腰痛、腰の痛みには

093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

 

 

 

 

 

 

 

行橋市から多くの方が訪れています。

腰痛が起きる時には腰痛を起こす原因があるから 腰痛に なっていますので 原因を見つけていかないと 先将来に 脊椎管狭窄症 などに進行していく 場合が多くなったり 内臓の 進行が急速に早くなったりする場合が多くあります。

腰痛が一度起きてしまうと1年に1回や半年に一回やまた3年に1回などのペースで徐々に悪くなっていく場合が多くありますのでどうして繰り返すのかどうして腰痛が起きるのかということの原因から改善して書いていくことをしないと 腰痛や腰の痛みがない時でも原因は進行して悪くなって言っています。

腰痛が起きない方は一度も起きないという話を聞いたことがあると思いますのでどうして腰痛が起きてしまうのかまた腰痛が繰り返すのかという原因から見つけていかないといけない時ばかりしていると先将来 の問題になっている方が多いようです。

腰痛や腰の痛みが起きる時にはまた起こす時には必ずある現象が起きて痛みになっていますので どういう構造で腰痛や腰の痛みが起きるのかということを説明しています。

それには二つの原因が重なって起きています。

一つ目の原因は、 姿勢や物事で起きていますので姿勢や物事というのは、重たいものを持ったりして腰が痛くなったり、 庭仕事などで中腰を長くしたり 腰が痛くなったり、 同じ姿勢を長く続けたり して 腰が痛くなったり、 前かがみの姿勢で何かをしたり して腰が痛くなったり、 何かを取ろうとして体を伸ばした時に腰痛になったり、くしゃみをして腰が痛くなったり、長時間の車の運転をして腰を痛めてしまったり 靴下を履こうとして腰が痛くなったり 新しい靴をおろして長く歩いたので足よりも腰が痛くなったり デスクワークで長く 座っている時間が多いと腰が痛くなったり などが第一の原因です。

姿勢が悪いことなども腰痛が起きてしまう原因として 説明される場合も多くありますが姿勢が悪くなるのもどうして姿勢が悪くなっているのかということの原因がありますので 本当の原因ではありません。

腰痛が起きてしまうもう一つの原因は、

腰痛が起きてしまう時には 骨盤に歪みが起きている時です。

骨盤の歪みがないと必ず腰痛は起こりません。

近しい骨盤の歪みもどうして骨盤の歪みが起きるのかという原因があるから骨盤の歪みが起きている時に 重たいものを持ったりする姿勢で起こります。

この姿勢と骨盤の歪みの両方が重なった時に 腰痛や腰の痛みは起こります。

ではどうして 骨盤の歪みが起きるのかまた骨盤の歪みが起きてしまって体を支えられない時に重たい物などを思ったりする姿勢をして腰痛や腰の痛みが起きるのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰痛が起きてしまう原因は専門家の先生でさえもあまり知らない方が多くいますが本当の腰痛の原因はある内臓に疲れやストレスが溜まっている 場合でその内臓が弱いが疲れやストレスを溜めてしまっている場合です。

内臓と言っても病気ではありませんので病気と勘違いしないでください。

しかし全く病気と関係がないわけではなく今ではなく先将来に深く関係を持つのが腰痛や腰の痛みの原因を作っている内臓にあります。

しかし今すぐに病気になっているというわけではなく進行途中ということを考えるようにしてください。

何かの病気が起きる時には1週間や 1か月や半年や一年や2年や3年などでおきるものではありません。

10年、15年や20年かけながら徐々に病気になってまた近づいていきながら近づいて言っている時に疲れやストレスが限界を超えた時に 腰痛を時々起こしています。

年齢以上に進行してしまって病気として完成するのかというのを待っているだけなので腰痛が起きている方は、また起こした方は、必ずこれが関係して先将来の病気と深くまた密接に関係していきます。

