093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

肩こりを解消するには

当院は行橋市から多くの方が来院しています。

・肩こりを楽にするためには湿布を貼ったりしても楽になることもあります。

肩こりと言うと 湿布を貼って冷やしたり 温かい湿布を貼って温めたり 鎮痛効果のあるものを張って筋肉のコリを解消するということが多く見受けられます。

しかし肩こりというのは原因があって筋肉のコリを起こしている場合が多いので 湿布を貼ったり鎮痛効果のあるものを貼ったりして 筋肉のコリが一時的に楽になったように思っても 原因は残ったままになっています。

肩こりを感じない時も原因はいつのまにか進行していきますので進行したものが先将来に関係していきます。

・また肩こりの筋肉に効くというコリをほぐすというサプリメントや薬なども売られていますが 栄養や何かのエキスなどを 配合しているもので筋肉のコリをほぐすことはあるかも分かりませんが肩こりには原因があってこりを起こしていますのでその原因を見つけることが一番大切になります。

・そして肩こりと言うと家族の方に肩を揉んでもらったり マッサージをしたりすることも多いようですが 肩コリも原因があって起きていますのでマッサージというのは筋肉のコリや緊張をほぐすための手段ですから原因を解消しているわけではありませんが中にはマッサージをしたり家族の方に肩を揉んでもらうことで肩こりが一時的に楽になったように思う方もいます。

当院では肩こりを一時的に楽にすることなく筋肉ばかりに注目することなく原因を検査することで見つけていくようにしています。

肩こりと言うとただ筋肉ばかりほぐしてばかりいないで原因や 関係しているものを検査することで見つけていかなければ本当の意味で肩こりを解消または改善していることにはなりません。

肩こりを楽にすることを、まず始めて言って 楽になったら原因から 改善していくように する治療をしています。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージが、どうしても強いために筋肉ばかり注目されてその他の原因は除外されている場合が多いようですが本当は肩こりというのは筋肉のこりだけではありません。

しかし肩こりと言うと肩の部分の筋肉をマッサージしたり揉んだりしたりしても楽になることがありますが楽になるだけで原因は残ったままになっています。

また肩こりと言うと 低周波治療器や電気などをかけて しまっても肩こりが一時的に楽になったように感じますが本当は楽になっているわけではなく原因がすべて残ったままになって機械をすればするほど電気をすればするほど 肩こりが散ってしまって分からなくなっているだけです。

コリを切らしたり筋肉を揉んだりしても肩こりが楽になったように感じる場合が多いようですが本当の意味で肩こりを治すためには チラシていたりマッサージをしたりしては肩こりは良くなっていきません。

肩こりには原因がありますので原因から改善していくようにしないとまた胆汁にマッサージをしたり筋肉を揉んだりすることで散らしてしまって肩こりをわからなくすることなく原因を見つけていかなければ肩こりというのは体が起こすボディーランゲージの中でも重要な意味があります。

たかが肩こりですが、されど肩こりと言う意味が深いものがあります。

多くの方が肩こりを簡単に考えていますが、肩こりは本当はすごいことが起きています。多くの専門家の先生も知りませんが、肩こりと言うのは筋肉のコリだけで起きていることはありません。

 行橋市 70代の女性 : 昔から肩こりがあって色々な治療をしてきました。肩こりの原因から見つけたくて来ました。

院長 : この方の肩こりの原因は背骨の歪みです。背骨が歪みを起せば筋肉は緊張したり引っ張られたりしてコリを起こします。

しかし、何も原因がなくて背骨の歪みが起きることはありません。

この背骨の歪みは内臓に関係しています。内臓といっても病気ではありません。内臓に疲れやストレスがたまること、つまり内臓疲労が背骨の歪みの原因になります。

しかし肩こりに関係する内臓疲労からも 動悸、息苦しい、呼吸が浅い、不整脈、汗をかく、トイレが近い、手首や足首の痛み、寝汗、肩こり、首のコリなどが起こります。

肩こりが起きる時に関係しやすい内臓は心臓、肺、肝臓、胃、脳などから起こります。ですから、それらの症状を感じることもあります。

脳は睡眠負債から起きています。寝ているけど眠りが浅い、寝つきが悪い、寝ながら考え事をしている、夢ばかり見る、寝る時間が少ないなどのことから起きる睡眠負債です。

この原因があるかたが、肩こりになっています。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※肩こりを楽にしていく為には変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

