ブログ

サイト管理人のブログです。色々な情報をブログでしていきますので、ぜひ色々な情報を増やしていくことをおすすしています。

ブログ一覧

整体

整体

整体とは

整体なら体の歪みを整えていく事で楽にすることができます。整体と言うのは体の歪みを矯正することができる唯一の方法が整体です。整体と言うとボキボキする施術をしているため痛いとか、怖いとか、粗々しいとか悪いイメージばかりですが、当院の整体は、そんなことはしていません。

整体と言うのは手の技術だけで体を整えていく事をしていくのが整体です。当院では昔は技術力と検査する力がなかったために低周波治療器や電器を使っていました。

低周波治療器や電器をしても刺激ですから直している訳ではありません。特に低周波治療器は痛みやコリを散らしているだけです。

痛みやコリを散らしてわからなくしているのが低周波治療器です。

マッサージチェアなども刺激して気持ち良さはありますが疲れさせているだけです。電気店に行くとマッサージチェアにかかっている方がいますが、かかっても気持ち良さはありますが直している訳ではありません。

マッサージベット、マッサージチェア、ローラーベットでは刺激です。刺激を加えることは気持ち良さはありますが、それだけです。

マッサージベット、マッサージチェア、ローラーベットは確かに刺激することでリンパの流れは良くなります。老廃物も流れていきます。循環も良くなります。

しかし、そんなことをしていたら刺激をすればするほど体は落ちていきます。体は刺激をすると反発力が生まれます。反発力で回復しようとしますが、最近の方は回復力が低下しています。ですから刺激で反発力を利用する方法では直りません。

回復力の低下

回復力の低下の原因は睡眠負債にあります。最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になっていることさえ気がついていない方もいます。

回復する力は脳にあります。大脳が弱っている方が増えているから回復力が出てくれません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りと言うのは大脳が寝ていることだけを言います。大脳が休養を取って寝ていることを眠りと言います。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

しかし睡眠負債は違います。睡眠負債は目が覚めません。睡眠負債が多くなると脳は日増しに疲れやストレスをためていきます。脳が疲れやストレスをためていくと脳細胞の数が減っていきます。年齢以上に急速に減っていきます。

始めは物忘れが多くなったり、うっかりが増えていきます。イライラしやすくなるのも特徴です。脳が弱ると痛みやコリを感じにくくなります。体調の悪さも分からなくなります。

脳が弱るとハイテンションになります。ハイテンションになると疲れ知らずで動くことができます。朝からすぐに動くことができます。運動も元気だと思うたくさん頑張れます。

しだいに目の下のクマが多くなります。浮腫みも多くなります。急激な体重の増加が起きる方もいます。これが睡眠負債と言う大変なことが起きています。

整体と疲れやストレス

普通は体に多くの疲れやストレスがたまることが原因で体は歪みやズレを起こしていきます。体に疲れやストレスがたまると歪みやズレになります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。これが疲れやストレスです。

疲れやストレスはどこにたまるのか、考えている方は少ないと思います。専門家の先生も知らない方が多くいます。

疲れやストレスは内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

疲れやストレスが内臓にたまっても病気ではありません。病院では血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしていますが、これらは病気の検査ですから病気になれば病院にいくことをして下さい。

しかし痛みやコリは病気ではありません。

しかし病気でも痛み、ハリ、重いなどの症状は起こります。病気ではコリはないと思います。

背骨のズレと内臓

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると、背骨のズレになります。背骨のズレと内臓は関係があります。

例えば肝臓に疲れやストレスがたまると背骨の8番目の骨はズレを起こしていきます。そうするとアレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾が起こりやすくなります。

例えば膵臓に疲れやストレスがたまると背骨の6番目がズレています。そうするとかゆみ、乾燥肌、下痢、アトピーなどが起こります。

例えば胃に疲れやストレスがたまると背骨の5番目がズレています。もちろん胃の症状が起きて胃の痛み、胃の持たれが起こります。

内臓に疲れやストレスがたまると背骨のズレが起きて痛みやコリになります。

背骨のズレと整体

腰痛、腰の痛みが起きるときには腎臓に疲れやストレスがたまっていくと腎臓に関係する筋肉の大腰筋、腸骨筋に影響がでて骨盤のバランスが崩れていきます。つまり骨盤が不安定になります。この時に中腰や前かがみや重いものを持ったりすると体を支えることができませんから腰痛、腰の痛みになります。

