093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

肩こりを解消するには

肩こりと言うと筋肉のコリなので筋肉からほぐしていくことをしていきます。肩こりを起こす筋肉と言うと僧帽筋と言う筋肉です。この筋肉が緊張したりしてコリを起こしていきます。

しかし、肩こりほど多くが関係するものはありません。と言うのは筋肉の場合もありますが、筋肉以外から起きる肩こりが多くあるからです。

肩こりは一般的には僧帽筋の緊張がコリとして感じていることです。

しかし、僧帽筋もどうしてコリを起こしたのか、理由があります。

何も原因がなくて僧帽筋がコリを起こすことはありません。

肩こりの原因は誰も分かりませんから言いませんが、本当は筋肉のコリではなく筋肉のコリも起こりながら陰に隠れた黒幕がいます。

この陰に隠れた黒幕のために肩こりは起こりますが、もっと先将来の問題が絡んでいます。

肩こりになるのは、筋肉もコリを起こしますが筋肉だけで起きる肩こりは少ないのが本当です。しかし湿布を貼ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、サプリメントを飲んでも肩こりはやわらぎますが、これらは本当の意味で肩こりを直しているものではありません。

肩こりと言うと専門家も筋肉と思って低周波治療器や電器をしたりしてコリを散らすことをします、そうすると一時的に良い場合もあります。これが治療器と言われるゆえんなんですが、本当はコリを散らしているだけです。コリを散らしてしまうと肩こりがわからなくなります。わからないだけで肩こりの原因になっているものは存在しています。

肩こりは疲れやストレスの蓄積から起こります。この疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に最終的にたまっていきます。

しかも弱い部分に多く蓄積してしまって、その部分を悪化させてしまっています。弱い部分に疲れやストレスがたまれば弱い部分は急速に老化していきます。

老化したものが内臓であれば内臓の病気になっていきます。

つまり肩こりは病気ではありませんが、心臓や肺などが中心的に弱い方が肩こりになります。

あとは書いていませんが脳疲労の方です。脳が疲労すると心臓や肺が弱るので肩こりになります。

筋肉の使い過ぎ、筋肉疲労から起きる僧帽筋の緊張、重いものを急に持った、キーボードの使い過ぎ、事務仕事、ゲームのやりすぎ、長時間の運転、同じ姿勢などなど色々な筋肉疲労を起こすことがあります。

どうしても酷使してしまうのが肩です。

しかし同じことをしても、肩こりがそうでもないときと肩が強く感じる場合があります。

肩こりと言うと筋肉のコリの事ですから、筋肉が凝ると肩こりになります。肩の筋肉が凝りを起こすと肩こりを感じます。

一度筋肉のコリが起きると 神経の働きを悪くなったりリンパの働きが悪くなって 老廃物が多く溜まったり 循環が悪くなって血行が悪くなったり、 又、 背骨のずれが起きて 肩こりになっている方もいます

肩こりと言ってもタイプが違う肩こりがいっぱいありますので それぞれの肩こりのタイプに合わせて 治療することが必要になりますから 安易に健康食品やサプリメントを使うことなく 湿布を貼ったりしても 意味はありませんので 原因から改善していくように肩こりを考えてください。

必ず肩こりには筋肉のこりを中心として考えて筋肉のコリからほぐしていくようにして行きますので 筋肉の問題が起きていると 肩こりは改善していきませんから楽になりません。

普通は肩こりを起こす筋肉というのは、

僧帽筋という筋肉です。僧帽筋い言うのは、首の付け根から肩から背中まである筋肉です。

肩こりは筋肉のコリと筋肉以外で起きる肩こりがあります。単純に肩こりと言っても、筋肉のコリだとは考えられないと言う事ですね。

 

仕事で、いつも肩を使う事を多くして、それが連続していると、筋肉のコリからくる肩こりになります。しかし、筋肉のコリは一時的な場合が多く筋肉のコリが長いと背骨の歪みやズレが起こることが多くあります。