 行橋市 60代の男性 : ゴルフをしても肩こりがあるとどうしても真っすぐに飛びにくくて。ゴルフの為にも肩こりを良くしたい。

院長 ; この方の肩こりの原因は筋肉のコリとかいう程度ではなくて筋肉が固すぎる感じです。

皮膚をつまむようにしてみると固さがわかりますが、皮膚自体が固くなっていることがわかります。肩に限らず腕回りも固くなっています。それを改善しないと肩や腕回りが動きが悪いままです。

数回で体調を上げて良くしたら開けないで来てもらって体質改善の治療で筋肉を柔らかくすることをしていきました。

そうすると一遍には困難ですが、少しずつ徐々に筋肉が触っても分かるくらいに柔らかさがでてきました。

筋肉を柔らかくすることはマッサージをしても柔らかくなりません。

この硬さは筋肉の老化ですから、筋肉の老化したものは体質改善の治療で若返らせるしかありません。

湿布を貼っても、マッサージしても、揉んでも、低周波治療器や電器をしても注射を打っても、薬やサプリメントでも老化した筋肉は変わりません。変える事ができるのは体質改善の治療だけです。

この方の場合、体調も悪かったので体質改善の治療ができまで8回かかりました。

さらに体質改善の治療で開けないで来てもらって筋肉だけの治療ではありませんが、50回くらいかかりました。

今では調子が良いそうです。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※肩こりを解消する為には変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

 

 小倉北区 40代の女性 : 体もだるくて肩こりがあります。

院長 : この方の肩こりと体がダルイと言う症状は体調の悪さと歪みと膵臓の疲れにありました。

当院では検査する事ができますから検査すると体調も分かりますし色々なものが見えてきます。しかし、見えるのは一つだけです。一つを解消すると、次のものがわかります。

体調が悪いということは骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがあります。

体調が悪いということはリンパの流れも悪く老廃物が多くたまっています。

歪みやズレがあると筋肉は緊張したりコリになります。

ですから体調を上げて整えていくことと歪みやズレを矯正することをしていきます。

そうすると徐々にですが肩こりが変わっていきました。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※肩こりを改善する為に変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