ギックリ腰は急性のネンザです。足や手首のネンザと同じです。寝違えもネンザです。足と手首のネンザは違いますがギックリ腰、寝違えは体調の悪さから起きています。

しっかりと休まないと大変なことになります。

整体とは

整体とは疲れやストレスがたまった筋肉と内臓の疲労を解消することと背骨のズレを矯正する事をしていきますが、多くの整体は背骨のズレを矯正することしかしていません。

疲れやストレスがたまりやすい所は弱い内臓に疲れやストレスがたまります。内臓も関節も弱い所とそうでもない所があります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると体の歪みやズレになります。

これを整えて行くのが整体です。

 

行橋市整体ならカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月22日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市、みやこ町、苅田などから多くの方が腰痛、腰の痛みを解消することで人気がある30年になるカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み

腰痛腰の痛みを起こすときにはあることが起きています。しかし、このあることを解消しなくても痛みは楽になりますが、あることを残したままだと慢性化しやすく長期にわかり腰痛、腰の痛みに悩まされることになります。

腰痛、腰の痛みが起きたら、初めは何をしたら良いのかと言うと冷やすことです。温めたりすると痛みと言うのは炎症が起きています。特に急性期には炎症が起きています。炎症がある時に温めると強い痛みは徐々に解消していきますが炎症には冷やすことが重要です。火があるのに油を注ぐ行為が温めると言う事です。

この冷やすことは急性期に重要なことになりますが、腰が痛みが起きる前に冷やす方が効果的ですが、多くの方が痛みが出て冷やしています。それでは遅いので腰がグギッとしたとか、その時に冷やすと痛みが出にくくなります。

痛みが出た時もしばらくは冷やします。できたら湿布よりも保冷剤を洋服の上から当てます。当てすぎると凍傷になりますから注意して下さい。これはギックリ腰の対処法ですがギックリ腰でもない方も同じです。ギックリ腰は急に起こりますが腰のネンザです。

関節が大きいし、体を支えることをしているので痛みが強くなりますが腰のネンザです。足首や手首、寝違えもネンザです。ネンザが起きる時には体調が悪く落ちています。ギックリ腰だと侮らず休養をしましょう。と言うのは体調が落ちているからです。今、無理をしたり頑張ると大変な事になるかも知れないからです。

休養を取ってしっかりと寝て回復させていくとギックリ腰は徐々に治っていきます。ギックリ腰は捻挫ですから3日くらいかかることもあります。足首がネンザしたりすると体を支えることもしていないから動けますが。

腰はそうはいきません。体を支えることをしているので動くのも大変ですが、ギックリ腰の原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。これが最大になっている時に何かをしたら痛くなります。何かをしたらと言うのは重いのもを持つ、中腰、前かがみ、同じ姿勢、クシャミなどです。

特に骨盤の歪みがあっても軽ければ痛みはありません。しかし日々、又は時間とともに変化しています。骨盤の歪みが大きくなったり軽くなったりしていますから、骨盤の歪みが大きくなった時に痛みになります。

腰痛と骨盤の歪み・背骨のズレ

 

腰痛、腰の痛みが起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると上肢と下肢をつなげている部分ですから、特に骨盤の歪みが起きると重たい体を支えることができません。だから最大に骨盤の歪みが起きた時に腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みが起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレだけではなく切っ掛けも必要です。この両方が揃ったときに腰痛、腰の痛みになります。

切っ掛けとは、重いのもを持ったりすること、庭仕事で長く座っている姿勢、車の運転で同じ姿勢、足を組む姿勢、横すわり、あぐら、前かがみ、掃除をしている前かがみ、洗濯する時の洗濯物を取る姿勢、料理を作る時の前かがみ、布団が合わない、靴下を履こうとして前かがみ、靴が合わない、などなどです。

同じことをしても腰痛、腰の痛みにならないのは、骨盤の歪み・背骨のズレの関係です。骨盤の歪み・背骨のズレがない方はいません。誰でも骨盤の歪み・背骨のズレは多かれ少なかれあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレも大きくなったり小さくなったりしています。

疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレに

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。この多くなるものが骨盤の歪み・背骨のズレになります。これは疲れやストレスです。疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいますが。

例えば朝、起きる目覚ましも精神的な緊張を起こします。携帯などの電話がかかってきた時の音、ベルも精神的には良くないものです。

テレビで漫才の方が叩かれるのを笑ったりすることも気が付いていないけど抑圧に感じています。人が大声で話したりすることも、怒られたりすることも気が付いていないけどかなりの抑圧です。

それがある上に生活で疲れやストレスがたまったり、仕事でも疲れやストレスがたまります。そして、さらに睡眠負債でも疲れやストレスはたまります。

色々な疲れやストレスが体にたまっていきます。しかし疲れやストレスがたまる所があります。疲れやストレスがたまる所を意識する方はいません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると体は内部から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。姿勢で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

骨盤、背骨は中枢神経を守っています。簡単に歪んだりしたら守れません。しかし体のから崩れを起こすと骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みを起こす原因の内臓は腎臓です。つまり腎臓疲労が骨盤の歪み・背骨のズレになります。

内臓と腰痛、腰の痛み

人の体は弱い内臓とそうでもない内臓があります。強いではありませんが、そうでもない内臓は骨盤の歪み・背骨のズレにはなりません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなります。弱い内臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する筋肉がありますから筋肉バランスが崩れていきます。この筋肉が大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。この筋肉がバランスが悪くなってくると骨盤、背骨を引っ張ってしまいます。

しかし、ここまで解消しなくても腰痛、腰の痛みを楽にすることはできます。腰痛、腰の痛みを楽にする治療とは湿布を貼ったり、マッサージしたり低周波治療器や電器をすることいいます。これらの治療法を対症療法と言います。

対症療法は原因なんかは関係ありません。骨盤の歪み・背骨のズレも改善していません。しかし痛みは楽になることもあります。

楽にすることと、直していくことは違います。

痛みがない時でも原因はとどまることはなく進行していきます。

 

腰痛、腰の痛みとは

行橋市みやこ町苅田町などから多く方が来院している人気がある30年になる腰痛腰の痛みはカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月01日

小顔矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋、みやこで小顔矯正なら顔が小さくなる矯正で人気があるからボキボキしないでも顔が小さくなることで評判の良いカイロプラクティック徳力整体院
小顔矯正をしていく時に

人気がある小顔矯正

始めから顔が小さくなることで人気がある小顔矯正をしています。ボキボキもしないし、痛くもない小顔矯正をしていますから、安心して受けてもらう

当院の小顔矯正はほんとうに痛くないことで人気があります。顔も無理やり押さえつけたりすることもなく小顔矯正をしていきます。

ですから年齢に関係なく小顔矯正で顔が小さくなることができます。

小顔矯正をしていく時には自分でも顔が小さくなったのがわかるようにしています。そのため小顔矯正をしていく時には、小顔矯正を希望している本人にしてもらいたいことがあります。

小顔矯正を希望する方、全員に小顔矯正を受ける前に顔を触っておぼえてもらいます。しかし、これが簡単なようで大変、難しくなっています。

簡単なようで簡単ではない触り方は、感じようとする事なんですが、それができない方が増えているからです。小顔矯正をする時に、顔を触って大きさや幅をおぼえてもらいますが、ただ手を当てただけではわかりません。顔の大きさを感じようとしないと変化がわかりません。

小顔矯正と言っても顔が10センチも20センチも変わりません。そのため1センチだったり2センチだったり、3センチだったりの範囲です。

特にアゴの部分は変化が大きくありますが。

顔が1センチ変わったのを、手で触って確認して小さくなったのがわかるようにしています。1センチ顔が小さくなったのが、わからない方は、いくら変えてもかなり変えないとわかりません。

もし1センチ変わっても、わかる方はわかります。適当に触ったりいい加減に触ると変化しても分かりません。そして感じようとしないとわかりません。感じようとする時に手だけで触りますが、手だけで触った方はわかりません。

手だけで触りますが手で感じようとしないと、1センチ顔が小さくなっても分かりません。最近は時々、小顔矯正を希望されてきた方は、かなり顔が小さくなって変化しても分からないと言う方がいます。自信をもって変えて変えても分からなければ顔が小さくなる意味ありません。

