体質改善

当院は行橋市から多くの方が訪れています。

当院にはアンチエイジング若返りの治療があります。アンチエイジング若返りの治療または体質改善と思いますが、この治療というのは サプリメントを飲んだり 薬を飲んだり クリームを塗ったりして 変わるものではありません。

アンチエイジングという意味もありますので抗老化防止ということが若返りの治療になります。

老化防止というのが意味合いとしてあるアンチエイジングですがクリームを塗ったりして表面上だけよくしてもクリームの持続期間がなくなるとまた同じことになります。

いくらクリームに栄養素を入れるようにしても 肌の栄養がなくなるとまた同じことが繰り返されます。

若返りアンチエイジング体質改善というのは同じ意味合いを持っていますが 何かを変えていくのが、体質改善であり、アンチエイジングの治療になるので、 塗ったりすることではなく 飲んだりすることではなく 何かを変えていくのがアンチエイジングであり、若返りであり、体質改善という意味です。

何かを変えないと体質改善とは言えないので 何かを変えていくわけですけど主に何を変えるかが重要になります。

例えば例で言うと分かりやすいと思いますので例で説明していきます。

 

腰痛の方

今まで腰痛を起こしたり腰が痛くなった方は 原因があって起きていますのでその原因から改善していかないと 根本的には繰り返し起きたり痛みがないときでも原因はどんどん進行していてます。

腰痛を起こす原因は 多くの場合限られたものです。

限られたものというのは 腎臓疲労から腰痛は起きています。

腎臓疲労が起こりやすい方は腎臓が弱いかたです。

腎臓が弱いということは疲れやストレスが溜まりやすく腎臓に疲れやストレスが溜まった現象が大腰筋腸骨筋という腰の筋肉のバランスを悪くしてしまい 、この筋肉のバランスの関係で骨盤がずれたり歪みを起こしていって、体が支えられない時に重たいものを持ったり体をひねったりすると 腰が痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰になります。

今まで腰痛を起こしたり腰が痛くなったりぎっくり腰を起こした方は 腎臓が弱いわけですから腎臓をこのまま放置をしておくと 腎臓の病気になっていきます。

一過性で起きる腰痛やぎっくり腰や腰の痛みというのは先将来の病気と関係が、すごく密接にあって なる可能性が増していきます。

何も関係がないのに腰が痛くなったり腰痛になったりぎっくり腰になったりそしてそれが悪化すると椎間板ヘルニア坐骨神経痛になることはありませんので必ず何かの原因があって痛みになっていきますがこの痛みの原因が腎臓から起きている問題ということです。

ですから腎臓を体質改善の治療で強くしたりする事をして起きなくしたり先将来の問題を回避するようにしていきます。

この意味で若返りです。

 

そしてもう一つの例で言うと頭痛の方

頭痛の起きやすい方はいつも薬などを持って歩いている方もいますが、原因があって物理なっていますので、その原因から解消していくようにしないといつまでも頭痛が繰り返したりまた頭痛が起きてる方が起きなくなっていると、治ったのではなくて進んでしまっているという場合も多くあります。

一度起きた頭痛持ちの方が治るという事は考えられませんのでいくら多く薬を服用していても治ることはありません。

頭痛という現象を通り過ぎた時にこの現象が起きてしまいますので頭痛が起きてない間も悪化しています。

症状もいつまでも同じものが起きるものではなく変化していますので変化した状態で 悪くなっていきます。

最近見たテレビで

お医者さんが言っていましたが 頭痛を起こした方の約半数が脳梗塞や脳の病気になっているということを言っていました。

これが頭痛が予備軍という意味もありますので予備軍になる前に改善することも必要だと思います。

これらをなる前にまたならないようにしていくための治療が体質改善の治療でありアンチエイジングです。

色々な症状というのは 老化と関係していますので体は老化しながら色々な症状を起こして言って最終的には病気になります。

 

ある程度、週に2回来ている方が理想です。

週に1回しか来院しない方は、当然ですが週2回の方ほど体質改善ができません。

10日に1回くらい来院する方は、体質改善の治療ができない場合が多くあります。

それ以上、開けた方は体質改善の治療が全然できません。

週2回来ていても風邪をひきかけていて風邪の細菌が増殖してくていると進めません。

体の弱い方は、週2でも少ないこともあります。

 

 

当院では行橋 体質改善、行橋 体質改善で口コミでの人気が高くカイロプラクティック徳力整体院は30年。