生理痛を 解消するために

生理痛を改善しようとを考えるなら 薬や痛み止めを使っても構いませんが使わなくてもいいように 改善して直していくことが一番重要になります。

生理痛が起きるのは生理だから当たり前だと考えるのは 違います。

生理痛が起きる時には原因があるから生理痛になっている理由で生理だから生理痛が起きるのは当たり前と思うのは 原因の進行を招きます。

生理痛が起きる時には原因がありますからその原因を見つけていくことをしています。

生理痛が起きる時には ホルモン系統の問題も関係しますし 内臓も病気ではありませんが深く関係していますのでその両方から改善していくようにできれば生理痛は楽になっていきます。

多くの生理痛の場合 ドラッグストアや 病院で薬をもらうことをまたは買うことが多いと思いますが ほとんどは生理痛を治すというよりも一時的に抑えることしかしていません。

生理痛が起きる時には原因があって起きていますのでその原因を見つけることなくただ闇雲に痛み止めを使っていては原因はいつまでも同じままではありません。

痛み止めばかり使っていると

原因がどんどん進行してしまうと大変な事になりますのでその原因から変えていくことを当院ではしています。

生理痛が起きる時には 体質と体調が深く関係しています。

生理痛が起きやすい体質というのがあります。

生理痛が起きやすい体質を持っている方が 生理の時に体調を落としていると生理痛がひどくなります。

生理の時でもいつでもひどいかと思いますが 生理痛が軽かったり変化している場合があります。

この変化が起きるのが体調に関係しています。

生理痛が起きやすい体質の方が生理の時に体調を落としたり調子を落としたりすると生理痛はひどくなります。

例えばですけど 体調落としていたり調子を落としていると骨盤の歪みや骨盤の開きが起きますので骨盤の歪みや骨盤の開きが起きると 中に入っている内臓は正しく働くことができません。

正しく働くことができないと生理痛になります。

骨盤の歪みや骨盤の開きというのは骨盤に入っている内臓全てに関係しますので 便秘などが起きてしまったり膀胱炎などが起きたり生理痛になったり生理不順になったり膣炎になったりすることが多く見受けられます。

体調が悪くなればなるほど自分で気が付かなくても骨盤の歪みや骨盤の開きが起きています。

体調が悪いと言うと痛みやこりという感じもありますがある現象が起きていると痛みが凝りは感じません。

このある現象というのが眠りに関係しているものなんですが最近多くの方が 眠りが浅いのに 眠れていると思っています。

眠りと言うと昔でしたら出るときに 寝つきが悪くなっていたり 夜寝ていても1時間に1回目を覚ましたり夢ばかり見たりという方が多くいましたが最近の眠りのトラブルの方は 夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方です。

当院では検査をすることができますから検査をしてみると本当に眠りができているかということがわかります。

眠りができていない方はどういう状態なのかと言うと寝てはいますが誰が見ても人が見てもスースー寝息を立てていますが頭の中は寝ながら考え事をしているという状態になっています。

そのため骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくなりますし背骨のゆがみ何も大きくなって頭蓋骨が変形状態を していますが普通でしたら痛みやくりを感じなければいけませんし体調の悪さを感じなければいけないんですが 眠りが浅いと脳疲労が起きていき脳疲労が多くなると脳麻痺に繋がっていきますので脳麻痺になると痛みやこり体調の悪さも感じませんし風邪をひくこともできません。

体内に 風邪の細菌が侵入していても脳の力がないと風邪を発症させることもできません。

体というのは脳の力で拒絶反応を起こして熱をあげたり咳やくしゃみが出たりということをしています。

眠りが浅いということは 拒絶反応を起こすことができませんので 熱を上げることもないから風邪の細菌が多く体内に入って増殖してきても何も感じないし平気な状態ですから寒い格好しても風邪を引くようなことをしても風邪をひきません。

眠りというのは寝ながら考え事をしているという状態が多くなっていますので眠りが浅くなればなるほど睡眠負債状態になります。

一度起きてしまった睡眠負債状態というのはお金のように苦労してでも返すことができればいいんですがそういうわけにはいきません。

睡眠負債というのは自分の体の老化を急速に全て行きますので脳梗塞や脳溢血になって言っています。

今からなるのではなくもう進行途中だということです。

これが睡眠負債などで睡眠負債がある方は脳下垂体ホルモンや体のホルモン系とすべてがやられてしまってもちろん中枢神経系や大脳や内臓全てが悪くなって体働きが低下していきます。

睡眠負債が多ければ多いほど脳疲労が多ければ多いほどホルモン系なども全て働きが悪くなってしまいますので、それだけでも生理痛になります。

睡眠負債が多ければ多いほど骨盤の歪みも大きくなりますので骨盤の歪みが起きれば生理痛になるのは当然です。

睡眠負債状態が多くなったり寝ながら考え事をしているという睡眠が多くなって脳疲労が起きてしまうと 弱りという段階ではなくなって炎症をやハレという方も多くいますしそれ以上の状態が起きているという方も多くなっています。

当院では睡眠負債やでながら考え事をしている状態なのかどうかということも検査して 行くことができますが、初回からいろいろは検査することはできませんので初回は体調と一番トップで反応している内臓だけです。

基本的なものは体調なので体調を見れば、どの段階かどういう状態かということがわかりますし、一番大切なのは脳疲労が起きている方は多くの場合 奈落の底のような体調をしている方もいますし、無限大まで落ちているという説明をすることもあります。

体調の悪さも段階がありますので段階がどの段階なのかということを検査して見つけることをして判断していきます。

当院の検査というのは目で見て判断するものではなく状態を深いレベルで検査することができますので中の状態がどうなってるかということをイメージ化しながら説明も治療もしています。

病院で検査するというのも 尿検査や血液検査など色々な検査法がありますが病院で行う検査というのは病気の検査ですから 当院では病気の検査はしていません。

体をかえていくためにも

体を治していくことを目的として生理痛を改善していく方法ですから病気ではありませんのでご注意してください。

当院の生理痛を改善していく方法には体調を上げて整えていく方法と体質改善という治療で若返りをさせていく治療法があります。

初回からできる治療法は体調を上げて体を整えていくことで生理痛を軽くしていく方法ですがこの方法では治すことは目的としていません。

生理痛を治す方法は体質改善の治療の方ですから若返りさせることアンチエイジングで内臓を細胞レベルから帰ることをしています。

体質改善の治療は一回や二回とかそういう数回でできるものではありませんので体を治すということは大変な作業を伴いますから 直す 回数というのを気にされる方は治療することはできません。

体を治していくためには本当に手を入れて直さないと直すことは叶わないからです。

体質改善という治療も痛くもなく強くもなくただ寝ているだけでこちらが変えて行くことができる特殊な治療です

 

行橋市で 生理痛 を改善することをしています。