小顔矯正とは

小顔矯正をする時には顔を触っておぼえてもらいます。顔を触る時には下の写真のように触ります。

小顔矯正とは

①顔を触る時にはアゴの部分で手首を合わせます。

②手のヒラと指を浮かさないように顔に密着させます。鏡でみて浮いたところがないか確認して下さい。浮いた所はわかりません。

③そして左右差を感じて下さい。この時に手だけではなくある部分が働かないとわかりません。ある部分と言うのは脳です。何事も脳で痛みやコリも判断しています。大脳で感じようとしないとわかりません。

目を閉じて顔を触って記憶します。例えばですが顔の左側が全体が大きいとか、右側の一部が出っ張っているとか。左右差があります。顔は左右が対称ではありません。

小顔矯正に入る前に2度ほど練習します。1回目は自分だけで触ってもらいます。2度目は小顔矯正に入る直前に顔を院長とともに触ります。1度目でわからなかった方も2度目で触り方、感じ方がわかったと言う方もいます。これが、わかる方と、もうわからない方がいます。

分かる方ほど、触ると言うこと、感じると言うことが難しいとわかりますが、わからない方ほど、なぜか簡単に触ります。

小顔矯正は

小顔矯正に入るときには小顔効果と持続力があるのか、維持することがあるのか、気になると思いますが、多分、当院の小顔矯正が一番だと思います。

小顔矯正をしていく時には2種類の小顔矯正があります。一つは初回からしていく小顔矯正と体質改善による上級の小顔矯正です。

初回からできる小顔矯正は体調の小顔矯正と言います。体には毎日の生活や仕事で蓄積した疲れやストレスがあります。この蓄積した疲れやストレスが顔に影響しています。時に顔の浮腫み、顔の脂肪の多さ、皮膚の垂れ下がりなどは体調に関係しています。

小顔矯正をしていく時には体調が深く関係しています。体調が悪い方ほど顔の浮腫みがひどく戻りがあります。つまり持続性がありませんから維持することができません。

さらに睡眠負債だと大変なことが起きています。しかし気が付いていない方が多くいます。

体調が悪いと歪みやズレが大きくなります。誰でも痛みやコリがなくても起きています。例えば生理不順、生理痛、便秘、下痢、軟便、膀胱炎、尿漏れ、冷え、浮腫みなどで起きている方もいます。

睡眠負債と小顔矯正

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債と言うのは夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。単純に目が覚めないからと。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし夢を見るよりも眠りが浅い睡眠があります。この睡眠が寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠をしている方ほど脳が弱っていきます。脳が弱ると痛みやコリを感じにくくなります。風邪も細菌が体内に入っていると脳が元気だから発症して熱が上がりますが、脳が弱っていると隠れインフルエンザにもなります。

どんなに歪みやズレがあっても脳が弱ってしまうと痛みやコリを感じません。

小顔矯正をする時には、疲れやストレス蓄積から起きている体調の悪さ、さらに睡眠負債がどれだけ大きく影響しているか、と言う事です。

特に睡眠負債は影響が甚大で小顔矯正だけではなく体の老化が急速に進んでいきます。特に脳の老化が急速に進行してきます。

この方が感覚神経を働かせることができなくなって感じとることができません。本当は小顔矯正よりも、もっと大切なことをしないと。体を直すと言うことを。

小顔矯正をしながら体を直していく事ができます。

 

 

 

行橋で人気がある小顔矯正をしているので初回から顔が小さくなる矯正で行橋市でも人気。みやこからも。

2018年05月22日

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは骨盤を小さくしていく方法です。骨盤と小さくしていくのが骨盤矯正です。多くの方が骨盤矯正に訪れますが骨盤矯正の意味を知らないで来る方が多くいます。

骨盤と言うのは3つの骨で形成しています。中央の尾てい骨(仙骨)と両横の寛骨と言う3つで骨盤です。

上の写真にあるように中央の仙骨と2つの寛骨で骨盤です。寛骨は3つに分類することができます。腸骨、恥骨、坐骨です。この3つは部分ですから正式には寛骨と言います。

この骨を小さくすることが骨盤矯正になります。見ても分かるように小さくなる部分はありませんから小さくなることは無茶です。

骨盤周辺にある浮腫み、脂肪を減らしても見た目でみて骨盤が小さくなっていきます。しかし、それでは骨盤矯正ではなくて骨盤周辺矯正です。骨盤の周辺を減らしていく訳ですから。

