腰痛を楽にしていくためには

腰痛を楽にしていくことをしていますが腰痛には腰痛になる原因があって腰が痛くなったり腰痛になっていますので原因を見つけることをしていく治療をしています。

腰痛 が起きる時には筋肉や靭帯が炎症起こしていますから温めることなく温めることなく冷たい湿布をしばらく当てるようにしましょう。

初期の方法を誤ると 急激な痛みはなくなっても 腰が重たくなったり腰が痛いと言う事が起きてしまいますので始めの治療を間違えることなく炎症や晴れという状態が多くありますので患部を冷やすようにして湿布などを貼ってください。

また湿布を貼るよりも洋服の上からで構いませんけど10秒か20秒ぐらいアイスノンや保冷剤を当てるということも効果があります。

痛みがある時には炎症やハレで起きていることが多くありますので炎症や晴に対しては温めるというよりも温めるというよりも冷やした方が炎症や腫れが取れるのが速くなるからです。

炎症や腫れに対しては何と言っても温めることよりも温めることよりもお風呂に入ることよりも冷やすことです。

しかし 冷やす時にはいち早く冷やした方が効果が大きくなりますので温めることなく冷やした方が炎症や腫れは取れていく可能性が強くなります。

当てたら冷たい方は冷気でも構いませんので冷気で冷やした方が効果的です。

腰の痛みの急性期が過ぎたら

腰の痛みには急性期と慢性期というのがありますから急性期の痛みが取れたら まだ残っている痛みというのは満席になりますので満席になってしまうと何も治療をしないと長期に腰が悪いという方が多くなっていますので慢性期には治療が必要になります。

当院では腰痛の方が良く 来られていますが検査をしてみると椎間板ヘルニアがあったり腰の骨が曲がっていたり骨盤が歪んでいたりという方が多くいますからそれらを強制して整えていくことで腰痛を楽にしていますが痛いこともなく怖いこともなくマッサージをするような感覚で腰の矯正をしています。

ボキボキしないと骨の矯正ができないわけではありませんし逆に骨の矯正はボキボキしても整っていません。

当院では検査をすることができますので検査をしてみると骨の歪みや 背骨のズレなどもわかる市椎間板ヘルニアがあるのかどうかということも分かります4どの段階なのかということも分かりますから回復状態も検査することで判断していきます。

しかし最近は非常に体調の悪い形が多くいますので体調が悪いと筋肉の炎症や腫れ靭帯の炎症や腫れというよりも骨までじゅくじゅくに腫れ上がっていると言うかと思います。

骨までじゅくじゅくになって炎症を起こしていたり晴れたりしている方は変形も起こりやすくなりますので骨が変形して膨れているという方も多くなっています。

検査をしてみると

検査をしてみると多くのものが分かっていきますので検査することで骨の中が炎症を起こしたりじゅくじゅくになったりということも改善できます市変形状態が起きた骨盤の骨を解消することができますが一回で全てが整うことはありません。

ヘルニアなどが落ちたかも改善できますが安定しなかったりということもありますので2階から数十回はかかると思ったほうがいいと思いますし当院では体質改善という治療もあります。

最近は異常に体調の悪いことが増えていますのでこの体調の悪さのことを奈落の底とか無限大まで落ちているという風に説明していますがこういうおちかたのある方は普段では起こりませんので奈落の底や無限大まで体調が落ちているという方は眠りに関係があります

体調の悪さが普通の状態ではない状態で落ちている方ほど 昔でしたら眠りが浅く寝つきが悪かったり夜中に何回も目を覚ましたり夜中に何回もトイレに入ったり夜中に目が覚めたら一時間も2時間も眠れないという方や夢ばかり見ている感じがすると有効状態で体調が悪くなっていました。

眠りの問題

しかし最近の眠りの問題を持っている方は 夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が多くなっているからです。

眠りの問題というのは目が覚める瞬間に夢を見ていれば夢を見ていたということを覚えていますが 一番ダメダメな睡眠の寝ながら考え事をしているという睡眠は妄想に近い状態の睡眠ですから目が覚めた瞬間に記憶に残っていないことが多く 眠れていないということさえも分からなくなっていきます。

夜寝たら朝まで目が覚めないから寝ている と思う方が多くなっているのが現代の世の中ですが眠るということは脳が寝ないと眠れていません。

脳が寝るというのが眠りなんですが 寝ながら考え事しているという睡眠は1時間も2時間も5時間も6時間も8時間もあればろーから寝ていないという状態になって行って体調が極端に無茶苦茶と言っていいほど落ちるのですが、同時に起きるのが脳疲労という方で起きていますので脳疲労が起きれば起きるほどを脳マヒになってしまって痛みやコリを感じなくなったり風邪さえ行くことができなくなります。

風邪の細菌が入ったりすると脳が元気であれば熱を上げて最近を減らそうとしますが脳が熱を上げるだけの力がないと細菌が増殖しても何も感じませんし何も起こりません。

だから最近風邪もひかないし元気だと思っている方もいます。

本当は腰痛というよりも脳疲労の 悪さの方が多くいますのでほとんどの方が眠れていませんからねながら考え事をしているという睡眠になっています。

昔でしたら不眠症というのは寝ようとすると眠れなかったり寝ていても夜中に目が覚めてしまって1時間も2時間も眠れないという方や夜中に トイレに行く回数が多くて眠れなかったり夢ばかり見たりという方が多くいました。

しかし最近の不眠症の方は夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が不眠症です。

眠りというのがよくわかっていない証拠なんですが。

眠りというのは脳が休養とって休むことが 眠りです。

夜に寝たら朝まで寝ながら考え事をしているという妄想に近い状態の睡眠は一番浅く 体調をどん底のように落としていく睡眠です。

この睡眠をしている方が長期間になってくると脳麻痺どころではなく脳細胞の減少が急速に起こっていきますので 脳細胞の減りが年齢以上に早くなっていくと認知症やボケということも起こり始めます。

夜に寝たら朝まで目が覚めないから寝ているのに頭の中は妄想に近い状態で寝ながら考え事をしているという睡眠をしています。

こんな状態では骨盤の歪みを矯正してもまた崩れやすくなります。

骨盤矯正をしても背骨のズレを解消しても脳の力があるから元に戻らなくなりますが脳の力がないと立った瞬間に崩れていきます。

それほど最近は脳の力が落ちている方が異常に多くなっていますが脳の力が落ちてしまったほど何も感じなくなってしまいますので体調が悪いということも分からないし骨盤がどんなに歪んでいても分からないし背骨のズレが大きくなってもわからないし椎間板ヘルニアが起きていても何も感じません。

しかしいつかは痛みを限界まで超えてしまった時に腰痛や腰の痛みを起こします。

限界を超えてしまった方は何をしても治らない歯骨が炎症起こしたり骨の中がジュクジュクになって腫れ上がったりということも起こりますし腹膜が炎症起こしてしまって腰痛として感じてしまっている方もいました。

腹膜が炎症起こすと腸まで炎症を起こしたり腫れ上がったりしますので便秘になったり下痢になったりということが起きてしまいます。

こういう検査することもできますので腰痛が単純な腰痛なのかということを判断していきます。

腰痛の原因

行橋市で  腰痛 を楽にしていくことをしています。