正

人気がある小顔矯正をしています。

小顔矯正

当院の小顔矯正は人気があります。それは理由がありますが、初めから顔が小さくなることです。

当院の小顔矯正は30年の経験から他の小顔矯正とは違いがあります。しかも小顔矯正をしていく時に痛くない怖くない顔を無理に押さえつけたりすることなく小顔矯正をしていきます。

そして理想的な顔が小さくなる小顔矯正をしています。

顔を布やベルトで締め付ける小顔矯正やローラを転がして小顔矯正というのがあったり、顔を小さく見せるコスメとかがあったり、お化粧で顔を小さく見せる小顔矯正があったり、髪で顔を小さく見せるとかありますが、基本的に顔を小さくした方が早いと思います。

顔を小さくしていく為には

顔を小さくしていく為には顔の検査をすることをしています。

多くの方が小顔矯正を希望して訪れていますが、多くの方が小顔矯正と言うことがわかっていません。ただ、顔を小さくしたいと言う事ばかりです。

小顔矯正で顔を小さくしていくには、どうすれば顔が小さくなるのか?????

何をすれば顔が小さくなるのか???

顔を小さくしたいと思う方は多くいますが、何をすれば顔を小さくなるのか、わかっている方はいません。

どうすれば顔が小さくなるのか???

顔を小さくする小顔矯正とは、何をしているのか?

技術家ですから、秘密の部分もありますから、すべて説明できるものでありませんが。

当院では小顔矯正をしていく時には顔を検査する事をしています。

検査することで顔の問題があるか、どうかわかります。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが、全員、顔に問題があります。顔の問題と言うのは顔の作りではありませんし、顔の形でもないし、綺麗さでもかわいさでもありませんよ。

顔の異常と言う風に言った方がわかりやすいので、顔の異常とは普通とは違うと言う事です。

顔の検査

検査してみて、わかったことですが多くの方の顔を検査してみると顔に炎症やハレがあります。

検査ができないと状態を見ることもできませんから矯正は難しくなりますが、検査してみると痛みやコリなどの異常がなくても顔に炎症やハレがあるのが、わかりました。

つまりこの炎症やハレを解消することができれば顔が小さくなります。

顔に炎症やハレがあると浮腫みが多くなります。

顔に炎症やハレがあると脂肪が多くなります。

顔に炎症やハレができると、皮膚が垂れ下がります。

顔に炎症やハレができると、筋肉も炎症やハレが起きています。

顔に炎症やハレができると、顔の骨まで炎症やハレが起きています。

この炎症やハレを改善する技術力があれば顔を小さくしていく事ができます。

今まで多くの方の顔を小顔矯正してきましたが、ほんとうに全員が顔に炎症やハレがあります。

この炎症やハレが起きるのも原因があります。

顔の炎症やハレが起きるのは普段の生活で炎症やハレが起きていきます。

炎症やハレが起きるのは疲れやストレスの蓄積で起きていきますから、普段生活している時も多くなるし、仕事でも多くなります。

疲れやストレスがない方はいません。

疲れやストレスが生きている限りあります。

疲れやストレスがわからない方はいます。

生活することでも多くなる疲れやストレス。

仕事でも多くなる疲れやストレス。

この疲れやストレスの蓄積が多くなっていきます。疲れやストレスの蓄積は限界がありません。ここまでしか、たまらないと言う事はありません。

疲れやストレスが多くなっていくと筋肉、内臓、脳までたまっていきます。脳までたまると脳疲労が起きて脳がマヒ感が出てきます。

脳がマヒしてくると痛みやコリを感じません。

痛みやコリに鈍感になります。風邪も引けません。

疲れやストレスがたまっていると言うことも分からなくなります。

疲れやストレスの蓄積が中枢神経にたまっていくと眠りが寝ているようで寝ていません。

夜に寝ていてもスースー寝息を立てていても脳は緊張が強く興奮状態ですから脳波暴走して寝ながら考え事をしている睡眠になります。

夢を見るのは、目が覚める時だけです。目が覚める時に数秒間、夢を見ます。記憶に残るのは夢しか残りません。

寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に記憶から消されます。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債になります。

