眠りが浅くなるのは

最近多くの方が眠りが浅くなっています。
093-962-9133 携帯番号を用意して『ホームページを見た』と言って下さい

眠りというのは ただ寝ていればいいという眠りではなく脳が緊張を解いて休むことができる眠りが本当の良い眠りと熟睡です。

眠りというのは 夜に寝る時間になったからもう寝るという寝方では眠れない方が多くなっています。

眠る時間がある程度決まっている方はそこであくびをすることをしないと いくら時間に寝ようとしても 眠りは浅く ただ寝ているだけになっています。

あくびというのは大変眠る時に重要な要素になりますのであくびをしていないと脳は寝る準備ができていないということになります。

脳が寝る準備はできていないのに 寝ていると表面上で浅い睡眠はできますが深い睡眠は全くできなくなります。

脳から寝るということは大変重要になるわけですが脳から寝ていない方が普通の生活をしていると全てが負担になっていきますので何をしたら負担になるかという事のものではなくなります。

脳から寝ていない方ほど体調が悪くなりやすい方はいません。

いくら体調を落としても眠りが浅い形は普通は 体調が悪いなと感じる方が多くいましたが最近は多くの方はどう人は強くを着ていくのが現状ですから眠りが浅いと脳疲労がおきます。

脳疲労が起きる方は眠りが浅い方です。

脳疲労というのはどんどんどんどん進行していきますので脳疲労が強くなればなるほど 体調を通していきますが本人はその逆に体調をしたことを感じなくなっていきます。

体調がすごくをしてしまっているのにそして体調が落ちるという紙で起きた理由椎間板ヘルニアや内臓の働き悪くなっていくことにリンパの流れも悪くなって滞ってしまってるのに本人は何も感じていきません。

しかし見た目に見て 膀胱炎が起きたり生理痛がひどくなったり便秘が悪化していく方はそれぐらいはわかると思います。

その他の痛みやコリ、体調は、ほとんど感じなくなってしまうのがぞう広尾から起きていますので脳疲労の状態というのは大変 すごく悪くなっていきます。

脳が弱っていることが 脳疲労なので脳が弱ると脳というのは中枢神経系の中枢神経ですから 内臓の働きや筋肉の力もなくなっていくのが当然起こリます。

脳疲労が強い方は、生きている屍のような状態になりますので本当に大変なことが起きているのが今の現状です。

体調が悪くなればなるほどいでんでしたら寝込むほど体調が悪い状態の方が、何も感じないとその体調が悪いということも分からなくなるのでねこまなくなります。

脳で体調の悪さや痛みやコリを感じますので脳疲労が強いということは何も感じていきませんので風邪をひきにくく 体内に細菌やウイルスがいっぱい入ったも 発熱もしないし咳も出ないしということが起きてどんどん体内にウイルスや細菌が増殖傾向を示して行きます。

こんな状態の体調では車に乗っていてもブレーキと焦りをうっかり間違えたり物忘れが多くなったりということが明らかに落ちてしまって、また記憶の問題も起こリます。

体調というのは自分のことですから体調の悪さを感じなければいけませんが体調のあるさを感じないと心臓に負担があることさえもわからないので 平気で色々なことが出来ますし仕事ができし毎日普通に生活してる方が多くなっています。

当院の院長はそういう体調というのを検査することができますので普通はに人にはオーラというのがありますがオーラの色というのがあります オーラ の色は薄いブルーだったり薄い黄色だったというのが普通なんですがそれが真っ黒くなっている方もいます。

眠りが浅い方は自分で気づかない状態で眠りが浅くなっていますので眠りが浅い時間が長いとゆくゆくは今ではなく精神面患ってあり鬱になったり認知障害を起こす可能性が多くなります。

自分の体調がわからないのが認知障害やうつになった方ですから 風邪も引かないし 、いよいよの時にしかなりません。

 

多くの方の場合2、3日ぐらい眠れないだけでも青や黄色いオーラが真っ黒く汚れている方もいますので待っ黒く汚れる方は脳の状態外出になっていますので性格が出たりイライラしたりということから始まっていくと思います。