ブログ

サイト管理人のブログです。色々な情報をブログでしていきますので、ぜひ色々な情報を増やしていくことをおすすしています。

ブログ一覧

骨盤矯正

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市で骨盤矯正ならボキボキもしないし痛くないけど骨盤が小さくなる矯正で人気がある行橋から多くの方が訪れているカイロプラクティック徳力整体院
骨盤矯正とは

人気がある骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなりますから人気がありますがボキボキもしないし低周波治療器や電器をすることもしていません。

骨盤矯正をする時には手の技術だけで骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする時には、本当に初めから骨盤が小さくなるようにしていますが多くの方が骨盤矯正の意味を分かっていません。

骨盤矯正とは骨盤を小さくしていく事ですから、本当に骨盤を小さくする為には骨盤の歪み・骨盤の開きを矯正すれば良いと言う訳ではありません。

もちろん

骨盤の歪みがあると関節が大きくなりますから骨盤が大きくなります。

骨盤の開きがあると骨盤が開いている訳ですから骨盤が大きくなります。骨盤の中央の仙骨と言う骨の外旋の歪みがあると大きくなります。

骨盤の歪み・骨盤の開きがあると何をしても骨盤周辺に浮腫み、脂肪が多くなりますから浮腫み、脂肪が増えると骨盤が大きく見えます。

しかし、それだけでは骨盤矯正とは言えません。

普通は骨盤矯正と言うと無理やり骨盤を押さえたりすることをしたり骨盤の歪み・骨盤の開きが中心です。

しかし当院では、それも矯正したり浮腫み、脂肪を減らす事をしていますが、それだけではありません。

骨盤矯正で骨盤を小さくする為にも、本当の骨盤矯正を知って下さい。

骨盤矯正とは

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さくすることです。骨盤と言うのは骨です。骨が小さくなるのかと言うとなりません。

それでは骨盤矯正とは何なのか、と言う事になります。そしてもう一つ肝心なことがあります。

骨盤矯正で骨盤を小さくしたら中に入っている内臓はどうなるのでしょう。何も影響がないのか、と言うことが疑問です。

骨盤矯正をして行くときには、まずは自分の手で骨盤の幅を触っておぼえてもらいます。しかし、これが大変、難しく簡単ではありません。

簡単な触り方なんですが、簡単に触ると小さくなっても分かりません。骨盤矯正といっても10センチも20センチも小さくなることはありません。

骨盤矯正をして変わるのは1センチだったり2センチだったり3センチだったりと言う感じで変わっていきます。

ですから1センチ変わっても小さくなったのがわかるように触っておいてください。

1センチ変わっても分かるようになる触り方があります。それが大変簡単なようで難しい触り方なんです。ただ触っても分かりません。

今まで多くの方が骨盤矯正を受けてきましたが数人の方はわかりませんでした。

今まで30年間以上骨盤矯正をしてきて100人の方が骨盤矯正を受けたとします。10人くらいの方がわかりませんでした。つまり1割の方が骨盤矯正をして骨盤が小さくなっても分からないと言う事です。

できるだけわかるようにしていますが、いまだに完全とは言えません。変わっていないのでしたらわからないのが当然ですが、確かに小さくなっています。

小さくなったのがわからない方は睡眠負債が多くある方です。

骨盤矯正の触り方は

骨盤矯正をする時の触り方は骨盤の横に手を当てるだけです。しかし単純に骨盤の横に手に手を当てただけではわかりません。それは手を置いていると言う事になります。

手を置いたりするのではなく、手を当てただけではなく感じようとして下さい。

感じようとする時に左右差を感じようとします。骨盤にも左右差があります。例えばですが右側が大きいとか、左側の一部が出っ張っているとかあります。

他人が測ったりスタッフが計測すると違う位置を測ったり、強く測ったり緩く測ったりする違いがあります。

小さくなったのがわかるように、ただ手を当てるだけではなく幅を感じようと触って下さい。

感じようとすると手だけではなく脳が働きます。脳にある感覚神経が働くとわかりやすくなります。

脳の感覚神経が働くと例え1センチ小さくなっても小さくなったのがわかります。

この触り方は大変、難しく簡単ではありません。簡単に触ってしまうと小さくなったのがわかりません。

今でも立って自分の骨盤を触って見てください。左右差があるのがわかると思います。中には左右差がないと言う方もいるかも知れません。

自分で触って骨盤が小さくなったのが、わかれば笑顔が違います。当院では、それを目指しています。

骨盤矯正の触り方

 