寝ながら考え事をしている睡眠が多いと記憶の問題が大きくなって、物忘れ、うっかりが大きくなったりします。

寝ながら考え事をしている睡眠をして寝ている方は、体調が悪く、悪いと言うことも分からない方がいます。

体調が悪いから顔に炎症やハレが起こります。

自覚がなくても体調が良い方は今までは一人もいませんでした。

自分で体調が良いと思ってきました、と言う方はいましたが、検査してみると骨盤の歪みがひどくて、背骨のズレも大きく椎間板ヘルニアまであるのに、それも分からなくなっていました。説明しても分かってもらうことができませんでしたので、1回きりでしたが。

自分の体は予備はありません。体は一つしかありません。小顔矯正でも、最近は非常に寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が増えています。

風邪の細菌が多く入っていても風邪は引きません。脳が弱っていると体内には風邪の細菌が多くなりますが、熱を上げるのは細菌で上げている訳ではありません。

脳の力で細菌を減らすために熱を上げていきます。

脳の力がないと細菌は増えるばかりです。

熱、セキ、くしゃみ、などは自分で悪いものを減らそうとしています。

この状態から根け出すには1回では無理があります。

 

 

 

 

行橋市で評判の良い小顔矯正をしています。

2018年01月17日

肩こり

肩こりを楽にして行くには

肩こり

 

 

肩こりを楽にして行くには筋肉のコリから解消していく事から始めて行きます。

肩こりを楽にするなら、何といっても筋肉のコリが肩こりなので筋肉のコリから改善することをしていきます。

肩こりと言うのは、筋肉のコリと言いますが、筋肉のコリと言うのは、どういう状態でしょう。

筋肉がコリを起こす時には筋肉の緊張が起きている時です。筋肉が緊張することが肩こりなので筋肉が緊張するとリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまっていきます。

筋肉の緊張がリンパの流れを悪くして老廃物が多くなって循環が悪くなり血流にも影響していきます。

いつも、いつも使うことが多い肩ですから、いつの真にか筋肉に疲れやストレスが蓄積していき筋肉の疲れが筋肉を緊張させて肩こりになります。

肩の筋肉を疲れさせる原因は色々ありますが、

肩の筋肉を疲れさせて疲労をためてしまう原因は特別なことではなく、いつもしていることが原因で積み重なりで筋肉疲労していきます。

生活上でしていることが原因ですが、している時にはわかっていません。

例えば、スマホを扱う事にも原因があります。携帯やスマホを操作すると肩や腕に力が入っています。この力が入ることが筋肉疲労になります。

何気にしていることが筋肉疲労を起こしていますが、それに気が付いてないことがあります。

1回や数回では筋肉に疲れやストレスがたまることがありませんが、いつも使う事をしていると筋肉も疲れやストレスをためていきます。

しかし疲れやストレスをためた筋肉が何か起こすまでわかっていません。

肩こりが起きてしまってから、慌てても遅いです。肩こりを起す前に起きないうちに軽いうちに筋肉のコリを改善しないと。

筋肉疲労は起きやすい方と、そうでもない方がいます。

肩こりを起こしやすい方は、少しの事でも起きてしまいます。

肩こりを起こしやすい方が肩こりになることを多くしていると肩こりになり、改善できないくらいになります。

携帯やスマホ以外でも、肩こりになる原因は生活に色々潜んでいます。

いつも同じ肩ばかりにバックを下げたりすることもありますが、自然と同じ肩ばかりになります。バックを持ったり下げる時には、持ちやすい方がありますから持ちやすい方にばかり持っていますので持つ方ばかりではなく、持たない方もバランスを保つために負担をしていますから持たないからと言って肩こりにならないと言う事はありません。

カバンを持つ方ばかりではありません。人の体はバランスをとっていますから、持たない方も持つ方よりも負担が小さいとは言えません。

バックや荷物を持つ方には落ちないように持っていますから力が働いています。力が働けば筋肉疲労が蓄積していきます。

ですから荷物を持たない肩、荷物をもっていない肩も肩こりになります。

また、事務仕事でデスクワークでも肩や腕を使いますからデスクワークしてキーボードや書くことをすると肩や腕に力が入りますから、力が入ると筋肉疲労が起きて肩こりになります。

