骨盤矯正

当院では骨盤が初回から小尻になって骨盤の幅が小さくなる骨盤矯正をしています。

骨盤が小さくなっていくためには骨盤の状態を検査することで判断していきますので 骨盤の異常があるところを見つけて行きます。

例えばですが 骨盤の中に入っている内臓の関係が重要視されますので骨盤の関係がある症状というのは生理痛や便秘や下痢や膀胱炎や卵巣炎子宮炎膣炎ということが考えられます。

骨盤の中に入っている内臓すべてが骨盤矯正の対象になりますので例えば成立がある方また生理不順がある方は骨盤が広がりやすく特にか腹部のあたりが広がる場合が大きくて股関節の辺りに異常を起こしたり骨盤の下部が大きくなって足が太くなる場合があります。

骨盤が歪んだり広がっていると

骨盤矯正をして行く時には一番重要な要素でなるのが体調なんですが多くの方は骨盤矯正を希望する形が訪れていますが体調と言うのはあまり気にしてなく逆に体調が良いからと言うことを言われる場合もあります。

体調が良いと言われたかたの検査をしてみるとことばの歪みはひどかったり背骨のズレがひどかったりしている方が多くなっていますのでこう言う方が体調が良いと言う理由はありません。

生理痛や便秘などは

体調が悪すぎて分からなくなっている方が多くなっていますので体調と言うのが一番重要な意味がありますが体調が悪ければ悪いほど脂肪になりやすくむくみになりやすくまた骨盤が大きくなって広がっていて生理痛は生理不順や膀胱炎や卵巣や便秘になっていくと言うのは簡単なわけです。

言葉に何らかの問題がある方は骨盤の中に入っている内臓全て正常に働いている理由はありませんので 働きにくい低下の状態や異常状態が起きていますのでそういう状態を長く続けていると色々な問題を起こすことはわかります。

代謝が悪いと

誰でも同じなんですが体調悪い時には骨盤の歪みやひらきまた背骨のズレは必ず起きていますので自分で気が付いていないでも 程度がいっぱいあってひどい肩から軽い肩から色々な状態の骨盤がありますから 体調が悪くなればなるほど代謝が悪くなりますのでむくみになりやすくまた死亡になりやすく骨盤が広がったり内臓の状態が異常になっていきます。

異常状態であればあるほど骨盤が大きくなっていきますのでか半身が異常に太くなってむくみやたるみや脂肪が多く付いたりすることは理解できると思います。

当院 ではまず体調からあげていくことをしています

体調を上げて体を整えていくだけでも 骨盤が小さくなって幅が狭くなって小尻になることができます。

ある程度に3回かまたは死亡会で体調が安定してきたら体質改善をして 身体全体を変えるか骨盤周辺を変えていくという体質改善の治療で変えていくともっと安定した状態で骨盤が変わってウエストが細くなっていきます。

骨盤矯正が人気のある30周年を迎えるカイロプラクティック徳力整体院は北九州市小倉南区と小倉北区と八幡東区と戸畑区、下関市と行橋市などから人気のある骨盤矯正をしています。