骨盤矯正の方法

骨盤矯正をする時には2度ほど触る練習をします。一度目は説明の時に、もう一度は骨盤矯正に入る直前にしています。それだけ骨盤が小さくなるのに自信があるからです。

骨盤矯正をする時にはマッサージをするような感じで骨盤矯正をしていきます。

マッサージをするような感覚で骨盤を小さくすることができますが、マッサージではありません。マッサージをして骨盤が小さくなることはありません。

マッサージをするような感じで骨盤の歪み・骨盤の開きも矯正することができます。

マッサージをするような感じで脂肪、浮腫みを減らす事をしています。

しかしマッサージではありません。

院長には特殊な手の技術がありますから、できる技です。

そしてウエストまで細くなっていきます。

骨盤矯正とは

骨盤矯正をする時にはマッサージ感覚で小さくすることができます。しかし単純にマッサージではななく検査する事をしています。

検査してみると骨盤矯正に訪れた方、全員が体調が悪くなっていますが院長から「体調はどうですか」と聞くと全員が「体調は良いです」と答えますが検査してみると全員が奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしていました。

これは毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

毎日の生活や運動、歩いたりすることで多くなるものがあります。

それが疲れやストレスです。

この疲れやストレスがどこにたまるのか。と言う事です。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。しかし最近の研究で疲れやストレスは筋肉、じん帯、脂肪、骨、大脳、脳幹、脊髄などにもたまると言う事がわかりました。

つまり骨にも疲れやストレスがたまるわけですが骨にも疲れやストレスがたまると言うことは現実的ではありません。

しかし実際に起きています。

骨に疲れやストレスがたまると炎症やハレを起こしていきます。炎症やハレがあると骨は変形していきます。変形しながら肥大して大きくなります。

骨盤矯正をする時も骨盤自体に炎症やハレがあります。これを正常に戻すと骨盤が小さくなっていきます。

 

行橋市で初回から骨盤が小さくなることで人気があるから多くの方が訪れている骨盤矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院は行橋でも評判です。。

2018年07月10日

肩こり

肩こり

肩こり解消

肩こりとは筋肉のコリと筋肉も伴いながら起きる肩こりがあります。肩こりと言うと筋肉をほぐしても楽にすることや楽に感じることがありますから、多くの治療や矯正が対症療法になっています。

対症療法と言うのは原因を見つけることもなく肩こりを楽にすることです。

肩こりを楽にする方法は色々ありますが、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても楽にすることはできます。

しかしどうして肩こりが起きているのか、なぜ肩こりが起きるのか、と言う事までわかっていませんしできていません。

肩こりには改善になる原因があります。

筋肉のコリだけが原因ではありません。しかも筋肉のコリがどうして起きているのか、と言う事までわかっていません。

例えば肩こりと言うと本当に湿布を貼ったりしても楽になる時もあります。インドメタシンと言うスースーする薬剤が入っているので鎮痛効果があります。そして冷たい感じがあると肩こりの炎症やハレがおさまります。

サプリメント、医薬部外品でも肩こりに効くものが出ています。栄養や何かのエキスが入っていますから肩こりにも効果がありこともあります。

家族の方に揉んでもらうマッサージでも、専門家の方に揉んでもらうマッサージでも効果はあります。マッサージは筋肉に対してほぐしていきます。リンパの流れが良くなって老廃物が流れ循環が良くなります。

低周波治療器や電器でも肩こりには有効だと思いますが、低周波治療器と云うのはプラス端子からマイナス端子へ電気を流しています。筋肉を刺激する事をしています。筋肉を刺激して疲労させていきます。疲労させると一時的にわからなくなります。筋肉のコリを散らすことができます。

整体。カイロプラクティックなどの治療も骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで肩こりを解消していますが、当院から見れば対症療法だと思います。

対症療法と言うのは原因なんか関係ありません。

しかし本当の原因を解消しなくても楽にすることはできます。しかし楽にする事ばかりしているとおおもとの原因もいつまでも同じままではありません。

つまり進行するという事です。

筋肉のコリと肩こり

肩こりと言うと筋肉の凝りですから筋肉が緊張したり疲労したりすることが固くなることです。筋肉が固くなるからリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積して循環が悪くなります。

