輪郭矯正をしています

輪郭矯正をする時に最近多くの方が顔の歪みを思っている方が増えています。

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

顔の歪みというのは顔だけで 起きていることもありますがそれ以外で起きている場合が多くありますので、それらを検査で見つけていく必要があります。

輪郭矯正をしていく時に 顔の歪みが 大きかったり左右が違う方が多くいますが これがどうしてどこから起こるのか それを探っていく必要がありますので 検査をすることをしています。

検査で基本になることは体調が 悪いということで 体調を落としています。

しかし最近多くの方が

最近多くの方が体調を、すごく落としていることが多くなっていますので 顔の左右の違う方は、ほとんど多くの方が体調がすごく悪くなっています。

テレビのタレントの方を見ても顔の歪みがひどい方やむくんでいる方が多くなっていますので今の社会現象と言えます。

輪郭矯正をしていくときにも 顔の歪みや 顔の左右の違い 色々な状態がありますので まず、検査を優先してどういう状態になっているのか体調が、どの段階なのかということが判別しないと治療のしようがありません。

左右の顔が違うから輪郭矯正と言いますが輪郭矯正をする時には顔の歪みが起きている場合が多くありますので、顔が歪んでいれば、目の高さや鼻の形も曲がってしまうことも多くはあります。

顔の歪みというのは最終的に起きて行くところなので 最終的に起きていくということはすごく体調が悪いということになります。

顔が歪んでしまうほど体調が悪いということが簡単に言えます。

体調が悪いから体が歪んでしまって顔までその歪みが出ているということです。

矯正をしていく時に

輪郭矯正をしていく時には 体の歪みを整えていかないと ひどい方は立った瞬間にまた顔が歪んでいく場合も多いようです。

いくら治療をしても 体のゆがみから修正していくことをしないと 持続時間も減って 瞬間的に顔の歪みは、また 起きていきます。

顔の歪みや 左右が違う方は、 かなりひどく体調としてる方ですけど、その体調が落ちていることが分からないくらい、麻痺してる方、鈍感になってる方が多くなっていますので体調からあげていくことをしないと色々な状態を改善または解消できないことも多くあります。

最近多くの方が 眠りが浅くなっている方が多いようですが、眠りが浅いというのは最大のストレスであり最大のプレッシャーであり最大の抑圧です。

眠りというのは夜になったらただ寝ているというだけではなくて夜に寝て朝まで起きないから寝ているという方が多くなっていますが、眠りというのは脳から眠ることです。

脳が寝ていることが眠りということなので脳が緊張していたり脳が活性化していることでも眠れますが本当の良い眠りが取れているわけではありません。

脳自体が活性化していると眠れませんし、夢ばかり見ていると時間がなくなりますので眠れていればではありません。

夜にいつも同じ時間を寝ている方は 誰が見ても寝ている感じがあっても脳は活性化していたり夢ばかり見たりもっと有名にも浅い睡眠がありますのでその浅い睡眠になっている方もいます。

最高に浅い睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠と言います。

睡眠という理由は一応寝ているからです。

しかし本当の睡眠が良い状態できているわけではありませんので脳の疲労は脳麻痺がどんどん起きて行きます。

こんな状態を続けていたのでは顔の歪みや 左右が違うのは当然、起こしていきますので、こういうレベルからも改善していかないといけませんがまずどういう状態なのかということを検査しないと先に進むことの治療ができません。

輪郭矯正と言ってもただ顔だけをしていれば顔が整うかと言うとそうではありませんので、顔の歪みがどこから起きたのか 顔の左右が違うのは、どこから起きてるのかということをの原因を探っていく必要がありますので、原因を探るためにも検査が重要な要素になっていきます。

病院でも同じですが、病院でも検査を重要視していて検査ができないと何も分かりませんし何も見えていきません。

病院では病気の専門家なので 病気でしたらわかりますが病気になっていない段階では何も 検査しても分かりません。

 

カイロプラクティック徳力整体院は30周年。

当院では、小倉北区 輪郭矯正、行橋市 輪郭矯正、小倉北 輪郭矯正、行橋 輪郭矯正の検索でも人気があります。