病院で検査をして内臓の異常が見つかれば 病気として完成しまった内臓が陽性反応 になって 病名がついて薬か手術ということになります。

しかし内臓の進行状況によっては病気にならないまでも 病気に近いということもありますのでこれらを見つけていくためにも当院では検査をすることを重要視しています。

腰痛を解消する

腰の痛みや腰痛を改善していく為には、まずは楽になることからしていきます。

しかし楽にしても繰り返したりする原因があります。

どうして繰り返したりするのか、原因があります。その原因から変えていくことができますが、まずは腰痛と腰の痛みを楽にしていくことから始めていきます。

腰痛、腰の痛みが起きる時には、切っ掛けが必要ですが、切っ掛けはあくまでも切っ掛けなので原因とは違います。

切っ掛けは

重いものをもって腰が痛くなった、中腰の姿勢で腰を痛めてしまった、前かがみの姿勢で腰が痛い、横すわりをしていたら腰が痛くなった、椅子に足を組んで座っていたら腰痛、アグラをしていて腰が痛くなった、下向きで寝て本を読んでいると腰が痛くなる、台所仕事で家事をして腰が痛い、掃除機をかける姿勢がつらくて腰が痛い、洗濯物を干す姿勢で腰が痛い、お風呂を洗う時に腰が痛い、何かを取ろうとして手を伸ばした時に腰が痛くなる、クシャミをしたら腰に痛みが走った、靴下を履こうとしたら腰が痛い、合わない靴で歩いていたら腰が痛くなった、温泉に行こうとして列車に長く座っていたら腰が痛い、デスクワークで腰が痛くなる、車の運転をしていたら腰が痛くなる、などなど、これらがすべて切っ掛けです。

切っ掛けをする前に原因があると、切っ掛けをすることによって腰が痛くなったり腰痛になります。

では腰痛、腰の痛みの原因は

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが腰痛、腰の痛みの原因です。

 

腰痛を楽にしたら 腰痛の原因になっている影に隠れたものから改善していくようにしています。

普通は腰痛と言うと 姿勢が悪いとか で 起きる場合が多くありますので 原因がしっかりとしたものがあるのに、それを見つけることなくただ痛みだけを解消すれば良いと言うのは間違いです。

腰痛、腰の痛みには原因があります。湿布を貼ったり、低周波治療器をしたり、マッサージしても、楽になるかも知れませんが、原因はすべて残っています。

腰痛が起きるときには原因があります。原因がなくて腰痛が起きることはありません。腰痛には腰痛が起きる原因があります。

実は、腰痛、腰の痛みが起きる時には、いくつかの条件があります。この条件が揃っていると腰痛、腰の痛みになります。

腰痛が起きる条件

一つの条件とは、重いものを持ったら急に腰が痛くなった、中腰が長くしていた、庭仕事で長く座ってして立とうとしたら腰が痛くなった、車の運転を長時間していたら腰が痛くなった、ハイヒールを長く履いていたら腰痛・腰が痛くなった、寝ていて起きたら腰痛、腰が痛くて動けない、つまり、これのことが第一の条件になります。

もう一つの条件とは、骨盤の歪みや背骨のズレです、いつもと同じことをしても腰痛が起きる時と起きない時の差は、骨盤の歪みや骨盤の開きにあります。

●骨盤の歪みがあると、重いものを持ったら体が支えられないで腰痛、腰の痛みになります。

●長く運転している時に、骨盤の歪みがあると、同じ姿勢が腰に負担になります。同じ姿勢というのも結構な重圧になります。

●骨盤の歪みがある時に、ハイヒールを履いて疲れてしまうと、余計に骨盤の歪みが大きくなります。これが腰痛になります。

●骨盤の歪みがあるとクシャミしても腰痛が起こります。

腰痛、腰の痛みは、歪みから起きています。

 

腰痛、腰の痛みは

姿勢がが原因ではありません。姿勢は切っ掛けです。

重いものを持つことや、中腰の姿勢、靴下を履こうとして腰痛、腰の痛み、体をひねって腰痛、車の運転を長時間して腰が痛い、くしゃみをしたら腰が痛い、何かを取ろうとしたら腰にきた、などなど色々な切っ掛けがあります。

これらは、すべて、原因ではなく切っ掛けです。

つまり、切っ掛けがある前に、腰痛になる原因が完成していると言う事です

原因が完成しているので、あとは腰の痛みが起きる切っ掛けがあると腰痛になります。

原因が出来上がると、あとは切っ掛けで起こりますので、原因がどの段階なのかと言う事が関係して腰痛になります。

原因が多くなっていれば多いほど、簡単な切っ掛けで腰が痛くなります。

体質改善で腰の痛みを改善

腰痛と言うのは根本的には体質で起きています。体質と言うのは遺伝的な要素を含んでいると言う意味であり家系的な要素のあります。

遺伝的な要素があるから腰が痛くなります。

親もまた、その上の方も腰痛になっている可能性が多くあります。腰の痛み、腰痛、ぎっくり腰、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛も同じです。

腰痛になる因子があるから腰痛になります。腰痛になる因子がないと腰痛は起こりません。

腰痛になる因子があるから腰痛になっています。

この因子が遺伝子であり、家系的な弱さ、悪さです。

遺伝子であり、家系的な弱さ、悪さが腰痛を起こしていますから腰痛になりやすい方、今まで一度でも腰に痛みを感じた方は、家系的な、又、遺伝的なある内臓が弱い方です。

腰痛と言われるとある内臓を主に思い浮かびます。その内臓が深く関係して腰痛を起こしていますが、今すぐと言う訳ではなく先将来、もしかしたら病気になる内臓が深く関係した時に腰痛は起こります。