しかし筋肉のコリが長くなると本当に筋肉が硬くなります。体が歳をとるように筋肉も歳をとるからです。

筋肉が固くなると揉んでも柔らかくなりません。

マッサージしても筋肉は、その時だけです。しばらくすると元に戻ります。

筋肉が固くなると、何をしても柔らかくなることはありません。

唯一、筋肉を柔らかくすることができるのは体質改善の施術でのみです。

しかしあまりに筋肉のコリが強くなると筋肉も硬くなりながら中にある神経も血管もリンパ管も固くなります。

神経が固くなると、もう肩こりを感じません。握力が低下していきます。

血管が固くなると血行不良を起こして筋肉がしっかりしなくなります。腕が細くなるか、筋肉がブヨブヨになります。

肩こりと言うのは筋肉を固くしていく訳ですから、進行すると大変なことになります。

肩こりと背骨のズレ

肩こりが起きるときには筋肉だけで起きている肩こりをみたことはありません。筋肉のコリが起きる時には背骨のズレが起きている時です。

筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨が動くことで筋肉は引っ張られてしまいます。骨が引っ張られることで起きるのが肩こりです。

しかし何も原因がないのに骨がズレることはありません。特に背骨は中枢神経が入っていますから、簡単にズレたりしたら大変です。

背骨のズレが起きるのは例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の半分以上は水分です。水が何かを起こすことはないと思うので35キロの中には、あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。中枢神経も内臓の一部です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。

日常で動くことでも疲れやストレスが多くなります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

これらも内臓の働きです。

内臓疲労と肩こり

内臓疲労と肩こりには深い関係があります。毎日の生活で疲れやストレスが多くなっていきます。そして食べる事でも内臓が働いてくれるから疲れやストレスがおおくなります。

この両方から疲れやストレスが多くなり内臓にたまっていきます。

内臓疲労になると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレになります。一番、弱い部分に背骨のズレが起こります。これが内臓と関係があります。

体の一番、弱い部分に疲れやストレスがたまると背骨のズレになります。

自分の体の中の一番、弱い部分の内臓に疲れやストレスがたまります。

体質改善と肩こり

弱い部分と言うのは体質に関係が有るものです。弱い部分は疲れやストレスをため込みやすく骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。これが色々な痛みやコリの原因です。

例えば6時間の睡眠があっても寝付く時間と夢を見る時間が10分くらいです。あとの5時間50分くらいは、どんな睡眠をしている

最近は多くの方が睡眠負債になっています。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

肩こりとは

 

 

行橋市肩こりならカイロプラクティック徳力整体院。

2018年07月03日

頭痛

  • はてなブックマークに追加
  • 頭痛、頭の痛みが起きるときには原因があるから慢性化した訳ですから原因を見つけ出すことが大切です、病院でも薬でも頭痛、頭の痛みは解消しにくくなります。行橋市、みやこまち、苅田町などからカイロプラクティック徳力整体院
頭痛、頭の痛み、偏頭痛

頭痛、頭の痛み、偏頭痛とは

頭痛頭の痛み偏頭痛が起きる時には原因があるから痛みになっています。原因があるのに、それを見つけ出すこともしないで一時抑えの薬ばかり使って楽にする事ばかりしています。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛には原因が隠れていますから隠れた原因を引っ張り出して解消することができれば頭痛、頭の痛み、偏頭痛が起きなくなります。

当院では頭痛の方がよく来院していますが多くの方の頭痛は睡眠負債から起きていることもあります。

自分で気が付かないで睡眠負債になっている方が多くいます。

頭痛の原因は睡眠負債と睡眠負債から起きる免疫の問題が多く関係しています。

睡眠負債と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

最近は多くの方と言うか全員が睡眠負債になっています。睡眠負債と言うと気が付いていない方が多くいますが目が覚めないから寝ていると思っています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは大脳が休養を取って寝ていることを眠りと言います。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

眠りと言うのは誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。夢を見ているのは数秒だったり、数分の時間で見ています。長く夢を見ていたと思っても短時間です。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ているとは言えません。

夜に寝ようとすると、すぐに眠れて寝付いたら寝ながら考え事をしている睡眠をしています。寝ながら考え事をしている睡眠が最悪な睡眠ですが。寝ている時も眠りが浅く大脳が働いています。

大脳が日常と同じように働いてばかりいると休養を取ることも寝ることも大脳はできません。そうすると脳は弱っていきます。

脳の弱りと頭痛

脳が弱ると脳は日増しに疲れやストレスをためて落ちていきます。脳が弱ると痛みやコリにも鈍感になりマヒした状態になります。

そうすると脳にはモルヒネのような脳内麻薬が多く生産されていきますから余計に体調も分からなくなり痛みやコリにも鈍感になりハイテンションになります。

ハイテンションになると明るくなります。ハイテンションになると朝から動けます。疲れ知らずで働くこと、生活すること、運動、ジョキングもできます。

かなり無理になっていることさえ分からなくなります。睡眠負債が多くなると脳細胞の急激な減少になります。脳細胞の急激な減少はもっと加速度的に脳細胞を減らしていきます。

