人気がある小顔矯正

当院では人気のある評判の良い 小顔矯正 をしています。

当院の小顔矯正はボキボキすることもなく痛いこともなく怖いこともなく顔を無理に押さえつけたりすることもない小顔矯正をしています。

そして小顔矯正をする時には電気や機械などを使うこともせず 顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は 院長の手だけで顔を小さくすることができる小顔矯正です。

当院では30年の小顔矯正の経験がありますのでいつも努力して研究することをしていますから 手の技術力だけで顔を小さくすることができます。

小顔矯正をしていくときには 顔を無理に押さえつけたりすることもなく院長の手と秘密のテクニックを使いながら 小顔矯正をしていきますので顔をマッサージして揉んでいるだけで顔が小さくなっていく小顔矯正です。

小顔矯正をしていくときには顔をマッサージするようにと言いましたが マッサージをしているわけではなくマッサージをして顔が小さくなるということはありませんが他の方から 小顔矯正をしている時に 横で見ていると 顔をマッサージしているようにしか見えません。

小顔矯正を受けている方も顔をマッサージしてるようにしか見えない子顔を揉むようにしていて いるようにしか見えません。

顔を小さくしていく小顔矯正は

当院では院長が自分の手と秘密の技術を使いながら小顔矯正をしていきますので初回から顔が小さくなっていく矯正をしています。

小顔矯正の方法と検査をすることができますので検査をしてみて 顔が小さくなることがわかりますので判断のもと小顔矯正をしています。

今まで多くの方の小顔矯正をしてきましたが 検査をしてみてわかったことがあります。

今まで多くの方を検査してみて 全員と言っていいほど顔に何らかの異常が起きています。

特にアゴの部分などは、また顎のラインなどは多くの方が異常になっていますのでその異常を矯正して整えていくだけで顔が小さく顎のラインが特にほっそり引き締まっていきます。

顎のラインの異常というのは炎症や腫れが起きているということです。

目で見ても分かりませんけど検査をすることで、それが分かっていますのでわかったら矯正して治療することで顔が細くすっきりしていくという小顔矯正をしています。

自分の顔に炎症やはりがあるということは信じられないかもしれませんが色々な痛みやハリ、コリ を感じないからと言って異常がないということはありませんので目で見て判断できないということが多くあります。

目で見てわからないものをどういう風にして矯正して顎のラインをすっきりしていくのかということが一番、大事な問題になります。

小顔矯正をして行く前に

当院では小顔矯正をして行く前にはご自分の両方の手のひらで大きさや幅や輪郭などを覚えてもらうようにしています。

必ずこれはしてもらうことですが小顔矯正をする前と小顔矯正をした後が変化したのがよくわかるということで、この方法を用いてます。

しかしこの方法と言うのは簡単なものではありませんので簡単に触ってしまって覚えたつもりになっている方ほど、どんなに顔を小さくしてもわからないという方がいます。

人の記憶というのは色々やってしまうと分からなくなりますので当院の院長が説明して顔の触り方を言いますので同じように触って覚えてもらうだけなんですが簡単なことではありません。

小顔矯正をするときに覚えてもらう方法は、顎の部分に両方の手首を合わせるようにして持って行って 手のひらを少し広げて顔を覆うようにして触るという単純なものなんですが鏡で見て判断するよりもかなり難しく 感じます。

当院には院内に鏡も置いていますので鏡で見て判断するというのも構いませんができるだけおすすめしている方法は両方の手のひらで顔を触って覚えてもらうということです。

顔を触る時には

小顔矯正に入る前に顔を触る時には顔の左右差がありますから再度さを感じながら触って覚えるとよく分かって行きます。

顔というのは右半分と左半分が大きさが違ったり形が違いますのでこの形や大きさを覚えておくということで左右差という感じにしています。

両方の手のひらを広げて顔を覆うようにして触ってもらいますが手のひらや指が浮いてしまうとよくわからないということもありますので浮かないようにして左右さを感じながら触ります。

顔の左右差を触る時に密接するようにして触って右が大きいとか左側が大きいとか右の一部が出っ張っているとかいう感じを良く感じながら触るということが一番大切になります。

痛くない小顔矯正

ボキボキしない痛くない小顔矯正を基本的にしていますので 初回から顔が小さくなると評判の良い小顔矯正ですが 小顔矯正を 希望されてきたかの多くは体調がすごく悪く体調の悪さを感じていない方も多くいました。

どうして小顔矯正で体調が 気にするかと言うと体調が悪い方は踊りやすく効果がなかったりすることもあるからです。

自分の体調や体力が落ちていることが分からない方も多くいますので体調が落ちていると維持する力がありませんので、どんなに小顔矯正をしても維持する力や持続する力がありません。

最近は多くの方が 夜に寝ていますがほとんどの方が深く眠ることができないという方が多くなっていますので深く眠ることができないと脳に疲れやストレスが溜まっていきます。

初めは脳に溜まる疲れやストレス程度で済むわけですけど徐々に多くなってバックレばくるほど日々多くなればなるほどどんどん疲れやストレスが脳に溜まっていて脳疲労になっていきます。

脳疲労になればさらに進んでしまうと脳が衰弱してしまっているという方も多くなっています。

脳が衰弱してしまうと痛みはこりを感じにくい脳マヒまで落ちてしまう方がいますから痛みやコリを感じないということはどう麻痺が起きているという証拠になります。

眠りというのは、ただ寝ていればいいというわけではなくどれくらいのが休養をとることができるか内臓が休むことができるかいうことになります。

昔でしたら寝ようとすると眠れなかったり夜中に何回も目が覚めてしまったり夢ばかり見たりということが多くいましたが最近は夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると大きな勘違いをしている方が多くなっています。

夜寝ているから朝もあくびが出ないし寝ようとした時にもあくびが出ない と思っている方が多く自分は寝ていると勘違いしています。

夜に寝たら朝まで目が覚めない方は最近は多くの方が妄想に近い睡眠をしています。

妄想に近い睡眠というのは寝ながら考え事をしているという睡眠になります。

寝ながら考え事をしていると睡眠が一番最悪な睡眠ですから最悪な睡眠が多くなればなるほど長期に渡れば渡るほど 脳疲労や脳麻痺などになっていって睡眠負債状態になりますから睡眠負債というのは取り返しがつきません。

脳が急速に脳細胞の減少を起こしていき脳の中が空洞化が生まれて認知症や地方になる確率が高く内臓もそれに応じて弱っていますので脳梗塞や心筋梗塞またその他の病気に急速に進行していくからです。

寝ながら考え事をする睡眠というのは目が覚めた瞬間にそのことを忘れてしまいますので単純に眠れていると思っていて朝から急にパッと動けるような睡眠です。

朝目が覚めても眠くて眠くてしょうがないという睡眠ではなく朝からすぐに動ける睡眠が寝ながら考え事をしているという睡眠になります。

こんな状態の体調の方が小顔矯正を気にすると骨盤の歪みや背骨のズレが大きくあるのにそれさえもわからないという方がいますし痛みは栗が起きている状態が起きているのが予想されるのにそれさえもわからないということになりますので小顔矯正をしても戻りが大きくなります。

 

 

 

行橋市で人気のある 小顔矯正 をしています。