その内臓とは腎臓です。腎臓が弱いと疲れやストレスが蓄積しやすくなっていますから、蓄積すると筋肉バランスが崩れて骨盤の歪み背骨のズレを起こしていきます。

この骨盤の歪み・背骨のズレがある時に、重いものを持つと体を支えることができないで腰痛、腰が痛くなります。悪化させたものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。

ですから椎間板ヘルニアも坐骨神経痛も特別なモノではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腎臓の弱さがもとから、生まれつきからあると、腎臓疲労が起こりやすく骨盤の歪み・背骨のズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時にクシャミしても腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがある時に靴下を履こうとして腰が痛くなったり腰痛になります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると前かがみの姿勢をしただけで腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると何かを取ろうとしただけで腰が痛くなります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると朝起きた時に腰が痛くて動けないこともあります。

体を支える骨盤と背骨のつなぎ目なので、ここが悪いと体を真っすぐに伸ばせなくなります。

体を伸ばしたら前かがみになることが痛くてしょうがなくなります。

どうして腎臓が骨盤の歪み・背骨のズレを起こすのか??

弱い腎臓に疲れがたまると働きも低下して尿を作りすぎるか、作れなくなります。

高血圧や脚の冷えや下半身の浮腫みが多くなります。

特に腰痛に関係する部分ですから病気になる前に腰痛、腰が痛くなります。

しかし進行状況は日々変わりますから病気になるとは言えません。

ある時から進行が遅くなることもあり、早くなることもあります。

今、病院で検査しても病気ではないとわかりません。

病院は病気の専門家です。病気として完成したら検査すると陽性反応が出て病名が付きます。

病気なる前には、いくら検査しても分かりません。異常なしです。しかし本当は異常ありなんですが検査数値に異常がないとわかりません。

全部が全部検査数値で異常がでることはありません。いつも検査していても突然異常になることもありますから。

本当は突然異常が出ることはありません。根底化にあってわからなかっただけです。何でもかんでも数値が全てではありません。

未病と言う言葉もあります。

その未病状態で腰痛になっています。ですから病気ではありません。

腰痛や腰の痛みも何も原因がなくてなることはありません。

原因は腎臓の弱さと言う事になります。

弱いから疲れがたまりやすく、ストレスもたまります。この時の弱いとは生まれつきと言うことですが、これが遺伝的、家系的と言う事です。

遺伝的・家系的な弱さがある所は皆さんあります、無い方はいません。ない方がいたら遺伝子や家系的なものが関係していない方です。

つまり人ではないし動物でもありません。それ以外のものになります。

つまりは動物として生まれて、人として生まれてきた限りは全員、遺伝子があります。

とういことは戦争で死んでいない限り、先祖代々の受け継がれた遺伝子がありますからさかのぼれば先祖の病気がすべて関係していると言う事です。

これを変えていくことができるのが

体質改善の治療

体質改善の治療はアンチエイジング、若返りの治療ですが一度で変わることはありません

細胞を変えていく治療ですから、そんなに簡単には変える事はできません。

マジックでもないしまやかしでもありませんから、少しずつ変えていくことしかできません。

腰痛を体質改善で変えていく時には、腎臓の若返りをさせていきますが、体質改善を受けるパワーがないとできません。

体質改善の治療をすることができるのは早い方で3回目からです。

遅い方や体調が悪い方、体力が無い方は、体質改善ができるまでに、さらにかかります。

体質改善と言うのは老化を改善していく方法です。

腎臓の細胞を若返らせることができます。

例えば、腎臓の固さを変える事ができます。

腎臓は老化すると働きも悪くなって尿を作ることができなくなります。

腎臓の機能が悪くなると、最悪の場合、尿を作れなくなります。

腎臓の病気は色々ありますが、一例ですから。

このなりかけの方が腰痛になっています。

腎臓を若返らせる

腎臓を若返りさせると繰り返しにくくなります。

先将来の腎臓の問題が先延ばしか起きなくしていくことができます。

しかし定期的に治療しないと進めません。

弱い方ほど、悪い方ほど、老化の進んだものほど回数が、かかるからです。

体質改善をする前には体調を上げていくことからしないと体質改善の治療はできません。

 

 

 

 

 

 

当院は、検索キーワードで、行橋 腰痛、行橋市 腰痛、腰痛 行橋、腰痛 行橋市でカイロプラクティック徳力整体院は30周年。