この時に頭痛、頭の痛み、偏頭痛になっている方が多くいます。

限界まで悪くしてやっと頭痛、頭の痛み、偏頭痛になっている方もいます。

当院では検査する事ができます。

検査と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

検査してみると体調が異常と思えるほど悪い方が多くいます。頭痛、頭の痛み、偏頭痛がある方は体調が良い方は一人もいません。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛がある方は頭の痛みだけ言いますが、そんなことはありません。全身が体調の悪さを示しています。

体と言うのは痛みがある部分だけ悪いことはありません。

全身に不具合が起きながら頭痛、頭の痛み、偏頭痛を感じています。

睡眠負債になると脳細胞の急激な減少になっていくと、物忘れ、うっかりが多くなります。イライラしやすくなります。頭がボーとすることも多くなります。

言葉のキャッチボールができなくなります。断片でした話すことが出できなくなります。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になっている方は以前、みたテレビの特集で内科の先生が言っていましたが半数の方が脳梗塞になっていると。

半数でも脳梗塞になっているとかなりの高確率です。

病院になる時も健康な細胞から1年や2年でなることはなく10年、15年かけながら細胞の変化を進めていきます。

脳細胞に限らず血管の細胞も同じです。

内臓と頭痛、頭の痛み、偏頭痛

あとは頭痛、頭の痛み、偏頭痛と言うと内臓も関係しています。特に胆のう、肝臓、すい臓なども頭痛、頭の痛み、偏頭痛に関係しています。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる時には体質も関係があります。

頭痛持ちと言うのは慢性化した頭痛の方ですが、これが頭痛に関係する体質があると言う事です。

頭痛、頭の痛み、偏頭痛になる

 

 

行橋市、みやこ町、苅田町などから頭痛頭の痛みの解消に訪れています。

2018年06月28日

整体

整体

整体とは

整体なら体の歪みを整えていく事で楽にすることができます。整体と言うのは体の歪みを矯正することができる唯一の方法が整体です。整体と言うとボキボキする施術をしているため痛いとか、怖いとか、粗々しいとか悪いイメージばかりですが、当院の整体は、そんなことはしていません。

整体と言うのは手の技術だけで体を整えていく事をしていくのが整体です。当院では昔は技術力と検査する力がなかったために低周波治療器や電器を使っていました。

低周波治療器や電器をしても刺激ですから直している訳ではありません。特に低周波治療器は痛みやコリを散らしているだけです。

痛みやコリを散らしてわからなくしているのが低周波治療器です。

マッサージチェアなども刺激して気持ち良さはありますが疲れさせているだけです。電気店に行くとマッサージチェアにかかっている方がいますが、かかっても気持ち良さはありますが直している訳ではありません。

マッサージベット、マッサージチェア、ローラーベットでは刺激です。刺激を加えることは気持ち良さはありますが、それだけです。

マッサージベット、マッサージチェア、ローラーベットは確かに刺激することでリンパの流れは良くなります。老廃物も流れていきます。循環も良くなります。

しかし、そんなことをしていたら刺激をすればするほど体は落ちていきます。体は刺激をすると反発力が生まれます。反発力で回復しようとしますが、最近の方は回復力が低下しています。ですから刺激で反発力を利用する方法では直りません。

回復力の低下

回復力の低下の原因は睡眠負債にあります。最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になっていることさえ気がついていない方もいます。

回復する力は脳にあります。大脳が弱っている方が増えているから回復力が出てくれません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。眠りと言うのは大脳が寝ていることだけを言います。大脳が休養を取って寝ていることを眠りと言います。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

不眠症でしたら夜、寝ようとすると寝つきが悪いとか、夜に目が何回も覚めるとかありました。

しかし睡眠負債は違います。睡眠負債は目が覚めません。睡眠負債が多くなると脳は日増しに疲れやストレスをためていきます。脳が疲れやストレスをためていくと脳細胞の数が減っていきます。年齢以上に急速に減っていきます。

始めは物忘れが多くなったり、うっかりが増えていきます。イライラしやすくなるのも特徴です。脳が弱ると痛みやコリを感じにくくなります。体調の悪さも分からなくなります。

