肩こりを楽にしていくためには

肩こりというのは筋肉のこりというイメージがどうしてもつきまといますので筋肉ばかりほぐして肩こりを良くしたように改善したように思われていますが筋肉というのは 筋肉疲労から起きるものなので 筋肉を使うつまり方を使うと筋肉疲労は起こるのは当然ですから筋肉をほぐして 肩こりを楽にしていく方法をしています。

肩こり を楽にして行く時には 色々な治療法が存在しますが多くの治療法の場合 肩こりを治しているというよりも一時的に楽にしているだけだと思います。

一時的に楽にする治療法のことを 対症療法と言います。

対症療法を紹介していくと 一番簡単な 温かい湿布や冷たい湿布などを貼って 肩こりを楽にしていく方法と マッサージなどをして筋肉を揉んで肩こりを楽にする方法と 低周波治療器などをして肩こりを楽にする方法と サプリメントなどを飲んで肩こりを楽にする方法と 整体院やカイロプラクティック院で 強制することで肩こりを楽にする方法と 鍼灸院で鍼やお灸をして肩こりを楽にする方法と 指圧をして肩こりを楽にする方法があります。

しかし今まであげたもの全ては対症療法という治療法です。

対症療法というのは 原因は関係なく調べることもなく検査することもなくただあてたり揉んだり刺激したりという治療法です。

ここで整体院やカイロプラクティック院の背骨矯正を中に入れたのはその先にあるものを考えて治療することをしていないからです。

肩こりを楽にすることと肩こりを直していくということは全然意味合いが違います。

肩こりを楽にしたら当院では 直すことをしていきます。

そのためにも検査ができないとただ筋肉のコリをほぐすばかりになってしまいますので 筋肉をのコリをほぐすことも必要ですがその先にあるものをも見つけていかなければいけませんので検査をして見つけることをしていきます。

本当に肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のコリばかりほぐして 直したという気にしていますが その先にあるものはという考えもないし見つけることもないから原因を治しているわけではないと思います。

肩コリには重大な、また重要な原因があって起きていますので単純な肩こりというのはあまりありません。

肩こりというのは原因があって起きているということですから筋肉のコリだけで起きている肩こりはないと 言い切ることができます。

しかし 筋肉のこりだと思い込んでしまっている専門家の先生も多くいますのでまた検査することもできない方が多くいますから当院では検査をすることで異常のある部分を見つけて治療することをしています。

当院で簡単にしている検査がありますが簡単に検査をしているだけであって本当は簡単な検査ではありません。

当院の院長が30年間研究して積み上げたもので している検査ですから30年間の期間を要して積み上げた研究した 検査です。

検査することをできるから簡単にしていますが簡単な技術ではありませんので簡単に見えても 大変なことをしています。

30年間の経験から簡単そうにしている検査というのも他の方がすれば意味が分かりませんして気もしませんから簡単な技術で検査をしているわけではありません。

当院の院長は筋肉のこりも検査で本当にこりが起きているのかということを見つけたりすることもできますので検査することでいろいろな状況がわかってきます。

肩コリと言うと

1、筋肉のこり

2、背骨の歪みはずれ

3 、背骨の歪み何が起きている原因

肩こりと言うと最低でも、この三つの状態を検査して異常のある部分を見つけて改善していくようにしていますが多くの肩こりの場合この三つとも全て関係しています。

そしてもう一つ関係するものがあります。

全てに関係するものですが、それは体調の悪さです。

体調が良い時には肩こりは軽く感じて、また肩こりは起こりません。

体調が落ちた時悪くなった時には肩こりはひどく感じて しまいます。

体調というのは計測する機械もないし自分でも 分かりにくいのが体調というものです。

病院の先生でも体調を見ることまたは測ることができませんので見た目で見て判断するしかなくグターとしていなければ体調が良いかと言うとそういうことではありませんし元気そうにしていても体調が悪いということもあります。

体調の悪さというのは自分でも測れないものですが遠いではその体調の検査をすることができますし体調の状態を図るというものが基本的なものになります。

総合的な体調の状態がわからないのにそれ以上のものがわかる理由はありませんから体調の悪さというのは基本的なものです。

体調が悪いから筋肉のこりは起きています。

体調が悪いとリンパの働き悪くなって老廃物が多く溜まっています。

体調が悪いから循環が悪くなっています。

体調が悪いから内臓の働きも低下しています。

体調が悪いから風邪をひきやすく なります。

体調が悪いから骨盤の歪みや背骨のズレが起きています。

体調が悪いから 背骨がズレて筋肉の緊張やこりが起こります。

肩こりを検査する時には体調というのは基本的なものになりますから基本的なものを検査することである程度の状態が分かってきます。

疲れやストレスの蓄積

普通一般的に、疲れた〜、ストレスが溜まった、と言いますが、この疲れやストレスは一体どこに溜まっているのか。

日常的に生じる疲れやストレス生活する上で溜まる疲れやストレス仕事をする上で 蓄積される疲れやストレスというのが色々なストレスがありますが。

この疲れやストレスというのは一体どこに溜まっているのでしょうか。

もちろん筋肉にも疲れやストレスは溜まります。

しかし筋肉に溜まる疲れやストレスなんか軽く感じるぐらい 内臓に疲れやストレスが溜まります。

筋肉にたまる疲れやストレスの何十倍もの疲れやストレスが内臓に溜まっていきます。

しかも疲れやストレスというのは際限なく限界なく内臓に溜め込んでしまうことができますので溜め込んでしまった結果内臓の働きが悪くなったり炎症を起こしたり腫れたりということが起こりますけど病気ではありません。

内臓に疲れやストレスが溜まることは内臓疲労という形になって 骨盤の歪み 背骨のズレなどになっていき悪化させると椎間板ヘルニアになったり します。

疲れやストレスがたまりば貯まるほど内臓に溜まって言ってないぞに溜まった疲れやストレスが減らないと歪みはひどくなったり、また 椎間板ヘルニアにもなる可能性が多くなります。

しかし最近多くの方が 眠りが浅くなっていますので眠りが浅いと脳疲労が起きていきますので脳疲労が起きると 脳麻痺に繋がっていきますからローマ暇で進行してしまうと痛みやコリを感じなくなって骨盤がどんなに歪んでいても背骨がどんなにずれていてもヘルニアが起きていても何も感じませんから体調が良いと思っているという方もいました。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから 寝ていると思っています。

夜に寝る時間になったら 寝て朝まで目が覚めることがないから寝ていると思っています。

実際に、そうでしょうか。

当院では 眠れているかどうかということも検査対象でしていますが多くの方が眠れていませんので眠れていないということを言いますが本人がわかってない方が多くいます。

当院の院長は30年の経験で色々な形の眠りの問題を解決することもしていますからその解決する前に検査することをしてどういう状態になっているか眠れているのかということを判断しなければいけませんから判断するためにも色々研究したりしています。

どうして眠りと肩こりが関係するのかと言うと体調も悪いから歪み何が起きていて筋肉の凝りが起きるのは当然だし体調が悪くて眠りが浅いと心臓の負担になって いることが多く心臓の負担が起きると肩の部分に歪みがずれが起きやすいからです。

行橋市から多くの方が 肩こり を楽にするために訪れています徳力整体院です。