肩こりを楽にしてくためには

行橋市 肩こり  を楽にしようと思うなら原因を見つけ出さないと本当の意味で肩こりは楽になることはありません 。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のコリを中心にほぐしていたり解除したりすることが多く見受けられますが確かに筋肉の凝りも筋肉疲労やリンパの流れが悪くなって送りますので筋肉疲労から起きた肩こりを楽にしていくことから始めていきます 。

肩こりと言うと 筋肉ばかりほぐしていても肩こりを楽にすることができます。

そのため一般的にも筋肉ばかりほぐしていることが多くあります。

表面上の筋肉ばかりほぐしているとその下にあるものはどんどん悪化してひどくなっていきますので肩こりを感じないからと言って治ったと思わない方がいいと思います。

肩こりというのは 筋肉のコリだけで起きている方もいますが、その先にあるものをを見つけていくことをしないと検査してみると大変多くのことが起きていて すごい状態になっています。

肩こりと言うと筋肉のコリ以外で起きているものは背骨の歪み何ですが背骨の歪みは何も原因がなくて歪んだりずれたりすることはありません。

背骨というのは 脊髄が入っていますので中枢神経系を守っている大事な役目を担っているので簡単に歪んだりズレたりすることもなく姿勢でズレたりすることもありません。

骨の歪みはズレ

規制なんかで簡単にずれていたりすると中枢神経系を守ることができません。

では、どうして背骨の歪みや ズレが起きるのかということになります。

背骨の歪みは何というのは大変多くの方に起きていますが程度というのがあって程度が軽ければ何も感じませんし痛みやこりは 感じません。

歪みは何というのは疲れやストレスの蓄積で起きていますのでその蓄積状態に応じてゆがんだりズレたりしていますので軽いということは 疲れやストレス があまり溜まっていないということです。

疲れやストレスというのは日常茶飯時的にあるものですから生活していく上で疲れやストレスが溜まったり仕事をすることでも疲れやストレスが溜まったり同じ姿勢を続けることでも疲れやストレスが溜まったり眠りが浅くなって疲れやストレスが溜まったり ということが 起きています。

疲れやストレスがない方はいませんのでそれを感じているか感じていないかということになります。

疲れやストレス

最近はいろいろな警報音がありますから炊飯器が 炊けた音のピーという音も警報音ですし、スマホなどの音も警報音になりますし車のクラクションでも警報音です。

目覚ましの音も警報音です。

色々な所に気づかせてくれる音というのはありますが、この音が精神的にかなりのストレスを与えます。

テレビなどを見ている時でも長時間テレビを見ないようにという警告の文字が流れるようにテレビを見ることでも 疲れが生じます。

日常茶飯時的に疲れやすとレスは何もしなくても周りに多くありますから体には疲れやストレスが溜まっていないという方はいないということです。

体に溜まる疲れやストレスは最終的には、どこにたまるのか 、体に溜まった、疲れたと言うことには抽象的な要素が含まれていますので抽象的ではなくもうちょっとターゲットを絞る必要があります。

筋肉にも疲れやストレスは溜まりますが さらに何十倍の疲れやストレスはある部分にたまります。

その部分というのは内臓です。

人の体というのは 遺伝的な要素と家系的な要素が含まれて体を作られていますので 遺伝的な要素、遺伝子が関係することが多くを起きていますので家系的に弱さのある部分とそうでもないという部分があります。

内臓にも弱い部分とそうでもない部分がありますのでそうでもない内蔵というのはあまり関係が を期待することはないんですが弱い内臓というのは疲れやストレスは溜まりやすくたまると歪みを起こします。

内臓に疲れやストレスが溜まることが原因で歪みになってその歪みが背骨まで狂わしてしまいます。

この時に起きる狂いというのが背骨の歪みやずれになります。

背骨の狂いが起きると 筋肉が引っ張られたりして肩こりを起こします。

筋肉が引っ張られて肩こりが起きている時にはリンパの働きが悪くなって老廃物が多く溜まったり循環が悪くなるというのは当然起きています。

ですからただ単にリンパの働きが悪くなるということはありません。

何も原因がなくてリンパの働き悪くなっていたら大変なことです。

肩こりというのは内臓に溜まった疲れやストレスが原因で背骨の歪みが起きて歪みが起きると筋肉が引っ張られてこりを起こすというのが 肩こりです。

これを背骨の歪みなどは関係なく内臓疲労をもう関係なく 電気をしたりマッサージをしたり注射を打ったり湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりということで 肩こりを楽にしています。

一応は治療法の一つですから 肩こりが楽に感じるようになります。

しかしその先にある原因も関係なく 肩こりを楽にすることばかりにして直したと思わせることをしているのが今の専門家の方の多さです。

しかし内臓疲労と言うのは簡単に減ってくれませんので内臓疲労が溜まれば溜まるほどどれだけ貯めてしまっても限界なく際限なく蓄積してしまって蓄積状態が多いと内臓は急激に老化をしていきます。

内臓の老化というのはもう少し分かりやすく言うと病気です。

弱い内臓に多くの疲れやストレスが溜まることが起きると内臓は急速に 固くなったり悪くなったりして細胞の変化が行われて 病気になって行きます。

これが肩こりを起こしている時のメカニズムです。

病気として進行しているときも 進行していってるわけですから今現在は病気ではありません。

病気ではないからいくら検査をしても 陽性反応も出なくて引っかかることもなくて尿検査や血液検査も異常なし健康ですと言います。

肩こりであろうと腰痛であろうとどこが痛くても病気というわけではありませんけど何かの異常が起きていて症状を起こしているので健康ということはありません。

第一に健康という問題は色々な意味で言われますが 病気ではなければ健康なのか 痛みやコリがなければ健康なのか 疲れやだるさを感じていなければ健康なのかということがあります。

最近は多くの方が眠りが浅く 寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしてる睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまいますので寝ていると勘違いしています。

昔でしたら睡眠と言うと 寝つきが悪かったり夜中に何回も目が覚めてしまったり夢ばかり見たりということで不眠症という風に言われましたが 最近の不眠症は全然、症状が違う方が多いようです。

最近の不眠症の方は夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方です。

眠りが浅いと 内臓の負担が多くなっていきますし脳は極端に衰弱状態まで落ちてる方がいっぱいます。

しかし眠りが浅いということは睡眠負債状態になっていきますので負債が多くなればなるほど取り返しがつかないくらい悪くなって丸い形解いた京都に疲れやだるさを感じません。

自分の体を自分がよくわかっているという風に言わなければいけないのに全然どんなに歪みやスレが起きていても骨盤が炎症起こして腫れ上がっていても何も感じません。

眠りの浅い形というのは寝る時間になってもアクビが出ることはありません。

普通は寝る時間になったらあくびが出るはずなんですがあくびが出ることはあまりなく眠くて眠くてしょうがないということもありません。

ある程度同じ時間になって寝ていればあくびが出ているはずなんですがまた眠くて眠くてしょうがないから寝る時間になったから寝るという感じが多く出るはずなんです。

しかし睡眠負債状態の方はあくびも少なく 眠くて眠くてしょうがないということも起こる可能性は少なく眠りが浅くなって脳疲労がどんどん進行していきます。

行橋市 などから多くの方が 肩こり が楽になるために訪れています