人気のある小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなるので評判の良い人気がある小顔矯正ですが頭院小顔矯正は他とはやり方や検査の方法なども色々あって違います。

当院では小顔矯正をして行く時には検査することを重要視して小顔矯正をしていきます。

他では真似できない検査もできない 小顔矯正の検査ですから 検査をしてると色々なことが分かってきます。

しかし当院の小顔矯正はボキボキもしない小顔を無理やり押さえつけたりすることもなく痛くもなく強くもなく顔の形を小さくしていく小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は簡単にしているようにしか見えないために簡単にして顔を小さくすると思われていますが簡単な技術で顔が小さくなるんでしたら自分でやっていると思います。

そこが専門家の小顔矯正と素人の小顔矯正の差です。

素人の方がやってもいないのに当院の院長の小顔矯正を見て誰でもできると思うと考えること自体が全然わかってない証拠です。

当院の院長は小顔矯正の30年の経験があるベテランの 簡単にしているようにしか見えないだけです。

簡単な小顔矯正でしたら素人の方でもできるわけですから自分でやってみて 変化するかと言うと 変化しないと思いますのでそれだけ特別な小顔矯正ですが簡単にしているために誰でもできる自分でもできると思う方が 多くいます。

しかし簡単にしている矯正ほど難しく高等的な技術はありませんし誰でも真似できる技術ではありませんので30年の研究と秘密のテクニックを使いながら顔を小さくしていく小顔矯正ができます。

当院の院長が小顔矯正をしていくときには どういう風にして顔を小さくしていくのかと言うと 顔をマッサージしたり顔を揉んだりしているだけで顔が小さくなる小顔矯正をしています。

特殊な技術を使っているという理由がありますが これは特殊すぎて言えませんので 避けて行きます。

小顔矯正をする時に緊張が顔を揉んだりマッサージをするようにして体を動かすことで顔を小さくしていくという感じで小顔矯正をしていますが体を動かさなくても置いたままでも 顔が小さくなるということもあるくらい秘密のテクニックを使っています。

また顔を触らなくても体の調整をするだけでも顔が小さくなるという子顔矯正もしています。

また体を何も触らなくても顔が小さくなるという子顔矯正をする時もありますがこれは信じてもらえませんのでしていません。

顔を小さくするというのは 顔の治療するという感じで 顔を小さくしていきます。

多くの小顔矯正をする専門家の先生の場合顔を無理に押さえつけたり していることが多くありますが当院の小顔矯正は本当に顔マッサージしたり顔を揉んだりしてるだけで顔が小さくなる小顔矯正です。

当院の院長は顔の異常を見つけることができますのでその異常を治療していくことで 顔が小さくなっていきます。

顔の異常を見つけていくことも大変な作業を伴いますので検査することが できないと顔の異常のある部分を見つけることも見いだすこともできません。

検査することも30年間研究と訓練を積んでいますので精度が高く 検査することで顔の異常のある部分を見つけ出すことができます。

検査をして異常のある部分を見つけることができたら、では、それをどうすれば顔小さくできるかということになります。

例えばですけど検査ができても治療することができなければ顔が小さくなりません。

治療することができても検査ができないと顔を小さくすることができません。

両方の技術が伴って初めてできる小顔矯正です。

マッサージをするようにして顔を小さくすることができるという小顔矯正こそ最高レベルの テクニックがないと できない矯正です。

東院小顔矯正をしていくときには小顔矯正を始める前にご自分の両方の手のひらで 大きさや幅や輪郭などを触って覚えてもらうことを必ずしています。

顔の大きさを覚えておかないと、どれぐらい顔が変化したのか、小さくなったとかということがわかりませんから。

小顔矯正を始める前に顔の大きさをしっかり触って覚えてもらうようにしていますがこの触り方の方法はすごく難しく簡単ではありませんので簡単に触ったかたほど どんなに顔を小さくしてもわからないという方もいます。

顔が小さくなったのにわからないという方はある問題を抱えている方です。

ある問題というのは 眠りができていないで脳が弱ってしまって 脳にある感覚神経を手に集めることができないです。

当院の院長は30年の経験と実績から 一瞬で触ることをしていますのでそういう触り方をしても普通素人と方はできませんし分かりません。

院長と同じように触っても分かりませんから 自分の顔を触る時には顎の部分に手首をつけて手のひらを広げて顔を見せずするように手のひらを動かさないように自分の顔を触ります。

ただ触るのではなく左右の大きさや幅を感じようとして触るということが大切なことです。

顔の大きさや幅を感じようとする時に手に感覚神経の集中ができますのでその感覚神経の集中がまして確認して覚えるということができます。

一番大切なのは 左右差を覚えようとすることです。

顔というのは左右対称でもないしシンメトリーということはありませんので必ず顔の右と左に違いがあります。

右と左の顔の違いを触って覚えることをしてもらうことが左右差ということになりますから左右差を感じながら触るということは手に集中力が増しますからそれで触って覚えているということになります。

しかしこの触り方は鏡で見るよりも 大変難しく簡単ではありません。

簡単に触った方ほど分からない方が時々います。

小顔矯正の方法には二通りの小顔矯正があります。

一つ目の小顔矯正は初回からできる小顔矯正ですが 体調を上げていく小顔矯正という風に説明をしています。

もうひとつの小顔矯正は体質改善による小顔矯正なので 体質改善という小顔矯正はアンチエイジングの小顔矯正であり若返りをさせる小顔矯正です。

体調は出ていくことでも顔が小さくなる小顔矯正ですが体調理由だけでは持続する力がありませんし維持する力がありません。

この持続する力や維持することができないというのは原因があります。

持続する力や維持することができないというのは自分の体に原因があります。

自分でも気が付かないうちに 体に多くの疲れやストレスが溜まっていて 疲れやストレスがたまりば貯まるほど体調が落ちていきます。

体調が落ちるということは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨の歪みや背骨のズレ頭蓋骨の変形状態なども起きていきますのでこういう状態では維持する力があるわけはありません。

眠りがしっかりとできていない方は脳疲労になっていますので脳疲労が起きている方は維持する力が脳にありませんので 戻りやすくむくみやすく歪みやすくなります。

最大の問題は眠りにありますので最近多くの方が寝ているつもりの方が多くなっています。

夜になったら寝て朝まで目が覚めないから寝ている と考えてる方が多くなっていますが本当に脳から眠る睡眠ができているのでしょうか。

多くの方が寝ながら考え事をしているという漢字の時間が長く夢を見るというよりも 寝ながら考え事をしている時間が80%から90%になっています。

この状態の睡眠をしていたら 目が覚めた瞬間に忘れてしまいますので寝ていると勘違いしていることも分かりますが この睡眠のことを睡眠負債と言います。

睡眠負債が多ければ多いほど脳疲労が起きて脳麻痺になって 痛みが凝りが起きる状態が体に起きていても感じませんので脳細胞の減少が起きたり内臓も急激に悪くなっていきます。

 

当院では行橋市からも多くの方が訪れている30年の経験がある 小顔矯正 をしています。