093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

肩こりを解消するには

肩こりと言うと筋肉のコリの事ですから、筋肉が凝ると肩こりになります。肩の筋肉が凝りを起こすと肩こりを感じます。

普通は肩こりを起こす筋肉というのは、僧帽筋という筋肉です。僧帽筋い言うのは、首の付け根から肩から背中まである筋肉です。

肩こりは筋肉のコリと筋肉以外で起きる肩こりがあります。単純に肩こりと言っても、筋肉のコリだとは考えられないと言う事ですね。

 

仕事で、いつも肩を使う事を多くして、それが連続していると、筋肉のコリからくる肩こりになります。しかし、筋肉のコリは一時的な場合が多く筋肉のコリが長いと背骨の歪みやズレが起こることが多くあります。

しかし、筋肉のコリが長いと、筋肉が緊張したりすると背骨の歪みやズレを引き起こすことも多くあります。

一般的に肩こりと言うと、関係する筋肉は僧帽筋と言う筋肉です。

僧帽筋は、頭の後頭部から肩甲骨の下まである筋肉ですが、特に肩こりに関係しやすいのは、上部僧帽筋になります。上部僧帽筋は、首から肩まである筋肉なので、この筋肉が緊張したり、循環が悪くなったり、筋肉が固くなったり、収縮したり(短くなる)、リンパの流れが悪くなったりすることでも肩こりになります。

コリは

しかし、肩こりは筋肉だけのコリではありません。多くの場合、筋肉のコリが起きている原因があります。

この原因がある為に、肩こりは起きています。

筋肉だけで肩こりが起きる事はあまりなく、ほとんどの場合の肩こりは、歪みが重複して肩こりになっています。

つまり、筋肉だけの単発的な肩こりは、あまりなく、歪みから肩こりになっていると言う事です。

体の歪みや骨盤の歪み、背骨の歪みやズレがあると筋肉も伸ばされてコリを起こすことは多いようですから。

京都郡、行橋市、みやこ町、田川市、直方市、築上郡、豊前市地区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年