肩こり を楽にしていくためには

肩こり を楽にしていくためにはまずは筋肉のこりからほぐしていくようにしますが筋肉ばかりに注目してしまってはその先にあるものを見失いがちになりますので 目先ばかり追うことなく 原因を見つけ出さなければ本当の意味で肩こりを解消するとは言えません。

肩こりというのはどうしても筋肉のこりというイメージが強いために筋肉のコリばかりほぐして解消したように装ってしまうことが多くありますがそれでは 目先ばかり追っていて先にあるものを追求していくことができません。

どうしてそういうことが起きてしまうのかという原因がありますがそれは肩こりというのは検査することもできないし 触ってみて本当にこりがあるのかということを確認しなければ 分かりませんし肩こりがどこから来てるのかどうして起きているのかということが原因としてわからないことが理由にあります。

目に見えるものであれば、また数値に現れるものであれば尿検査や血液検査やレントゲンなどのようにわかるものですが これらの検査することは病気の検査をしているわけですから肩こりというのは病気ではありませんから検査しようもないというのが現状です。

肩こりと言うと 病院に行って 注射をしたりということはありますが 病院に行って打つ注射というのも痛み止めや堀留というのをしているわけですけどこれがわからなくなったり筋肉弛緩剤ということもありますので原因を追求することなく痛み止めしかなっていません。

また湿布などを貼ったりして肩こりを解消したようにまた解消しようとしている努力は買いますが本当の意味で肩こりを良くしていることはなく一時的に中和しているだけです。

マッサージをしたりしても筋肉のこりというイメージがどうしても強いために筋肉ばかりほぐして肩こりが良くなったように装うこともできますが本当の意味で肩こりというのはその先にあるものから改善していかないと筋肉ばかりに注目してしまって目先ばかり追っているということになります。

多くの肩こりを解消するというサプリメントなども売られていますが 栄養や何かのエキスというのが混ざっているので 栄養も必要な場合もありますが多くの場合は 原因がありますので原因から改善するようにしないと肩こりはよくなってきません。

肩こりというのは

整体院などに行かれてまた、カイロプラクティック院などに行かれてボキボキしたり体を肩を揉んでもらったり 低周波治療器をしたりというのがカイロプラクティック院や整体院でしている解消法ですが、これもどうして歪みが起きるのかという原因を見つけることなく原因を検査することもなく 改善しようとしている肩こり解消法です。

当院の肩こり解消法はその先にあるものを常に考えながら検査することで 肩こりを楽にしていくようにしています。

当院では検査することを重要視していますので30年間、検査するテクニックを磨きながら研究することを常にしてきました。

肩こりと言うと筋肉のコリという方もいますが長期間肩こりを起こしている方は徐々に筋肉が硬く老化していきますので老化した筋肉は 何をしても柔らかくなることはありませんしもしその時だけ柔らかくしてもまた同じことが起きてしまうのが廊下から起きる肩こりの筋肉です。

一度老化現象で固くなってしまった筋肉を柔らかくできるのは体質改善という治療だけです。 その他の治療では全然を生み出し老化現象を起こした筋肉を柔らかくすることはできません。

老化した筋肉を柔らかくするのはそんなに簡単なことではありませんからマッサージをしたり電気治療器をしたりボキボキしたりサプリメントを飲んでも注射でを打っても何をしても変わらないのが筋肉の老化ということで起きる 肩こりです。

検査することで

当院では検査をしていくことで肩こりの原因を色々な面から考えながら改善することができますがそのためには、まず筋肉のこりからまた緊張からほぐしていくようにはします。

筋肉のコリが、ほぐれてきたらその先にある背骨の歪みや首の骨のずれというのも関係しますのでゆがみ何を見つけて改善するようにしていきますし 腰歪み何がひどい状態で椎間板までヘルニア状態になっていればそのヘルニアを見つけて改善していくようにします。

最近は体調の悪い方が異常に多いので自分でも気が付かないうちに背骨のゆがみ何が起きてしまって椎間板ヘルニアになっている方も多くいます。

椎間板ヘルニアというのは特別なものではなく体調や調子が悪くなっていくとその段階に応じて椎間板が歪みを起こして膨らむという現象が椎間板ヘルニアです。

検査をすることで表面上からでも椎間板ヘルニアを見つけることができます。

そして最近は多くの方が体調が悪いと言いましたが この体調の悪さが尋常がないほど悪いか違いますので尋常がないほど悪い方は 肩周辺の筋肉や靭帯や皮下脂肪や骨まで炎症を起こしてただれているという方が多くいます。

普通では起きない状態が起きている

普通はこういう炎症やハレということまで起きることはありませんが体調の悪さの段階に応じて起きてしまっていますので それを見つけて解消しなければ肩こりは良くなっていきませんが簡単なことではないので 簡単に考えないでください。

最近多くの方の体調の悪さを分析したり研究したりしている見ると 眠りに多くの方が関係しているということが分かってきました。

昔でしたら眠りと言うと寝つきが悪くなっていたり夜に寝たら目が覚めてしまって1時間も2時間も3時間も眠れないという方ばかりでしたがまた夢ばかり多く見ているという方ばかりでした。

多くの方が不眠症状態だということを分かっていませんし不眠症状態が多くなればなるほど 最近出てきた言葉がありますが睡眠負債状態になります。

睡眠負債状態というのは不眠症の一種なんですが寝不足状態が長期間に及んでしまって負債を抱えているということになりますので 負債を抱えレバ抱えるほど借金がどんどん大きくなってしまうので命のやり取りをしなければいけないほどまた病気のやり取りをしなければいけないほど悪くしてしまっています。

眠りが浅いということは 普段どうも何もない方もいつ心臓停止ということが起きるのかということがあります、急に脳梗塞や脳出血を起こすという方までいます。

眠りができていないと危うい

睡眠負債が多くなればなるほど内臓も祝っていきますし流れも滞って停滞気味になりますから循環が悪くなったりというよりもゴミが結果に止まってしまうことが起こりますので脳梗塞や心筋梗塞ということになるわけです。

血流の流れが悪くなればなるほどつまりやすく出血なども起こりやすいということがありますので 脳梗塞や心筋梗塞と いいました。

これは最近テレビで内科の先生が出て行っていることですが本当に多くの方が睡眠負債状態になっていることさえわからない方が多くいますので睡眠負債というのは当院では院長が頭を触ったり 検査をしてみるとすぐにわかってしまいます。

普段では病気の検査ばかりしている病院でもわからないことが当院の院長では検査をして集中することで精度の高い確率で色々なことが分かっていきます。

当院では病気の治療をしているわけではありませんので体を治すことをしていますから体を治していくためには色々な面から検査することができなければ 色々わかることはありませんから。

肩こりといっても 眠りに関係した 肩こりが起きていると寝ていても寝ながら考え事をしている時間が頭的に多くなればなるほど睡眠負債状態になっていますので睡眠負債状態になればなるほど脳疲労が起きて脳が弱ってしまって脳麻痺に繋がっていきますからどんなに歪みがずれ内臓調子が悪くてもそれを感じることさえできませんから危ないんです。

危ない方ほど自分の体のことをわかっていません。

 

行橋市で 肩こり を楽にしてくださいには原因から改善するようにしています。