骨盤矯正は

骨盤矯正をしていくときには骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正して整えていく事でも骨盤が小さくなります。

しかし限界があります。骨盤の歪み・骨盤の開きが無くなれば、もう小さくすることはできません。

では、どうして骨盤を小さくしていく事ができるのか、と言う問題になります。

当院では特殊な骨盤矯正をしています。骨盤矯正をする時には検査する事をしています。検査する項目は体調の検査、骨盤の歪み・骨盤の開きの検査などはもちろんですが。

それだけではありません。

当然、骨盤の歪み・骨盤の開きがあれば、そこから整えていく事をしていきます。そうすると骨盤周辺にある脂肪、浮腫みが減っていきます。

しかし、それだけではありません。

検査してみると色々な状況がわかりますが、骨盤矯正に訪れた方の全員が体調がすごく落ちて悪くなっています。

体調の低下が骨盤に

骨盤矯正と言っても骨盤だけを整えれば良いと言う訳ではありません。骨盤に影響があるものがいくつもあります。ですから骨盤の歪み・骨盤の開きを整えて終わりではありませんから1回で終わる骨盤矯正はありません。

骨盤矯正をする時には小さくなっても「維持することができますか」とか「持続力はありますか」と聞かれますが、勘違いしています。維持する力、持続させる力は自分です。

こちらは骨盤を小さくした訳ですから、あとはご本人次第です。だから1回目から骨盤が小さくなっても維持することや持続させる力は自分の体調にあります。

2回目か3回目には体調を整えていく事もしないと維持することも、持続させることもできません。骨盤矯正が終わったあとが、その時点で一番、小さい骨盤です。

それをそのまま、維持できる方は、体調がすごくいい方だけです。実際にはそんな方はいません。

当院では検査する事をしていますのでわかりますが、院長から「体調はどうですか」と聞かれたり「体調は良いですか」と聞かれると多くの方が「体調は良いです」と答えます。

検査してみると、そんな状態ではないと言う事がわかります。骨盤を検査してもひどく歪みがあるし背骨がガタガタしているし、眠りも浅く脳疲労が多く起きているし。

骨盤矯正をする時の天敵は

①体調の状態

②体調の低下からの歪みやズレ

③睡眠負債   

④体質  です。

一番、骨盤矯正をして行くうえで骨盤に影響するのは③です。

多くの方が睡眠負債になっていますが、それに気が付いていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っています。単純に目が覚めないからと。

眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。寝ている本人にはわかりません。寝ているから。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。人が見て寝ていると思うのは恰好だけを見ています。寝ている本人も寝ているからわかりません。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしているのか。そこまで考えていません。

一番、最悪な睡眠があります。この睡眠は寝ながら考え事をしている睡眠といいます。

多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。寝ながら考え事をしている睡眠は脳を極端に弱らせていきます。一度、弱った脳はもう元気になることはありません。

そんな方が多くいます。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をする時には骨盤矯正をする前に自分の手で骨盤を触ってもらいます。つまり骨盤矯正に入る前に骨盤の大きさをおぼえてもらいます。

骨盤矯正をして骨盤がどれだけ小さくなったのか、自分でわかります。つまり比べることができます。

しかし、この触り方は簡単ではありません。簡単に触った方ほど小さくなっても分からないと言う方がいます。骨盤矯正といっても10センチも20センチも変わることはありません。メジャーで測ることも良いでしょうが、当院では手の感覚を大切にしています。

骨盤矯正で変わるのは1センチかもわかりません。2センチの場合もあります。それ以上、変わる方もいるでしょうが。

そして骨盤矯正の治療を受ければ受けるほど先の治療を進めることができます。そのため受けるたびに変わって維持しやすくなります。

骨盤矯正でも体調を上げたり、骨盤の歪み・骨盤の開きを解消したり、それ以上の治療があります。

 

骨盤矯正というのは

行橋市、みやこ町、苅田町から多くの方が骨盤矯正に訪れている人気がある骨盤矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院。

2018年05月15日

肩こり

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市で肩こりを楽にするなら筋肉のコリからほぐして肩こりが起きた原因をみつけることをしていきます。肩こりにはコリを起こした原因があります。カイロプラクティック徳力整体院
肩こりとは