脳が弱るとハイテンションになります。ハイテンションになると疲れ知らずで動くことができます。朝からすぐに動くことができます。運動も元気だと思うたくさん頑張れます。

しだいに目の下のクマが多くなります。浮腫みも多くなります。急激な体重の増加が起きる方もいます。これが睡眠負債と言う大変なことが起きています。

整体と疲れやストレス

普通は体に多くの疲れやストレスがたまることが原因で体は歪みやズレを起こしていきます。体に疲れやストレスがたまると歪みやズレになります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。これが疲れやストレスです。

疲れやストレスはどこにたまるのか、考えている方は少ないと思います。専門家の先生も知らない方が多くいます。

疲れやストレスは内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部です。この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

疲れやストレスが内臓にたまっても病気ではありません。病院では血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしていますが、これらは病気の検査ですから病気になれば病院にいくことをして下さい。

しかし痛みやコリは病気ではありません。

しかし病気でも痛み、ハリ、重いなどの症状は起こります。病気ではコリはないと思います。

背骨のズレと内臓

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると、背骨のズレになります。背骨のズレと内臓は関係があります。

例えば肝臓に疲れやストレスがたまると背骨の8番目の骨はズレを起こしていきます。そうするとアレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾が起こりやすくなります。

例えば膵臓に疲れやストレスがたまると背骨の6番目がズレています。そうするとかゆみ、乾燥肌、下痢、アトピーなどが起こります。

例えば胃に疲れやストレスがたまると背骨の5番目がズレています。もちろん胃の症状が起きて胃の痛み、胃の持たれが起こります。

内臓に疲れやストレスがたまると背骨のズレが起きて痛みやコリになります。

背骨のズレと整体

腰痛、腰の痛みが起きるときには腎臓に疲れやストレスがたまっていくと腎臓に関係する筋肉の大腰筋、腸骨筋に影響がでて骨盤のバランスが崩れていきます。つまり骨盤が不安定になります。この時に中腰や前かがみや重いものを持ったりすると体を支えることができませんから腰痛、腰の痛みになります。

ギックリ腰は急性のネンザです。足や手首のネンザと同じです。寝違えもネンザです。足と手首のネンザは違いますがギックリ腰、寝違えは体調の悪さから起きています。

しっかりと休まないと大変なことになります。

整体とは

整体とは疲れやストレスがたまった筋肉と内臓の疲労を解消することと背骨のズレを矯正する事をしていきますが、多くの整体は背骨のズレを矯正することしかしていません。

疲れやストレスがたまりやすい所は弱い内臓に疲れやストレスがたまります。内臓も関節も弱い所とそうでもない所があります。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると体の歪みやズレになります。

これを整えて行くのが整体です。

 

行橋市整体ならカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月22日

腰痛

  • はてなブックマークに追加
  • 行橋市、みやこ町、苅田などから多くの方が腰痛、腰の痛みを解消することで人気がある30年になるカイロプラクティック徳力整体院
腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛み

腰痛腰の痛みを起こすときにはあることが起きています。しかし、このあることを解消しなくても痛みは楽になりますが、あることを残したままだと慢性化しやすく長期にわかり腰痛、腰の痛みに悩まされることになります。

腰痛、腰の痛みが起きたら、初めは何をしたら良いのかと言うと冷やすことです。温めたりすると痛みと言うのは炎症が起きています。特に急性期には炎症が起きています。炎症がある時に温めると強い痛みは徐々に解消していきますが炎症には冷やすことが重要です。火があるのに油を注ぐ行為が温めると言う事です。

この冷やすことは急性期に重要なことになりますが、腰が痛みが起きる前に冷やす方が効果的ですが、多くの方が痛みが出て冷やしています。それでは遅いので腰がグギッとしたとか、その時に冷やすと痛みが出にくくなります。

痛みが出た時もしばらくは冷やします。できたら湿布よりも保冷剤を洋服の上から当てます。当てすぎると凍傷になりますから注意して下さい。これはギックリ腰の対処法ですがギックリ腰でもない方も同じです。ギックリ腰は急に起こりますが腰のネンザです。

関節が大きいし、体を支えることをしているので痛みが強くなりますが腰のネンザです。足首や手首、寝違えもネンザです。ネンザが起きる時には体調が悪く落ちています。ギックリ腰だと侮らず休養をしましょう。と言うのは体調が落ちているからです。今、無理をしたり頑張ると大変な事になるかも知れないからです。