運動してもストレッチをしても疲れやストレスはたまります。循環は一時的に良くなりますし、リンパの流れも良くなりますが、動かした分だけ疲れやストレスが生まれます。

運動したりすることやストレッチすることが良い訳ではありません。人は別に運動やストレッチをしなくても日常の生活で動かしています。これ以上のものは逆に疲れやストレスをためていくだけです。筋肉を鍛えることでも筋肉は変わりますが、かなりしないと維持することもできませんから、多少はした方が良いと言う程度です。

肩こりの肩が肩を動かすと弱っている筋肉に負担をかけてしまいます。

必要以上の運動は痛める事にもありますし疲れやストレスをためてしまう事になります。

運動もほどほどと言う事ですね。

極端に筋肉をきたえると肩こりがあっても感じなくなりますが、無くなった訳ではありません。

筋肉を鍛えている方が、以前は肩こりがひどくてと言う方がいますが、筋肉を鍛えることで肩こりがなくなることはなく、わからなくなります。肩こりを起こしている原因がありますから、原因は筋肉を鍛えることで改善することはありません。

何かをしたら何かが生まれます。これが多くは疲れやストレスです。

等価効果の原則という事があるように、何かをしたら、生じるものがあります。これが疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなって筋肉にたまることで肩こりになります。

疲れやストレスを簡単に考えないで下さい。

疲れやストレスというのは蓄積していると大変なことになります。

疲れやストレスというのが一番、厄介なんです。

疲れやストレスが蓄積していくと体は歪みが起こります。

歪みが起きれば筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨が歪むことで筋肉も引っ張られていきます。この歪みでも筋肉は緊張したり筋肉疲労になります。

筋肉が緊張して骨が歪みを起こすときもあれば、歪みが起きているから筋肉が引っ張れられて筋肉の緊張で肩こりになる場合があります。

肩こりと言っても色々な原因がありますから検査することで原因を見つけていく事ができます。

当院では肩こりでも検査することをして人それぞれで違う原因をみつけていきます。

 

 

行橋市で肩こりを楽にしているから多くの方が来院する徳力整体院。

当院では「行橋市 肩こり」や「肩こり 行橋市」で人気があります。

2018年01月16日

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 骨盤矯正で骨盤が小さくなる小尻になることができる矯正をしています。行橋市からも多くの方が訪れる小尻になる矯正をしています徳力整体院

骨盤矯正をしています

当院では人気がある評判の良い骨盤矯正をしています。

当院では今まで多くの方が骨盤矯正にきていますが、多くの方が骨盤矯正というのをわからなくきています。

骨盤矯正とは、骨盤を小さくしていく矯正です。骨盤とは骨盤自体の事ですから骨を小さくすることが骨盤矯正です。

骨盤矯正

上の写真の骨盤を小さくしていくのが骨盤矯正です。寛骨は腸骨、恥骨、坐骨の3つから形成されています。両方の寛骨と中央の仙骨の3つが骨盤と言います。

骨盤の下には足の股関節があります。

この骨盤を小さくしていくわけですが、骨が小さくなることはありません。

中央の仙骨と寛骨とのあいだも仙腸関節があるから歩いたり、走ったり、座ったりできますから関節を歪めたり痛めたりすることはできません。

そんなことをしていると大変なことになりますから。腰痛が起きたり、股関節が痛くなったり、膝の痛みが起きたり、生理痛がひどくなったりしていきます。

では、どうすれば骨盤が小さくなることができるのか??