 小倉南区 30代の女性 : 高校生の時から親に肩を揉んでもらっていました。

院長 : この方の肩こりを検査してみると眠りが浅く眠りが浅いことから起きる心臓の弱いから起きています。心臓にずいぶん疲れがたまって心筋が弱っています。

心臓が病気ではなく弱ってしまうと首と肩の付け根の骨が歪みを起こします。

この歪みから筋肉が緊張したり引っ張られてコリになります。

高校生時代から眠りが浅く、夢を見る時間が長かったり、さらに、浅い睡眠の寝ながら考え事をしている時間が長い方が増えています。

このことを睡眠負債と言いますが、寝る時間よりも量よりも質です。

眠る質と言うのは寝ている方にとってはわかりません。寝ているからですが。

深い眠りがないと年齢以上の脳細胞の急速な減少と脳が固くなって老化していきます。

年齢に関係なく起きている現象です。

脳細胞の減少と脳の方さが進行すると大変なことが起こります。内臓の老化も急速に進みます。

この方は、肩こりだけではなく眠りの問題だけではなく精神的にも悪くなり肉体的にも悪くなります。

そうすると人によっては体調の悪さを感じなくなる方と悪すぎることが分かる方がいます。

体調の悪さを感じなくなる方は、脳のマヒが起きています。つまり感じないと言うことです。

どんなに歪みやズレがあっても感じなければ体調は良いと思っています。

風邪も引きません。風邪の細菌が体内に入ってきても熱を上げるのは自分の脳の力で熱を出しています。

熱を上げて熱で細菌を減らすことをしますが、脳にパワーがなければ熱も出ません。

細菌も体内に入って増殖しても何も症状を起こしません。多くなって活性化した時に何かが起こります。

この時の、ことわざが「風邪は万病のもと」と言う ことわざです。風邪を引くことではなく細菌のことを言っています。細菌が増えても熱も上がることなく、自分の脳の力で熱を上げることをしています。熱を上げることで細菌を減らすことができます。細菌は熱に弱いから。

治療は体調を良くしても脳のパワーがないと上がりませんし、上げても上げてもすぐに落ちていきます。

ですから治療が進める時には落ちないうちにすぐに体質改善の治療で脳に元気を集めてできるだけ早く体質改善で脳細胞を変えていくことをしていきます。

 

当院では体質改善と言う治療があります。この治療は弱い内臓を若返りさせて強くしていく方法です。

※肩こりを良くするために変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

コリを解消するためには

肩こりを解消するためにはまず筋肉のこりからほぐしていくようにしていますが 筋肉のコリをほぐしたらまた筋肉のこりを柔らかくしたら どうして筋肉のコリが起きたのかまた筋肉の緊張が起きたのかという原因がありますのでその原因を見つけていくことをしないと肩こりは本当の意味で 改善していきません。

多くの方が肩こりだから肩を揉めばいいだろう肩をマッサージすればいいだろう肩に湿布を貼ればいいだろう肩に電気をかければいいだろうと思っていますが 肩こりというのはそんなに簡単なものではありません。

多くの方が肩こりと言うと簡単に考えてしまっていますが肩こりというのは重要な要素を含んでいることが多くあります。

肩こりの本当の原因を知ってしまった彼は驚いたりすることもありますが 本当の原因を知らないとどうして肩こりが起きているのかという原因を見つけることもまた説明もすることもできません。

体の使いすぎや肩の使いすぎやデスクワークや重たいものを持ったりまた運動などをしたりすることで肩こりが起きるということも周りにはありますが多くの場合は筋肉のこりは ホルモン系 の正しい働きで解消しています。

腕の使いすぎや肩の使いすぎで一時的に筋肉のコリが起きることはありますが 体が 調子がいいと 内臓やホルモン系は正しく働いてくれていますので いつも肩こりが起きることはありません。

しかし一度体調が落ちていくと内臓が 疲れてしまってストレスを溜めてしまうことが多くありますので内臓が正しく働けないとホルモン系も内臓の一部ですからホルモン系も正しく働けなくなって筋肉のコリや緊張を改善することができなくなります。

筋肉のコリを解消するために

肩こりを解消しようと思うならまず肩こりを楽にしていくことをして、それで終わりではなく肩こりの原因になっているものを探していく必要があります。

肩こりと言うと筋肉のこりというイメージがどうしてもつきまとってしまいますので筋肉ばかり海上しようとしてマッサージをしたり揉んだり電気治療器をしたりということが多く伺いますがそういうことをしても楽になるだけで原因が残ったままになっています。

肩こり と言うと筋肉のコリなので筋肉からほぐしていくことをしていきます。肩こりを起こす筋肉と言うと僧帽筋と言う筋肉です。この筋肉が緊張したりしてコリを起こしていきます。