肩こりを楽にする為に

肩こりと言うのは筋肉のコリのイメージがありますが、筋肉のコリというのは、何でしょうか。

肩こり、肩こりと世間一般的に使いますが、多くの方がストレスと同じようにコリの意味が分かっていません。

ストレスと言うのも意味不明な言葉です、ストレスは英語でもありません。外国人の前でストレスと言うと欲求不満と思われます。

ストレスと言うのは和製日本語です。日本で作られた英語です。和訳で近い言葉を探すと疲れの蓄積がストレスです。つまり蓄積疲労がストレスと言う言葉になります。

肩こりである筋肉も蓄積した疲れ、つまり蓄積疲労から肩こりになります。

筋肉が毎日の生活で腕や肩を使うことが多くなると思いものを持たなくても特別なことをしなくても肩を使っていることになりますから、肩を使うことで筋肉疲労になり疲労が蓄積して肩こりになります。

筋肉疲労からリンパの流れが悪くなって老廃物が多くたまり、循環が悪くなって肩こりになります。

何も原因がなくてリンパの流れが悪くなることはありません。

何も原因がなくて老廃物が溜まることはありません。

何も原因がなくて循環が悪くなることはありません。

肩こりとは

 

肩こりとは筋肉に疲れが溜まって蓄積疲労になる筋肉が緊張したりすることです。しかし筋肉の緊張が長くあると慢性化だけではなく筋肉も硬くなります。筋肉が固くなるという意味は老化から起きる硬さですから一時的なものとは違います。

一時的なものではありませんから、湿布を貼ってもマッサージしても低周波治療器や電器をしても、柔らなくなることはありません。

マッサージしたり低周波治療器や電器をすると老化から起きる筋肉の硬さが取れるのか、と言うと取れません。

何をしても取れないのが固さです。

肩こりも長くあると筋肉も硬くなっていきますから、筋肉の硬さだけでは済まなくなります。周辺にある神経、血管も固くなります。

神経が固くなると握力低下して小さいものがつかみそこなったりしていきます。手のこわばりも起きやすくなります。

血管が固くなると手の血行不良が起きて血の流れが悪くなります。血の流れが悪くなっても冷えとかも起こりますが、やはり手の握力が落ちていきます。

力を入れるときも筋肉だけではなく血の流れで持っています。いくら筋肉を鍛えてもと言う事もあります。

肩こり

肩こりは筋肉のコリだけで起きている肩こりはありません。当院では30年の経験がある院長が肩こりを解消してきましたが、今まで多くの方の肩こりを解消してきましたが肩こりでも筋肉だけで起きている肩こりはありませんでした。

肩こりは筋肉だけではなく背骨のズレが起きています。背骨がズレると筋肉は骨から骨へくっ付いていますから骨がズレで動くと筋肉は引っ張られていきます。

筋肉が引っ張られると筋肉が緊張したり流れが悪くなります。

これが肩こりになります。この状態が長くあると慢性化した筋肉の硬さになっていきますから、老化して筋肉自体が固くなります。

しかし背骨も何も原因がなくてズレることはありません。何かの原因があるからズレを起こしていきます。

背骨のズレは姿勢でズレることはありません。

猫背でも背骨がズレることはありません。

背骨のズレは

背骨のズレは、どうして起きるのか。

背骨のズレは内臓から起こりますが、内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。あとは内臓、中枢神経です。

つまり筋肉にも疲れやストレスはたまりますが内臓に多くは蓄積していきます。

体の中から崩されると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

体の中の内臓に疲れやストレスがたまると、骨盤の歪み・背骨のズレになります。

つまり肩こりを起こしている原因は内臓疲労です。

睡眠負債から肩こりに

最近は多くの方が寝不足状態になっています。つまり睡眠負債です。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

睡眠とは脳から寝ていることを言います。

人から見てもスースー寝息を立てていても脳の中までわかりません。

寝ている方は寝ているから、寝ている間に眠れているのかわかりません。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

寝ている睡眠でも寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっていますが、寝ながら考え事をしている睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいます。

肩こりの原因

 

 

行橋市で肩こりを楽にするならコリを起こしている原因をみつけることも大切です。

2018年05月07日
» 続きを読む