どうすれば小尻になることができるのか。

何をすれば小尻になれるのか。

骨盤矯正をしていく時には

検査していくことから始めて行きます。

骨盤矯正をしていく時に、検査してみると、たまたま見つけたことですが、多くの方が骨盤の歪みや骨盤の開きがありました。

骨盤矯正をしていくうえで、最低限のことが骨盤の検査です。骨盤を検査してみると骨盤矯正を希望される方、全員が骨盤の歪みや骨盤の開きがあります。

骨盤に歪みや開きがあると骨盤周辺にも脂肪や浮腫みが起きやすくなります。股関節の出っ張りも骨盤が歪んだり開いたりすると起こります。

最近の方は、それだけでは済まなくなっています。

と言うのは普通では起きないことが起きています。

普通では起きないこととは、骨盤の骨が炎症やハレを起していると言う事です。

骨の炎症やハレ

普通では骨盤の骨が炎症やハレを起すと言うことは起こりません。

骨が炎症やハレを起すと骨が変形していきます。骨の変形があると骨盤が大きくなり脂肪が増えたり、浮腫みやすくなります。

骨が変形していくと骨が大きくなります。膨張していきます。これを自分でも確認する方法があります。

全員が分かるわけではありませんし、教えないとわからない方もいます。骨の変形を自分で見つける方法は、上向きで真っすぐに寝て骨盤のベルトの前側を触ります。

下の写真の赤い矢印の部分を触って左右を感じます。左右差があれば骨の炎症やハレがある可能性があります。

骨は多少は同じではありませんが、骨盤の歪みでも違いますが、骨の炎症やハレがあると違いが分かりやすくなります。

骨盤矯正とは
骨盤矯正をしていく時には

当院では骨盤矯正をしていく時には検査して骨盤の状態を見つけることができます。

当院の骨盤矯正は骨盤の歪みを矯正することでも小尻になることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

行橋市で骨盤が小さくなる小尻になる骨盤矯正をしています。

2018年01月16日

腰痛

腰痛を

腰痛を楽にしていく為には

腰痛を楽にしていくには、腰痛の原因になっているものから改善していく必要があります。

原因を改善していくには回数がかかりますので、その前に今ある腰の痛みを楽にしていく事をしています。

もちろん原因は関係ないから今の腰の痛みを楽にすれば良いと思う方は、腰痛が楽になれば終了です。

腰痛を楽にすることと、腰痛を直していくこととは、全然、意味が違います。

腰痛を起こす原因は、重いものを持つなどの姿勢ではありません。その姿勢をした時にあることが起きていますから、このあることが原因になります。

腰痛を起した方は姿勢が原因のように言いますが、原因は別にあります。

腰痛を起した時に、

重いものを持ち上げようとして腰が痛くなった、と言います。

庭仕事で座って雑草を取っていて、立とうとして腰が痛くて体が伸ばせない。

くしゃみをしただけで腰が痛い。

朝、起きたら腰が痛くて動きにくい。

靴下を履こうとしたら急に腰が痛くなった。

車の運転をしていると徐々に腰が痛くなる。

運動していたら腰が痛くなった。

野球でバットをスィングしていたら腰が痛くなった。

サッカーでボールを蹴ろうとしたら腰が痛くなった。

テニスでボールを追いかけている時に足が滑って腰に痛みが走った。

ランニングをしていたら腰が痛い。

色々な腰痛がありますが、これらは全て切っ掛けです。

切っ掛けをする前に、あることが起きていることが原因です。

このあることとは、

骨盤の歪み、骨盤の開き

骨盤の歪み、骨盤の開きがある時に、重いものを持つと腰痛になり腰が痛くなります。

骨盤の歪み、骨盤の開きがある時に、庭仕事で雑草を取って立とうとしたときに腰が痛くなって体が伸びなくなります。

骨盤の歪み、骨盤の開きがある時に、寝ているだけで朝、腰が痛くなります。

骨盤の歪み、骨盤の開きがある時に、くしゃみをしたら腰に痛みが走ります。

など主には腰痛の原因は、骨盤の歪み、骨盤の開きです。

骨盤の歪み、骨盤の開きがあると切っ掛けで腰に痛みが走ったり、腰痛になります。

骨盤の歪み、骨盤の開きは普段から起きています。

しかし骨盤の歪み、骨盤の開きだけでは腰の痛みは起こりません。

普段から段階、程度がある骨盤の歪み、骨盤の開きは起きていますが、起きていても痛みにはならないことが多くあります。

骨盤の歪み、骨盤の開きは生活上で生まれるものが原因で起こります。

生活したり、仕事をしたり、眠りでも多くなるものが原因です。

この原因は疲れやストレスです。

疲れやストレス

疲れやストレスは日常的に多くなっていきます。

疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスを感じていない方はいます。

疲れやストレスがあっても疲れやストレスを感じる所がマヒしている方もいます。

色々な痛みやコリが感じるのは脳で感じます。

 