しかし、肩こりほど多くが関係するものはありません。と言うのは筋肉の場合もありますが、筋肉以外から起きる肩こりが多くあるからです。

肩こりは一般的には僧帽筋の緊張がコリとして感じていることです。

しかし、僧帽筋もどうしてコリを起こしたのか、理由があります。

何も原因がなくて僧帽筋がコリを起こすことはありません。

肩こりの原因は誰も分かりませんから言いませんが、本当は筋肉のコリではなく筋肉のコリも起こりながら陰に隠れた黒幕がいます。

この陰に隠れた黒幕のために肩こりは起こりますが、もっと先将来の問題が絡んでいます。

肩こりになるのは、筋肉もコリを起こしますが筋肉だけで起きる肩こりは少ないのが本当です。しかし湿布を貼ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、サプリメントを飲んでも肩こりはやわらぎますが、これらは本当の意味で肩こりを直しているものではありません。

肩こりと言うと専門家も筋肉と思って低周波治療器や電器をしたりしてコリを散らすことをします、そうすると一時的に良い場合もあります。これが治療器と言われるゆえんなんですが、本当はコリを散らしているだけです。コリを散らしてしまうと肩こりがわからなくなります。わからないだけで肩こりの原因になっているものは存在しています。

肩こりは疲れやストレスの蓄積から起こります。この疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に最終的にたまっていきます。

しかも弱い部分に多く蓄積してしまって、その部分を悪化させてしまっています。弱い部分に疲れやストレスがたまれば弱い部分は急速に老化していきます。

老化したものが内臓であれば内臓の病気になっていきます。

つまり肩こりは病気ではありませんが、心臓や肺などが中心的に弱い方が肩こりになります。

あとは書いていませんが脳疲労の方です。脳が疲労すると心臓や肺が弱るので肩こりになります。

脳疲労が起きる時には睡眠負債が多い場合ですが睡眠負債というのは眠りが浅かったり眠る時間がなかったり夜中に何回か目を覚ましたら寝つきが悪くなったり夜中にトイレに行く回数が多かったりすると睡眠負債という状態になります。

筋肉の使い過ぎ、筋肉疲労から起きる僧帽筋の緊張、重いものを急に持った、キーボードの使い過ぎ、事務仕事、ゲームのやりすぎ、長時間の運転、同じ姿勢などなど色々な筋肉疲労を起こすことがあります。

肩の使いすぎ

しかし同じことをしても、肩こりがそうでもないときと肩が強く感じる場合があります。

肩こりと言うと筋肉のコリの事ですから、筋肉が凝ると肩こりになります。肩の筋肉が凝りを起こすと肩こりを感じます。

一度筋肉のコリが起きると 神経の働きを悪くなったりリンパの働きが悪くなって 老廃物が多く溜まったり 循環が悪くなって血行が悪くなったり、 又、 背骨のずれが起きて 肩こりになっている方もいます

肩こりと言ってもタイプが違う肩こりがいっぱいありますので それぞれの肩こりのタイプに合わせて 治療することが必要になりますから 安易に健康食品やサプリメントを使うことなく 湿布を貼ったりしても 意味はありませんので 原因から改善していくように肩こりを考えてください。

必ず肩こりには筋肉のこりを中心として考えて筋肉のコリからほぐしていくようにして行きますので 筋肉の問題が起きていると 肩こりは改善していきませんから楽になりません。

普通は肩こりを起こす筋肉というのは、

僧帽筋という筋肉です。僧帽筋い言うのは、首の付け根から肩から背中まである筋肉です。

肩こりは筋肉のコリと筋肉以外で起きる肩こりがあります。単純に肩こりと言っても、筋肉のコリだとは考えられないと言う事ですね。

 

仕事で、いつも肩を使う事を多くして、それが連続していると、筋肉のコリからくる肩こりになります。しかし、筋肉のコリは一時的な場合が多く筋肉のコリが長いと背骨の歪みやズレが起こることが多くあります。

しかし、筋肉のコリが長いと、筋肉が緊張したりすると背骨の歪みやズレを引き起こすことも多くあります。

一般的に肩こりと言うと、関係する筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。

僧帽筋は、頭の後頭部から肩甲骨の下まである筋肉ですが、特に肩こりに関係しやすいのは、上部僧帽筋になります。上部僧帽筋は、首から肩まである筋肉なので、この筋肉が緊張したり、循環が悪くなったり、筋肉が固くなったり、収縮したり(短くなる)、リンパの流れが悪くなったりすることでも肩こりになります。