しかし、筋肉のコリが長いと、筋肉が緊張したりすると背骨の歪みやズレを引き起こすことも多くあります。

一般的に肩こりと言うと、関係する筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。

僧帽筋は、頭の後頭部から肩甲骨の下まである筋肉ですが、特に肩こりに関係しやすいのは、上部僧帽筋になります。上部僧帽筋は、首から肩まである筋肉なので、この筋肉が緊張したり、循環が悪くなったり、筋肉が固くなったり、収縮したり(短くなる)、リンパの流れが悪くなったりすることでも肩こりになります。

コリは

しかし、肩こりは筋肉だけのコリではありません。多くの場合、筋肉のコリが起きている原因があります。

この原因がある為に、肩こりは起きています。

筋肉だけで肩こりが起きる事はあまりなく、ほとんどの場合の肩こりは、歪みが重複して肩こりになっています。

つまり、筋肉だけの単発的な肩こりは、あまりなく、歪みから肩こりになっていると言う事です。

体の歪みや骨盤の歪み、背骨の歪みやズレがあると筋肉も伸ばされてコリを起こすことは多いようですから。

こりを解消するためには

肩こりを根本的に 治したいと思うなら原因から探って見つけ出すことですどうして肩こりが起きるのかというのは原因があって肩こりになっているというのが考えなので 原因がなくて肩こりになることはありません。

肩こりと言ってもひどい方は気分まで悪くなったり吐き気がしたり頭痛になる方もいらっしゃいますので簡単に肩こりと言っても重症化させてしまうと大変な事になります。

肩こりを早めに解消していくためにはひどくならないうちにまた悪化させないうちに治療していくことが必要になりますから肩こりの原因から改善して います。

多くの肩こりの場合筋肉のコリだけで起きることはあまりなく筋肉のこりももちろん起きているのは 状況ですから 肩の筋肉のコリからほぐしていくようにしていますが 多くの場合、体調が落ちていて 骨の歪みやずれが起こしていて肩こりになっている方とそれ以上に椎間板ヘルニアなどが起きている方 また 体調が悪すぎて骨自体が炎症を起こしたりハレたり化膿しているような状態の方の肩こりもあります。

多くの方が背骨や筋肉をハレたり化膿させたり 炎症を起こしたりという方もいますのでそれらを 検査することで見つけるようにしていますので当院では検査することを言うことを重要視してみて行きます。

当院の特徴としてあげられることはこういうふうに検査することができるということです。

多くの肩こり解消をする病院でも 出来ないのが検査するということです。

当院も肩こりの治療を30年以上もしていますので 検査するテクニック及び技術を磨くようにしていると色々なものが分かってきました。

ただ電気や低周波治療器や マッサージやボキボキしたりすることだけではなく どうして肩こりが起きているのかという原因を探っていかないと むやみやたらにテクニックを振りかざしても 意味はありません。

ましてや低周波治療器や電気などに頼ってしまっていると テクニックどころか検査する技術を磨くことができません。

電気などに頼ってしまっていると電気をすることまた電気をかけることでコリを散らしてしまうことができるから デス。

低周波治療器や電気でコリを散らしているだけで原因から改善していかなければいけないのに原因を変えないでコリを散らすということは直しているわけではありませんからただ単にコリを分からなくしていたり しているだけです。

低周波治療器に代表される電気治療器というものは 痛みやコリを散らしているだけですから 直しているわけではありません。

一番簡単な治療法が 何か分からなければ低周波治療器をあてるということです。

低周波治療器を買えば誰でも簡単に上げることができますから後はタイマーで時間をセットすればいいだけです。

これほど簡単な治療器はありませんけど低周波治療器といいますが本当は治療器ではありません。

プラスからマイナスへ電気を流しているだけなので筋肉疲労が余計に起きてしまって筋肉は疲労してしまっています。

プラスからマイナスへ電気が流れるだけでも筋肉は疲れてしまっていますので疲れることでこれがわからなくなるということが低周波治療器の意味です。

京都郡、行橋市、みやこ町、田川市、直方市、築上郡、豊前市地区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年