 

 

 

行橋市で腰痛を骨盤の歪みから改善することをしています。

当院では「行橋市 腰痛」や「行橋 腰痛」と「腰痛 行橋」や「腰痛 行橋市」などの検索でも人気があります。

2018年01月15日

頭痛

頭痛

頭痛を楽にしていく為には

頭痛には頭痛が起きる原因が潜んでいます、頭痛薬を使うことが多くありますが、頭痛は一時的に抑えているだけです。

痛み止めを使っていると言うことが頭痛薬です。頭痛には頭痛の原因がありますから原因から見つけることをしないと頭痛を楽にすることばかりしていると原因もいつまでも同じままではありません。

原因も進行しています。しかし進行している原因は体質にも深く関係している為、簡単には治りませんし、改善できませんが、短期で頭痛を楽にすることはできます。

今起きている頭の痛みは、ほとんどが1回で楽になりますが、楽にすることと原因を治療することは違います。

普通は楽にしていくと治ったと言いますが、治っていません。

楽にしただけです。

これは薬でも治療でも同じことが言えません。

そんなに簡単に短気で頭痛の原因を直すことは誰でもできません。頭痛が一時的におさまっていても、形を違えて出てきます。

頭痛としてではなく違う形で。

それが脳梗塞や脳出血としてでる可能性が大きくなります。

可能性ですから頭痛の方、全員がなると言う訳ではなく確率が高くなると言う事です。

起さなくても、いつ起こしても良い状態になっている可能性があります。

頭痛は頭痛になる因子と原因があります。

特に原因が一番、厄介です。

頭痛と言うと肩こりから起きる頭痛、首のコリから起きる頭痛、目の使い過ぎから起きる頭痛があります。

しかし、どれも原因ではありません。

同時に起きていると言うことが多くあります。

肩こりがあって頭痛もある、目の疲れがあって頭痛もある、首のコリもあって頭痛も起きている。

しかし

頭痛は肩こりの筋肉を揉んでも楽になります。

頭痛は首のコリを解消しても楽になります。

これは頭痛が起きている所と言うのは圧力が上がっている関係で、どこかをマッサージしたり、もんだりすると圧力の上がり方で下がりやすいからです。

痛みが起きている所と言うのは、どこでも圧力が高くなっています。

圧力が高い所は緊張やピリピリしています。

この圧力を下げることを、どこかですると痛みは楽になることが多くあります。

頭痛には頭痛を起す原因がありますから、この原因から減らしていくことをしていく必要があります。

頭痛の原因を見つける

頭痛の原因を見つけていく為にも、体調から上げていくことをしないと原因を見つけることもできません。

初回や数回は原因を隠してしまって見つける事が出来ないからです。

初回や数回は色々なものがありすぎて原因をつきつめることができません。

体にも多くの疲れやストレスがたまっています。

毎日の生活で疲れやストレスはたまるばかりです。

仕事でも疲れやストレスは多くなります。

眠りが浅いと疲れやストレスは多くなります。

精神的にプレッシャーを加わると疲れやストレスが大きくなります。

運動をしてもストレッチをしても疲れやストレスは多くなります。

疲れやストレスが蓄積したら、唯一、減らすことができるのが寝ている時ですが、最近は多くの方が眠りが浅くなっています。

眠りが浅いと脳は弱ります。そうすると脳にも疲れやストレスは蓄積していきます。

脳が疲れやストレスをためてしまうと回復することができません。

脳疲労がどんどん多くなって脳疲労が拡大していきます。

これが睡眠負債にもなり、脳が疲労することで頭痛になるかたもいます。

 

 

脳の弱り

 

行橋市で頭痛と頭の痛みを楽にしていく事をしています。

2018年01月14日