コリは

しかし、肩こりは筋肉だけのコリではありません。多くの場合、筋肉のコリが起きている原因があります。

この原因がある為に、肩こりは起きています。

筋肉だけで肩こりが起きる事はあまりなく、ほとんどの場合の肩こりは、歪みが重複して肩こりになっています。

つまり、筋肉だけの単発的な肩こりは、あまりなく、歪みから肩こりになっていると言う事です。

体の歪みや骨盤の歪み、背骨の歪みやズレがあると筋肉も伸ばされてコリを起こすことは多いようですから。

こりを解消するためには

肩こりを根本的に 治したいと思うなら原因から探って見つけ出すことですどうして肩こりが起きるのかというのは原因があって肩こりになっているというのが考えなので 原因がなくて肩こりになることはありません。

肩こりと言ってもひどい方は気分まで悪くなったり吐き気がしたり頭痛になる方もいらっしゃいますので簡単に肩こりと言っても重症化させてしまうと大変な事になります。

肩こりを早めに解消していくためにはひどくならないうちにまた悪化させないうちに治療していくことが必要になりますから肩こりの原因から改善して います。

多くの肩こりの場合筋肉のコリだけで起きることはあまりなく筋肉のこりももちろん起きているのは 状況ですから 肩の筋肉のコリからほぐしていくようにしていますが 多くの場合、体調が落ちていて 骨の歪みやずれが起こしていて肩こりになっている方とそれ以上に椎間板ヘルニアなどが起きている方 また 体調が悪すぎて骨自体が炎症を起こしたりハレたり化膿しているような状態の方の肩こりもあります。

多くの方が背骨や筋肉をハレたり化膿させたり 炎症を起こしたりという方もいますのでそれらを 検査することで見つけるようにしていますので当院では検査することを言うことを重要視してみて行きます。

当院の特徴としてあげられることはこういうふうに検査することができるということです。

多くの肩こり解消をする病院でも 出来ないのが検査するということです。

当院も肩こりの治療を30年以上もしていますので 検査するテクニック及び技術を磨くようにしていると色々なものが分かってきました。

ただ電気や低周波治療器や マッサージやボキボキしたりすることだけではなく どうして肩こりが起きているのかという原因を探っていかないと むやみやたらにテクニックを振りかざしても 意味はありません。

ましてや低周波治療器や電気などに頼ってしまっていると テクニックどころか検査する技術を磨くことができません。

電気などに頼ってしまっていると電気をすることまた電気をかけることでコリを散らしてしまうことができるから デス。

低周波治療器や電気でコリを散らしているだけで原因から改善していかなければいけないのに原因を変えないでコリを散らすということは直しているわけではありませんからただ単にコリを分からなくしていたり しているだけです。

低周波治療器に代表される電気治療器というものは 痛みやコリを散らしているだけですから 直しているわけではありません。

筋肉の凝りを散らすことは

一番簡単な治療法が 何か分からなければ低周波治療器をあてるということです。

低周波治療器を買えば誰でも簡単に上げることができますから後はタイマーで時間をセットすればいいだけです。

これほど簡単な治療器はありませんけど低周波治療器といいますが本当は治療器ではありません。

プラスからマイナスへ電気を流しているだけなので筋肉疲労が余計に起きてしまって筋肉は疲労してしまっています。

プラスからマイナスへ電気が流れるだけでも筋肉は疲れてしまっていますので疲れることでこれがわからなくなるということが低周波治療器の意味です。

当院は、行橋 肩こり、行橋市 肩こり、行橋、肩こり 行橋市などの検索キーワードでカイロプラクティック徳力整体院は30周年