腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていこうと思うなら腰痛の原因になっているものから改善していかないと一時抑えにしかなりません。

腰痛を起こした時には急激な強い痛みというのは湿布を貼ってもよくなることもあればマッサージをしてもよくなることもあればお灸や指圧をしても楽になることがありますし 注射を打ってもサプリメントを飲んでも楽になることはあるかも分かりませんが根本的な原因は残ったままになっています。

原因から改善しないと繰り返すこともあるし慢性化しやすいということもありますし 長期にわたって悩んだり患うことになるかも分かりませんけど腰痛としてではなく形が違ったものとして 出てくることもあります。

腰痛というのは、どうして腰痛が起きたのかという原因がありますので 原因から見つけて改善していくことをしないといつまでも慢性化しやすく徐々に悪化して悪くなることもあります。

腰痛というのは腰の痛みがないときでも原因は進行していくこともありますから原因が進行してしまうと大変なことになっていきます。

腰痛を起こす時には切っ掛けと原因が両方とも重なった時に腰が痛くなったり腰痛になります。

切っ掛けというのは普通一般的に原因だと思われているものなんですがそれは姿勢に関係しています。

姿勢というのは重たいものを持つことや何かを取ろうとして前かがみになった時に腰が痛くなったり 中腰をして腰が痛くなったり 靴下を履こうとして腰が痛くなったり くしゃみをしただけでも腰が痛くなるということが切っ掛けです。

切っ掛けとは、

重たいものを持つなどして 体が支えられない時に腰痛になります。

横座りをしていると 体の維持ができないと腰痛になります。

あぐらを組んで座っていると体の維持ができないと腰痛になります。

庭仕事などで 座って仕事をしていて立とうとした時に腰が痛くなって腰痛になります。

車の運転をしていて座っているだけでも姿勢が悪いと腰痛になります。

朝起きたら腰が痛くなっていることもあります。

布団が 悪くて腰痛になることもあります。

デスクワークで座っていると腰が痛くなる方もいます。

立ちっぱなしの姿勢が多いので立っていると腰が痛くなって腰痛になる方もいます。

くしゃみをしただけで腰が痛くなって腰痛になる方もいます。

これらは全て原因ではなく姿勢です。

腰痛の原因は

腰痛の原因として考えられることは 骨盤の歪みや骨盤の開きです。

骨盤の歪みや骨盤の開きがあると骨盤が不安定になって上肢と下肢をつなげることができませんし維持することができませんから不安定状態になります。

何かをする時には骨盤の部分に一番負担がかかりますので重たいものを持つことは重たいものを持つよりも体を支えることに大変な重圧はかかります。

上野からだと 足をつなげる骨盤ですから試験になってしまうと大変な重圧がかかってしまって 腰を曲げるだけでもすごいことが腰の部分に起きていますので てこの原理を考えればわかるように腰というのは 中心になるものですから何をしても 何十キロという負担がかかっています。

何十キロという負担がかかるのに骨盤の歪みや骨盤の開きがあったりすると 骨盤が不安定状態になってそれを維持することができませんから維持することができないと腰が痛くなって腰痛になっていきます。

骨盤の歪みや開きが起きる原因は

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きる原因がありますので何も原因がなくて骨盤が歪んだり開いたりすることはありません。

骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのは中から崩れた時に起きていますので 人の体の中というのは 水分と筋肉や靭帯やリンパ管や神経や骨や皮膚や皮下脂肪などがあります。

その中でも一番骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因は内臓です。

内臓といっても病気ではありませんので何でもかんでも病気というのを結びつけることなく説明をよく聞いてください。

骨盤の歪みや骨盤の開きを起こす原因は内臓にたまる疲れやストレスです。

普通一般的に疲れたとかストレスが溜まったとか よく言うと思いますがこの疲れやストレスは筋肉にもたまりますが最終的には内臓に多くの疲れやストレスの溜まっていきます。

内臓に多くの疲れやストレスがたまると内臓の働きが弱っていきますので弱った段階では病気ではありません。

病気ではないのでいくら病院で検査をしても異常なし又は健康ということになりますが病気というのも 一日や二日で病気になることもなく 半年でも病気になることはなく1年や2年でもなく5年や10年でもなく15年から20年かけて細胞の変化が行われてゆくゆくは病気になっていくということです。

細胞の変化というのは短期間で起きることはありませんので長期間徐々に病気の方に進行していきながら細胞が変化していきながら完成するか完成間近で検査をすると数値の異常が出て病気ということになります。

完成してしまわないと分からないし完成間近でやっとこさ異常反応が出てきますのでその時には病院に行くと検査してみるともう病気になっていますから病名がついて何らかの治療が始まります。

しかし完成するか完成間近の前ではいくら検査をしても精密検査をしても分からないことが多くありますので病気になっていないというだけであって完成していないというだけです。

内臓が骨盤の歪みや骨盤の開きを起こしていますので 内臓も多くの内臓がありますけど腰痛に関係しやすいのは腎臓と前立腺、膀胱、子宮です。

主に腰痛としてこの中でも一つをあげるとしたら腎臓です。

腎臓の働きの低下が 筋肉バランスの歪みを起こして骨盤の歪みや 開きを起こしていきます。

腎臓に疲れやストレスが溜まっていくと腎臓の働きももちろん悪くなりますが 腎臓に関係する大腰筋腸骨筋のバランスが悪くなってしまって 大腰筋腸骨筋のバランスが悪くなると骨盤を歪ませることになりますので 歪みが起きれば骨盤が開いたりということが起こります。

ですから腰痛の原因は腎臓に溜まった疲れやストレスが原因で腎臓疲労が起きて腎臓の働きが弱ることが筋肉バランスの 問題を起こして腰痛になっています。

腰痛の方の腰の部分を見てみると腎臓がある部分が非常に固くなったりはったり熱を持っているということが多くあります。

腰痛というのは大腰筋腸骨筋のバランスが悪くなった状態が起きると骨盤が引っ張られたり不安定状態になっていきますので不安定状態になればなるほど骨盤は歪みを起こしていきます。

骨盤の歪みも程度があっていつも腎臓が弱い肩が疲れやすトレスがたまりやすく疲れやストレスが溜まって大きくなったり少し戻ったりということの変化が起きています。

歪みはズレというのも程度があって大きくなったり軽くなったりしていますので今日は腰痛がいいとか昨日は腰痛がひどかったとかいうことが起きていますので変化しています。

体質改善

当院では腎臓の若返りをさせることができる体質改善という治療がありますが体質改善の治療は強いため体調の準備が整わない方はできません。

腎臓の細胞を少しづつずつでも若返りさせてよく働くようにしていることや腎臓自体を強くしていく方法が体質改善であり若返りの治療でありアンチエイジングの治療になります。

体質改善の治療は風邪をひいているとできないし 疲れやストレスが多く貯まれば貯まるほどできません。

体質改善の治療ができるのは早い方で3回目ぐらいになります。

体質改善の治療は一週間に一回というよりも一回以上を来院して治療を受けていないとできません。

特に最近は眠りが浅い方が多くなっていますので夜に寝たら朝まで目が覚めないという方が多くいますが、本当に身から眠ることができているのかということがありますので眠りが浅い方は、なかなか体調が上がりにくく体質改善の治療をすることができませんので自分の状況をよく考えるようにしてください。

腰痛の原因

行橋市で 腰痛を楽にするなら行橋市からも多くの方が訪れている30年になる 腰痛 を楽にしている徳力整体院。