骨盤が小さくなる骨盤矯正

当院の骨盤矯正は骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

骨盤矯正をする時に骨盤の検査をすることをしています。どうして骨盤矯正に検査することが必要なのか??

意味があるのか??

そこには重要な意味があります。

検査することで色々な状態を見ることができるからです。

骨盤矯正をする上で重要なものは骨盤の状態です。骨盤の状態が分からないと骨盤矯正をしても小さくなりにくいからです。

骨盤矯正をする時に考えなければいけない問題があります。

骨盤の状態が分からないと歪みがあるのかないのかわかりません。

骨盤の状態も骨盤が歪みを起こしている場合と、骨盤が開いている場合があります。

骨盤の歪みは体調の低下から起きています。つまり調子が悪いと言う事です。

体調と調子

調子(体調)が悪いと骨盤の歪みが必ず起こります。

体調(調子)が悪い時には、どうなっているのか言うと疲れやストレスが多くたまっている時です。

疲れやストレスと言うのは際限なく限界なくたまります。

本当に限界がなくたまって蓄積していくのが疲れやストレスです。しかし疲れがたまった、ストレスがたまったと簡単に言っていますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか???????

人間の体は水分が70パーセント以上です。つまり100キロの体重の方がいたら70キロは水分です。

後の残りは筋肉とじん帯と神経と血管とあとは内臓しかありません。

筋肉にも疲れやストレスがたまりますが、多くは内臓に蓄積していきます。

つまり内臓にたまった疲れやストレスが原因で骨盤が歪みや開きを起こしています。

最近は多くの方が内臓に疲れやストレスがたまって骨盤の歪みを起こしています。内臓と言っても病気ではありませんから、いくら病院で検査しても分かりません。病院でわかるのは病気になってからです。検査して数値で異常が出るのは病気になってからですから。

当院で言う内臓とは内臓疲労のことなので病気ではありません。

普通でも何もしなくても体は働いてくれています。この働きに対して疲れやストレスが生まれてしまいます。

食べたり呼吸することで内臓は、働いています。内臓が働いているから体を動かすエネルギーが作られます。

何かをして疲れやストレスが生まれるのかと言うと体は何も動かしたり仕事したりする事ばかりではありません。

内臓矯正が

例えば、

便秘の方は便通が悪くなるので、骨盤が広がりやすく、歪みやすくなります。歪みや開きを起こすと浮腫みや脂肪になります。リンパの流れも悪くなりますから。

そして

生理痛や生理不順のある方も、骨盤が広がりやすく歪みやすくなります。

骨盤の開きや骨盤の歪みがあると尿漏れを起こしたり、膀胱炎になりやすくなります。

こんな状態では骨盤が小さくなることはありません。

ですから当院では骨盤矯正をしていく時に美容的なものではなく表面的なものではなく、骨盤矯正の治療と言っています。

美容的に表面上だけ変える事が出来ても、体調や内臓の状態で簡単に戻ってしまったり効果がなかったりしていきます。

基本的なことからしていかないと骨盤は小さくなりませんし、持続力がありません。

何よりも重要視しなければいけないのが内臓です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

最近は眠りが浅い方増えています。この眠りが浅いことを睡眠負債と言います。

睡眠負債

睡眠負債と言う言葉は最近の言葉ですが、わかりやすいので使いますが、睡眠負債というのは日常に眠りが不足していると言う事です。

それでお金ではなく眠ることの借金をしていると言う状態です。お金は稼いだりして返せる時もありますが、睡眠負債という借金の代償は命です。命を削ることをして睡眠負債と言う状態になっています。