休養を取ってしっかりと寝て回復させていくとギックリ腰は徐々に治っていきます。ギックリ腰は捻挫ですから3日くらいかかることもあります。足首がネンザしたりすると体を支えることもしていないから動けますが。

腰はそうはいきません。体を支えることをしているので動くのも大変ですが、ギックリ腰の原因は骨盤の歪み・背骨のズレです。これが最大になっている時に何かをしたら痛くなります。何かをしたらと言うのは重いのもを持つ、中腰、前かがみ、同じ姿勢、クシャミなどです。

特に骨盤の歪みがあっても軽ければ痛みはありません。しかし日々、又は時間とともに変化しています。骨盤の歪みが大きくなったり軽くなったりしていますから、骨盤の歪みが大きくなった時に痛みになります。

腰痛と骨盤の歪み・背骨のズレ

 

腰痛、腰の痛みが起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。骨盤の歪み・背骨のズレが起きると上肢と下肢をつなげている部分ですから、特に骨盤の歪みが起きると重たい体を支えることができません。だから最大に骨盤の歪みが起きた時に腰痛、腰の痛みになります。

腰痛、腰の痛みが起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレだけではなく切っ掛けも必要です。この両方が揃ったときに腰痛、腰の痛みになります。

切っ掛けとは、重いのもを持ったりすること、庭仕事で長く座っている姿勢、車の運転で同じ姿勢、足を組む姿勢、横すわり、あぐら、前かがみ、掃除をしている前かがみ、洗濯する時の洗濯物を取る姿勢、料理を作る時の前かがみ、布団が合わない、靴下を履こうとして前かがみ、靴が合わない、などなどです。

同じことをしても腰痛、腰の痛みにならないのは、骨盤の歪み・背骨のズレの関係です。骨盤の歪み・背骨のズレがない方はいません。誰でも骨盤の歪み・背骨のズレは多かれ少なかれあります。

しかし骨盤の歪み・背骨のズレも大きくなったり小さくなったりしています。

疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレに

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。この多くなるものが骨盤の歪み・背骨のズレになります。これは疲れやストレスです。疲れやストレスがない方はいません。疲れやストレスをわかっていない方はいますが。

例えば朝、起きる目覚ましも精神的な緊張を起こします。携帯などの電話がかかってきた時の音、ベルも精神的には良くないものです。

テレビで漫才の方が叩かれるのを笑ったりすることも気が付いていないけど抑圧に感じています。人が大声で話したりすることも、怒られたりすることも気が付いていないけどかなりの抑圧です。

それがある上に生活で疲れやストレスがたまったり、仕事でも疲れやストレスがたまります。そして、さらに睡眠負債でも疲れやストレスはたまります。

色々な疲れやストレスが体にたまっていきます。しかし疲れやストレスがたまる所があります。疲れやストレスがたまる所を意識する方はいません。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

疲れやストレスと腰痛、腰の痛み

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると体は内部から崩れていき骨盤の歪み・背骨のズレになります。姿勢で骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

骨盤、背骨は中枢神経を守っています。簡単に歪んだりしたら守れません。しかし体のから崩れを起こすと骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みを起こす原因の内臓は腎臓です。つまり腎臓疲労が骨盤の歪み・背骨のズレになります。

内臓と腰痛、腰の痛み

人の体は弱い内臓とそうでもない内臓があります。強いではありませんが、そうでもない内臓は骨盤の歪み・背骨のズレにはなりません。

弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすくなります。弱い内臓に疲れやストレスがたまると腎臓に関係する筋肉がありますから筋肉バランスが崩れていきます。この筋肉が大腰筋、腸骨筋と言う筋肉です。この筋肉がバランスが悪くなってくると骨盤、背骨を引っ張ってしまいます。

しかし、ここまで解消しなくても腰痛、腰の痛みを楽にすることはできます。腰痛、腰の痛みを楽にする治療とは湿布を貼ったり、マッサージしたり低周波治療器や電器をすることいいます。これらの治療法を対症療法と言います。

対症療法は原因なんかは関係ありません。骨盤の歪み・背骨のズレも改善していません。しかし痛みは楽になることもあります。

楽にすることと、直していくことは違います。

痛みがない時でも原因はとどまることはなく進行していきます。

 

腰痛、腰の痛みとは

行橋市みやこ町苅田町などから多く方が来院している人気がある30年になる腰痛腰の痛みはカイロプラクティック徳力整体院

2018年06月01日
» 続きを読む