お金は返すことができますが、命を返すことはできません。睡眠負債が多くなれば多くなるほど内臓も急速に老化していくからです。

内臓の老化が最終形態が病気ですから、今は病気ではなくて健康かと言うとそうではありませんが病気でもありません。

内臓は常に老化していっています。いつかは病気として完成してしまうと、病院で検査することで病気として陽性反応が出てしまいます。

睡眠負債を多くすると脳と心臓に最大の負担を起こしていきます。もちろん他の内臓もですが、最大は心臓です。

時々起きるのが、息苦しさ、胸苦しさ、動悸、胸の所で一瞬チクッとする痛み、寝汗、頭から汗をかく、オシッコが近い、手首の痛み、足首の痛みなどが時々あったりします。

いつもではなく、本当に時々です。

これらが前兆です。

脳が弱ると、弱りすぎると心臓は脳を元気にしようとして脳へ酸素が入った血液を起くろうとします。

酸素が入った血液を脳がもらって元気になれば良いですが、弱りすぎていると元気になりません。

いくら送っても送っても元気になることはない脳へ永遠と血液を送ることをしていると、そのうち疲れていきます。

心臓疲労が起きていくと場合によっては心筋梗塞などが起こることもあります。(可能性が高くなります)

こんな状態で骨盤矯正をしても、と言う方もいます。

矯正の初めは

しかし初回から全ても検査する事もできませんから始めは骨盤を小さくしていくようにします。

内臓の状態が良くないと骨盤の骨自体が炎症を起こしていたり骨がハレている方もいます。

歪みや開きではなく骨の炎症とハレがある方もいます。それを解消するだけでも数回はかかりますが、解消していくと骨盤がもとに戻って小さくなる方もいます。

骨盤矯正と言っても単純なものではありません。単純にとらえて骨盤矯正をしている先生も多くいますが、わかっていません。

当院では検査することを日々努力して技術力を向上させることをしています。

検査する事ができるから状態を確認することができます。

当院では30年間、検査技術を磨くことをしています。それほど高度な検査技術だから初回から骨盤が小さくなることができます。

ですから一番簡単な電気や機械は使いません。

手のみで骨盤矯正をして骨盤を小さくしていくことをしています。

機械などを使わずに骨盤を小さくすることができます。

その為に体を整える事からして骨盤矯正をしていきます。

 

骨盤矯正で骨盤を小さくしていくためには骨盤のゆがみから解決していかないと 骨盤は必ず小さくなりません。

骨盤矯正を30年

骨盤矯正をしてきましたが全員と言っていいほど骨盤の歪みが大きく骨盤の歪みが大きいと周辺は脂肪やむくみや たるみが大きくなります。

骨盤矯正をしていく上で一番大切なことですが骨盤の歪みがあると全てのものは 骨盤が土台ですから土台から傾いていくことになります。

今まで30年間、骨盤矯正をしてきて多くの方に好評を得ている 骨盤矯正ですが 全員が分かってない状態で骨盤の歪みがある場合が多くあります。

第一に骨盤が歪みを起こしていると生理痛や便秘などはもちろんですが 生理痛 がある方は骨盤の下部が開いたり きていますので骨盤の開きがあると 生理痛 になります。

便がたまりすぎると

便秘の方は、骨盤の歪みというよりも骨盤全体が大きくなりますので自然的に今日も大きくなることが言葉をさらに開いたりする原因になります。

骨盤矯正と言っても本当の意味で小尻になるためには便秘の解消や生理痛の解消、人においては膀胱炎が 起きたり 膣炎が 起きたり していますので、それらの解消することをしていくのが骨盤矯正です。

骨盤の中に入っている内臓の調子が悪いのにいくら骨盤矯正をしても 小尻になることはできませんしまたすぐに戻って行きます。

ただ言葉を小さくするためというわけではなく中に入っている内臓の関係も必ず骨盤に関係していますので、それらを開始していかないと踊りやすく脂肪になりやすく骨盤がまた大きくなっていきます。

当院は、北九州 骨盤矯正、北九州市 骨盤矯正、行橋 骨盤矯正、行橋市 骨盤矯正、骨盤矯正 北九州、骨盤矯正 行橋、骨盤矯正 行橋市などの検索キーワードで口コミで人気で骨盤矯正をして30年